Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK

















いま時の記事
2017/07/04  儚い私の需要
2017/07/02  駆込み女と駆出し男
2017/06/30  伊勢の地ビール
2017/06/28  健康診断前日
2017/06/26  ハクソー・リッジ

ま、あえて分ければ
日記(376)
映画(624)
コレクション(139)
写真館(285)
言葉の感触(378)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(272)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(258)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(35)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(7)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(22)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+12
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
−−お知らせ−−

小学生(別に中学生でも構いませんが)の電気に関するいろいろな質問をお受けしております。やはり私の技能でお答えできる範囲内となりますが特にジャンルは問いません。もちろん無料です。お気軽にメールください。

注意:
大人の小中学生を装ってのバグ取り作業依頼は、固くお断りします。

2006年09月06日  突然のモンゴル人との出会い
帰りの飛行機の中で面白い出会いがありました。

韓国インチョン空港から名古屋までの空路でです。

私は、窓側に座り、となりはちょっと体型のデカイ男性。

なんかそわそわしてんだけれど、体が大きいから、あ〜、狭いなぁ、、、と思いながら、さて離陸。

しばらくして、スッチャーさんが日本への入国手続き用の用紙を配りだした。

彼は手を出してもらおうとする。

一応、スッチャーさんも用紙を渡しながら、

「日本人は、必要ありませんよ。」と言い残して去っていきました。

ところがその後がどうも変。

彼は、一生懸命それを書き出す。

ん?日本人じゃないんだ。

それにしても記入がたどたどしい。

時間をかけている割には、ちっとも用紙が埋まらない。

よ〜く観察してみたら、、、彼はパスポートと見比べながら、必死にアルファベットのパターンを確認している。

そうなんだ、日本語も英語も読めないんだ。

かなりの時間が経っても、埋まったのは、名前と生年月日、パスポート番号。

ん?この人どこの国の人?

ふとパスポートの表紙を見たら、モンゴル人なのでありました。

やがて、飲み物が配られる。

「何にしますか?」

アシスタントパーサーらしき男性が尋ねる。

日本語でたずねる。彼の反応がない。韓国語でたずねる。反応がない。中国語でたずねる。無反応。

私が、おもむろに教えた。

「彼、モンゴル人。」

「あ〜、だめだぁ、そりゃわからん。」

でも、彼はヤカンを指差し、コーヒーをもらいました。

ヤカンの中身、知ってたのかなぁ?

さて、用紙記入続行。

やがて、彼は小さな小冊子を取り出した。

「日本語会話集 ポケット版」

今度は、それとパターン認識。

そんなんじゃとても埋まりそうもない。

で、とうとうでしゃばりおじさんが耐えられなくて動き出した。

ジェスチャーで、「その会話集、見せて!」

通じた。彼は私にその小冊子を渡してくれた。

受け取った私は、とにかくその小冊子に目を通した。

どこに何が書いてあるのかを急いで頭に叩き込んだ。

そして、彼の用紙に目を戻す。

まず、職業欄に私は指をさす。

小冊子の中から「あなたの仕事はなんですか?」を示す。

その上に書いてるきっとモンゴル語らしき字を読んで、彼はうなずいて、職業欄を書いた。

私は次々と用紙の枠を指差し、次に小冊子の日本語を指差す。

滞在地には

「あなたはどこのホテルに滞在していますか?」

ウンウン、、、。

帰国予定日には 地図上の名古屋からウランバートルへ指を動かしながら

「あなたは、いつ帰りますか?」

ウンウン、、、。

そんなことを繰り返して、1時間半。

二人とも食事もしないで一生懸命埋めましたよ、用紙の枠全部。

もう終わった時には、ピースもんだったもんね。

私と彼と唯一伝わる言葉は、たった一つでした。

「サンキュ。」

そのあと、みんなが回収し終わったランチを二人で食べ、、、ふぅ。

飛行機を降りる時は、別々でしたが、歩いているうちにまた会って、、、

彼が検疫の申請用紙を指差す。

私は、「イラナイ、イラナイ」とジェスチャー。

入国審査の窓口も「アンタはアッチ」と外国人用窓口へ。

荷物を受け取って、空港ロビーに出た時もちょっと心配だったけど、

バスの絵の看板を見て、「バス、バス」とバス乗り場へ向かっていきました。

彼は、ちゃんと目的の今日の宿泊地まで行けたのだろうか?

後で調べたら、彼の持っていたメモにローマ字で書かれていた行き先の住所は存在しなかったのでありました。

最後まで連れて行ってあげればよかったかなぁ。


P.S

写真は、彼が持っていた、3ヶ国語対訳ポケットブックの1ページ。

撮影時には、ページを押さえて手伝ってくれました。

ただ、その内容が余りにも笑えたのでココにちょっとその例を載せちゃう。

「あなたは、何頭の家畜を持っていますか?」

「今年は、何頭の家畜が生まれましたか?」

「あなたは、一日、何回乳搾りをしていますか?」

「あなたは、一日、何リットルの乳を搾りますか?」

そんな例文、日本で役に立たんでしょうが!



PM 12:09:54 | [モンゴル紀行('06)]

2006年09月05日  草原の風景。
帰国の日も一日働くことになった。

けれど、せっかくモンゴルに来たんだから、、、せっかくだから、、、

と夕方6時過ぎに、大学の人が草原地帯へ車で連れて行ってくれました。

市街から車で20分ぐらい。

それだけ走ると、もう一面の草原状態になります。

草原、、、私の足元は、全てハーブであります。

夏の日には、ハーブの香りで草原は、ムンムンになるとか。

遠くに、放牧中の牛達が見えますでしょうか?

モンゴルの草原です。


P.S

いやぁ〜、よかったぁ、ちょっとだけでも見れて。

これ見なきゃ、モンゴル行ったかどうかわかんないし。

ほんとうにモンゴルで働いてきたのかわかんないし。


AM 11:19:49 | [モンゴル紀行('06)]

2006年09月04日  世の経済は、女性が引っ張っている。
ちょっとクレームが来るかな?

いや、モンゴル、うんにゃ、ウランバートルの街を歩いていて思うのであるが、、、

正直言って、街は綺麗なわけではない。

ほこっりぽいし、建物も古いし、綺麗とは言い難い。

走っている車も高級中古車である。

タクシーも何もかも、私の乗せてもらった車は、全てフロントガラスが割れていた。

# ちなみに今乗っている私の車もフロントガラスに穴が開いていたりするのであるが、、、ま、それはともかく、、、

だけれども、、、女性のファッションは、とても綺麗である。

鮮やかでもあり、清潔感あふれ、流行の先端とは言わないけれど、とても綺麗である。

国の経済というもの、お金はまず女性のファッションに使われるものなんだなぁ、と実感した。

そういう意味では、世の経済は、女性達が牽引しているということは、間違いのない事実であろう。

もっとも、見えない部分にお金が使われていても、限りなく旅行者に近い私には、わかんないんでしょうが、、、。


P.S

写真は、繁華街。

特に下の写真で、ワイアレス電話を公衆電話にして、収入にしている人達を多く見かけた。

なるほど、、、である。料金は不明。



PM 12:03:27 | [モンゴル紀行('06)]

2006年09月03日  仕事だよ、仕事。
さて、やはりちょっとだけ仕事のことも書かねばね。

今回のモンゴル行きは、技術者としてである。

# こう書いてみると、日ごろの仕事が何だかよくわかんないな。

実は、名古屋大学に法政国際協力センター(CALE)なる組織がある。

アジア諸国の法律・政治制度に関する法整備支援活動を行なっている機関である。

CALEについての詳細は、こちらをご覧ください。

近頃は、テレビ会議システムを使って、国際的な遠隔授業を行ったりもしていて、、、

国からの予算を得て、また、相手国の協力も得て、

例えば、今回は、モンゴル大学内に名古屋大学の教室、いわゆる、分室のような教室を作るに至ったのである。

ところが、最近の教室ならば、映像関連機器も欲しいし、そもそも遠隔授業のためには、

テレビ会議システムも設置したい。

そんな諸々の設備を設置しに行ったのである。

名古屋で一応全て組み立てて、システムや機器の動作確認を行い、モンゴルへ発送。

輸送に困難な大型機器のプラズマディスプレィや、現地のフォーマット(PAL) のデッキなどは現地で購入し、

モンゴル大学内の1教室で、それらを合体して、全システムを設置完成させるのが私の使命であった。

まぁスムーズに行かないことはいくらか覚悟はしてはいましたが、、、

まぁ、詳細を書くには至りませんが、、、

だって、そもそも電圧が違う。モンゴルは、200V。

テレビだってPALだし。

そもそも停電、瞬停も珍しくないわけで、、、。

まぁ、そりゃいろいろありました。

けれど、とりあえずはいろいろな壁を乗り越えて、、、

まぁ、無事終わったかな。

# などと書くと、トラブルが今頃発生しているかもなぁ、、、

そんな仕事でした。


P.S

自分で言うのもなんですが、、、

ちょっと仕事に関してのモチベーションが上がりました。

突発的な事象に対して、ハード・ソフトもとりあえずこなせたその現場での対応能力。

そんな技術力が、まだまだ残っていたのが嬉しかった。

オジさんの単なる低次元な自己満足です、はい。



AM 10:43:29 | [モンゴル紀行('06)]

2006年09月02日  緯度が高いと、、、
そうなのである。

日本に比べると緯度がかなり高いのである。

# ちなみにウランバートルは、サマータイムだと、日本と時差がない。

緯度が高いと、、、

当然この時期、日が長い。

日本の夕方っぽく暗くなった時が、だいたい午後9時ごろ。

暗くなってから、さて今日は、このぐらいにして帰ろうか、、、と思う時刻が午後10時。

一日が長いのである。ついつい自然にいっぱい働けるのである。

さて、夕飯は、、、

飲み屋しかない。

しかも、だいたいラストオーダーが終わっている。

夕飯がない。

モンゴルビール飲むしかない。

まぁ、カロリーは足りているのでしょうけど、、、。


P.S

写真は、食事をしたものものもの、、、

モンゴル色は、皆無の食生活であった。



AM 11:44:27 | [モンゴル紀行('06)]

2006年09月01日  ホテルからの眺め
私は、仕事で行ったのである。

# 言い訳がましいな。

出発前に社内でいろいろなことを言われた。

「電気機器をラクダで運んでも大丈夫なの?」

日本人のモンゴルに対する知識は、極めて低い。

「あのね、モンゴルって言ったってね、首都に行くんだから、結構な街なわけ。

 ひょっとするとね、ホテルとモンゴル大学(仕事場)の往復しかしなかったら、名古屋に居るのと変わんないと思うよ。」

私の知識も相手に劣らず低い。

さて、写真は、初めての朝、窓からの眺めを見て、ほぉ〜、これがウランバートルかぁ、、、と。

# 空港には、夜に着くので、眺めもわからずホテルであった。

まぁ、確かに街はきれいとはいえないけど、、、

でも、回りは建築ラッシュで、今、その街の発展の勢いをものすごく感じます。

しかし、それよりもなによりも、、、

天候がいい。

真っ青に抜けた空。

8月の終わりなのに乾燥して、ひんやりとした空気。

サングラスが欲しくなる、日差し。

私なぞ、汗っかきで毎日がグチョグチョしながら日々を送っている人間にとって、

この気候は、最高!である。

ただ、やはりホコリっぽいわね。

滞在中、汗はかかなかったけれど、頭のガサガサでシャワー浴びたくなるのであった。


P.S

しかし、、、この夜、気付くのである、、、。

日本との大きな違いに、、、

それがいっぱい働かされることになろうとは、、、



AM 10:38:02 | [モンゴル紀行('06)]

2006年08月31日  韓国 インチョン空港にて
韓国インチョン空港で乗り換えの時間が6時間。

長いよ。

まずは、空港を見学。

広い、デカイ。

もうこんな空港、日本には作れないよね。

韓国の勝ちです。

で、後はソファーで、無線LANでインターネットカフェ状態。

Google Earthで、上空からウランバートルの予習。

しかし、、、やっぱ長すぎるよ、6時間。


P.S

下の写真は、レストランのショーウィンドウで。

空港内でも日本語への翻訳のツラさをたまに目にした。

ブルコギは、ブルコギでいいんじゃないの?最近は。

でも、名前とロウ細工も間違っていると思うんですけどぉ。



AM 11:54:33 | [モンゴル紀行('06)]

2006年08月30日  ウランバートルってどこか知ってます?
あ、いえ、ボクは、よく知らなかったので、、、。

写真地図は、機内雑誌から撮影。

日本とウランバートルの位置関係をご確認ください。

# 帰りの機内のこの地図でボクも初めて知ったので。

食事の写真は、上から。

・機内食(日本〜韓国)
・インチョン空港で(三鮮ちゃんぽん)
・機内食(韓国〜モンゴル)

三鮮ちゃんぽん、辛かったぁ〜。
うまかったぁ〜。
お汁にご飯入れたかったぁ〜。

スープ、飲み干そうとしたら、ジャスティンさんに止められました。

彼は、前回、飲み干して、次の日に苦労したそうです。

どれもなかなかおいしかったですよ。



P.S

仕事で行ってるんだってばぁ〜。



AM 11:39:58 | [モンゴル紀行('06)]

2006年08月29日  いざモンゴルへ
モンゴルへ行くことになった。

3泊5日の出張である。

モンゴルと言ってもウランバートルしか行かないわけで、

ひょっとするとホテルとモンゴル大学の間しか知らない旅行になるやも知れぬ。

そんな旅行記をモンゴル紀行と呼ぶにはおこがましいけれど、
まぁ、許してくださいな。

で、やっぱし最初は、この看板。

上から2行目。

中部国際空港から大韓航空でソウル経由でウランバートル行きである。

さて、最初のトラブルは、、、

チェックインの時に荷物が重すぎると指摘された。

規定20kgのところ26kg以上もあった。

2kgは、大韓航空からサービスいたします。
お連れ様が1kg少なかったので、それを差し引いて、、、

でも、あと2kg減らしてください。

おいおいおい、ここでかよ?

チェックインカウンターの行列の前で、スーツケースを床に置いて、おもむろに開ける。

回りから好奇な視線が、、、

誰もが思ったであろう、、、「なに?この人のカバンの中身?」

そりゃ、仕事だもん。

ケーブル、工具、測定器などをこれでもかとスーツケースに詰め込んで、

もはや下着や衣類はパッキン程度である。

さて、考え込む。

何を手荷物に持ったら2kg減るのだろう?

変なもの持って、手荷物検査の時に引っかかっても面倒だよなー。

で、無意味そうな金属ケースとハンディー変圧器を取り出してOKをもらった。

ちょっとだけ恥ずかしかった。


P.S

で取り除いた荷物は、結局同行者のジャスティンさんに持ってもらってしまった。

すみませんでした。謝謝。





AM 11:51:47 | [モンゴル紀行('06)]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫

Powerd by SUK2 BLOG.