Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2018/07/04  ペーパー・ムーン
2018/07/02  未来のあなたを助ける人、それは
2018/06/30  安物サンドにみる日本の技術
2018/06/28  きみがくれた物語
2018/06/26  ピンピンコロリ

ま、あえて分ければ
日記(405)
映画(681)
コレクション(148)
写真館(307)
言葉の感触(413)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(293)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(260)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(39)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(9)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(23)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+13
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2018年06月16日  ぼくが処刑される未来

レンタルビデオ店で

「おっ、タイムパラドックスものか?」

と衝動レンタル。

けど、、、

パラドックスがパラドックスとして扱われていなかったな。

モチーフは、結構重いはずなのに、

なんというか、、、軽いモノに仕上がってしまっているのが雑、

というか手っ取り早く作った感が残念である。

しかしなぁ、、、

冤罪の存在から死刑が廃止になった未来は理解できなくはない。

しかし、その代りに過去の犯罪を犯す前の人間を処刑するのってどうよ。

「もともとこの世界にいない者を殺害するのだから法に触れることはない。」

って、実際に犯罪を犯した者はたとえ終身刑でも命を長らえ、

まだ犯罪を行っていなく罪の意識さえも持っていない状態の人間を処刑するのって

メチャクチャやん。

ま、設定は面白いのだけれど、もっと上手に扱ってほしかったなぁ。

本来は、重い内容を含んでいるのに、B級以下の映画になってしまっているのは

やはり役者・演出・脚本の起因する要因は大きそうである。


P.S

「スーパー戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズの主演俳優の

 更なるステップアップのために企画された「TOEI HERO NEXT」の第2弾である」
(Wikiより)

それを知ってたら、レンタル店で絶対手に取らなかったのにな。



AM 04:08:59 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.