Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2018/02/22  プライマー
2018/02/20  才能
2018/02/18  過剰な表示だと思うんだがな。
2018/02/16  リメインダー 失われし記憶の破片
2018/02/14  地球派 vs 宇宙派

ま、あえて分ければ
日記(400)
映画(659)
コレクション(145)
写真館(302)
言葉の感触(402)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(277)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(259)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(39)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(8)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(22)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+13
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座

還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.


2018年02月20日  才能

才能=自分がしている行動が努力だと気が付かない能力のこと

----

ちょっといい一文と思って、ココにメモ。


P.S

10年以上もブログを書き続けているのも才能、、、

って、どんな才能かい?




AM 11:01:32 | [言葉の感触]

2018年02月12日  ローマ帝国は何故産業革命を迎えることができなかったのか

タンブラーの漂流物から

----

「ローマ帝国は何故産業革命を迎えることができなかったか」

という命題の答えの一つは

「奴隷という安価な労働力がいたから生産性の抜本的な効率化が必要なかった」

だそうだが、そう考えると

「最低時給1500円など烏滸がましい」という人々は亡国の徒ではあるまいか。

----

思いっきり笑えたのでココにメモ。

んじゃ、ボランティアなんてのも亡国の徒になっちゃうかぁ?

前にも書いたかな、、、

私は、“ボランティア”という言葉が好きではない。

どんな行為作業にも、報酬があるべきだと思うんだな。

そして、その報酬を寄付することをボランティアとするべきだと思うんだな。

最初っから、払う気持ちがない状態でボランティアを求めるのは、

なんだかなー、と思ったりもするんだけどな。


P.S

誰かから、ツッコまれそうな気がするけれど、あへて勇気の発言である。



AM 10:40:38 | [言葉の感触]

2018年02月08日  空のバケツほど

タンブラーの漂流物から二点。

----

空のバケツほど蹴るとうるさい=中身が空っぽな人ほど、

何か刺激すると人への批評、不平不満を言う。

だから水のいっぱい入ったバケツのように

中身が詰まってるどっしり構えた人になりなさい、って

おじいちゃんが言ってた。なるほど、って思った敬老の日。

----

悪口陰口嫌がらせ、全部暇人のやる事だから気にすんな。

プライベートも仕事も絶好調で超ハッピーな人が

わざわざ他人の事チェックしてケチつけねーだろ?

自分がうまくいってなくて不幸で暇な奴が

悪口陰口嫌がらせなんてするんだよ。

「おう暇人!お疲れ!」って思っときゃいい。

相手しても損するだけだ

----

いやぁ、なんだか生きる上での大切な一文のような気がしてココにメモ。

けれど、ちょっと気を抜くと、

「唯我独尊」の世界に入ってしまわないか?とも。

他人から何か言われても、クヨクヨする必要はない。

けれど、それさえも受け止めて、吟味し、深く思考することも

忘れてはいけないような気もするんだな。


P.S

けれど、やっぱりクヨクヨしてしまうこともあるよねぇ。

そんな弱さもある意味必要な気もする私は、やっぱり日本人。





AM 10:30:21 | [言葉の感触]

2018年02月06日  他人事だと思ったら

他人事のような発言をしない。

他人事だと思ったら黙ってる。

----

ネットからのヒロイモノである。

しごくまっとうな一文だと思って、ここにメモ。

けれど、、、である。

けれど、、、、、、、である。

けれど、歳を取ってくると、

他人事だと思っても、言わなきゃいけないこともあろう。

自分を棚に上げての発言をせざるを得ない時もあるような気がしたりもして。

しかも、自分事のような発言を他人事のように聞かせることもあったりして。

なかなか難しい課題じゃないか?コレ。

などとも。


P.S

老害初心者です。きっと。すみません。

既に初心者じゃなかったら、もっとすみません。




AM 10:28:19 | [言葉の感触]

2018年02月02日  苦境は生物の進化を生み出す

ネットからのヒロイモノであります。

----

生物は、良い環境であれば繁栄はする。

しかし、進化はしない。

一方、苦境は、生物の進化を生み出す

----

だそうだ。

でも、、、すみません、、、わたしゎぁ

良い環境だけで一生過ごしたいですぅ。


P.S

日本よりも某国の方が進化を生み出す可能性が高いことになるの?



AM 11:13:17 | [言葉の感触]

2018年01月27日  遊ぶのをやめるから歳をとる

私達は年老いたから

遊ぶのをやめるのではなく、

遊ぶのをやめるから

年老いてしまうのです。

----

“遊べなくなる”というのは、何も体力的に遊べなくなるわけではなく、

体力がなくったて、遊べることはいくらでもある。

この歳になると、勉強だって遊びだ。仕事だって遊びだ。

# って、ちょっと表現に無理が出てきたな。

いつまでも、今のように楽しく遊び続けたいものである。


P.S

ただただ祈るのは、、、

物理的にボケ・痴呆の症状に襲われないことである。

一生懸命遊んでいれば、ボケないといいなぁ。




AM 10:50:35 | [言葉の感触]

2018年01月21日  労働時間を買っていただく取引先

Tumblrの漂流物から。

----

会社というのは自分の労働時間を買っていただく取引先です。

----

なるほど、とココにメモ。

けど、、、こちらとしての問題は、

買っていただく取引先が1件しかないと、

いつかその取引先にしがみつくことにならないかしらん。

やがて、「無理にでも買ってくれぇ〜」と泣きつくことにならないかしらん。

いつまでも良好な取引相手であるように心がけるのは

サラリーマンの一生の仕事かもしれませんね。


P.S

取引先が2件というのも、ちょっと体力的にツラい、、、ですが。





AM 05:59:56 | [言葉の感触]

2017年12月31日  何かをスタートしたかったら大晦日が一番だ。

ネットからのヒロイモノである。

----

何かをスタートしたかったら大晦日が一番だ。

1日だけフライングしておくだけで随分気が楽になる。

大晦日からスタートした人が、翌年からスタートできる人なのだ。

----

なるほど、、、。

で、何する?

まるで冬休みの宿題のように考える自分がいる。

以前どこかで聞いた記憶がある。

1年がなぜ12カ月なのか。

それは、12という数字は約数が多いから。

1,2,3,4,6,12。

毎月、各月、四半期、3学期、半年、一年。

ちょうどの区切りがたくさんあることは、

何かをスタートする機会もたくさんあるから。

つくづくなるほどなぁ、と思ったものである。

さぁ、思い立ったが吉日。

うんにゃ、思い立ったら今日からスタートでいいんじゃない?


P.S

で、何する?



AM 11:00:45 | [言葉の感触]

2017年12月19日  仕事の疲れを遊びの疲れで取る。って言っても、、、

ネットネタである。

「仕事の疲れを遊びの疲れで取る。」

なるほど、と思う。

仕事の疲れは、ただ休んでいても取れないという。

思いっきり遊んではじめて仕事の疲れが取れるのだそうだ。

そう言われれば、昔はそんな感じだったなぁ。

一週間思いっきりハードに働いても、週末の過ごし方もまた遊びでハードだった。

で、その週末の時間があっという間に過ぎるのを悔しく思ったものだ。

けど、歳をとってきてしっかり確信できることは、

確かに仕事の疲れは遊びの疲れで取れる。

けれど、その遊びの疲れを取るための休みもまた必要となってしまってきている現実。

困ったものだ。

しかし、遥か昔は休みと言えば、日曜日だけだったのになぁ。

みんながそれで平気だった。

今は週休二日。土曜日は頑張っていろいろやってみながらも

日曜夕方以降は、明日からの仕事の為に体を休ませたいと

思うこの現実が、なんとなくまた哀しい。


P.S

もうすぐ無限の休みがやって来るのだから、

それまでハードに生きて楽しめばいいじゃんさ、

なんて思うのだけれど、如何せん体力が、、、ねぇ

無念である。




AM 05:55:52 | [言葉の感触]

2017年12月07日  理性の力だけでやろうとしているんだから、本当にすごい

とあるネットの記事からである。

介護疲れに疲れ切ってしまっている方への記事であった。

そこには、とにかくなんとかしてあげたい思いはあっても

現実的には、逃れられない親の介護という作業がある。

そんな介護で頑張っている人々への、励ましの一言である。



理性の⼒だけでやろうとしているんだから、本当にすごい



要は、親の面倒をみる動物は、基本いないのである。

なので、⼈間には親をみるというDNAがない、はずで。

# 御意である。

# ダーウィンが来たファンとしては、強く御意である。

だから、本来しないものを、本能的にするつもりがないものを

理性の力だけでやっているわけである。

だから、それは、スゴイことなのだ。

という、励ましの言葉。

そうだよ、本来やらなくてもいいモノを、責任感で頑張っているんだよ。

そんな一言が、確かに妙に心を楽にしてくれる。

いつ辞めても、誰にも責められることじゃないんだよ。

そう思えることが、もう少し頑張ろうかという気持ちにさせてくれる。

大切な一言のようで、ここにメモ。


P.S

子供に面倒を看てもらうことを恥と思おう!

とりあえず今は、私はそう叫ぶ。




AM 06:24:22 | [言葉の感触]

2017年11月09日  アイデアを思いつかない人はいない。

アイデアを思いつかない人はいない。

書き留めない人がいるだけだ。



かなり前になるけれど、

電車内で見つけた“能率手帳”の広告である。

「確かにそうだよな。」

朝起きた瞬間におぼえていた夢もみるみる忘れていってしまう。

確かに思いついたアイデアも、ふと忘れてしまうことのその多いこと。

思い出そうとしても、まったく思い出せずに諦めることの悔しいこと。

最近は、スマホにメモることが多いのだけれど、

それもまたオミットしてしまうこともある。

まずは、クセを身に付けないとなぁ。

つくづく思うワケである。


P.S

で、その内容は、有意義なモノなの?

という質問は、無粋ですよ、はい。



AM 06:33:36 | [言葉の感触]

2017年11月07日  人生心得帖

松下幸之助著である。

今更ながらも、一度は読んでおかないといけないかな、と買ってみたり。

PHPらしい書籍であれば、ある意味無難な内容である。

けれど、つくづく思うのは、

時代が変わっても、これは変わっちゃいけないことだよね的な内容ばかりで

うまくまとめられていた。

けれど、あまり心に刺激を受ける内容が少なかったのは、

やはりこちらも歳を取ったせいであろう。

しかし、松下幸之助は、ある種の人格者だったんだろうかなぁ。

今のパナソニックの繁栄を見る限り

やはり松下幸之助は、すごい人物であったことには違いあるまい。


P.S

各章が数ページなので、地下鉄の待ち時間に読むのにピッタリだった。

けれど、そんな読み方はいけないのかもしれない。

そんな読み方は、なかなか頭に残らなかったような気がして、、、。



AM 06:24:22 | [言葉の感触]

2017年10月22日  「今、ハッピーですか?」



「物語がハッピーエンドで終わるかどうかは、どこで終わらせるかによる。」




映画監督・脚本家でもあるオーソンウェルズの言葉である。


つくづく思うよねぇ、、、誰とは言えないけどさ。

いつまでも会社に居たりする人。

介護されながらも文句タラタラのご老人。

けれど、、、

ハッピーエンドのその瞬間に終わらせることが難しいコトもある。

会社の社長が突然「もうこれで店をたたみます。」ってワケにもいかないでしょう。

「今が幸せだから、もうここまででいいです。」って渡辺淳一の「失楽園」のようにはね。

だから冒頭のオーソンウェルズの言葉も、名言になってしまうのでしょう。

そもそもハッピーエンドで終わる、って小説・映画だから出来るワケであって、

現実の人生では、そこまでで終わらせるわけにいかないワケであって。

とりあえず終わらせたって、まだその後も人生は続くのであって。

今ハッピーであったとしたら、それをどうすればいいのだろう、と

この名言は考えさせられちゃうのだな。

そう考えると、ハッピーな時に、次のハッピーを目指して

何か始めなきゃいけないことになるのかな。


書き始めてしまった為に無理にもまとめると、、、

「常にハッピーを目指して生きる。」

結局、ハッピーを目指して生き続けること自体が、

結局、ハッピーなのである。

だということに帰結させようと思います。

お邪魔しました。


P.S

「今、ハッピーですか?」

「はい、とりあえずはハッピーです。」





AM 11:07:56 | [言葉の感触]

2017年10月16日  アメリカの壁


小松左京作である。

発表が1978年というので、

私が大学生の頃の作品である。

なんでも最近、トランプ大統領が国境に壁を作るという発言に対して

40年も前にそれを予言していた、という評判が耳に入ってとりあえず読みたくなった。

しかし、今更本屋で手に入るわけでなし、再版されているわけでもなし、

現物を手に入れることの難しさ。

しかし、そこは、現在21世紀である。

画面の上で“ポチッ”とやれば、数分後には読めてしまうのがやっぱりすごい。

で、読んでみた。

まぁ“予言”って言ったって、アメリカが他の国々との関係を絶って

一国だけで生きていくことを決意し、それを実行した。っていう話であって、

アメリカには、充分な土地も資源も産業もあれば、

それだけでやっていけるだろう、という大統領の決断。

しかも、そのかわりに世界の警察役とかが不要となれば、

アメリカにとっては、その方がいいだろう、、、

その個人的思想なんとなく納得出来てしまいますね。

しかし、そこに至るには、スゴイモノで物理的な壁を作ってしまうから

小松左京のSF作家たる所以たるものである。

しかし、大統領がそれを施行した日、

観光客は、そのまま帰れずに人生をアメリカで過ごすことになる。

逆にアメリカ以外に居た人間は、もはやアメリカに戻れないワケで。

その設定は、結構残酷だなぁ、、、。

しかし、もしそれが現実化したら、世界はどうなるのだろう。

アメリカの外は、戦争だらけの無法地帯になってしまうのだろうか?(性悪説)

それとも、一致団結して、世界は意外と平和になれたりするか?(性善説)

ちょっと考えさせられる一小説でもありました。

けど、、、終わり方が、単なるSFだったのが残念です。

# って、小松左京になに求めてんじゃぃこのオヤヂ。


P.S

しかし、外国との隔絶は、

日本は“鎖国”というカタチで既に体験済みなわけで。

で、結果どうだったのよ?って聞かれれば、

この21世紀のクソ忙しい時代では、

意外と評価が分かれるかもしれませんね。



AM 10:47:51 | [言葉の感触]

2017年09月10日  お化粧は隠ぺいではなく主張

Tumblrに流れてきた。


「お化粧は隠ぺいではなく主張」


だそうだ。

なるほど、そう思ってココにメモ。

ただ、フト思ったり。

世の女性はみんなそうなの?


P.S

ただ、会議でも居るよね。主張ベタなヤツ。

隠ぺいでも主張でも、

まずその技術力が問題のような気もするんだけれど、、、。

# 今日のコメント、まずかったかしら。



AM 10:36:21 | [言葉の感触]

2017年09月04日  週末は金曜の夜から、平日は日曜の夜から


週末は金曜の夜から、平日は日曜の夜から


----

そんな一文を見つけた。

実に同感である。

基本休暇は、金曜日に仕事が終わると、その瞬間から始まる。

飲みに行くのもよし、映画を観に行くのもよし、、、

全てがフリーである。

そして、平日は日曜の夜から始まる。

まぁ、私の場合、別に次の週の仕事の準備をする訳ではない。

けれど、やはり平日のペースに戻しておきたいところだ。

18時に世界遺産を観て、ダーウィンが来た、大河ドラマを観て、

17時半に笑点から観られれば、なお嬉しい。

その後、ゆったり過ごして早めに眠りたい。

けど、これがなかなか難しいんだなぁ。

殆んどいつも、寝るのは日付が月曜日になってからだ。

しかし、最近の私の働き方には、平日にゆったりした時間がない。

朝は8:30出勤。二つの仕事をこなし、帰宅するのは、だいたい23時。

少しでも寝ないと、思えば、家で意識がある時間は、2時間ちょっと。

帰ってシャワー、夕飯を食べ終わるのは、だいたい0時半。

慌てて眠りについて、朝もテンテコ舞い。

平日テレビを見る時間もほとんどなければ、録画は貯まる一方である。

けど、、、ね、まぁ日々やりがいあるから続くというものである。

体力いつまで続くかわかんないけど、、、頑張りますわ。


P.S

誰かが言ってたし。

「死んだらいくらでも休めるんだから。」ってさ。




AM 11:17:00 | [言葉の感触]

2017年08月21日  叙々苑

彼女「もしもしお母さん?今日彼氏ん家泊まるかも!え?叙々苑行くの?マジか!わかった!」

彼氏「……帰るの?」

彼女「うん!」

彼氏「叙々苑美味しいけど高いしあんま行けないもんね…」

という会話をコメダ珈琲で聞いた。

頑張れ彼氏。叙々苑に負けるな。

-------

ネットからのヒロイモノである。

問題は、このカップルの年齢である。

高校生なら、、、彼氏んち泊まるんかい、彼女?

大学生なら、、、バイトして稼げよ、彼氏!

社会人なら、、、想像したくないわっ!

ったく。


P.S

なんかすべてにヒガンでない?このオヤジ。




AM 05:59:56 | [言葉の感触]

2017年08月09日  イスラム圏にセッ○スレスがない理由

U-20の方は、今日のコメントは読み飛ばしてください。

# U-20っていうのは、under20 20歳以下の方っていう意味ですよっ!

以下は、Tumblrに流れてきた一文であります。

----

“彼女いわく、

「夜はしっかり化粧して、こういう下着つけて、

 昼間結えてた髪を下ろして、夫の帰りを待つの」。


私が「寝るときはパジャマを着る」というと、

向こうの女性はそろって「えー、信じられない!」と言います。

ベッドの中ではセクシー・ネグリジェときまっているから。


外では地味、家では派手。これがイスラム女性のスタイルです。

日本と正反対。


家の中でバッチリ化粧をするという主婦も多い。

美しさは夫だけに見せるもの。

外より家の中の方が、化粧に気合が入るのです。

・・・と日本とちがうことばかり。


つまり、こう言えるでしょう。

イスラム女性のおしゃれは、夫にだけに向けた「集中投資」。

日本は、不特定多数の人に向けた「分散投資」。”


--- 日本人が知らないイスラム(2)

  イスラム圏に○ックスレスがない理由 ---

-------

ちょっとイスラム“いいかも”と思っただけです、このオヤヂ。

では。


P.S

“いいかも”と思うオヤヂは、なんでそう思うかが問題である。

ま、所詮、準前期高齢者ですみません。




AM 06:33:36 | [言葉の感触]

2017年07月30日  お金持ちを貧乏にしても

ネットからのヒロイモノであります。


-----

お金持ちを貧乏にしても、

貧乏な人はお金持ちになりません。

-----

いやなに、公民で「効率と公正」を勉強している中学三年生に

フト何気に告げたかったけれど、グッと我慢した一文である。


P.S

中学生に現実を教えてしまってよいモノかどうかを

いつも気にしているオヤジは、既に老害か?



AM 08:24:40 | [言葉の感触]

2017年07月24日  大人のためのバーの行き方


ネットからのヒロイモノであります。

-----

大人のためのバーの行き方

1.松屋で飯を食う
2.バーに行ってお酒を飲む

-----

って有り得んだろッ!

と強く思うこのオヤヂである。


P.S

確かにその逆に、

バーで飲んでから、衝動的にラーメン食べるコトはありますが。

# 生活習慣最悪だな。



AM 08:04:12 | [言葉の感触]

2017年07月18日  本を読む目的は、知識の吸収だけじゃない


「本を読む目的は、知識の吸収だけじゃない。

決まったことをあてはめて解決できる時代なんて、

とっくに終わっているんだよ。

本を読んで、知識を生み出せ。

見えなかったことに気がつけ。

自己流にアレンジして使えるレベルに持っていけ。」


----

Tumblrに流れてきた一文である。


最近、中高生の国語の問題を読むのがとても楽しかったりする。

試験問題ともなれば、選び抜かれた小説や随筆から選ばれた部分なのであろう。

実際には、もっともっと長い小説・原稿だったりもするのだけれど、

そこはそれ、期限時間内に問題を解かせるためのものであれば

限られた長さになってしまうのは、仕方がないことであろう。

彼らは、課題文を読んだ後で、問題に答える。

記号での選択問題であったり、四角の空欄の穴埋め問題だったり。

この節を○○字以内に要約しなさい。だったり。

その解答用紙の丸つけをしながら、フト思うのである。

正解の丸が並んでいても、この子は、本当にこの文を把握して理解して

自分のカラダの中に“ゴックン”したのだろうか?

ただただ問題を解くテクニックだけで答えて終わってしまっていないだろうか、と。

せっかくな大切な文章であれば、まずしっかりと味わってもらいたいものだと

つくづく思うのであります。


P.S

けど、、、そうも言っていられないのも明白である。

実際の試験では、一問目が終わると、

二問目は、もうまたすぐに違う文章を読んで答えなければならない。

そんな読後感の余韻に浸っているヒマないもんなぁ。

そう言えば、10年以上前に、センター試験の問題の文に

その課題文を読んで、受験生達が涙して問題どころではなくなってしまったことがありましたね。

そんなのも酷でしょうし、、、ねぇ。



AM 10:57:39 | [言葉の感触]

2017年07月16日  無知とは、知識がないことではなく、疑問が持てないこと


「無知とは、知識がないことではなく、疑問が持てないこと」


----

ネットからのヒロイモノである。


教え子の中に、「どうして? なんで?」と

意外なところに引っかかって、問題の解答がなかなか進めない子がいる。

「そんなところに引っかかって、そんなことは考えなくてもいいんだよ。

 じゃなきゃ、これからの人生、大変だよ。」

そう言いたくなる。

けれど、私も疑問を持つことは大切だと思うし、

それがわかった時の「なぁるほどぉ!」は、一種の感動だ。

素朴に疑問を持つことも、とても大切な気がするのだけれど、、、な。


P.S

もっとも、その疑問にスムーズに応えられない、

教える側に問題があるのも間違いないのだけれど。

人にモノを伝える難しさをつくづく感じる瞬間である。






AM 10:47:51 | [言葉の感触]

2017年07月10日  “ベニスに死す”へのコメント

美しい音楽を作り出せなくなった作曲家の前に現れるのは、

人の手の介入など完全拒否してナチュラルボーンしたナチュラルビューティ。

男が「性欲」を感じてしまう女ですらない少年から、

作曲家は目が離せなくなってしまいます。

自分が血のにじむ思いで作り出そうとしていた「美」が、

人の手仕事を介在せずに存在しており、

そしてそのほうが人が構築するものなどより圧倒的であるという事実の前に、

彼は完膚なきまでに打ちのめされるのですが、

それはなんと甘美な絶望でしよう。

「天上の美」を前にして話しかけることも触れることもできずにうろたえる、

老いた作曲家に完全感情移入して、

世界最高峰の片思いにどっぷりつかるベき映画です。

-----

とある映画サイトから、まるまるコピペ。

実にうまく文が書けているな、とつくづく思うワケで。

こんな感想文を書けるようになりたいなぁ、と。


P.S

無断コピペすみません。出自もわからなくなってしまいました。

いや、とにかくこの文面に感心してしまったので。

深謝。





AM 10:36:21 | [言葉の感触]

2017年07月06日  好きだからできるようになるのではない。


「好きだからできるようになるのではない。

出来るようになったから好きになるのだ。」


------

ネットからのヒロイモノであります。

なんだか、大人の見方ですよね。

受験生たちを見ていると、

やはりそれぞれに明らかに得意な科目と苦手な科目がある。

けれど、彼らにとっては、好き嫌いなど言っていられない。

全部出来なければいけないワケで。

けれど、彼らに伝えたいなぁ。

「この科目、苦手。」が、ちょっと出来るようになると、

結構好きになれるんだよ、勉強自体も。なんて?


P.S

しかし、、、自分を思うに、、、

私は、物理が好きだったから、ほとんど勉強をしなくてもいい点が取れた。

好きだったから、勉強が苦じゃなかったし、良い点が取れた。

そもそも、物理なんて、勉強の中で最も覚えることが少ないからね。

# そう思うんだがな。

じゃぁ、苦手な世界史は、出来るようになれば好きになれるか?って考えるに、

そもそも出来るようになれないもん。

# なんていうことは、受験生には言えないなぁ。




AM 10:28:19 | [言葉の感触]

2017年05月17日  思い出はいくらでもこれから出来る。

迷ったらゴミ
使わなきゃゴミ
なくしても買いなおさないものは捨てろ
いつかは絶対来ない「いつか使う」は絶対無い
使えるか、ではなく「使っているか」

高いものはすぐ使え
古い化粧品は女を古くする
悩む理由が値段なら買え。それ意外ならどんなにお得でも買うな
こんなに洋服持ってたって、いつも同じ服着てるだろう?
普段使ってないのにとってあるもの。災害時にそれ持って逃げますか?
全部捨てたら未来だけ残る。
思い出の品を捨てても、思い出は消えない。
過去を捨てなくては、未来の場所がない。
服があるから福が来ない 紙があるから神が来ない
心の隙間をゴミで埋めるな、 言い訳するより振り分けろ。
明日は明日のゴミが出る。

モノが捨てられない人必見!「捨てる」を後押しする名言集

----

ネットからのヒロイモノである。

# あへて長文をコピペしてしまった。深謝。

どの行も、なるほどね、と確かに思いますね。

ただ、私としては、ある一行だけが飲み込めなくて。

それは、“思い出の品を捨てても、思い出は消えない。”の行。

先日、小学校の同窓会があったのだけれど、

みんなのしゃべっている思い出話が私は思い出せなかったことが多かった。

思い出なんてものは、なんらかの方法で記憶に残せないと

どんどん忘れていってしまうような気がして。

だから、思い出の品も捨ててしまうと

思い出自体が脳の中から消え去ってしまうような気がするんだな。

まぁ、まだこれからも未来があって、思い出候補がぞろぞろ控えているとすれば

なにも過去の思い出ばかりを大切にする必要なんてないんと思うんだけどね。

そんなある種プチ未来志向が、私の脳の中の思い出を

消し去ってしまっているような気もしたりするな。


P.S

そういう意味では、物はデジカメで残し、出来事は文章で残しているこのブログは

私にとって、脳の外部記憶デバイスとして、

極めて重要な位置付けになりますね、うん。




AM 04:20:29 | [言葉の感触]

2017年05月11日  きれいな言葉遣いは一番お金のかからないオシャレ

きれいな言葉遣いは、

一番お金のかからないオシャレ

----

ネットからのヒロイモノである。

いや本当にそう思ったり。

決して上品ぶるつもりはないのだけれど

# 結果として上品ぶることになるのかな?

昼食を”ひるめし”、食べることを”くう”なんて言う単語がどうも苦手。

美味しいことを”うまい”って言うのもどうも抵抗があって。

だから、テレビで食べ歩き番組や料理番組なんかでも、”うまい!”なんて言う単語が耳に入ってくると、

ついチャンネルを換えてしまったりしてしまう。

なんだかこういった単語が流行り言葉になってしまっている感じもして、

どうもエセプチ上品な私としては、スムーズに受け入れられないんだな。

ま、神経質に考えすぎなんだろうけれどねぇ。


P.S

結局、上品ぶっているようにしか見えない今日の一文なんだろうなぁ。



AM 06:36:35 | [言葉の感触]

2017年04月19日  本人は本人の感想文を書いている

子供たちの読書感想文を見せてもらうと、

添削されているのを目の当たりにするんですが、


それってどういうことなんですかね?

だって、本人は本人の感想文を書いているわけじゃないですか、

思ったことを書いているんです。


それを添削って何様ですか?って思っちゃうんですよね。

本人が感想書いてるんだからそれが書いた本人にとっては正解でしょう。

----

ネットからのヒロイモノである。

おおいに納得。

けど、、、ちょっと微妙なモノが残るな。


P.S

小学6年生の女の子に声をかけられた。

「私は、算数が好き。答えがひとつしかないから。それを見つけるのが楽しい。

 国語って、どうして書いた人の気持ちを考えなきゃいけないの?」

そう言われて、私はとてもうれしくなった。私もそう思うから。

「でも、国語って、もっと楽しく考えればいいんじゃない?

 他の人は、どう考えているのかな?を想像するのも楽しいんじゃない?」

そう応えた私は、教師としては失格かなぁ。

その程度じゃ、いい点取れないかもなぁ。



AM 05:55:52 | [言葉の感触]

2017年03月30日  技術を買っている職人からは値切っちゃダメ

ネットからのヒロイモノである。


-----

その昔、

職人さんの仕事の代金を値切った事を商売人の母親に話したら叱られた。

商品を右から左で儲けている商人は値切れ。

けど、技術を買っている職人からは値切っちゃダメだと

-----


そうだよっ!

と、大いに同感する私はエンジニア。


P.S

しかし、、、商人を値切ると、やがてそのしわ寄せはメーカーに戻る。

「今どきは、いいものを安く作るのも技術だろっ!」

と、値ごろ感が設計者を苦しめる。

その際限なさに、、、日々が、、、ツレェ〜。


AM 08:24:40 | [言葉の感触]

2017年03月14日  1番近くにいる相手は何でも言っていい相手じゃなくて

夫と暮らし始めた頃

「1番近くにいる相手は何でも言っていい相手じゃなくて

1番気を遣わなきゃいけない相手なんだよ、

じゃないといつまでも1番近くにいられないだろう。」

って言われたのね。

私その時目から鱗が落ちてね、

だってそれまで一緒にいた人は

そんな事教えてくれないでただ去って行ったから。


----

ネットからのヒロイモノである。

確かに、そんな気がするよね。と、ここにメモ。

けれど、細かく更に正確に言えば、

“いつまでも一番近くに居て欲しい相手”ですね。

あなたには、そんな相手がいますか?


P.S

お互いにそう思えるようになったら、最高ですね。

そんな方は、宝クジなんかぁ買っちゃぁいけませんよ。

人生、もうそれで充分のはずですから。



AM 10:44:09 | [言葉の感触]

2017年03月08日  「3月1日は日曜日で祝日、晴れの日でした」

Tumblrに流れてきた。


----


この文章、読めますか?

「3月1日は日曜日で祝日、晴れの日でした」

おそらく皆さんほとんど読めたと思いますが

実はこの文、海外の日本語学校では超難問です

気づかれましたか?「日」の字の読み方全部違うのです。


----

ほぉ、なるほど!

日本人すごいじゃん、知らないうちにこんなすごい芸当(?)が

出来るようになっているんだなぁ。

と、思わず感心。


P.S

九九を一生懸命覚えた努力なんて、ちっさいなぁ、

と、思うわけで。

小さい頃から外国語に浸ることの効率の良さを感じたりもして、、、。




AM 10:30:21 | [言葉の感触]

≪ 前の30件| 次の30件

Powerd by SUK2 BLOG.