Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2019/06/04  羊の木
2019/06/02  外来語表記ルール
2019/05/31  人生の4分の1を教育機関に
2019/05/29  ソラリス
2019/05/27  ジョブズはもうiPhoneを捨てたはず。

ま、あえて分ければ
日記(419)
映画(736)
コレクション(162)
写真館(328)
言葉の感触(441)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(307)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(273)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(42)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(6)

想い出の日々
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+14
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2019年05月17日  散り椿

今日は、心穏やかにして

この際、日本映画でしっぽり泣くか、、、

と、これを選択。

# が、泣けなかったな。

# のは、こちらのせいか?

ある意味で、昔の時代劇映画である。

正義に生き、愛に生き、忠義に生きる武士。

ただ、、、

真っ直ぐに生きることだけでは、どうにもならない現実。

まぁ、大切な仲間を失ってしまいながらも、

やはり、彼はこれからも真っ直ぐに生きていくのでしょう。

画面に暗い部分も多く、昔ながらの静かなシーンが多い。

心に余裕を持ってしっぽり物語に入る必要な映画であります。

殺陣のキレがすさましいながら、風景もまた美しい。

静と動が鮮やかに切り替わるところに

日本映画の良さを感じたりできる作品であります。


P.S

最近見かけないけれど、岡田准一くん、やっぱりカッコいいなぁ。

今度は、ヒゲ面じゃなくカッコいい物語が見たいです。




AM 11:33:45 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.