Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2020/01/23  今夜、ロマンス劇場で
2020/01/21  スターウォーズ ペットボトルキャップ
2020/01/19  飛騨限定茶づけ
2020/01/17  スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
2020/01/15  おみくじに思う。

ま、あえて分ければ
日記(434)
映画(772)
コレクション(169)
写真館(342)
言葉の感触(459)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(320)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(276)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(46)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(13)

想い出の日々
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+15
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2020年01月17日  スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

とにかく物語の終息に安堵感を感じてしまって

SWファンには申し訳ないです。

しかし、長かったなぁ。

ほんとに申し訳ないけれど

各シリーズのインターバルも長くて、

そもそもいつも前回の内容が憶えていられない。

したがって、私は毎回、前回のさわりだけ知って

単発物語として味わう感が強くなってしまっていた事実は隠せません。、

それにしてもつくづく思うのは、第一作目のEP4の時には、

当時の時代においては、画期的な映画であったのでけれど、

それから42年も経ってしまうと、

他の斬新なSF映画が現れては消え現れては消え、、、

鑑賞者の方も時代とともに目も肥えてくれば、

一筋の話で、それをどう編み込もうと、

それで鑑賞者を満足し続けること自体が難しいのは確かであって

観るの方のハードルは高くなるばかりであって

それを何とかつないできた意地と根性を感じた映画でありました。

なので、本作が面白かったとか良かったとかいう以前に

とりあえず話を収束してくれたことに感謝したい、です。


P.S

しかし、例えば、、、、

前回あたりから、超能力的に何でもありの世界観は

ドラゴンボールの流れになってしまっていたもんなぁ。

確かに流星のごとく現れたスターウォーズも

その後に現れたドラゴンボールが42年間の間に追い抜いて

超能力ネタをやりつくして終わってしまったとで

スターウォーズネタがそれを超えられていないのが、ちょっと残念でした。

やっぱ長期間に展開することの難しさをつくづく思います。



AM 10:54:33 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.