Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2020/05/22  8 1/2
2020/05/20  「般若心経」from Spotify
2020/05/18  テレワークって、、、
2020/05/16  ザ・ファブル
2020/05/14  残念な言葉「アベノマスクもう要らないよね。」

ま、あえて分ければ
日記(439)
映画(792)
コレクション(177)
写真館(346)
言葉の感触(466)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(326)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(281)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(49)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(14)

想い出の日々
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+15
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2020年05月08日  自粛警察

「自粛警察」

また面白い言葉が生まれたもんだ。

「自粛」なるもの、自分の思いで実行するもののはずなのに

他人にまで共有を強いる輩は、

よくドラマに出てくる割烹着にタスキ姿のおばちゃん達が

あ〜だ、こ〜だと口をはさんでくるシーンを思い出さずにはいられない。

が、少しだけ自分の知識に補正をかけると、

割烹着にタスキ姿がユニフォームになったのは、「国防婦人会」

着物で競い合ったりするのを防止するためだったというけれど、

戦争もひどくなってくると、割烹着じゃダメでしょ、とモンペになったり。

だから、第二次世界大戦末期に、他人の家に押しかけてくるシーンに

割烹着とタスキのシーンは、その正確性にいささか疑問である。

# むしろ「隣組」だよね。

が、割烹着とタスキのおばちゃん達の時代は、

他人へのツッコミよりも、むしろちゃんとした仕事があった。

出征する兵士をみんなで見送ったり、慰問袋の用意や千人針集め、

そもそもお互いの援助や世話の役割もあったはずで。

それが激化していって他人への干渉に至ったとなれば、

なんとなく想像もつかないでもない。

けれど、今回のこの21世紀の「自粛警察」なるもの

70年以上昔とちっとも変わらない。

そりゃいろいろなパターンもありそうだけれど、

ネットのおかげで、匿名性の嫌がらせやいわゆるチクリは

むしろ陰湿性も帯びてきている気がするのは気のせいだろうか。

# 戦中のことを知っているわけではありませんが。

ま、もっとも「自粛警察」の人は、

自分がそうだとは思っていないだろうことを想像すれば、

自分も知らないうちに同じことを思っているかもしれないことは否定できない。

もはや、言うか言わないか、するかしないか、

私と自粛警察の間は、そんな僅かな差でしかないのかもしれない。


P.S

先日も地下鉄の中でマスクをしていない数人が大声でしゃべっていた。

“ちゃんとマスク着けろよぉ〜”と私も思ったことは事実である。

けど、その一言を言わなかったのは、“勇気”がなかったから?

もしそれを言ったら、私も「自粛警察」?

よく考えると、、、なんとも難しく思えてしまう。




AM 10:57:22 | [言葉の感触]


Powerd by SUK2 BLOG.