Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2019/01/23  グレイテスト・ショーマン
2019/01/21  「センスないから」という努力しない言い訳
2019/01/19  手袋の記録
2019/01/17  アリー/ スター誕生
2019/01/15  おみくじの変遷

ま、あえて分ければ
日記(415)
映画(714)
コレクション(157)
写真館(321)
言葉の感触(432)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(299)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(268)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(40)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+14
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2019年01月17日  アリー/ スター誕生

昨年末にラプソディー・ボヘミアンを観て、

なんとなくベクトルが近そうで、アリーも鑑賞。

まぁ、女性シンガーの成功物語の裏方には

何気にそれをサポートした男性の不幸があったりするのは

なんだか定番だなぁ、この手のお話は。

ってか、スター誕生のリメイクであれば、仕方ないかぁ。

けど、ワタシ的には、どうも華やかさの裏には、

こういった暗い出来事もあるんだよ的な物語は、

好きでないなぁ。

みんなハッピーハッピーで終わって欲しいのになぁ。

レディガガファンには、そのサウンドに楽しめるでしょう。

ですが、それ以外のいわゆる映画ファンには、

このストーリーは、、、ダメだろうな。

前半は、とても良かったのに、後半は、、、ツラいよ。

ただただレディガガの歌声に酔いしれましょう。


P.S

この手の物語が何度もリメイクされるのは、

やはりこういうストーリーがアメリカでは好まれるのでしょうか?

日本でも実に「スター誕生」(1963)という映画があったりもする。

そのヒロインは、江利チエミだったりする。

# 知らねぇだろうなぁ、ジジババしか。

だけど、やはり終わりはハッピーエンドである。

そう、途中はどうであれ、映画の最後は、こうであって欲しいのだな、

とつくづく思うのである。

# 日本人の特性ですかね。

あらすじですか? ググってくださいませね。




AM 05:17:55 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.