Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2020/07/29  ウインド・リバー
2020/07/13  ホタルの撮影に成功
2020/07/11  Amazonプライムの自動更新設定を解除いたしました
2020/07/09  人狼ゲーム ビーストサイド
2020/07/07  駐輪エリアに思う

ま、あえて分ければ
日記(441)
映画(801)
コレクション(179)
写真館(352)
言葉の感触(467)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(329)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(283)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(49)
iPhoneパーク(57)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(11)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(14)

想い出の日々
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+15
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2020年07月29日  ウインド・リバー


冒頭に、真実に基づく、、、と出てくるのだけれど、

どの部分が?全部?

哀しい物語である。

ネイティブアメリカンは、白人に土地を奪われ、

極寒の先住民保留地区に追いやられ、

そこでの事件は、闇になり易い。

多くの女性が消え、諦めるしかない世界。

本来、美しい自然の中でのそのギャップがつらい。

静謐なシーンの中で、その扱うモチーフが重さがつらい。

極寒というのは、走るだけで命を失ってしまうその現実さえも想像しがたい。

そして、その中で生きる人間の行動・葛藤、、、そして諦め。

それを闇と呼んで曖昧にしてしまっていいのだろうか、

そんな思いに捕らわれる。

真実に基づいた映画であれば、

少なくともそんな現実があるということを知っておくべきかもしれない。


P.S

なんだかんだ自由の国と言われているアメリカであっても

結局、押し込まれている結果となっている人間もかなり多そうな気がするのは

私だけでしょうか。



PM 12:18:19 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.