Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK

















いま時の記事
2017/07/04  儚い私の需要
2017/07/02  駆込み女と駆出し男
2017/06/30  伊勢の地ビール
2017/06/28  健康診断前日
2017/06/26  ハクソー・リッジ

ま、あえて分ければ
日記(376)
映画(624)
コレクション(139)
写真館(285)
言葉の感触(378)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(272)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(258)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(35)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(7)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(22)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+12
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
−−お知らせ−−

小学生(別に中学生でも構いませんが)の電気に関するいろいろな質問をお受けしております。やはり私の技能でお答えできる範囲内となりますが特にジャンルは問いません。もちろん無料です。お気軽にメールください。

注意:
大人の小中学生を装ってのバグ取り作業依頼は、固くお断りします。

2017年06月28日  健康診断前日

隣で若者が話している。


「明日、健康診断で血液検査だから、夕飯に注意しなきゃ。

 油ものは、やっぱダメだよな。」


よくある会話である。

しかし、、、思うワケである。

普段通りの生活の状態で検査受けなくていいのか?

なんだか一夜漬けでとりあえず高得点を取ろうとする試験勉強な感じがするんだがな。

それって、健康診断には、アブナイ考え方のような気がするんだけどな。


P.S

確かに、私もそんな時期があった記憶もあるのであるが。



AM 11:29:59 | [思考の散歩]

2017年06月10日  20人ほど面接した人事部長は終了後

しかし、20人ほど面接した人事部長は終了後、意外にも

「今日採っても良いと思えたのは2人しかいなかった」と話しました。

驚いてその理由を聞くと、

「自分の順番でないとき、私と他の求職者の話を聴いていたのが2人だけ。

 他の人は自分が何を話すか必死に考えるか、ただ単にボーッとしていた」と。


Picked up from Tumblr.

-----

以前、私も二日で15人ほど面接した経験がある。

けれども、20人も一緒に並べて面接するのは、大きな会社なんだろうな、

でも、15人面接するなら、同時にした方が比較しやすいのかもしれない。

お互いに意識し合う姿の観察も効果的なのは確かだ。

けれど、それも圧迫面接の種類になるような気もするなぁ。

まぁ、人生、もう面接なんか二度としたくないな。

そもそも初対面の人物から10分やそこらで人選するなんて絶対ムリ。

こっちも祈る気持ちで採用決定する気持ちもわかって欲しいな。


P.S

同時に大勢の面接が出来る機会ならまだいい。

ハローワークからの場合は、ひとりづつしか送られてこないし、

その一人の採用の合否を決めないと、次の人材が紹介されてこない。

それって、よほどの明確な選択基準をこちらで持っていないと、

ついつい安易な採用の方向へ心が動いて、

審査が甘くなる傾向がある気がするのは、私だけだろうか。

だって、こう思ったりもする。

“どんな人でも、採用した以上、その人を育てるのもこちらの仕事”

しかし、正直言う。

「そんな簡単に人は育たない。」

希望通りの人材と巡り会えたとしたら、それは極めて確率の低い

とんでもなくハッピーなことですよ、うん。



AM 10:01:06 | [思考の散歩]

2017年05月01日  CD vs MP3

いやなに動画圧縮の話をしていて、

ついでに音楽の話に移ってしまった時のこと。

面白い話になった。

みなさんは、CDとMP3とどっちが音質がいいか?と聞かれれば、

「CDに決まってるだろ。」

なんて思っていませんかね。

それは、いつもCDからMP3にコンバートしている人だからですかね。

そもそもCDは、音楽を原音から微細要素を間引いてデジタル化したデータ。

それに比べて、MP3は、元データを如何に圧縮するかで出来たデータ。

だから、再生時にどちらが原音に戻せるか、ということになれば、

充分なサンプリングで得られたMP3の方が原音に近く戻せるという事実。

今後、もっと大きなデータが気軽に扱えるようになれば、

CDのフォーマットは、悪い音質媒体扱いされることになってしまいますかね。

もっとも、人間の耳でその違いがわかるか、っていう前提があるから

音楽を物理的に手に持ちたいという欲求で

日本では、CDが生き延びているのでしょうね。


P.S

私は、CDを買って、聞く前に割ってしまった経験がある。

そのショックの大きかったこと。

それ以来、スマホに入れ直すのが面倒なことも手伝って

ネットから直接ダウンロード購入ばかりになった。

けど、CDは、借りられるのがいいよね。

自分は、ネットで買って、他人からは、CDで借りる、、、

って、どんな身勝手な人間よ、このオヤジ。




AM 10:38:02 | [思考の散歩]

2017年04月23日  1時間かけて100円安いものを探すのは時給100円の人がやること


1時間かけて100円安いものを探すのは時給100円の人がやること


ネットからのヒロイモノである。

面白い表現だなぁ、と思って。

けど、100円安いものに1時間もかけることがあるかぁ?

とも思ったりもするけれど、

その作業が、その人にとって楽しければ、

それもいいんじゃない?と思いますが。

まぁ、それよりも日頃から思うことに

例えば、ガソリン代。

仮に2円/リットル安くても、満タンにしても50リットル程度であれば100円である。

例えば、本日5%オフのスーパー。

2000円分買って、100円である。

この約ジュース1本分にあたる100円を貴重と思うか、その程度、と思うか。

そんなことに気を使うくらいなら、、、と思うこともありましょう。

けれど、もし毎日なんらかのことで100円節約できれば、

1年で36,500円になる。

毎日300円貯金箱に入れられれば、

1年で100,000円の貯金になる。

毎日300円の貯金で毎年ハワイに行けます。

そう言われると、やってみようか、とも思ったりもして。

もっとも、それを継続できる性格かどうかが問題ですね。

私は、、、無理そうだな。


P.S

先日、テレビで500円玉貯金をしている女性を知った。

家に帰って、財布を開いた時に500円玉が入っていたら

それを貯金箱に入れるのである。

私もちょっと真似してみたら、あっという間に1万円ほど貯まった。

これなら結構イケるかもしれませんよ。

もっとも貯まったお金で何をするか、、、ですが、

なかなか使えない気持ちになるのがまたいいですね。

ちょっとおススメです。



PM 12:08:08 | [思考の散歩]

2017年03月12日  350円の駐車場

私がよく使うコインパーキングがある。

基本200円/60分である。

(田舎だからね。)

ところが、最大350円/12時間であったりもする。

なので、2時間も駐車すれば、12時間駐車しても同じなのである。

であれば、夜駐車して、朝出てくるのにちょうど良いのである。

一晩駐車で350円、助かっている。

ところが、である。所詮、コインパーキングである。田舎である。

つり銭切れになり易い傾向にある。

しかも、まわりに商店がなければ、両替が出来る場所がない。

で、私は思うワケである。

つり銭切れになっていない時には、

1000円札でおつりでコインをもらっておいた方がいいんじゃないか?

で、コインで350円持っているのにもかかわらず

1000円札で払おうか迷ったりする。

考え過ぎだよね、そうも思う。

でも、よく使う人みんながそんなだから、

つり銭切れになり易いんじゃないか?とも思う。

今どきの自動機だもの、コインを使えば、つり銭に回ろうというものである。

他の人の為に、今コインを使うのか、

次回の自分の為に、少しでも100円玉と50円玉をゲットしておくのか、

私のエゴが試されている時を感じたりする。


P.S

とりあえず350円を車に乗せっ放しにしておいて、

その時には、そのまま財布事情に合わせて、

コインがあればコインで払う、そんな用意をして

心配りをしている小心者オヤジだったりする。

みんなもなにかしらしてんだよね、きっと。



AM 10:13:22 | [思考の散歩]

2017年03月02日  へんな気持ち 「ゴミ袋 最後の1枚 のまき」

毎日2355(NHK)を楽しみにしているオヤジであります。

最近「へんな気持ち」なる歌が流れ出している。

数種類あって、日替わりだったりするのだ。

その中に、ゴミ袋の歌がある。

アニメの絵のタッチも、メロディーも

私はあまり好きではないのだけれど、

その歌詞にちょっと納得させられるのである。

特にその中のひとつ

「ゴミ袋 最後の1枚 のまき」がどうにも気になって。

ゴミ袋が入ってた袋が、最後の一枚が使われた時、

その外袋は、ゴミとなってゴミ袋に入る、まさに立場の逆転のお話である。

その時の変な気持、、、とても理解できる。

けれど、、、けれど、、、

ホントは、それは喜ばしい出来事のはずだ。

自分の仕事を完遂し、最後の自分の存在の後始末さえもそ行われるその成り立ち。

それは、例えば、

一生懸命育てて、一人前になった我が子にお葬式を上げてもらうような?

# なんか、、、違うな。

へんな気持ちを感じながらも、それは本来、まっとうな喜ばしい出来事だ、

とゴックンしている自分がいる確かに

「へんな気持ち」の自分に気がついたりして。


P.S

あ〜、この「へんな気持ち」、、、やっぱ説明できないや。




AM 11:44:27 | [思考の散歩]

2017年02月18日  ストレスの原因は?

Tumblrでの漂流物であります。


----

他の外国人たちからはもっと根本的な疑問が出ました。

「日本人はなぜストレスの解消に力を入れるのですか?

 私たちはストレスの原因を取り除くことを考えます」

----

上の文は、一見もっともらしいけれど、、、

しかし私は、思う。

ストレスの原因にもいろいろあるけれど、

日本人は、簡単には取り除けないモノを

ストレスと言っているような気がするんだな。

むしろ、ストレスを完全に取り除けるようになるには、

自分を変えなきゃいけない。

極論を言っちゃえば、他人に迷惑をかけたい放題の性格になれば、

ストレスは、なくなるのかも知れないけれど、

何だか、民度が犠牲にならなきゃいいのだけれど。

まずは、ストレスをストレスと感じない

アクティブパッシブな心情が求められるんだろうな。


P.S

なんかうまく書けないや。




AM 10:54:57 | [思考の散歩]

2017年02月06日  必ず宇宙は意思を持っている。

最近、中学生の理科の勉強をみていて思うワケだ。

人間のカラダって、無数の細胞からできているワケで。

その細胞も分子で構成されていれば、所詮、原子の集合体ということになれば

今のところの、最小単位は、陽子の回りを電子が回っている程度のモノである。

# あへて、素粒子の世界までに話は持って行かない。

そんな最小単位のモノは、極めて物理的な無機質なモノであって

とても、そこに意思や思考が存在しているとは思えない。

けれども、そういった無意思の原子が、無限と思われるほどの個数が集まり

人間のカラダが構成されると、その完成体は、意識を持ち、意思を持つようになった。

ならば、、、である。

一見無機質な星であっても、それらが無限と思われるほどに集まっている宇宙は

必ず、意識を持ち、意思を持っているはず、と考える方が自然である。

なにしろ、貴方や私がそうであるのがなによりの証明であるからして。

それに、地球の46億歳?に比べれば、宇宙は138億歳?

3倍も年上であれば、相当に出来るイキモノ?に成長しているはずである。

# って考え方に、無理はないと思うんだがな。


P.S

今度は、同様にミクロの方に向かって思考してみる。

人間のカラダを宇宙に置き換えてみると、

その中の深遠の内部の粒子たちも、ひょっとして意思を持っているのかもしれない。

今この瞬間も、ちょっとだけ年取った素粒子が、産まれたばかりの素粒子に

勉強を見てやっているかもしれない、、、よね。



PM 12:09:54 | [思考の散歩]

2017年02月04日  心臓は、なぜガンにかかりにくいのか?

心臓は、なぜガンにかかりにくいのか?

そんな話を耳にした。

皮膚や骨、人間の細胞は、日々刻々新しいモノに入れ替わっている。

けれど、心臓は、そのスピードが他の細胞に比べて非常に遅く、

寿命の際にも、産まれてから入れ替わった細胞は、半分以下という。

だからガンになりにくい、ですと。

けれど、そんなことを聞くと、

産まれてから死ぬまで、今や平均寿命80歳を越える時代、

よくもまぁ、80年も動き続けるよねぇ。

時にはゆったりと、時には慌てて鼓動を打ちながら

80年も文字通り休むことなく働き続けるとしたら、

まぁ、死んだ時には、ゆっくりと休ませたいモノである。

我が身の死ぬ瞬間には、

「ご苦労様。ゆっくり休みなね。」

私も気持ちをおおらかにして、そう声をかけてやりたいモノである。


P.S

高身長もガンになり易い、、、とか。

まぁ身長に関しても、自分でコントロールするのは難しいけれど、

高身長の方がいささか有利(?)な世界であれば、

ま、そのぐらいのリスクは仕方がないよねぇ。



PM 12:03:27 | [思考の散歩]

2017年01月23日  捨ててあった一日乗車券

午後9時過ぎ、地下鉄を降り、改札口を出る時に、

乗車カードの残高が少ないことに気が付いた。

「チャージしておかなきゃ。」

切符の自動販売機の前に立つと、

販売機の受け皿に、一枚のカードが。

なんと、それは、「一日地下鉄乗り放題券」

しかも、使用日が今日である。

まだ、価値が残っているモノであれば、

駅員さんに忘れ物として、渡してしまいそうだったけれど、

フト気が付いた。

「わざとなんだ。」

そうである。今から切符を買って地下鉄に乗る人にとっては、

このカードでどこまでも乗れる。

きっと、もう自分が一日使い切った人からの

この自販機で切符を買う人への粋な計らいなんだ。

正直言って、それがいい悪いを別にしても

私は、その人が粋だな、と思えた。

私も、そんな機会があったら、そうしちゃおう、と思ったりもして。


P.S

けれども、、、である。

自分が切符を買うタイミングにそれを見つけても、

“使う”だろうか?

むしろ、忘れ物ではないかと、そのままそこに置いておこうとするだろう。

そもそも、私はインチキでそれを使う勇気もない小心者だろう。

そう考えると、このカードは、かなり長い時間ここに置かれているのではないか?

切符を買う多くの人がそのカードに気が付きながらも、

それを手に取らず、自分のお金で切符を買って行ったのかもしれない。

それが平均的な日本人のような気もするし。

粋な行為をしながらも、それが悪用されることなく通り過ぎてゆくこの日本は、

やはり民度の高い健全な国なのかもしれない。

# っていうのは、私の希望的観測かなぁ。



PM 12:08:08 | [思考の散歩]

2017年01月11日  天文学の意義

昨日のテレビからのヒロイモノ

とある天文学者が言う。

「宇宙が出来て137億年。

 人類が望遠鏡を手にしてから400年。

 どんなに宇宙が知らないものだらけか、、、。

 でも、学者たちは、観察し記録を取る。

 それは、遠い将来に役立つために。」

なるほど、、、と思った。

かつて、某天文台で仕事をしたことがある。

そこでは、自動的に宇宙の地図を作るシステムの構築だった。

私は、某先生に思いっきり質問をしたことがある。

「宇宙を自由に飛び回れない人類が、宇宙の地図を作る必要があるのでしょうか?」

その先生は、笑いながら応えてくれた。

「いつか、宇宙を自由に飛び回れる時が来たら、地図は必要でしょ。

 その時の為の基礎調査さ。

 だって、遠い未来に、いつかきっと地図が必要になる。

 その時の為には、今日のこの作業の段階も誰かは通らなきゃいけないんだよ。」

天文業界のその想いの大きさを実感したものである。


P.S

それに比べて、自分ときたら、、、

とりあえず自分の人生、生きているうちが問題、

などとしか考えられない自分の想いは

極小だなぁ。



AM 11:04:28 | [思考の散歩]

2016年12月24日  今年のクリスマスは土曜日で

今年のクリスマスは、土曜日で。

せっかくだからクリスマスらしいところはどこかをいろいろ考えてみる。

「そりゃ、教会でしょ。」と言われそうだけれど、

そこまで信心ないし。

10年以上前には、有名な教会に行ってもみたけれど、

そもそもキリスト教の信者でもないんじゃぁ

場に馴染めず浮いてしまうワケで。

はてさてもっともクリスマスの雰囲気を味わえるのはどこか?と言えば、

# そもそもクリスマスの雰囲気ってどんなだ?

やっぱ、クリスマスツリーのあるところで、、、ってどこよ。

結局、大手のスーパーやデパートなんだろうなぁ、

# あ〜、なんつー想像力の欠如。

ということで足を運んでみたり。

まぁ、カップルには、一緒に歩いているだけでも楽しんだろうなぁ。

還暦近いオヤジは、そこに居るだけでも雰囲気壊してないかい?

しかし、そんな中でフト思う。

クリスマスの雰囲気を楽しんでいる人々とそれを演出する人々。

クリスマスプレゼントを買う人が居れば、それを売っている人が居る。

レストランでディナーを楽しむ人が居れば、それを作り給仕する人が居る。

今まさに壇上で讃美歌を歌っている子供たちは、

今日の為に一生懸命練習したに違いない。

そして、この瞬間は、緊張の圧力に耐えながら

とてもクリスマスなんて想いは、吹っ飛んでしまっていないか?

いやいや、それが終われば、クリスマスイベントが待っていて、

今度は、楽しむ方だったり?

全ての人達が、時間をずらして

ギブ・アンド・テイクしながら、楽しめているといいのにね。


P.S

すみません。テイクばかりのオヤジで。





AM 11:02:11 | [思考の散歩]

2016年12月20日  小学生の頃よくもまあ20分しかない休み時間で

小学生の頃よくもまあ20分しかない休み時間で

元気に外に出てドッヂボールとかしてたな。

仕事中の20分休憩なんてコーヒー飲んで煙草を一本吸って、

少し人生について考えて絶望したらすぐに終わる。

音楽を4曲聴けばおしまい。

思えば子供の頃の20分は大人になってからの20分よりずっと長かった。


-----

以上は、ネットからのヒロイモノであります。

確かに、、、誰もがそう思うのではないのでしょうか。

けれども、社会人でも私が初めて経験した職場では、

昼休みになると、

グランドに行って、お昼を食べる前にひと汗流してくる人。

お昼を食べ終わるや否や、外でバレーボールに興じる人達。

そんな人達がいっぱいいた。

残念ながら私は、そういった時間をゆったり過ごす派だったので

部屋で過ごす時間が多かったけれど、

確かに昔は(?)、若かった時代は(?)、時が長かったように思えるのはなんでだろう?

それは、今の自分の無気力化(?)によったりもするのだろうか?

そんな風にも思えてしまう。

少しでも時間があれば“うたた寝”したい。などと思うのは老齢期の始まりか(?)

なんだか短い時間を必死に生きている感が哀しい。

もっとも必死に生きている感は、それなりに何かに頑張っているのかもしれないけれど。

そう信じて、、、。


P.S

もっと歳を取って、あまり動けなくなると、

時間は、余りがちになってくるのだろうか?

それはそれで、もっとツラそうだけれど、、、。




AM 10:58:00 | [思考の散歩]

2016年11月24日  SMAPとファンの試練

世の中は、SMAPネタが飛び交っている。

解散してほしくない意見をマスコミは取り上げ、

今までのSMAPの歴史を取り上げるテレビ番組が視線を集める。

けれど、、、けれど、、、だ。

SMAPの解散の真意は、市井の私たちにはきっとわからない部分があるのだろうけれど、

例えば、どうにもならなくなって離婚を決意したカップルは、

回りから「別れないでほしい。」とか、

今まで、仲が良かった時期も含めて、そのシーンを回顧するその様子は、

当人たちにとっては、どうにも嫌なものに違いなかろう。

そんなことをファンやマスコミが押しつけているのが

何とも可哀想な気になってくる。

修復できないところまで来たから、解散するんでしょ。

だったら、一度、解散した方がいい。

いいじゃないか、また戻りたかったら、グループ再結成すればいいんだから。

そんなのが許されてしまう業界だったりするのでしょ?

そういう変化をネタにして生きていたりする業界なんでしょ?

と、私なんか軽く思ってしまうんだけどな。

私もSMAP解散は、残念に思う一人だけれど、

彼らの選んだ道は、彼らで勝手に進んで行ってもらいたいとも思っている。

その後も応援できるかどうかが、彼らの、そして、ファンにとっての試練であろうな。


P.S

写真集を何故か手に入れた途端に、結婚してしまった堀北真希。

人妻の写真集なんかいらんわい。

と思いながらも、彼女のその幸せな未来を祈っていたりする。

# 写真集をブックオフに持って行こうか迷っていたりもするこのオヤヂ。



AM 11:02:11 | [思考の散歩]

2016年11月20日  Google Brain(機械学習研究部門)の15分ルール

Google Brain(機械学習研究部門)の15分ルール:

問題にハマった時、

1)最初の15分は自分で解決を試みること。

2)15分後もハマってたら必ず人に聞くこと。

1を怠ると他人の時間を無駄にし、

2を怠ると自分の時間を無駄にする。


----

私もそう思うけれど、

これは、学生や受験生にも言えることなのでしょうか?


P.S

きっと、言えることだよね。

聞かれても、すぐに答えられなくて、

10分も考え込まないように、

自分もならなきゃいけないんだよなぁ。





AM 10:58:00 | [思考の散歩]

2016年11月18日  蓋が空いていたマンホールに


ネットネタであります。

-----

蓋が空いていたマンホールに

落ちた人を救った人はヒーローになれるが、

人が落ちる前にそっと蓋を閉めた人は

その行為を気づかれさえしないのである。


-----

だから、落ちてから救おう、なんていう考えは、

日本人になかなか浮かばないのが嬉しい。

# と思うんだけどな。

更にプラスして、「転ばぬ先の杖」と言う言葉が、

日本を工業立国にさせたんだと思うんだけどな。

そもそも、人が見ていなくても、ゴミが落ちていたら拾うべきだろうし、

そういうのは、結構できているような気もするんだけどなぁ。


P.S

けど、、、どうして、自分の部屋は、こうも散らかっているのか?

そもそも、ゴミが見えていなさそうな自分が危ういぞ。




AM 10:54:57 | [思考の散歩]

2016年11月16日  誰しも老化は避けられないが


ネットからのヒロイモノであります。

-----


誰しも老化は避けられないが、

自分は実年齢より若いと感じ続けることが、

記憶力や認知能力を維持するのに役立つ可能性がある、

との研究結果が明らかになった。


-----

私の89歳の母は、

「今なん歳?」と尋ねると

「60歳ぐらいじゃないのかなぁ。」と応える。

認知能力が維持できているかどうかの閾値は、極めてグレーである。


P.S

息子の私は、現在、59歳である。いや、ホントです。




AM 10:34:52 | [思考の散歩]

2016年11月14日  大きな街中の陥没を一週間で修復してしまう日本人。残業代は?

大きな街中の陥没を、一週間で修復してしまう日本人。

海外からは、その驚きのメッセージが届く。

そこには、日本の技術力もあろう、現場の責任感から来るものもあろう、

それには、日本人としては、誇らしくて、ちょっとうれしい。

けれど、、、


P.S

けれど、、、

現場で作業する人たちは、残業代・深夜作業手当なんか、ちゃんともらったのかしらん?

それともすべて連帯責任?

達成感と後の苦労話のネタにするだけで満足してしまうであろう日本人(自分も含めて)のその行いは、

そろそろ、なんだか素直に認めてはいけないような気がするんですが。

んー、日々葛藤。



AM 10:18:22 | [思考の散歩]

2016年11月10日  理系男子ならできて当たり前!に怒っ!

とあるネット記事

「理系男子ならできて当たり前!と女性に期待されるスキル9パターン」

に、この理系オヤジがモノ申す。


【1】パソコンやスマホの使い方を教えてくれそう

  まぁ、ちったぁそれは有り得るかも。
  自分でわからなければ調べようとする習性は、確かに身に付いてるな。

【2】家電の新製品に詳しそう

  新製品に詳しいと思われるのは筋違いである。
  永遠真理的理系であれば、新しいモノに飛びつくとは限らない。
  ちなみにこのオヤジ、iPhone4Sユーザー。iPhone7に興味がない。
  論理的な機種比較などは、幾らか出来るかもしれないけれど。

【3】支払いや割り勘の計算が速そう

  それは、文系が想像する理系像。
  理系は、不確かな頭の作業に頼らない。
  電卓使う速さの違いはあれども、それは文系理系関係なし。

【4】トラブルで感情的になっていても冷静でいてくれそう

  そんなの相手次第でしょう。
  自分に火の粉が降りかかってくるような事象なら、
  常に冷静でいられるとは限りません。
  もし、その時、冷静でいたとしたら、
  別にアンタのことなんてどーでも良かったんです。

【5】綺麗好きで身だしなみや掃除が行き届いていそう

  そう思ってくれるなら、
  毎日同じモノを着ていても文句言うなー。ジョブズしかり。
  それに掃除と理系は関係ないでしょ。

【6】相談事に対して論理的なアドバイスをくれそう

  論理的なアドバイスで良ければ、実に簡単なことであって。
  論理的なアドバイスに、アンタは冷たい、って言わないか?

【7】デートなどの段取りが良さそう

  そのクセ、その段取りに文句をつけるのは、いつもアンタ側。

【8】研究や仕事に明け暮れてお金が貯まっていそう

  金銭感覚に疎いのは事実かも。
  なので浪費も多い。
  お酒飲む分貯金すれば、、、と思いながら飲んでいる理系の多さよ。

【9】多少ほったらかしにしても暇潰ししててくれそう

  これは、事実。大いに認めます。
  けど、アンタの魅力も欠けてやしないか?


  以上!


P.S

勝手な期待をすんなーっ! 怒!




AM 10:01:06 | [思考の散歩]

2016年10月31日  趣味は、感想文。

中学生に先生の趣味は何ですか?

と聞かれることがある。

私は、正直に応える。

「感想文を書くこと」

それを聞いた中学生達は、声を揃えて言う。

「げぇ〜!」

けれど、マジ私は感想文を書くのが好きである。

その為に映画を観、本を読むのは、マジである。

映画を観て、本を読んで、感想文を書くのではない。

感想文を書く為に、映画を観て、本を読むのである。

このブログだって、その一部である。

まぁ、このブログは、そういう意味では、

感想文を書く為のメモみたいなものだったりもする。

何の為に感想文を書くのか、と問われれば、

やはり、その見たこと、読んだことの記録であり、

それらに接した結果、自分が何を思い、どう考えたかを残したいからである。

「あ〜、面白かった。」「あ〜、つまんなかった」

それだけでは、終わらせたくない。

何が面白かったか、何がつまらなかったか、

そこから何を思い付き、どう考えが流れていったか、

アウトプットしておきたい。

まぁ、このブログが続いていること自体、

他人に見られているかどうか関係なく続けていられること自体、

私のそういったことがわかっていただけるでありましょう。

それに、書くこと自体が人のストレスを取り払うと聞きます。

残念ながら、下手な横好きでしかありませんが、

この行為が、私のストレスを取り払っていてくれるのも間違いありません。

信じてもらえないかなぁ。ま、いいや。


P.S

しかし、古い感想文を読むと、実に恥ずかしくなるものが多い。

その稚拙な言葉、表現、、、とても自分で読み返す気にもなりません。

そういう意味では、自分の文章は進化しているのかなぁ。

まぁ、古い自分の写真を観て、やはり恥ずかしく思うのと、

似ているのかもしれませんね。

今は、髪も薄くなってきているのに、

若い頃の写真を見て恥ずかしく感じるのは、、、

人間とは、、、私とは、、、不可解である。




AM 11:54:33 | [思考の散歩]

2016年10月27日  懐かしい曲を聴くと、、、脳が反応する。

懐かしい曲を聴くと、思い出すシーンがある。

きっと、貴方もそんなコトがありますでしょ?

そんな記憶を引き戻すきっかけになるそんなモノ、

それは、ある意味、とても貴重だったりする。

もちろん、いい記憶ばかりじゃない。

嫌な記憶も思い出されることも多々ある。

けれど、間違いなくその時を過ごしたことがよみがえってくる。

何も音楽だけじゃない。

食べたモノだって、見た景色だって、、、

それを楽しめるのは、年を経た人間の楽しみだ。

じゃぁ、今のこの瞬間を思い出させるトリガーは何になるのだろう?

もっとも、平凡な日常は、思い出すモノでなければ、

何か楽しい時には、やはりそれを思い出す何かを頭に埋め込まなきゃね。

なかなか思うように紐付けは出来ないけれど。


P.S

恋をしている時に繰り返し聞いた曲は、

確かにその人を思い出すきっかけになる。

けれど、場違いな時にそれを耳にすると、、、ちょっと、、、ねぇ。





PM 12:15:45 | [思考の散歩]

2016年10月09日  信じがたき現実

還暦まで365日を切った現実。

信じられんし。


P.S

でも、仕事とかいろいろ、気分は、還暦過ぎたんですけどね。



AM 11:24:55 | [思考の散歩]

2016年09月19日  交差点の切られた木

交差点の脇の大木が途中で切られている。

新しく出来た交差点ではない。

古くからある交差点である。

切られた理由は、夏になると信号機が見えなくなるからだと思う。

が、ふと不思議に思う。

あんなに太い大木になるまで、切られなかったのは、なぜ?

それまでは、信号機のジャマになると

チョコチョコ葉を伐採していたのであろうか?

そして、その余りの頻繁さに、切ってしまおう、ということになったのであろうか?

何十年も伐採していたのに、ある時、木そのものを切ってしまうという決断、

その思考・判断の変化は何なのだろう?

お役所の人間が、入れ替わったから?

むしろ、それまでの担当者が、切る勇気がなかったから?

いろいろ不思議に思われてならない。

そこには、なんらかの時代のひとつの区切りを感じてしまうのは、

私が細かすぎるってか?


P.S

そもそも自分自身が、

そんな木を見て、そんなことを気にする歳になってしまったのであろうことが

一番気になることでもある。





AM 11:53:27 | [思考の散歩]

2016年09月15日  テレビの哀しさ

あへてグチを書く。

そのテレビの哀しさ。

ドラマや映画はともかく

バラエティー番組や情報番組のその質について。

新聞とテレビ・ラジオしかなかった時代は、

とりあえずそれでも楽しめた。

しかし、21世紀ともなり、情報革命が定着し、情報の多様化がこうまで広がり、

情報を得る側も多種多様な手段を持ち始めると

新聞・テレビのその質は、あまりにも哀しい。

こんな内容で視聴率の獲得合戦をしているワケ?

と、画面に向かってつぶやいてしまう。

画面に出ているタレントのレベルはともかく、

製作側のレベルをも想像してしまうと、

テレビ業界は、あまりにも哀しい。

なんとかならんのか?っていうか、

このままでいいと思っているのか?特にテレビ業界。

まぁ、偉そうなコトを言える立場でもないけれど、

せっかく貴重な公共電波を使っているのだから

それなりの自覚を持ってもらいたいモノである。


P.S

情報媒体は、いろいろあるけれど、100%信頼できるモノは有り得ないと思う。

だからこそ、情報を得ようとする者は、自分なりに取捨選択が出来る技能が

備わっていなければ、ならない。

そう自分に言い聞かせて。



AM 11:09:17 | [思考の散歩]

2016年09月11日  生産する楽しさ

何かを消費している時の「楽しい」と

何かを生産している時の「楽しい」は

絶対ごっちゃにしちゃいけない。

漫画読んだりゲームをしたりして楽しいのは、

それが消費されるために作られたものなんだから

楽しいに決まっている。

何をしてる時楽しいか、

じゃなくて、何を産んでいる時楽しいか、が超重要。


ツイッターに流れてきたコメントである。

確かに、そう思うな、と思って、ココにメモ。

ここで続けているこのブログも

ある意味、生産している楽しさで続けていられているのは、

間違いのないことと、実感しています。


P.S

生産品質が悪くてすみません。



AM 11:04:28 | [思考の散歩]

2016年09月01日  水道工事と電気工事

私は、電気系の仕事に携わる人間である。

どちらかというと設計作業が主であるけれど、

工事にも赴くことも多々ある。

で、工事ともなれば、天井裏にもぐることもあれば、

床下に這いつくばることもある。

そこから出てきた時には、作業服はホコリで真っ白だ。

髪の毛さえも、真っ白になる。

まぁ、仕方がないよね、仕事だから。

けれど、、、けれど、、、

数日前から、我が家の1階の洗面台の下から、

シュ〜って音がし出した。

それは、まさにパイプに隙間が出来て、シャワーのように吹き出ている音だ。

洗面台の下あたりを見ても異常はない。

うわぁ〜、床下だぁ。

家を建てて30年。床がどうなっていたかなんて、記憶がない。

デジカメもまだ流行っていなかった頃、

建てている時の写真はきっと撮っていただろうけれど、

そんなのどこにあるかわかんないや。

それに、どんな状態かわからないから、やっぱ専門屋に任せた方がいいよな。

そう思って、水道局から紹介を受けて、業者を手配。

見積金額を聞いて、まぁ、納得できたから、そのまま作業を依頼。

その作業日、作業が気になって、というか、床下が気になって

作業に立ち会った。

キッチンの床下収納を外せば、床下に入れることは知っている。

さて、その床下を見てみると、、、数日漏れっ放しだったためか

かなり水が溜まっている。

下がコンクリートだから、比較的汚れはないけれど、

土、ホコリ、虫、ネズミのフン(?)など、認識不明なモノが混濁しているはずだ。

入口から、漏れている場所までは、約3m。

そこから覗いて修理できる場所ではない。

そして、床と地面の高低さは、約50cm。

こりゃぁ大変だなぁ、そう思っていると、作業に来たおじさんは、

さっさとビニールカッパを全身に着て

さっそうと床の泥水に這いつくばり、

匍匐前進でその不具合ポイントまで這って行った。

照明の中、寝っ転がって修理して(写真)、また、そのままバックして戻ってきて、

元栓を開けたりして、また潜る、、、。

いやぁ、私は、つくづく思いましたよ。

電気工事と水道工事の大きな差を。

電気工事には、ある時は、感電の恐さを感じる時もあるけれど、

水道工事には、その悪環境の多さは、きっと比でないな。

そんなことを感じたひと時でありました。

まぁお互い様とは言え、

みんな、それぞれその環境を乗り越えて、

慣れてしまっている人たちにこの世は、ささえられている。


P.S

思わず声をかけた。

「見積通りの金額で大丈夫?」

「ええ、大丈夫ですよ。」

ちなみに、ちょっと他にお風呂の給水ツマミも直してもらって

合計25,000円(税別)

それを安いと感じるか高いと感じるかは、

その人の住んでいる・働いている環境によるんだろうなぁ。




AM 10:38:02 | [思考の散歩]

2016年08月16日  現在でも、全人類の7割が電話を使った事が無いまま死んでいる


現在でも、全人類の7割が電話を使った事が無いまま死んでいる


----

ネットからのヒロイモノであります。

なので、事実かどうかは断言できないけれど、

言われてみれば、そんなものなのかもしれない、とも思えたり。

けれど、電話を通り越して、携帯電話やスマホを使っている私たちとしては、

きっと、便利な国に生まれてきたことに感謝しなければいけないんだろうなぁ。

そんなことを思う。

けれど、携帯電話に囚われ、電車の中でスマホのゲームに興じている姿は、

どうしても、真の進化の姿とは思えないんだけどなぁ。

何かを見失って進化し続けていないか?

そんなことも思ったりもする。

けれど、その環境の中であえてわざわざ抗うのも、

それもまた不自然にも思えるから、

私の思考も実に勝手なモノである。


P.S

先日、某電気屋さんでiPad用のカバーキーボードを見つけた。

Apple純正のモノであれば、なんとなくカッコよく、使い勝手も良さそうだ。

けれど、フト思う。

これは、(自称:こだわりの)iPadユーザーから見ると

何か本来存在すべきモノとはちょっと違うような気がして。

ジョブズだったら、この製品を認めただろうか?

そんな思いがして、手を出せなかった。

まぁ、自分にとって便利なものであれば、

全然、それは構わないと思うのですけどね。

# 単に高くて買えなかった言い訳かも、、、ね。



AM 10:34:52 | [思考の散歩]

2016年08月10日  脳と信号機と。

「人間は一度に脳の数十%しか使っていないんです。もったいないですよね。」

っていうのは、

「信号機は一度にすべてのランプの33%しか使っていないんです。もったいないですよね。」

っていうことと大体おんなじらしい。

----

まぁ、古くから言われていることが今更またタンブラーに流れてきたけれど、

フト、思うことがあって、ココにメモ。


P.S

いやなに、自分の脳には、100個もランプがあるんじゃなかろーか、と。

しかも、もう点灯しなくなってしまったランプが何個もあるんじゃなかろーか、と。



AM 10:01:06 | [思考の散歩]

2016年07月31日  金曜の夜のクモの巣


金曜夜のとある街角。

イタリアン、フレンチ、焼き鳥、炉端、、、

小さな飲み屋が一杯ある。

ちょっと一杯ひっかけるかな、そんな思い。

どこにしようかと、中をのぞいてみる。

ところが、金曜の夜なのに、どこもお客さんがいない。

カウンターの奥や、厨房に、シェフ?主人?が独りぼっち。

ふと、思い出してしまったのは、

我が家のトイレの片隅に、くもの巣を見つけた時のこと。

こんな場所に巣を作っても、獲物がかかるの?

とりあえず巣を作って、いつ来るか見当もつかない

小さな虫が巣にかかるのを待ち続けているクモを思い出す。

ごめんね主人たち。そんなことを思ったりして。


P.S

そして、私は、今まさに巣に引っかかろうとしている。

所詮小さな虫だったりする。







AM 11:54:33 | [思考の散歩]

2016年07月01日  公園の子供達

小さな子供たちが公園で遊んでいる。

ワイワイ、キャーキャー、実に楽しそうに遊んでいる。

彼らは、時間を気にしない。

遊んでいる意味も考えない。

残る疲れを気にしない。

ただただ、楽しそうに、声を出し、走り回って遊んでいる。

そんな時は、かつては、誰にもあったはずだ。

けど、よく思い出せない。

寝食を忘れてしまうことは、今の私にもあるけれど、

やはり、明日のこと、人生の残り時間のことを考えてしまう。


P.S

この時期、セミの鳴き声がうるさいけれど、

残り数日を我を忘れて鳴き叫んでいる様も

また可哀想に思えてならない。





AM 10:38:02 | [思考の散歩]

≪ 前の30件| 次の30件

Powerd by SUK2 BLOG.