Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2018/04/29  バリー・シール
2018/04/27  迷惑カート
2018/04/25  キーレスルーム
2018/04/23  虹色ほたる〜永遠の夏休み〜
2018/04/21  マルチ充電コネクタ

ま、あえて分ければ
日記(404)
映画(670)
コレクション(148)
写真館(303)
言葉の感触(407)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(283)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(259)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(39)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(9)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(23)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+13
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2018年04月17日  アップサイドダウン 重力の恋人

なんていうか、、、

言ってしまえば、

基本単なる富裕層の女の子と貧困層の男の子のラブストーリである。

が、その設定がSF的にメチャクチャな設定で物語が製作されているのが実に面白い。

何せ二人の住んでいる世界が、

正反対の方向に重力が作用する双子の惑星であって、

何もかもすべて逆さまという設定なので。

# って書いても意味不明でしょうねぇ。

いやぁその設定で話が進むのも実にいろいろ面白い。

もっとも恋愛部分は、どうってことないのだけれど、

その逆さまの世界のシーンが実に綺麗で面白いのである。

ちなみに男女の名前が、アダムとエデン。

何か創世記を暗示する内容なのか?と思いきや、

なるほどこういう締めくくりにしたのかぁ。

ワタシ的には感心したりもして。

まぁ、終わり方の二人のハッピーエンドさには無理があるけれど、

ビジュアル的には実に楽しい映画でありました。

是非、軽く環境ビデオとしていいのではないでしょうかね。


P.S

ここまでの設定を作ってまで、単なる少年少女の恋愛モノ映画を作るか?ふつー

と思うけれど、私としてはオッケーです。

今度はどんな設定と巡り会えるかと思うと、

結構まだまだ、人生捨てきれませんわ。



AM 01:01:36 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.