Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2020/05/22  8 1/2
2020/05/20  「般若心経」from Spotify
2020/05/18  テレワークって、、、
2020/05/16  ザ・ファブル
2020/05/14  残念な言葉「アベノマスクもう要らないよね。」

ま、あえて分ければ
日記(439)
映画(792)
コレクション(177)
写真館(346)
言葉の感触(466)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(326)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(281)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(49)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(14)

想い出の日々
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+15
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2020年05月04日  運び屋

クリント・イーストウッド監督。

アラ90歳のおじいちゃんが

麻薬運びに勤しむ物語。

最初は何運ばされてんだかわかんないままに。

やがてそれが麻薬と知ってしまったけれど、

そこは辞められなくなっちゃったおじいちゃん。

報酬も大きいからね。

とりあえずは、じいちゃんなりの葛藤もあるのだけれど、

90歳ともなると、ある意味恐いもの知らず感も大きいわけで。

最期は、やはり刑務所に入ってしまうわけだけれど、

今まで嫌われ続けていた家族の同情が

ちゃんと得られるものだったの?こんなことしても。

そこがちょっと腑に落ちない。

まぁ家族に嫌われ続けて孤独に生きてゆくよりも

刑務所で大好きな花の手入れに勤しんでいた方が

日々は楽しいんじゃないの?さみしくないし。

と、この映画になんだかハッピーエンドを味わってしまった私は

# 、、、危ないか?

90歳のおじいちゃんの物語、、、誰向けなのかよくわからない映画だったな。

おススメに至りません。


P.S

マネするおじいちゃんが現れないか心配、、、です。



PM 12:31:55 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.