Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2018/12/03  忘年会にて
2018/12/01  イエスマン “YES“は人生のパスワード
2018/11/29  愛のスコール ブルーソーダサワー
2018/11/27  立派な恥
2018/11/25  四十七人の刺客

ま、あえて分ければ
日記(410)
映画(706)
コレクション(154)
写真館(318)
言葉の感触(429)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(298)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(266)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(40)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(23)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+14
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2018年11月27日  立派な恥

他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。

しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは

立派な恥だ (ジョン・ラボック)

----

名言である。

しかし、こんな言葉を高校生の教え子達に示すオヤジってどうよ。

あ〜、ほぼ老害である。


P.S

そもそも、アンタ、人に言える状態なの → 自分。

# す、すみません。



AM 11:12:21 | [言葉の感触]

2018年11月09日  タンプレ、フロリダ、、、

1.タンプレ。

2.ドークラ。

3.オナチュー。

4.フロリダ。

以上は

昨日、女子高生達から習った言葉であります。

あなたは、いくつおわかりになるでありましょうか。

さて、一応翻訳しておきます。

1.誕生日プレゼント

2.同じクラス

3.同じ中学

4.お風呂に入るから、(SNSなどから)離脱します。

ったく、飽きれるわ。


P.S

せっかく教えてもらったので、これからいろいろ使おうと思います。

ついてこいよ〜! ジジババ!



AM 03:12:28 | [言葉の感触]

2018年10月10日  アウトプットは量多い方がいい。

ツイッターに流れてきた。

----

アウトプットは量が多い方がいい。

フィルタは各自がやればいい。

この原則わかんない奴はインターネット合わないと思う。

----

ネットの情報は信じられない。と言われる。

まぁ、私も軽くそう思う。

けれど、、、である。じゃぁ、

新聞が信じられるだろうか?

雑誌の記事を信じますか?

誰かの書籍を信じますか?

私たちは、それらを信じて、ひどい目にあった歴史がある。

そもそも人がモノを書けば、

それは、その作者の考え方、見方、意見であって、

それイコール真実とは限らない。

だから、“これは信じられる”と鵜呑みに信じるのではなく、

そんな意見が、そんな見方があるんだな、程度に

とどめておくべきだと思うんだな。

そして、自分にしっかりとしたフィルタリングが出来るようになれば、

やはりアウトプットされた情報は多い方がいい。

そこには、きっと真実が導かれる可能性が高くなるから。

であれば、インターネットという膨大なオモチャ箱のような入れ物から

何を取り出して、自分にとって如何に有益なモノにできるか。

それは、インターネットユーザー自身にかかっている。


P.S

例えば、貴方が写真を撮ろうとする。

綺麗に撮ろうと構図を考える。

その行為自体、真実を貴方の思いで包もうとしていませんか?

見る側は、貴方の思いを通して真実を見ることになりますが、

それは、生の真実そのままと言えなくなっていませんか?

いろいろな人が撮った写真がいっぱいあって、

それを見比べて見た方が、私はちょっと安心できるような気がしますが。



AM 11:45:42 | [言葉の感触]

2018年10月06日  中学高校で6年間も英語をやっているのに

中学高校で6年間も英語をやっているのに全然使えない

と判で押したようにいうが、

数学や理科だって全然使えるようになっていないように見える。

それよりは英語の方がまだ身に付いているのではないか。

----

ネットからのヒロイモノであります。

面白い表現だな。と思って。

私は思うのであります。

英語が全然使えない、って感じるのは、

それだけ英語を使う機会が何気に近接しているからでしょう。

そもそも数学や理科なんか、日々の生活で接触する機会がない。

# って、感じてるだけなのでしょうがね。

だから使えるかどうかさえも議論から外れている。

私は思うのですね。

英語を6年間それなりに勉強していれば、

本当は、使えるのですよ。

ただ、外人を前にすると使えなくなる。

いやもっと言えば、

使ってみたことがない。使ってみようとも思わない。

そもそも外人が道で地図を持って困っていたって

そぉ〜っと避けてしまうワケでしょう。

そちらの問題でしょう。

で、だいたいそういう人たちは、ザックリこう発言する。

「だって、英語を使うことないんだもん。」

まぁ、これからはオリンピックも含めてインバウンドが増えてくれば、

きっと英語を使うことが増えてくると思うんだがな。


P.S

観光外国人に「日本なんだから、日本語をしゃべれよ。」

そういう人が居ます。

私も同感です。それも海外旅行の醍醐味です。

でも、観光外国人がうまく日本語でコミュニケーションが取れない時は、

さりげなく英語で話してあげたら素敵ですよ、きっと。

そんな時の英語は、中学生レベルの英語で充分のはずですから。

なにしろ、こちらがムリムリ話してあげている、と思えば、

“ヘタで当然”でいいじゃないですか。

ここは日本なんですから。

もっと気軽に英語を使いたいものです。



AM 11:39:37 | [言葉の感触]

2018年10月04日  家はちょっと横になれるから好き

ツイッターに流れてきた。

----

家はちょっと横になれるから好き

----

だよね!!

# ひょっとして、後期高齢者のツイートだったりする?


P.S

ワカモノがそんなこと言ってちゃいかんぞぉ!

              昭和のジジぃ



AM 11:34:12 | [言葉の感触]

2018年09月28日  台風なのであと30分で退社

『台風なのであと30分で退社』

というアナウンスが出た途端、

みんなすごい勢いで仕事しはじめて、口々に

『今日の分の仕事は終わったわーwおつかれw』

と帰っていったので、

日本の生産性を下げているのは残業文化なのだと改めて認識した

----

ネットからのヒロイモノであります。

笑えた。けど

火事場の馬鹿力を発揮したと思いたいなぁ。

でも問題は、このアナウンスが何時ごろ出たかですよね。

これが午前中だったりしたら、この会社はアブナイぞ。


P.S

けど、、、私は、エライとも思う。

その日の分をちゃんと終わらせようとしたわけだから。

ちょっと日本的、、、な気がしないわけでもありませんが、、、ね。



AM 02:54:18 | [言葉の感触]

2018年09月22日  報われない努力があるとすれば


『努力は必ず報われる。

 報われない努力があるとすれば、

  それはまだ努力とは言えない』

           王貞治

----

王さんのセリフであります。

流石です。

でも、私の努力は何だろう。

ふと考え込んでしまう。

ただ、こんな言葉もネットで流れてきた。

----

才能とは、自分がしている行動が

努力だと気が付かない能力のこと。

----

とにかく一生懸命頑張って生きていれば、

努力に近似できる何かをしていることになるんじゃないかな、、、と

凡人の私は思ったりもする。

報われる、なんていう大きな成果の期待を持たないでも、、、。

報われる、という結果よりも、今頑張っていることを

評価したいな。


P.S

ボーっと生きてちゃダメなんでしょうが、、、ね。

# チコちゃんに怒られないようにしないとなぁ。

# でも、雑学には、あまり興味ないですが。



PM 12:10:39 | [言葉の感触]

2018年09月18日  世界を変えた17の方程式

「世界を変えた17の方程式」

イアン・スチュアート

そもそも世界を変えるような方程式ってどれ?

と本屋で手に取ってしまった。

するとやはり知らない方程式が並んでいる。

あやぁ〜、一応知っておきたいじゃんさ。

と購入してしまった。

細かい現実的な数式の解説というよりも、

数式の導かれた状況や、その数式が使われている対象について

わかりやすく(?)書かれています。

# 細かいコトは、書評でもググってくださいね。

ただ、数学好きでなくても、雑学も身に付きますよ、きっと。

ピタゴラスの定理は、ピタゴラスの発見じゃない、、、とか。(マジかっ?)

遥か紀元前の人間も地球が丸いのではないか、と考えていたのはなぜか、とか。

私の一番の“なるほど感”は、データ符号化技術の話。

今や遥か遠く、太陽系さえも外に出てしまったであろう探査機から送られてくるデータは

その電力の低さから充分なパワーではない。

なのにその弱弱しい電波のデータがノイズに埋もれながらも

正しく使えるデータとなるのは、

信号の誤り訂正技術だったりするのだ。

# もっともその数式を見てもさっぱりですが。

# 学生の頃、かじったことがあるような気がするのになぁ。

とまぁ、ある種数式に関わる雑学のようなものが身に付く本ですが、

なかなか面白かったです。

おススメ度は高くありませんが、数学好きには楽しい本です。

# 数学の専門家には、どうなのかな。


P.S

経済に関わる数式も出てきますが、

その数式には、哀しくなっちゃいますねぇ。

株の売買や金融移動のための金融工学の数式だったりするのですが、

それが原因でリーマン・ショックなどが発生し、

不幸な人々がいっぱい発生したりしたのですから。

数学は、知的興味を広げ、人々を幸せにするものとは限らないんですね。

もはやカタチを持たないツールとしては

かなり強力な恐いモノになりえるものなのかもしれません。



PM 12:01:50 | [言葉の感触]

2018年09月16日  大学は食べ放題の店

ヒロイモノである。

----

大学ってのは知識を授ける場所じゃなくて

知を求める者に手段を提供する場所だからね。

「大学で学んだ事など何も役に立たなかった」と言ってる人は

手段を提供されても利用できなかった人なんだよ。

----

大学って基本的には食べ放題の店みたいなもんだからな。

図書館とか施設の類の学内の資源はほとんどタダで使い放題だし、

授業の受け放題で先生とかに入り浸り放題。

食べ放題の店で水だけ飲んでまずいって出てくるバカが多すぎる

----

最近、ネットでこの手のコメントがいろいろ流れてくる。

いい傾向だ。

で、ここから私は、自分の自慢話を展開する。

私は、父の会社の倒産を経験し、極めて貧乏な中高校生だった。

それでも、私に大学だけは、、、と貯めておいてくれたお金があった。

大学受験の際には、推薦がもらえる大学もあったけれど、

有名私立の授業料は、とてもそのお金で4年間行ける金額ではなかった。

したがって、私の受験選びは、簡単だった。

その金額で行ける学校を選んだに過ぎなかった。

入学したものの、とにかくお金がなかった。

すぐに部活に入った。入学式の前に入部した。

卒業してゆく先輩たちから、教科書をかき集めた。

アルバイトを紹介してもらった。

そして、払った授業料をどう取り返すか。

受けられる授業は、すべて受けた。

レポート提出の機会は、すべて提出した。

どちらか一方で良いと言われたレポート課題なども、必ず両方書いた。

休講などで突然空いた穴は、全く違う他の学科の授業を受けた。

「受けるのは許すけれど、単位は上げられないよ。」

何も単位欲しさじゃなかった。

人が勉強しているモノは、その断片でもかじりたかっただけだ。

結果、4年後。

卒業必要単位数の1.4倍ほどの単位数を得てた。

4年間で5年半分ほどの授業を受けたことになろうか。

卒業式の日、突然、特別賞をもらった。

わざわざ私の為に作ってくれた賞だったそうだ。

正直言って、大学4年間のその知識すべてが

私の人生に直接役立っているかどうかは、不明である。

けれど、その猛烈な知識欲は、

少なくとも60過ぎた今の私をきっと若くしてくれている。

そんな気がする。


P.S

目の前に自分に出てきたものはすべて食べる。

それは、当然です。

目の前に並んでいるモノは、すべて食べる、、、のは不健康です。

食事は、ほどほどに。





AM 11:57:51 | [言葉の感触]

2018年09月12日  兎と亀の寓話の教訓

ツイッターに流れてきたのだけれど、、、

----

兎と亀の寓話の教訓は

「デキる奴も油断するな」の方であって

「デキない奴もコツコツやれば勝てる」の方じゃないと思う。

----

イ、イタい。 けど、

これは、受験生達には、伝えられないなぁ。

だって、自分が“デキる”と思っているのは、

かなり少数派の自信家であって、

殆んどの学生にとっては、

身に付けるべきものは、毎日コツコツとやるべきだと思うんだけどな。

「デキない奴も、コツコツやってれば、

 いつか勝つ時があるかもしれない。」

という教訓にも近似してほしいと思います。


P.S

しかし、、、そんなんじゃぁ、、、

コツコツやる気にならないかもねぇ。



AM 11:49:33 | [言葉の感触]

2018年08月31日  続・AIに仕事を奪われるはずの未来だったのに

もちろん、ETCの出現などで

何千人も職を失った、っていう現実もあるのだろうけれど、

例えば、24時間365日働く自動販売機なんかが増えながらも

人手がかかるコンビニやスーパーが24時間365日目指して

店舗や営業時間を拡大してゆく現実って、何だか変。

便利になるように機械を作って働かせると

一方で人力でそれに追い付こうとする人間がいる。

機械で出来ない部分を機械並みにこなそうとする人間が現れる。

ということは、、、だ。

AIが発達してゆくと、

人間も同時に無理してそれに追い付いていこうとし始めるかもなぁ。

これは、未来になれば未来になるほど、過酷だぞ。

アマゾンがAIを使って、ネット上で営業をする。

売り上げが急増すればするほど、配達業者の人間に無理な労働が強いられる。

もはや、機械に仕事を奪われている、というよりも

機械に使われているモードになっているんじゃないか?今の時代。

ちょっと恐い。


P.S

たまに、ポチッとやってすみません。



AM 04:54:58 | [言葉の感触]

2018年08月29日  AIに仕事を奪われる未来

ネットからのヒロイモノである。

----

「進歩したAIに仕事を奪われる未来がやってくる!」

 と恐ろしい事のように語られがちだが、

 AIが進歩したのに仕事が減らない未来がやってくる方が恐ろしいわ

----

確かに。

行き先を言えば、経路も所要時間も教えてくれる。

レジでは、つり銭の計算は不要だ。

この調子で機械が面倒なことをやってくれていってしまえば、

間違いなく人間側は頭を使う必要が減ってくる。

ならば、そこで余ったエネルギーはどうする?

もっと人間性を謳歌できるところに向けたいよね。

私の場合は、、、世の些細な出来事や疑問を

チマチマとブログに書き続けるかぁ。


P.S

AIが極度に発達したら

数学者や研究者以上にAIが科学し出したら、、、

宇宙の仕組みなんかも教えてくれるようになるのかな。

さまざまな貴重な楽しみも、おいしいところも取られちゃいそうだなぁ。




AM 11:33:41 | [言葉の感触]

2018年08月23日  安さの秘密は労働基準法違反!

ネットで流れてきた。

----

「安さの秘密は労働基準法違反!」

----

いやなにちょっと笑えたので。

でも、これって、結構マジな気がするよね。

商品の価格設定の時に、

やっぱり売り易くしたくて価格を下げようとする時、

とりあえずもっとも曖昧な自分の人件費に目をつむろうとついついしちゃうよね。

いやもっと根深いかもしれない。

私はエンジニア。

相手によっては、苦労しても簡単に作った感を装うという本能的な見栄行為が

ついつい価格を安くしちゃうよね。

もはや、労働基準法以前の問題であったりする。

ははは。


P.S

いつか、所ジョージのことを耳にしたことがある。

下町の工場のオヤジたち。

すごい技術や才能があるのに、ドンブリ勘定。

本人は当たり前にできちゃうから、

どんなにすごいものを作ってくれてもおカネを受け取ろうとしない。

だから何か頼んでも、1升瓶の酒1本も持っていけばやってくれたりする。

で、それ飲みながら“なんで儲からねぇんだ”とか愚痴ってるんだけどさ(笑い)。

それも含めてカッコいい。

そんな話。

仕事をあまり労働と感じていない私は、それなりに幸せ者かもしれない。

会社からしてみたら、、、ロスの大きい社員なんだろうな。

すみません。



AM 11:01:46 | [言葉の感触]

2018年08月05日  呉服屋の小僧教育

呉服屋の小僧として入った初心者には、

まず最も高価な反物を触らせると聞いたことがあります。

それを三年続けて、良い物を知れば、

悪い物は自動的に分かるようになると。

悪い物を見たり触っても、良い物の良さは絶対に分からない。

これは真実ですから、この修行を自分に課すべきなのです。

----

Tumblrの漂流物である。

なるほどな、、、と思う。

でも、ヒネクレタモノの見方をすると、

マズいモノ食べられなくなってしまわない?

悪いモノ着られなくなってしまわない?

狭い家でも大丈夫? 潔癖症になってしまったりしない?

などと思いつく自分が哀しい。


P.S

そもそも、いいモノに触れる機会自体が少なそうなこのオヤジ。



AM 03:44:29 | [言葉の感触]

2018年07月30日  懲役40年とその後

tumblrの漂流物

----

新入社員が「懲役40年」だとか言ってるらしいですが

40年間リストラされずに会社も無くならなずに定年迎えるまで

自分が失業するとは思ってない考え方がまだまだ新人ですねぇ。

----

これを読んで私は叫びたくなる。

“懲役”と思えてしまうような会社に入るなよっ!

けれど、こういうことも伝えたいのだな。

たとえ“懲役”と呼ばれてしまうモノであっても、

雨が降っても、嵐が来てもちゃんと仕事があって、

それをこなしているだけで、生きていけるだけのモノがもらえるなら

そんな安定なモノはないぜっ!

ふぅ。


P.S

ちなみにこのオヤジの場合

何回かムショ(会社)を変わることになりました。

あと少しなんだから、健康に元気に刑期を終えたいと思います。

けど、無事刑期が終えた時、

“自由だっ!”なんてとても思えないんだがな。

今の日本、平均的な人間は、

刑期を終えてからも不安が結構大きいものであることを

その新入社員に伝えたい。



AM 02:59:24 | [言葉の感触]

2018年07月06日  一生懸命だと知恵が出る、中途半端だと

一生懸命だと知恵が出る、

  中途半端だと愚痴が出る、

    いい加減だと言い訳が出る


この有名な一文は、武田信玄の言葉である。

# ほんとかな?

ふと思い出して、高校生たちに教えると、妙に納得されたりして。

まぁ、私もこの一文に出会ったのは、もう30年以上も前。

客先のPCのスクリーンセーバーで表示されていたのを

妙に、「なるほどな。」と感心した記憶が鮮明になる。

いわゆる、グチも言い訳も、一生懸命ではないからなのだ。

そんな解釈の仕方がわかり易かった。

しかし、今の自分を見てみると、

言い訳はあまりしていない(と思うんだがな。)と思うのだけれど、

グチは、グチグチ言っているような。

やっぱ中途半端だからか、、、と反省したりもするのだけれど、

そんなすべての面で一生懸命も難しいよなぁ、と自分を弁護したりも。

なんだかなー。


P.S

もう既に、どんな素晴らしい格言も

素直に受け取られなくなってしまった自分の加齢が情けない。

# 加齢のせいなの?それ。


AM 11:39:37 | [言葉の感触]

2018年07月02日  未来のあなたを助ける人、それは

  未来のあなたを助ける人

  それは今のあなたです。


----

ネット上で「元気がでる言葉」なるサイトを見つけ

上の言葉が目にとまったので思わずメモ。

いやなに、ちょっと子供達に勉強を教えている身であれば、

この言葉は使えるな、と思った次第。

けれど、、、ふと思った。

「この宿題、明日のわたしにやってもらおう。」

っと、言い返されるのではないか?と。


P.S

などとそもそも思いつくアンタに大きな問題があるんじゃないか?



AM 11:37:29 | [言葉の感触]

2018年06月26日  ピンピンコロリ

いやぁ、独りごとであります。

「ピンピンコロリ」という言葉を耳にして。

“ピンピンコロリがいい”というご老人がよくいますが、

私は、「ピンピンコロリ」というのは、

60〜70歳ぐらいの間にコロリと逝くのが、

本来の「ピンピンコロリ」の意味だと信じているワケで。

70歳過ぎて元気でもボケてちゃ全く意味ないワケで。

ボケてなくても、例えば、運転なんかされちゃぁ困るワケで。

そもそも、持病で病院に通って、薬を処方されて

保険で割引料金で手に入れてくれば、

それは、若者達の税金から搾取しているワケで。

そんな状態で自称“ピンピン”と宣言されても

若者達が可哀想だな、と私は信じているワケで。

スーパーなんかでも

おじいちゃんおばぁちゃんが、

必死で後ろの方の賞味期限の新しい商品を探している姿が

何だか私にとっては、痛々しい。

新鮮な商品は、若者達に譲ろうよ。

って、思うんだけどなー。


P.S

70歳過ぎた時に、自分もそうなっていないように、

未来の私の為にココに思いをメモ。


AM 02:49:20 | [言葉の感触]

2018年06月24日  詐欺メールの日本語力

相変わらず詐欺メールが届く。

どこの国のどんなヤツがせっせと配信しているのかわからないけれど、

マメだなぁ、、、とも思うのだけれど、

何万と配信すれば、やっぱりいくつかには効果が出たりするのであろうか。

しかし、、、である。

その文章の日本語力が極めてつたない。

そもそも文頭から

“親愛なるお客様”って書かれていれば、

あ〜、もう日本人じゃねぇなぁ、、、ってこっちもわかるワケで。

日本人は、そんな文章は使わないよ、と、むしろ教えてしんぜたくなる。

本文にしても、なんでこんな言葉遣いになるんだよー?

と、ふと思いついて、日本語をコピペして、グーグル翻訳にかけてみる。

と、なるほど、普通の英文になる。

# その英文がどれほどのネイティブ度かは、こちらもイマイチ判断しかねますが。

で、試しに、その英文を逆に日本語に翻訳すると、きれいに元の文に戻る。

なぁ〜る、ひょっとしてグーグル翻訳を使っているのかもしれないなぁ。

----

と、思ったら、ちょっと実験。

今日ここまで書いてきたこの文章を、そのままグーグル翻訳で英語にして

また、日本語にして戻してみる。

その結果がコレ。↓

----

いつものように詐欺メールが届きます。

どの国の人がどんな人物を迅速に配達しているのか分かりませんが、

私は豆ペーストだと思ったが、

結局のところ、何万という人々に何かの効果が出るのだろうか?

しかし、そうです。

文の日本語能力は非常に悪いです。

最初の頃から

「親愛なるお客様」が書かれている場合、

ああ、私はもはや日本語ではない、これは私が理解するものだと思う。

日本人は教えたいと思っていますが、むしろそのような文章は使われていません。

それが体内にあっても、それはなぜそんな言葉遣いですか?

突然私は日本語をコピーし、翻訳してみました。

まあ、確かに、それは普通の英文になります。

#それはどれくらいの英語の本能が不可能だと私は判断できません。

そして、英文を逆に日本語に翻訳すると、元の文にきれいに戻る。

おそらく彼はGoogle翻訳を使用しているのでしょうか?

----

で、つくづく思うワケです。

グーグルくん、頑張るなぁ、、、と。


P.S

ただ、私も自分自身、とても反省もするワケです。

グーグルくんには、ちっともわからないひどい日本語の文章を書いているんでしょうね。

グーグルくん、ごめんなさい。




AM 03:45:04 | [言葉の感触]

2018年06月14日  PCができないのにIT業界に来る若者

いやちょっと笑えたので。

ネットからのヒロイモノであります。

----

なぜ「PCができないのにIT業界に来る若者がいるのか」を推測してみた人の話

前もこの手の話で炎上したから誤解のないように云うておくと

別にその事自体はいいのよ、いやよかあないけど、

知らないことは今後学べば良いってのは事実だから。

ただ想像してほしいのは

「これまで一度も自動車を見たことない人がレーサーになる」ってのが

どんだけ大変かってのは知っといてほしい

----

まぁ、小さい頃に

「お医者さんになりたい。」「パイロットになる。」

っていう夢物語と同じようなモノって言えなくもないですが、

ちったぁ大人になってからの出来事であれば、

それなりの覚悟はしていたいものです。

いざIT業界に入ってみたら、

「こんなドロくさいモノだったの?」

「こんな精神力の必要なものだったの?」

と、新たに気付くのは間違いありません。

まぁ、IT業界も人手不足。

とりあえず、人員確保したいところではありますが、

教育も大変なんですよねぇ。

そもそも素質もあるでしょうし、、、

と、今日のグチはここまでと。



P.S

更に笑えたのは、「他の業界はどうだろ?」っ書かれた後に

「調理業界は割といますよ」

「医療に関してはいますね 」

と、ゾロゾロ続いていたコメント欄。

そりゃそうだって、、、と素直にアラカンの私は思います。




AM 11:51:53 | [言葉の感触]

2018年05月25日  自分の人生に関しては

自分の人生に関しては、

俺もお前も読者じゃねえ。

作者の方だよ。

結末くらい、変えられるだろ。

----

還暦も過ぎると、こういう言葉が身に刺さる。

今さら、大きな夢が叶った叶わなかった的な議論をするつもりも必要もないけれど、

ま、それなりに納得できるソフトランディングしたいよなぁ、と

つくづく思う。

可もなく不可もない人生だった、と思えれば、もう充分なんだけどさ。


P.S

ま、まだこれから大きな面倒なコト起きないよなぁ。

密かに祈ってしまいますわ。


AM 11:05:50 | [言葉の感触]

2018年05月13日  何を笑うかで

何を笑うかでその人となりがわかるって本当だと思う。

良い意味でも。悪い意味でも。

----

御意。である。

この歳になると、つくづく思うものである。

冠婚葬祭なんかで人が集まった時、

いろいろな雑多な人の中で、

各々の人が楽しそうに話す話題が気になったりもする。

パチンコや競馬の話を楽しそうに話す人。

仕事ばかりが話題の人。

不健康自慢の人。

趣味自慢の人。

想い出話ばかりの人。

まぁ、とても他人のことなど言えない自分だったりもするのだろうけれど、

明らかに何を楽しそうに語るかでその人となりがわかるのは事実である。

かと言って、人となりから出てくる話題だもの、

自分自身じゃある意味どうにもならないワケで。

まぁ、自分を繕ってみたところで、この歳じゃなぁ。

というワケで、私もきっと品行老害ですみません。


P.S

と、なんとも解決策が見通せない今日の話題って無意味だったりするのかなぁ。



AM 01:15:59 | [言葉の感触]

2018年04月13日  人と人とが違うのは

何でオレにはミカサみてぇな力がねぇんだって、妬んじまったよ。

オレはミカサやリヴァイ兵長にはなれねぇからダメなんだって…

でも兵長だってお前だって一人じゃどうにもならないよな…

だからオレ達は自分にできることを何か見つけて

それを繋ぎ合わせて大きな力に変えることができる。

人と人とが違うのは、きっとこういう時のためだったんだ。


「進撃の巨人」より抜粋

----

ま、最近流行りのダイバーシティ概念でしょうか。

種の多様性を肯定したこの考え方は、私としてはうれしいけれど、

このシーンが戦いの為であったり、ビジネスの場で使われるのは

ちょっと残念だな。

そもそもこの多様性は、既に産まれた時から(生まれる前から?)始まっている。

最近、大勢の子供達を身近に見ていると、それをつくづく感じたりする。

もはや遺伝子レベルから、多様性は始まっているのは間違いのない事実で。

ただ、そこには、様々なジャンル別において、優劣がある。

多くのものを持っている者もあれば、少ない者もいる。

数は少なくても、突出している者もあれば、その逆もある。

残念ながら、そこにはすべてが平等と言えない現実もある。

けれど、人と人が違う点があることは、なかなかいいことのような気がする。

まずは、言い訳が出来る。自分の道を好きに決めることが出来る。

「私の勝手でしょ。」

この一言は、人生を生き易くしてくれるはずなんだけどなぁ。

そう言える勇気と環境を手に入れることがまず大きな壁かも知れませんが。


P.S

書こうと思っていたことから、全然違う方向に来てしまった。

ん〜。




AM 01:15:59 | [言葉の感触]

2018年04月07日  「日本にも労基署はあるだろう」

Tumblrの漂流物である。

----

知り合いのアメリカ人に

「へぇ、アメリカにも栄養士っているんだ」と言ったら、

「日本にも労基署はあるだろう」という

なかなかパンチの効いた答えが返ってきた。

----

こんな素晴らしい会話ってホントにあるのか信じられないですが。


P.S

今日は、もう帰ろ。



AM 03:10:00 | [言葉の感触]

2018年03月28日  「なる努力」より「なって努力」


「なる努力」をするより、

「なって努力」する方が身に付くように思います。


----

確かに。

持家の購入に例えれば、納得し易いでしょう。

買う為に貯金してたって、いつまで経っても即金で買うのは無理だって。

買ってから、ローンを返した方が、とりあえず持ち家は持てるって。

# わかり易い例だな、うん。

だから、時には、大風呂敷広げるのも大切なんですよ。

と、書いてみましたが、

それ以降は、自己責任でお願いします。


P.S

ひとは、それぞれ、それなりの住むべきステージがあるかもしれません。

あくまでも、そこから大きく外れていないということが前提ですよ。

それ以降は、自己責任でお願いします。







AM 02:54:18 | [言葉の感触]

2018年03月22日  なら、お前がやれ


エンジニアとしては、大いに御意。


P.S

失って思う親の恩。


# わかる人には、わかる今日のコメントである。





PM 12:10:39 | [言葉の感触]

2018年02月26日  銀は負けて手に入れるメダル

以前、どこかのサイトで見たネタである。

----

「銀は負けて手に入れるメダル。だから悔しい」んだと。

言い換えるならば、銅は一度敗れ、

しかしそこからもう一度立ち直り、勝ち得たメダルだとも言えるのではないでしょうか。

----

銅を“金同”と表現して、金と同じいう意味が粋ですね。

----

冬季オリンピック花盛りである。

メダルが取れたと喜んで涙を流す選手、

金が取れなくて、銀をつかんで悔し涙を流す選手。

今までの経緯のことが皆違えば、当然メダルの価値も異なってくることは理解できる。

確かに銅メダルよりも銀メダルの方が

いささか不憫な目にあっているような気がするのは私の偏見だろうか。

銀でも世界で2番目ですごいことなんだけどな。


P.S

私は、オリンピック中継はあまり観ない。

どうも勝敗を決めているそのシーンが好きじゃないのだ。

選手は誰もが頑張ってそこに来た。

その中で更に優劣をつけるそのシステムがどうも苦手で。

ま、甘ちゃんオヤジですみません。





AM 02:49:20 | [言葉の感触]

2018年02月20日  才能

才能=自分がしている行動が努力だと気が付かない能力のこと

----

ちょっといい一文と思って、ココにメモ。


P.S

10年以上もブログを書き続けているのも才能、、、

って、どんな才能かい?




PM 12:05:17 | [言葉の感触]

2018年02月12日  ローマ帝国は何故産業革命を迎えることができなかったのか

タンブラーの漂流物から

----

「ローマ帝国は何故産業革命を迎えることができなかったか」

という命題の答えの一つは

「奴隷という安価な労働力がいたから生産性の抜本的な効率化が必要なかった」

だそうだが、そう考えると

「最低時給1500円など烏滸がましい」という人々は亡国の徒ではあるまいか。

----

思いっきり笑えたのでココにメモ。

んじゃ、ボランティアなんてのも亡国の徒になっちゃうかぁ?

前にも書いたかな、、、

私は、“ボランティア”という言葉が好きではない。

どんな行為作業にも、報酬があるべきだと思うんだな。

そして、その報酬を寄付することをボランティアとするべきだと思うんだな。

最初っから、払う気持ちがない状態でボランティアを求めるのは、

なんだかなー、と思ったりもするんだけどな。


P.S

誰かから、ツッコまれそうな気がするけれど、あへて勇気の発言である。



AM 11:49:33 | [言葉の感触]

2018年02月08日  空のバケツほど

タンブラーの漂流物から二点。

----

空のバケツほど蹴るとうるさい=中身が空っぽな人ほど、

何か刺激すると人への批評、不平不満を言う。

だから水のいっぱい入ったバケツのように

中身が詰まってるどっしり構えた人になりなさい、って

おじいちゃんが言ってた。なるほど、って思った敬老の日。

----

悪口陰口嫌がらせ、全部暇人のやる事だから気にすんな。

プライベートも仕事も絶好調で超ハッピーな人が

わざわざ他人の事チェックしてケチつけねーだろ?

自分がうまくいってなくて不幸で暇な奴が

悪口陰口嫌がらせなんてするんだよ。

「おう暇人!お疲れ!」って思っときゃいい。

相手しても損するだけだ

----

いやぁ、なんだか生きる上での大切な一文のような気がしてココにメモ。

けれど、ちょっと気を抜くと、

「唯我独尊」の世界に入ってしまわないか?とも。

他人から何か言われても、クヨクヨする必要はない。

けれど、それさえも受け止めて、吟味し、深く思考することも

忘れてはいけないような気もするんだな。


P.S

けれど、やっぱりクヨクヨしてしまうこともあるよねぇ。

そんな弱さもある意味必要な気もする私は、やっぱり日本人。





AM 11:43:25 | [言葉の感触]

≪ 前の30件| 次の30件

Powerd by SUK2 BLOG.