Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK

















いま時の記事
2017/07/04  儚い私の需要
2017/07/02  駆込み女と駆出し男
2017/06/30  伊勢の地ビール
2017/06/28  健康診断前日
2017/06/26  ハクソー・リッジ

ま、あえて分ければ
日記(376)
映画(624)
コレクション(139)
写真館(285)
言葉の感触(378)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(272)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(258)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(35)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(7)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(22)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+12
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
−−お知らせ−−

小学生(別に中学生でも構いませんが)の電気に関するいろいろな質問をお受けしております。やはり私の技能でお答えできる範囲内となりますが特にジャンルは問いません。もちろん無料です。お気軽にメールください。

注意:
大人の小中学生を装ってのバグ取り作業依頼は、固くお断りします。

2017年05月17日  思い出はいくらでもこれから出来る。

迷ったらゴミ
使わなきゃゴミ
なくしても買いなおさないものは捨てろ
いつかは絶対来ない「いつか使う」は絶対無い
使えるか、ではなく「使っているか」

高いものはすぐ使え
古い化粧品は女を古くする
悩む理由が値段なら買え。それ意外ならどんなにお得でも買うな
こんなに洋服持ってたって、いつも同じ服着てるだろう?
普段使ってないのにとってあるもの。災害時にそれ持って逃げますか?
全部捨てたら未来だけ残る。
思い出の品を捨てても、思い出は消えない。
過去を捨てなくては、未来の場所がない。
服があるから福が来ない 紙があるから神が来ない
心の隙間をゴミで埋めるな、 言い訳するより振り分けろ。
明日は明日のゴミが出る。

モノが捨てられない人必見!「捨てる」を後押しする名言集

----

ネットからのヒロイモノである。

# あへて長文をコピペしてしまった。深謝。

どの行も、なるほどね、と確かに思いますね。

ただ、私としては、ある一行だけが飲み込めなくて。

それは、“思い出の品を捨てても、思い出は消えない。”の行。

先日、小学校の同窓会があったのだけれど、

みんなのしゃべっている思い出話が私は思い出せなかったことが多かった。

思い出なんてものは、なんらかの方法で記憶に残せないと

どんどん忘れていってしまうような気がして。

だから、思い出の品も捨ててしまうと

思い出自体が脳の中から消え去ってしまうような気がするんだな。

まぁ、まだこれからも未来があって、思い出候補がぞろぞろ控えているとすれば

なにも過去の思い出ばかりを大切にする必要なんてないんと思うんだけどね。

そんなある種プチ未来志向が、私の脳の中の思い出を

消し去ってしまっているような気もしたりするな。


P.S

そういう意味では、物はデジカメで残し、出来事は文章で残しているこのブログは

私にとって、脳の外部記憶デバイスとして、

極めて重要な位置付けになりますね、うん。




AM 11:13:13 | [言葉の感触]

2017年05月11日  きれいな言葉遣いは一番お金のかからないオシャレ

きれいな言葉遣いは、

一番お金のかからないオシャレ

----

ネットからのヒロイモノである。

いや本当にそう思ったり。

決して上品ぶるつもりはないのだけれど

# 結果として上品ぶることになるのかな?

昼食を”ひるめし”、食べることを”くう”なんて言う単語がどうも苦手。

美味しいことを”うまい”って言うのもどうも抵抗があって。

だから、テレビで食べ歩き番組や料理番組なんかでも、”うまい!”なんて言う単語が耳に入ってくると、

ついチャンネルを換えてしまったりしてしまう。

なんだかこういった単語が流行り言葉になってしまっている感じもして、

どうもエセプチ上品な私としては、スムーズに受け入れられないんだな。

ま、神経質に考えすぎなんだろうけれどねぇ。


P.S

結局、上品ぶっているようにしか見えない今日の一文なんだろうなぁ。



AM 11:04:28 | [言葉の感触]

2017年04月19日  本人は本人の感想文を書いている

子供たちの読書感想文を見せてもらうと、

添削されているのを目の当たりにするんですが、


それってどういうことなんですかね?

だって、本人は本人の感想文を書いているわけじゃないですか、

思ったことを書いているんです。


それを添削って何様ですか?って思っちゃうんですよね。

本人が感想書いてるんだからそれが書いた本人にとっては正解でしょう。

----

ネットからのヒロイモノである。

おおいに納得。

けど、、、ちょっと微妙なモノが残るな。


P.S

小学6年生の女の子に声をかけられた。

「私は、算数が好き。答えがひとつしかないから。それを見つけるのが楽しい。

 国語って、どうして書いた人の気持ちを考えなきゃいけないの?」

そう言われて、私はとてもうれしくなった。私もそう思うから。

「でも、国語って、もっと楽しく考えればいいんじゃない?

 他の人は、どう考えているのかな?を想像するのも楽しいんじゃない?」

そう応えた私は、教師としては失格かなぁ。

その程度じゃ、いい点取れないかもなぁ。



AM 11:53:27 | [言葉の感触]

2017年03月30日  技術を買っている職人からは値切っちゃダメ

ネットからのヒロイモノである。


-----

その昔、

職人さんの仕事の代金を値切った事を商売人の母親に話したら叱られた。

商品を右から左で儲けている商人は値切れ。

けど、技術を買っている職人からは値切っちゃダメだと

-----


そうだよっ!

と、大いに同感する私はエンジニア。


P.S

しかし、、、商人を値切ると、やがてそのしわ寄せはメーカーに戻る。

「今どきは、いいものを安く作るのも技術だろっ!」

と、値ごろ感が設計者を苦しめる。

その際限なさに、、、日々が、、、ツレェ〜。


AM 11:39:58 | [言葉の感触]

2017年03月14日  1番近くにいる相手は何でも言っていい相手じゃなくて

夫と暮らし始めた頃

「1番近くにいる相手は何でも言っていい相手じゃなくて

1番気を遣わなきゃいけない相手なんだよ、

じゃないといつまでも1番近くにいられないだろう。」

って言われたのね。

私その時目から鱗が落ちてね、

だってそれまで一緒にいた人は

そんな事教えてくれないでただ去って行ったから。


----

ネットからのヒロイモノである。

確かに、そんな気がするよね。と、ここにメモ。

けれど、細かく更に正確に言えば、

“いつまでも一番近くに居て欲しい相手”ですね。

あなたには、そんな相手がいますか?


P.S

お互いにそう思えるようになったら、最高ですね。

そんな方は、宝クジなんかぁ買っちゃぁいけませんよ。

人生、もうそれで充分のはずですから。



AM 10:18:22 | [言葉の感触]

2017年03月08日  「3月1日は日曜日で祝日、晴れの日でした」

Tumblrに流れてきた。


----


この文章、読めますか?

「3月1日は日曜日で祝日、晴れの日でした」

おそらく皆さんほとんど読めたと思いますが

実はこの文、海外の日本語学校では超難問です

気づかれましたか?「日」の字の読み方全部違うのです。


----

ほぉ、なるほど!

日本人すごいじゃん、知らないうちにこんなすごい芸当(?)が

出来るようになっているんだなぁ。

と、思わず感心。


P.S

九九を一生懸命覚えた努力なんて、ちっさいなぁ、

と、思うわけで。

小さい頃から外国語に浸ることの効率の良さを感じたりもして、、、。




PM 12:37:12 | [言葉の感触]

2017年03月06日  大人になってから気が付いた20のこと

ネットからのヒロイモノである。

-----

【子どもの頃は知らなかった…】

 大人になってから気が付いた20のこと

1. 大人になっても中身はそんなに成長しないこと

2. 親や先生の言うことは、おおむね正しかった

3. お金が全てじゃないが、大体のことはお金で解決できる

4. 平凡な人生を送ることが結構難しいこと

5. ゲームなど、子どもの頃好きだったものが急に面倒くさくなる

6. ギャルは意外に優しい、そして清楚系は意外にあざとい

7. 10代で結婚したアツアツカップルは冷めるのも早いこと

8. 自分は特別な存在じゃなかったこと

9. 遊ぶ=飲み会になること

10. 学生時代に勉強ができた人より、コミュニケーション上手の人の方が出世していること

11. 税金を支払うことの大変さ

12. 男の人はいくつになっても見栄を張りたがること

13.女の人もまあまあエロいこと

14. 自分の頑張りを評価してくれる人がいるとは限らない

15. カニみその美味さに気づく

16. 都会よりも田舎に憧れを抱くようになる

17. 好きな音楽は20代前半あたりの曲で止まる

18. 同世代が集まると健康に関する話題が出るようになる

19.学生という身分の尊さ

20. 両親の偉大さ

-----

いえなに思わずウンウンと思ってしまったワケで。

青年たちに伝えたいですね。

けど、、、夢がなくなっちゃいそうだなぁ。


P.S

って、もう夢がないってことか?このオヤジ。




PM 12:09:54 | [言葉の感触]

2017年02月28日  if not now, then when?

if not now, then when?

if not me, then who?

----

テレビの影響で

知らないうちに

「いつやるの?今でしょ!」

としか訳せなくなってしまっている。

けど、

「誰がやるの?私でしょ!」

とは、なかなかならない。やはり

「私じゃなきゃ、誰がやるの?」

となってしまう。

この日本語の微妙な違い。

なんだか自分のいやらしさが表れていそうで、、、。


P.S

「今でしょ!」と一緒に「私でしょ!」も流行らせてほしかったなぁ。

# って、情けないオヤジだ。




AM 11:29:59 | [言葉の感触]

2017年02月22日  「ゎ」←これって本来どうやって使う文字なの?

ネットからのヒロイモノである。

----

「ゎ」←これって本来どうやって使う文字なの?

----

確かにっ!

けど、何気に使っていたりもするこのオヤジ、まだ若いぜッ。


P.S

そもそも打ち方わかりますか?



AM 10:54:16 | [言葉の感触]

2017年01月31日  やつぱり一人がよろしい雑草



   やつぱり一人がよろしい雑草

     やつぱり一人はさみしい枯草


          山頭火


-----

某書道の展覧会で、この言葉に出会った。

山頭火の句は、私も何度か筆で書いたことがあるけれど、

こんな句も書いていたんだなぁ、、、。

彼の人生から、しみじみと感じてしまう一文である。

山頭火については、Wikiででも。


P.S

でも、私は、この順番に救われる。

この順番が逆だったら、、、

山頭火が可哀相過ぎるような気もして、、、。


AM 11:54:33 | [言葉の感触]

2017年01月29日  オシャレとは

オシャレとは生き方に通じます。

人に対して好感を与えようとする努力

誰しもが、きっと持ちうる自分がこうありたいという理想

それに近づくように振る舞うことで

自分を律し自分を高めることができる努力こそがオシャレなのです

----

NHK朝ドラ「べっぴんさん」劇中のセリフより抜粋

なかなか“オシャレ”というものを

上手に表現できていると感心してココにメモ。


P.S

もちろん、外見だけでなく、内面的なオシャレ(?)にも努力したいものである。




AM 11:51:47 | [言葉の感触]

2017年01月19日  “下手な横付き”ですみません。

ネットからのヒロイモノ2点。

----

成功は幸福のカギではない。

幸福が成功のカギなのだ。

自分のやっていることを愛しているなら、きっと成功するだろう。

   アルバート・シュバイツァー

----

好きな科目だから、成績が良いのではない。

成績が良いから、その科目が好きなのだ。

   詠み人忘れました。

----

私は、どちらの言葉も真実のひとつだと思う。

かなり前、“学生の試験は何の為にあるか?”という問いに対して、

こんな一文と出会ったことがある。

それは、“自分の得意なことを知るためである。”と。

私は、素直にナルホドな、と思ってしまった。

あまり人との比較論的な話は好きではないけれど、

確かに一理あるような気がしてならない。


P.S

もっとも“下手な横付き”肯定派の私ではあるけれど、

“下手な横付き”ってあんまりみっともいいモノじゃないような気がしないでもないのだけれど、

ま、好きなんだからしゃぁ〜ないわよねぇ。





AM 11:53:27 | [言葉の感触]

2016年12月12日  来た道、行く道


  子供を叱るな、昔来た道じゃ。

  年寄り笑うな、行く道じゃ。



商店街を歩いていたら、

お店の入口のドアのガラスにこう書かれた貼り紙が目に留まって。

なかなか面白いな、と思ってググったら、実際にはもうちょっと長いのですね。


 子供叱るな来た道だもの

 年寄り笑うな行く道だもの。

 来た道行く道二人旅

 これから通る今日の道

 通り直しのできぬ道。


作家とか、この文章に関わる情報は、ご自分でググってくださいましね。

いや、子供達にむけて、ちょっと書くとウケるかな。

単にそう思って、ココにメモ。


P.S

わたくし的には、、、


  年寄り笑うな、もう先無い道じゃ。


の方が、、、でも、これじゃぁ、笑えませんもんねぇ。





AM 10:13:22 | [言葉の感触]

2016年11月30日  「最近の若いモンはあかん」と思った時の怖さ。

ネットからのヒロイモノであります。


----

「最近の若いモンはあかん」

的なことを言うおじさん達は本当に反省した方がいい。

あなたの周りにそんな若者しかいないのは、

おそらくあなたのせいだ。

----

コワァ〜イ、コワァ〜イ、コワァ〜イ!ですよ、この事実は。

きっと多くのおじさんおばさん達は、一度は頭をよぎったことがあるでしょっ!

「最近の若いモンわぁ、、、」って。

恐いですよ、まじ、恐いですよ。こう言われると。

とりあえず、反省しよう!と素直に思いましょう。


P.S

逆のパターンを考えてみる。

----

「最近のジジババは、、、」と思う若者は、

あなたの周りにそんなジジババしかいないのは、

おそらくあなたのせいだ。

----

そうとは、絶対思えないもんねぇ。

恐いですよ、まじ、恐いですよ、うん。



AM 11:39:58 | [言葉の感触]

2016年11月26日  教師に言われた衝撃的な言葉

Tumblrに流れてきた。

----

生徒「先生、こんなことやって将来何の役に立つんですか?」

先生「こんなことも出来ない君達は将来何の役に立つんですか?」


 人生の格言になった # 教師に言われた衝撃的な言葉

----

まぁ、思わず笑って、納得しちゃったコメントだけれど、

どんなことをやっていたのかも問題にしたいなぁ。

だって、はるか昔、必死でやっていたウサギ跳びは

現代では、有害認定されて、されなくなっちゃった事例もあるからね。

けど、確かに、そうも思えるのは、、、自分が高齢に過ぎないのかもしれないな。


P.S

もっとあんなことやってたら、

もっと自分の人生は、何かの役に立ったのだろーか?

いやいや、出来なかったから、今程度なんだろうな、、、

と、凡庸のおやぢ。






AM 11:06:25 | [言葉の感触]

2016年11月04日  「運が良かっただけです。」

成功した人の

「運が良かっただけです。」

という言葉は、

「特に何もしていないけれど まぐれで成功してしまった」 

ということではなく、

「自分にどうこう出来る領域のことは全部やりつくし、

 あとは運に任せるほか無かった」

という意味なので、勘違いして油断してはいけません。


-----

以上は、ネットからのヒロイモノであります。

はい、しっかり心に留めておきたいと思います。


P.S

けど、自分で「運が良かっただけ」と思えた時って、

ほとんどまぐれのような気がするんだがな。

# 小さな良運に喜ぶ凡人オヤジ



PM 12:03:27 | [言葉の感触]

2016年10月29日  家族間の会話は、昔から無料です。


「家族間の会話は、昔から無料です。」

「知り合いを友達にしよう。友達を親友にしよう。」

「初対面の人と、食事はしにくい。飴なら食べやすい。」

「カンロ飴が減った。お友達が増えた。」


なかなかカンロ飴のホームページのひと粒のメッセージ集が楽しい。

是非、あなたも一度ご覧になって。

昭和的(?)のほほん気分につながるのは、間違いありませんよ。

https://www.kanro.jp/kanroame/


P.S

カンロ飴から、何ももらってませんって。

むしろ、今度見つけたら、カンロ飴買ってみるか、、、

と私も思えてしまったから、こういう広告は、結構効くのかもしれませんね。

まんまとステマにはまり込んでしまう単純な昭和のおやぢであります。




AM 11:51:47 | [言葉の感触]

2016年10月25日  Googleで調べるとき、Googleもまたこちらを調べている



「Googleで調べるとき、Googleもまたこちらを調べている」


ネットからのヒロイモノである。

ま、そうだよね。素直にそう思う。

しかし、インターネットの黎明期に比べて、

まさかこんな風に進化してゆくとは、、、とつくづく思ったり。

これからもまたどんどん進化してゆくのだろうな、と思うと、

ワクワクと同時にちょっと恐かったりも。

まぁ、私の検索履歴からは、私のキャラ、クセ、コノミ、、、

さまざまな私のプライベートな情報を仮にグーグルさんが持ったとして

向こうは、どう仕掛けてくるのだろう。

今、どう仕掛けられて、知らないうちに、どうはまり込んでいるのだろう。

まぁ、私自身、便利こそ感じても、不便を感じていない状態であれば、

特に不満はなかったりするのだけれど。

知らないうちにモノを買わされていたりするのだろうか?

けど、それが欲しいもんだったらいいんじゃないか?

私は、軽くそう考えている傾向の人間なので、

きっとグーグルさんの餌食である。

それを容認している甘い人間である。


P.S

しかし、、、

最近、猫グッズの広告がやたら目に入るのは、カンベンしてよ。

いくらネコ情報にアクセスしてばかりいるからって

今住んでいるところでは、飼えないんだからさ。



PM 12:10:01 | [言葉の感触]

2016年10月21日  聖☆おにいさん

もうかなり前のことですが、

某国立大学のオープンカレッジのイベントで

美術講座があったもので、行ってきましたが、

そのタイトルは

『聖☆おにいさん』で語るキリスト教美術史

宗教画が好きな私ではありますが、

そのネタ元をマンガにするK先生は、

やはり無関心客のツカミの為か?

などと思いながらも、マンガの紹介を聞いているうちに、

「こりゃ一度読んでおく必要があるな」なんて思い出してしまって、

まさに講座中に、アマゾンで中古本でゲット。

11巻で1,670円也。

ま、正直言って、ギャグマンガだったので、

宗教ネタをマンガにして大丈夫か?なんて思いながらも

確かに、宗教ネタギャグに大笑いしてしまいます。

それにしても、作者は、宗教ストーリーに詳しそうで感心してしまいます。

しかも、キリスト教だけでなく、仏教も。

確かに、読む側も、宗教ストーリーの知識がないと笑えない部分も多そうなので、

ある意味、宗教有識者の中で成り立つギャグばかりですから

ひょっとして、逆説的に格調高いマンガなのかもしれませんね。

話は、基本読みきりなので、ちょっと見かけた時には、サラッと読んでみてください。

私は、実に楽しく読めました、はい。


P.S

しかし、、、中古本で一気に11冊読んだものの、

まだ、今なお続いているとか、、、。

でも、もう買いませんから、すみません。→ 作者殿



PM 12:05:37 | [言葉の感触]

2016年10月11日  いつ死んでもいい。でも、今日でなくてもいい。

  いつ死んでもいい。

    でも、今日でなくてもいい。


NHK「ヨーコさんの言葉 第30話」より。

-----

心臓の手術をして以来、いろいろ覚悟をした。

確かに、もういつ死んでもいい的な思考ではある。

でも、今日でなくてもいいよね。

それも確かにそう思えるよね。


P.S

ついでに言えば、

明日でなくてもいい。

そうも思います、はい。



AM 11:04:28 | [言葉の感触]

2016年10月01日  偶然というのは日頃の行いで自然に導かれる努力の証



 偶然というのは日頃の行いで自然に導かれる努力の証




ネットで拾った1行である。

貴方もきっとあろう。

「ラッキィ〜」

「運が良かったぁ。」

「偶然助かったぁ。」

そんな思いを持った瞬間が。

そう、それは“日頃の行いで自然に導かれる努力の証”なのだそうだ。

そう思うと、すぐに単純に“日々の生活を大切にしよう”、

と思ったりする単純なこのオヤジ。


P.S

最近そんなことないなぁ、、、という方、

偶然起きている運の良い出来事を見落としていませんか?

今、電車の乗り換え待ち時間が5分の時、

実は、貴方の平均待ち時間は8分だったりしてませんか?

そう、今貴方は、とても偶然な良運に巡り会っているのですよ。

# あ〜、何だか宗教家になれそうなワ、タ、シ。





AM 10:38:02 | [言葉の感触]

2016年09月27日  母がその名前を付けてくれました。

「アンドウさぁ〜ん」

病院の待合室で職員が大声で呼びかけている。

「はぁ〜い。」

80歳も越えていそうなおばぁちゃんが、小さな声で応答している。

「アンドウさんですか?」

おばぁちゃんが職員に近づいた時、

改めて職員が確認すると、そのおばぁちゃんが言った。

「はい、母がその名前を付けてくれました。」

"おばぁちゃんナイスっ!"


P.S

おばぁちゃんボケてた?

でも、今度このギャグ使わせてもらうね。

ところで、私の名前は、誰が付けてくれたのか確認しておかないといけないな。



PM 12:15:45 | [言葉の感触]

2016年09月17日  仕事はやらされるのではなく

仕事はやらされるのではなく

やりたいことを仕事にしたい。

楽しいことが大事。

----

そう言ってのける、若い女性の言葉が耳に入ってきた。

だよね。と、思う。

けれど、やりたいことが見つけられない人もいるだろう。

仕方なくその仕事をやらなければならない人もいよう。

自分のやりたいコトがあって、それを仕事に出来た人生を送れた人は、

本当に幸せだと思う。

今や人生が長くなった。

80歳まで働くために、40歳定年論まで出てくる時代だ。

けれど、40歳定年制度は、万人に通用するだろうか?

確かに60歳まで同じ会社に居続けると、

その後も、それにすがって生きていかざるを得ないのは、あまりにも哀しい。

そして、その人はきっと、言うのだろう。

「私は、この仕事が好きだから。」って。

まぁ、それがその人にとって楽しければ、問題ないのだけれど。

会社で老害になっていなければ、問題ないのだけれど。

それは、自分では、わからない現実もあったりするのがツラい。


P.S

しかし、老害っていうのは、職種の問題ではなく、

その性格に起因するモノなんだろうなぁ。

それも、自分では、なかなかわからないモノであって、ツラい。





AM 11:13:13 | [言葉の感触]

2016年09月05日  世の中には、デザインはお化粧だと思っている人がたくさんいる。

「世の中には、デザインはお化粧だと思っている人がたくさんいる。

 まるでカーテンやソファーの表面みたいにね。

 だけど、私にとってデザイン以上に、深みのあるものはない。」


スティーブ・ジョブズ


----

でもさ、内面の前に、とりあえず外見だけでも、

と思うのが凡人であるわけで。

ファッションやお化粧なんかも、きっとそうだよね。

さっそうと隙なくクールに歩いているオトコもオンナも

家に帰ったら、ゴチャゴチャな部屋に住んでいたりするのは、

許されたいモノである。


P.S

「内面整えたら、外面に出るものだ」

っていう人がもいるかもしれないけれど、

外面に出てくる前に、人生終わっちゃうような気がするのは

アナタもワタシもきっと同意見です。



AM 11:19:49 | [言葉の感触]

2016年08月26日  孤独死


孤独死は

「結婚しないとお前もこうなるぞ」

という便利な脅しツールとして運用されているが、その際に

「今現在、孤独死している人は、ほぼ全員結婚していた」

という事実もちゃんと流してほしい。


-----

ネットに流れてきた漂流文である。

確かに、だよね、と思う。

しかし、私は孤独死でいいと思うんだがな。

# と、書くと変人扱いされる?

孤独死で平気さ、と思える心の強さを持ち続けたい。


認知症気味で介護施設に入っている母がいつも私に愚痴る。

「毎日淋しいし、最後は、ここで独りぼっちで死ぬのかねぇ。」

# こんなに大勢にあれやこれや世話してもらっているのにね。

そんな母に、私は平然と言い切る。

「何言ってんのよ。まだこれから何か起きて、病院に運ばれ、

 お医者さんや、看護師さんや、家族でワイワイ大変なことをするんでしょ?きっと。」

親不孝な息子ですみません。


P.S

私は、いつも思っている。

芥川龍之介の河童じゃないけれど、

産まれる時は、家系や親を選べるわけでもなく、

いきなりこの世というステージをワケもわからぬまま

名前を付けて歩かされる。

スヌーピーの言葉を借りれば、その後は

配られたカードで勝負するしかないワケで、

それなりに一生懸命生き抜くわけだけれど、

そうして一生を終える時ぐらい、自分でタイミングを選びたいような気がする。

「うん、とりあえず頑張った。もうこの人生はこれでいい。」

そう思いながら、最後を迎えたいと思うのでありますが。

渡辺淳一の失楽園のように。

健康人の論理と言われそうですが、

健康な時に考えていることの方が正しいような気がするのです。

いざとなるとワケわからなくなってしまいそうな私の場合は。




AM 11:06:25 | [言葉の感触]

2016年08月20日  リスクを負わない攻撃は魅力がない。

NHKの某経済番組っていうかオイコノミアで

「結婚の経済学」なるテーマで放映されていた時

ゲスト出演で出ていたサッカー元日本代表 武田修宏氏(49歳独身)が発した一言である。


「リスクを負わない攻撃は魅力がない。」


思わず、「だよね。」と私は声を発してしまった。

最近会社では、リスクばかりが課題になる傾向がある。

会社経営にとっては、リスクの問題は、大きな課題であることは理解できる。

しかし、有能なリーダーがいないと、リスクをまず避けることばかりが先に立ち

何も新たなことが出来なくなってしまう。

とてもつまらない日々になる。

自分で負える範囲でのリスクを持ちながら、

常に新鮮な魅力的な日々を送りたいよねぇ。

私もつくづくそう思うのである。


P.S

もっとも、この番組が結婚の話題でありながら、独身の武田氏が言うセリフは

どうも素直にゴックン出来ないのが笑えてしまうワケだけれども。





AM 10:58:00 | [言葉の感触]

2016年08月18日  女性へ


女性へ


おもしろくなくても、顔が良くなくてもいいから、

仕事が好きでまじめな男を選んで結婚しろ。

優しい男はやめておけ。

優しい男は、あなただけではなく、誰にでも優しいんだ。


----

ネットからのヒロイモノであります。

オトコ側の論理からすれば、確かにそうだよね。私もそう思う。

けど、男性へも同じようなことが言えるのだろうか?

2行目は、なにが好きでまじめな女ということになるのだろうか?

是非、女性側の提言も聞きたいものである。


P.S

そんな提言を若いうちに聞きたかったな。

未だにわからないこのオヤヂって、、、哀しいかも。



AM 10:54:57 | [言葉の感触]

2016年07月27日  40年ぶりの"ポーの一族"

私は、ポーの一族のファンである。

# もうすぐ還暦のオヤジでありますが。

ポーの一族ってなに?って方は、こちらででも。

そんなポーの一族が40年ぶりにその続編が書かれたという。

そりゃ、読みたい。絶対、読みたい。

しかし、、、既に完売。

# そりゃそうだろ、とファンは思うでしょ?

で、とうとう手を出してしまった

アマゾンでのデジタル版の購入。

さて、その40年ぶりのポーの一族の感想ですが、、、

やはり、萩尾望都先生もお歳なのでしょうか、、、

昔と比べて、絵のタッチが、、、

エドガーのキャラもちょっと違ってない、、、?

アランの会話の反応には懐かしさを感じましたが。

しかし、、、なに、、、前編だった、、、。

続くんだったんだぁ、、、ショック。

次号は、今冬だそうである。

なんだかんだ言いながらも、やっぱアマゾンで

買うことになりそうなのが悔しい。


P.S

基本、私は、Kinoppy派である。

せめて、実店舗をかかえている書店で買って上げたい、との思いがあったりして。

しかし、アマゾンのデジタルブックは、キンドル派なんだよなぁ。

で、とうとうKindleアプリをマイiPadにインストール。

たった一冊の為に、そんなアプリを載せるのがまた悔しい。



PM 12:15:45 | [言葉の感触]

2016年07月21日  違和感をとなえてくれる人が周りにいないというのは

ネットからのヒロイモノであります。

----

違和感をとなえてくれる人が周りにいないというのは

才能がないのと一緒

----

思わず、、、である。

まぁ、言わんとすることは、わからないモノではない。

けれど、その違和感を感じるのが、どんな才能かが、やはり問題でしょ。

言葉、、、というのは、つくづく難しいな、、、と思いますね。

と、とりあえず一言。


P.S

違和感を感じながらも、となえない場合もあって、

それは、それなりの意味があるわけで、、、。

大人の事情もあったりするわけで、、、。




PM 12:05:37 | [言葉の感触]

2016年07月13日  直感とは、、、

タンブラーの漂流物2点。

----

直感というのは適当なことではなくて、

今まで勉強したことを高速で答えを出すシステムなんです。

直感は積み重ねがないと機能しません。

----

「なわけないだろ」

「いくらなんでもそれはウソだろ」

と直感的に判断できる力、というのは学校で

「こんなこと勉強して何になるのか」

と思ったような知識の蓄積でできている。

----

ささ、学生たちよ、

とりあえず迷わず目の前の勉強をしよう!


P.S

って、このオヤジは、とりあえず何を勉強するかぁ?



AM 11:05:43 | [言葉の感触]

≪ 前の30件| 次の30件

Powerd by SUK2 BLOG.