Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2021/01/11  コンフィデンスマンJP ロマンス編
2021/01/09  本マグロ一匹離れよう
2021/01/07  のび〜るシートカバー
2021/01/05  キングダム
2021/01/03  RecRoomに見るトロンの世界

ま、あえて分ければ
日記(448)
映画(830)
コレクション(190)
写真館(357)
言葉の感触(479)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(335)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(285)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(50)
iPhoneパーク(60)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(11)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR & OCULUS QUEST2(28)

想い出の日々
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+16
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2020年01月25日  シャンパンチェア

いやなに、ワインもたまに泡モノを飲むと

料理が出てくる間に、
何気にこのチェア(椅子ね)を作る。

貴方もいかがですか?
とココに写真を。

手をケガしないようにね。


P.S

やがて料理が運ばれてくる。

これを見て「あ、素敵ですね。」ってメッセージをくれるのはいいのだけれど、

この椅子に託した私のメッセージも読み取ってもらいたいな。

「料理出てくんの遅っせぇ〜んだよっ。」

# 心の中は下品ですみません。




AM 08:37:32 | [ちょっと工作]

2016年09月29日  Suk2Blogger.exe

いやなに、どうも最近このブログ、

不穏な動きが多い。

長期のサーバーダウンがあったり、

(私のデータは、すべて復旧されていましたが。)

書き込めない時があったり、アクセスできない時があったり、、。

そもそも、トップページの“最近更新されたブログのリスト”が

4カ月前のリストから変わっていないし。

アクセスランキングなるページがあっても、まったく不確かそうだし。

まぁ、このサイト、無料であれば、文句が言える筋合いではない。

けれど、予告もなく全てのデータがパァ!ってのは、やっぱりヤだぞ。

もちろんバックアップもとってあるけれど、インポート機能もない状態で、

もはやコマ数が2000以上ともなると簡単に元には戻せないわね。

しかも、このブログ、他に引っ越そうとしてもエクスポートをサポートしてないし。

というワケで、この際だから、バックアップがてら、ブログの記事を他のサイトにも移動しようかと。

で、やはり、安心なのは、GoogleのBloggerかな、と。

Bloggerの方は、インポート機能があるので、

このブログの原稿をブラウザで保存して、そのデータから、

Bloggerの方でインポートできるフォーマットに変換するWindowsアプリをチョコチョコと作って

早速コピー開始。そのアプリの名は、Suk2Blogger.exe

文字情報・日付情報・タイトル情報・カテゴリー情報は、

まったく自動で移動できるようになりました。

# 時間情報は、面倒なので辞めた。

残念ながら、Bloggerの方は画像保存にイマイチ癖があるので、

原稿移動後の画像貼り付けは、いちいちやらないといけませんが。

でもまぁ、ここのブログは、写真が1枚しか貼り付けられなかったので、

その作業は、そんなに大変ではありませんし。

というワケで、浮気し始めてすみません。→ すくすくブログ殿


P.S

ご利用希望の方、メールいただければ、差し上げます。

って言っても、Bloggerの方でインポートできるように

フォーマット変換しているだけですが。

でも、、、

exeファイルですから、ウィルスが怖くて、声かからないだろうなぁ、アハ。

ちょっと笑えたのは、

Blogger側でインポートして、50件ほどを一気に公開したら、

「一日の投稿数が多すぎます。ほんとうに投稿ですか?」

みたいなメッセージが出てきました。

とりあえず「はい」と応えれば、

引き続き投稿できましたけど、、、ね。




AM 09:08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ちょっと工作]

2015年07月20日  爪楊枝で立体パズル

なにせコンビニばかりにお世話になっていると

何気に爪楊枝がたまる。

輪ゴムは、薬の束を留めてある小さ目の輪ゴム。

で、フト思い立って、作ってみた。

プチ1次元の爪楊枝で、3次元の立体が作れないものか、と。

最初、小さな立体の時には、輪ゴムの使い方がムズいけれど、

ちょっと大きくなってくると、どんどん大きく出来て楽しい。

ついつい夢中になってしまった。

大きくなると、中に空間が作れますので、鈴など入れるといいかもね。

# 入れられればね。

ま、アートと呼べるものではないけれど、

画像でググっても出てこないので、オリジナルと言えるかな?

夏休みの工作にでもどうぞ。

# 爪楊枝がもったいない、ですかね。でも、使わないし。


P.S

って、どんだけコンビニにお世話になってんだよ?


AM 10:15:18 | [ちょっと工作]

2013年10月27日  プテラノドン

私は、10月が担当で、

9月の初旬に作品コンペがあり、

みんなから何気に言われたことは、

簡単に作れて、動かせるものがよい。

けれど、他の展示物もあるので飛ぶモノはダメ。

更に言えば、もう時間がないので、準備が簡単なものが良い。

で、考えた結果、私の案が見事コンペを通過して、10月のものづくり素材と相成りました。

残念ながら動きがここでは表現できませんが、

片手の親指と人差し指でつまむと、ゆっくりと翼を羽ばたきます。

# 遠くの方から私を見つめていた若い女性が、突然

# 「どうやって羽ばたいているんですかっ?」

# と走ってきて、私の持っているプテラノドンをしげしげと見て

# 「なぁるほどぉ〜。」と去って行ったのが笑えました。

# (ついでに作っていけよぉ〜。)

作業自体は、ほとんどハサミで切るだけなのですが、

小さい子供たちには、それでも結構時間がかかる。

けれど、一生懸命ハサミで切る作業を見ていると、

決して、手を抜くことなく、一生懸命キレイに切ろうとしている姿に

私も何か忘れていたものを思い出させてくれます。

あえて、データを書いておくと

A4の紙とはいえ、両面印刷すると、10円/枚になっちゃいますよね。

担当は、10月の土曜日3回。各回定員分100枚+αで合計320枚ほど製作。

10月のというのは、運動会やお祭りなど、秋の祭事が多く、

科学館も圧倒的に人が少ない時期でありましたが、

残った枚数からは、計300匹弱が飛び立っていったことになります。


P.S

ちなみに、このデザインは、私の上司の奥様のイラストレーターの方に描いていただきました。

直接お会いしたこともなく、旦那とのメールのやり取りだけで、

作るものの雑なイメージを伝えただけで、このイラストを描いていただけました。

更には、絵の可愛らしさだけでなく、絵そのものよりも5mmほど離れた切り取り線など

私が気付いてもいなかったことをさりげなくデザインしていただけたことは、さすがプロですね。

老齢ボランティア集団の中では、こういったデザインをいただける方がなかなかいないので

本当に助かりました。

イラストレーター・のりメッコさんへのお問い合わせは、こちらからでも。

ちなみにこのブログの左下の私のプロフィールイラストも描いていただいたもの。

私を知っている人は、この似顔絵もなかなかでしょ?





AM 08:49:09 | [ちょっと工作]

2013年01月15日  多面体立体折り紙の立体設計図

前に立体折り紙を紹介した。

ココを見てね。

ちなみにこの写真の立体は、

一番大きな多面体折り紙を作った時の立体設計図であります。

# 立体○○○○図という表現は、おかしいな。
# 3次元と2次元の融合単語でありますね。

なんてことなく、ストローと輪ゴムで出来ています。

ストローを短く切って、縦に裂いて、輪ゴムを通して作ります。

輪ゴムの長さとストローの長さの調節がちょっと必要ですが、

接続がゴムで出来ているので、いろいろなカタチにも変形できます。

なんでこんなのが必要だって?

20面体を作る時に、どっちに接続して伸ばしていけばいいのかわかんなくなっちゃいますんで。

# わかってもらえるかなー?

ま、とりあえずこれもオマケ的に掲載。


P.S

もちろん、これも教わったものですよ、はい。


AM 09:52:09 | [ちょっと工作]

2013年01月11日  多面体折り紙

ちょっと教えていただいた多面体折り紙であります。

折り紙といっても、1枚から作るのではなく、

細長い紙を折って、折り込んでつないでゆきます。

糊などは一切使っていないのがすごいですね。

ちなみに一番小さなもので6枚。

一番大きなものは、30枚必要です。

折る前の準備も大変でした。

と、とりあえずここに掲載。


P.S

折り方を教えてっ!

などというお問い合わせは、とりあえず却下。

簡単に教えられる状態ではないのですよ、私もまだ。

力不足ですみません。



AM 10:19:59 | [ちょっと工作]

2012年12月19日  「サンタとトナカイ」

科学館のものづくり製作第2作目の発表であります。

そのタイトルは、「サンタとトナカイ」。

牛乳パックと針金を利用して

レバーをクルクル回すと面白い動きのする工作作品であります。

製作時間は、30分くらいかな。

ちょっと家庭で作るには針金なんかが揃わないかもしれないけれど、

こういった構造を知るのは、とても大切だと思います。

写真は、わたし作ですが、一応、掲載。


P.S

科学館の貴重な材料を使わせてもらっちゃって、

心からすみません。


AM 10:15:23 | [ちょっと工作]

2012年12月01日  ねじりとんぼ

せっかくなので紹介する。

写真は、「ねじりとんぼ」

名古屋市科学館の“ものづくり工房”での作品であります。

開催時間は決まっていますが、自由に参加できる無料のイベントであります。

一応、製作時間は、10分程度になっています。

写真は、私の作ですが、実によく考えられていて、よく飛ぶ。

厚めの画用紙と竹串、あとゴム、ホッチキス(じゃないステープラ)。

小さい子供とお父さんお母さんが一緒になって作っている姿は、ホントに微笑ましいな。

本人以上に、子供の作業を見つめるお父さんは、実に頼もしい。

何気にサポートするお母さんは、実に子育て慣れしているのがわかる。

20年前の自分はどうだったんだろう? それが気になったり。

新たな発見は、小さな子供にとって、ホチキス(じゃないステープラだってばさ)が

結構、力が必要で、むずかしそうだったこと。

いやいや、日頃、使い慣れていないからだよね。

そんな体験さえもきっと本人には、貴重なはずだ。

何気にお勧めしたい名古屋市科学館の“ものづくり工房”のイベントであります。


P.S

なんでまた、オヤジがそんなことを?

ま、それについては、、、いつか、、、ね。

というわけで、“ものづくりネタ”をカテゴリに追加。

作品が増えていくかなぁ、、、オヤジ自身もお楽しみであったりもする。




AM 10:11:39 | [ちょっと工作]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫

Powerd by SUK2 BLOG.