Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2019/06/04  羊の木
2019/06/02  外来語表記ルール
2019/05/31  人生の4分の1を教育機関に
2019/05/29  ソラリス
2019/05/27  ジョブズはもうiPhoneを捨てたはず。

ま、あえて分ければ
日記(419)
映画(736)
コレクション(162)
写真館(328)
言葉の感触(441)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(307)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(273)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(42)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(6)

想い出の日々
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+14
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2019年05月09日  エレベーターの閉ボタン

写真はおなじみエレベーターの開閉ボタンである。

やはり“閉”側近辺の塗装がひどく剥がれていて

よく押されている感ひとしおである。

で、これを見た人は従来こう思ったはずだ。

「日本人ってせっかち。」

まぁ、私は否定はしない。

でもね、私の考察はちょっと違う。

日本人は、そもそも扉にしろ、蓋にしろ、箱にしろ、

開いているモノは、自分で閉じるように

何気に教育されてしまっているんじゃないだろうか、と思うワケだ。

そもそも少しでも開けっ放しの状態を好まないのだ。

いやなに自分でも思うのだ。

“急いでいるから閉める”というよりも、

“意味なく開けっ放しにしておくのがイヤ”

という気持ちの方が強いような気がするのである。

誰も来ないのに、ただ無意味に開けっ放しで開放しておくのに抵抗がある。

そんな気もしないのではないのだな。

いや、そんな言い訳を

ちょっと声を大にして言ってみたかっただけである。


P.S

ちなみにアメリカで“閉(CLOSE)”ボタンを押すと

バカにされるから注意しましょう。

その理由は、、、

アメリカでは、障害者対策の一環で、

法令的に“CLOSE”ボタンは機能しないように殺されているとか。

「効かないボタンを押してら、この日本人」

ってバカにされるってことですね。

「使えないボタンをわざわざ付けておくんじゃねーよ、アメリカ人!」

って英語で言えるようにしておきましょうね。




AM 11:36:24 | [写真館]

2019年05月03日  タンポポ

いやなに思わずパシャッ。

抜いても抜いても毎年必ず駐車場に咲くタンポポ。

きっと根は地中1メートル近くにもなっているんだよね。

可愛らしく黄色く咲いて、

たっぷりの羽毛に小さな種を乗せて

精一杯子孫を広げようとしている姿に

ちょっと憧れと尊敬と。

そんな逞しさに憧れます。


P.S

本来は、生き物はみんなそんな生き方が自然なのにね。



AM 10:26:06 | [写真館]

2019年04月27日  恐ガチャ

ガチャガチャである。

何か企画者は間違っているような気がするのですけど。

けど、結構、中身が減っていたからなぁ。

やっぱ、恐いモノ見たさの購買者を惹きつけたのであろうか?

であれば、企画者殿、アッパレである。


P.S

けど、私はこんなもん買いませんよ。

# (たぶん。)



AM 09:16:54 | [写真館]

2019年04月09日  二次元バーコード on 液晶テレビ

いやなに感心するのである。

災害ニュースに表示される二次元バーコード。

こんなことが出来る世の中になったんだなぁ、

と、つくづく。

そもそもこの細かさが表示できる放送システムもすごいけれど

これをカメラ撮影して、すぐにデータとして扱うことが出来るのスマホ側もすごい。

内容さえ分かれば、テレビの解像度なんてそんな必要ないぜ、

なんてことを言っていた自分の古オヤジセンスが哀しい。

4Kが標準になったら、もっとすごいことが出来るようになるんだろーか?

ついてゆくだけでも未来は結構楽しいそうな気がしてうれしい。


P.S

という(やっぱ、元、、、だよね)エンジニアの素朴な思いである。



AM 11:36:24 | [写真館]

2019年04月03日  ア・カップ・オブ・リード線

写真は、カップに貯まった

電子部品のリード線。

プリント基板に部品を差し込んで、

ハンダ付けして、その後、ニッパーでカットした後の

いわゆる、廃棄物であります。

遥か昔、要らなくなったカップに

何気に入れてたら、そのままそのカップは

そのゴミ箱になってしまって。

普通、品質管理の担当者から見れば、

そんなものに入れて貯めてんじゃねぇ〜っ

って、お叱りの言葉をいただきそうなものであるけれど。

ま、とりあえずそんなこんなも想い出としてココにメモ。


P.S

もう何杯貯めて捨てたかなぁ。

すみません、反省なく、今も使い続けています。


AM 10:26:06 | [写真館]

2019年03月28日  婚活中のブラックジャック

# とあるバス停にて

# 車道側から撮影。




あ〜、こんな記事にブラックジャックを使うなぁ〜。




# と、ブラックジャック好きなこのオヤジ。

手塚治虫が天国で泣いていないか心配である。


P.S

で、今、ピノコは、どうしてるん?





AM 04:47:24 | [写真館]

2019年02月12日  東京の古切手

写真は、東京本社の方からいただいた古切手であります。

私が古切手を収集しているというのを知っていて

たまに何かの機会にいただけるワケで。

いやなに自分の住んでいる街にコンプレックスがあるわけではないのだけれど、

東京の郵便物のその使われている切手の様々さ、その綺麗さ、、、

やっぱ東京だなぁ、とつくづく感じたりして。


P.S

アンタの交友関係の問題でしょ。

と言われれば、それまでですが。



AM 09:01:48 | [写真館]

2019年01月13日  新幹線の大日本印刷の広告

# あへて、某会社の広告の後押しである。

新幹線で降りる時に見つけて思わずパシャッ。

DNP(大日本印刷)の広告であります。

そこには、線が実長で描かれていて

それが表わすのは、

アスリート達のオリンピック・パラリンピックの記録の更新数値だったりするのである。

例えば、一番短いののひとつは

「走高跳 男子 8年間で1cm更新」ソウル1998→アトランタ1996

他にも1cmのは、走高跳 女子やパラリンピックの走高跳 男子。

この広告の中で一番長い線は

「走幅跳 女子 8年間で34cm」

そんな長さを実長で見せつけられて

あらためてアスリート達の地道な活動に感心してしまうのである。

きっとアスリート達は、毎日毎日練習を重ね、

この数センチの為に挑戦し続けている。

半ば人生を賭けて挑戦し続けている。

もちろん、この用紙の範囲に収まる長さのモノばかりを集めたものであれば

走り高跳びなんかは、人間の限界のノビシロがもう殆どないのだろうなぁと思いながらも

彼らは、その1cmに挑戦し続けているワケで。

何気にテレビで漠然と見ているスポーツ競技も

その向こうには、たゆまぬ努力と挑戦があるのであろうことを

つくづく感じてしまうモノでありました。

ま、詳しくは、DNPの広告サイトでどうぞ。


P.S

人生、人それぞれによって

挑戦するべきものはいろいろなモノがあるかもしれないけれど、

「挑戦する」ということは、本来本当に大変であろうことを顧みて

つくづく反省するわけであります。



AM 11:00:05 | [写真館]

2019年01月03日  今年も初日の出

元旦というのは特に予定もないワケで

なにもゆっくり寝坊してりゃぁいいのに

やっぱり目が覚めてしまうこの老人特性。

ならば初日の出でも拝むか、

ついでに撮影しておくか、と

ベランダからパシャッとした次第。

日の出というモノは、もう出るぞと思ってからが長いのは

ご来光を見ようと思った方は必ず経験があるはず。

まぁ今年も天気に恵まれて、良い年の始まりの予感であればいいのにね。

初日の出を拝めるのは、歳をとっての数少ない恩恵かもしれません。


P.S

初日の出が見られるようになったら、

自分が老害になっていないか気にしましょう。



AM 10:26:06 | [写真館]

2018年12月21日  ハッピーリングチャリティ

ふとレストランに入った時に見つけたのである。

その名も「ハッピーリングチャリティ」。

要は、その店で生ビールを注文すると、

1リットルにつき1円が「子ども食堂」に寄付されるというチャリティキャンペーン。

まぁ企画自体の発想はわからぬものではないけれど、

けど、、、なぁ、、、

そもそも1リットルにつき1円かいっ。

どーせなら10円でも100円でもいいような気がするけれど、

それだとビールの売れ行きが落ちてしまうとしたら、それも哀しい。

うんにゃ、きっと1円につき99円をビールメーカーが補てんして

100円寄付してるんだよねぇ、と信じたいな。

まぁ確かにこういう間接的なことであれ、

寄付の流れを作らないと子ども食堂にお金が回らないということへの

ひとつの手段であれば、それはそれで構わないのだけれど。

なかなか自発的に子ども食堂への寄付を思い立つのは

たぶんかなり難しいと思われるからしてね。

でもこういった企画が「子ども食堂」ってものの存在を世に知らせしめ

世の問題点の提起をする為にはいいのかもしれない。


P.S

それにしても、

1リットル1円っていうのは、あまりにも安いような気がするのですが。




AM 08:37:00 | [写真館]

2018年11月23日  駐輪場にて。

駐輪場にて。

修正に修正を重ね

葛藤と迷走感が感じられて。

“もうちょっとだ頑張れ!”って

看板に声をかけたくなります。


P.S

最初は、何て書いてあったのだろう?



AM 08:40:33 | [写真館]

2018年11月17日  RGY

展示会で4Kカメラを展示することになった。

ところが前日に被写体を用意し忘れているのが発覚。

明日までに何か用意できます?

と言われて、じゃぁ花でも買っておきますわ。

そんな安請け合いしたものの、帰り時間が午後10時。

空いている店なんかそうそうない。

“そう言えば、あそこのスーパーに花が並んでいたよなぁ。”

そう気がついて、とりあえずそのスーパーへ。

けど、、、生花は仏花ばかり。

造花はいっぱい並んでいるのだけれど、イマイチ色が良くない。

色が良くなけりゃぁ、カメラの性能が評価しにくいよなぁ。

とにかく色彩の良いモノをとにかく見つけなきゃ、

で、そこで見つけたのが野菜。

やっぱR(レッド)G(グリーン)B(ブルー)は揃えたいよな。

赤はパプリカで、緑はピーマンでいけるな。

けど、ブルーの野菜・果物がどうにもない。

とりあえず黄色のグレープフルーツでいいっか。と購入。

確かに色はキレイでしょ?

次の日、下地がブルーだったんだ、、、と

見事にRGB揃えられたことにとにかく使命を果たしたオヤジである。


P.S

が、思わぬ事態が、、、

一日展示していたら、夕方になるとパプリカもピーマンもいくらかシワが。

どんどん新鮮さが失われていっているのがわかる。

これイメージよくないんじゃないか?

そう言われて、今日も買いに行こうか迷ったりしている。



AM 11:33:45 | [写真館]

2018年11月11日  靴べら考

いやなに、写真はとあるデザインの靴べら。

オシャレでデザインはカッコいいのだけれど、

なにせ靴べららしからぬ厚みがある。

人それぞれ使う程度が異なるのだろうけれど、

私の場合、靴べらを使う時は

パツパツ目の靴を履く場合で

この厚みは、踵も痛ければ、靴にストレスも相当かかりそうだ。

これじゃ踵に指入れて履くのと大してかわらんじゃん。

機能よりもデザイン重視の典型的なパターンのような気がして

ココにメモ。


P.S

機能よりもデザイン重視のユーザーなら

一向に構わないんだろうな。



AM 10:46:13 | [写真館]

2018年10月28日  記念撮影:1万円札の束(帯付)

いやなに、また久々に

目の前を通り過ぎて行ったので

記念撮影。

今度いつかまた戻って来てくれますか?


P.S

床に置いて撮影してるようじゃぁ、

嫌われるに決まってんじゃんさ。



AM 04:47:24 | [写真館]

2018年10月24日  高潔とは正しいことをすること、たとえ




"Integrity is doing the right thing,

   even when no one is watching."

私なりに訳せば、

高潔とは正しいことをすること、たとえ誰も見てない時でさえ。

# あ〜やっぱり中学英語だな。

海外のお土産にもらった、お風呂用芳香剤。

タマゴぐらいの大きさの白い粉の塊。

こんなのお湯に溶けきるのか?

などと思いながらもちょっと挑戦。

お風呂のバスに投入してみました。

やがてバスタブにお湯が入りきると

ほのかな香り。特にお湯に着色はなかった。

確かに、肌に良さそうな感じ。うん、ちょっぴり優雅だ。

ボサーっとお湯につかっていると、

一枚の紙切れがお湯に漂ってた。

ん、どこから?

たぶん、芳香剤の中に仕込まれていたんだろうな。

いやなに、これは効果があるぞ。

心ゆったり頭が空っぽになりかけている時、

こういった格言は、確かにカラダと頭に効く。

「しみじみそうだよなぁ。」

と、つくづく反省したりするのである。

知らずにお風呂をつまらさなくて良かったなぁ。


P.S

ま、お風呂を出た時には、忘れてしまっているんでしょうが、、、。

# という風に忘れてしまわないようにココにメモ。



AM 04:09:53 | [写真館]

2018年10月16日  ソードアート・オンライン・カード

今日はお昼から現場。

で、その前にちょっと早めのランチを。

ゆっくりできる時間もなく、

次の食事が何時になるかわからないので、

とりあえずの駆け込みランチである。

で、写真はオーダーしたトレイに一緒に乗ってきた

ソードアート・オンラインのカード。

あ〜やっと忘れていたのになぁ。

というのも、どうにも気になっている物語だったりして。

VR好きの私に、最近の流行なんだから読んでおいた方がいいよ。

とのたまう輩がいる。

けど、、、20巻? ん〜。

読みたい本がいっぱい貯まっていて、

しばらくは手が付けられないよ。

面白いからすぐ読めちゃうよ。と言われながらも、

優先順位が高く出来ないよ。

かつては、そんな葛藤をしながら、

「とりあえずは、忘れよう。」

そう決めていたのに、、、

すきあれば、何気にSAOを思い出させるこのきっかけは、

神は、私に読めというのか、、、?

ツ、ツラい。


P.S

すみません。捨てます。


AM 02:51:35 | [写真館]

2018年09月24日  乃木坂46コースター


仙台出張の輩からのいただきもの。

乃木坂46のコースターである。

仙台でのコンサートの販促品であれば、

無料で配られていたようだけれど、

熱烈なファンには、これもコレクションの対象になるのだろうな。

しかし、枚数の多さを思うと

集めるの大変そうだなぁ。

やはりコレクター同志交換し合ったりするのだろうか?

コレクターにとっては、貴重な2枚かもしれない。

# ちゃんと各メンバーは、同じ枚数づつ製作されてんのかしらん。


P.S

すみません。

欅坂ファンなので乃木坂には、あまり興味がなく。

で、そのまま、、、です。

なので、今日のカテゴリーは、“コレクション”ではなく“写真館”。




AM 04:09:53 | [写真館]

2018年09月06日  縦横遊のバス

とうとう、、か。

と思わせるこのバス。

この写真は、名古屋である。

まぁ、大阪から東京への移動中の宿泊ポイントだったりするのでしょうか。

しかし、中国人向け観光ツアー用バスにしても

車外表示印刷まで中国人向けにしなくてもいいんじゃないの?

日本に来たのだったら、日本風のバスに乗った方が

情緒を感じない?などと思ったりもするのですが。


P.S

けど、、、

外国でも日本語の表記された観光バスが走ってたりするんだろーなー。

お互い観光者は、たぶん気が付かないんだよね、、、きっと。



AM 08:39:23 | [写真館]

2018年07月24日  驚異のiPnoeカバーに遭遇。

いやなに客先の現場で遭遇。

実に木製iPhoneカバーであります。

なんとこのiPhoneオーナーの手作り品。

スイッチ部品なども小さな木片でカバーされている

極めて緻密な一品であります。

木の良さは、使い込むにつれて重厚感が増してくること。

何気ない黒光りが素敵です。

さて、カバーであれば、衝撃吸収などはどうなの?

でも、木製ということであれば、有事の際には

木製カバー自身がバラバラになることにより

外部からの衝撃を防ぎそうな気がするよね。

そして、そこは自作故に、また生き返るのも間違いない。

最近のiPhoneは、ジョブズの思いを通り越してサイズは大きくなるばかり。

であれば、こんなこだわりのカバーも充分アリですね。


P.S

さて、、、木製、ということであれば、

気になることは、、、

本体に装着状態で、水に浮くかどうか、、、である。

もし、この記事が目に入ったら、教えてね。→ 製作者殿。


AM 04:09:53 | [写真館]

2018年07月14日  自動販売機の英語解説にモノ申す。

写真は、自動販売機に貼られていたシールである。

日本でのお金のコインの使い方がよくわかるように解説されている。

ただ、、、である。

この解説の言わんとするところは充分にわかる。

けれど、この解説から

100円は、50円玉2個でもよいこと。

10円玉10個でもよいことまで、わかってくれるだろうか?

そんな無駄な心配が私の頭をよぎる。

もっと言えば、100円玉2個入れれば、

なんの心配もなく、どれも買えますよ。

どんな組み合わせでも、金額を上回った金額を投入すれば、

ちゃんとおつりが出ますよ。

そんなコメントも書いて欲しかったな、、、と思ったワケである。


P.S

うんにゃ、今日一番書きたかったことは、欄外の一行である。

上で十二分にお金の組合せの解説をしたのであれば、

それを読んだ外国人は、財布の中のコインを探し、

その構成でコインを投入するであろう。

で、その欄外に、「おつりはお忘れなく。」

って書くのは、んー、と思うワケである。

# あ〜、オレもクレーマーかぁ?



AM 02:48:56 | [写真館]

2018年07月08日  フェア・トレード

貴方は、フェア・トレードという言葉をご存じであろうか?

直訳すれば、「公正取引」である。

ちなみこの写真は、

チョコレートのパッケージである。

フェアトレードというのは、

“発展途上国で作られた作物や製品を

適正な価格で継続的に取引することによって、

生産者の持続的な生活向上を支える仕組みです。 ”

# というのは、Wikiからの無断引用。

よく例に出されるのは、チョコレートのカカオ豆。

貧困な生産者から、極めて低価格で入手し、

世界中にチョコレートとして流通している現状が問題視されている。

# 実は、この課題は、高校生の英語の教科書で知ったりした。

今、手に取ったチョコの袋にその旨の印刷を偶然目にして、

「ふ〜ん、そんな表記があったのかぁ。」と新たな発見。

さてこうなると、新たな思いが。

この表記がないのは、フェアトレードパス商品か?

今後、このマークの商品を買うべきなのか?

マークがないのは、中間搾取マージンの大きい商品なのか?

そんな難しいことを考えながら食べなきゃいけないチョコが

何ともうらめしい。

なんとも募金運動と同類の課題にでもなりうる。

中間マージンが大きいと言えども、

買わなきゃ生産者にお金は回らない。

どんなに途中で搾取されていても、

だからと言って不買運動なんてしたら、

貧困層の生産者はもっと困るであろう。

そう思って、今日もとりあえずチョコを買って食べる。


P.S

アンタ、そもそもカロリー摂取量は大丈夫なの?

という大いなる疑問は、横に置いて。



AM 08:41:31 | [写真館]

2018年06月30日  安物サンドにみる日本の技術

今日は、まともなお昼を食べている時間がない。

で、通りすがりのコンビニで

パンと飲み物を購入。

で、ノートPCを開いたまま

そそくさと食事。

いやなに、そこでの感心事である。

なにがって、このハムの薄さにである。

安物(ってメーカーに失礼だな。)の調理パンではあるけれど、

この薄さにまで加工する技術に感心するのである。

決して文句ではありません。

その価格であれば、充分納得できる価格でもあるので。

素朴に、この技術に感心するのでありました。


P.S

ま、まさか、日本製じゃなかったりするの?



AM 04:51:28 | [写真館]

2018年06月18日  名古屋deゴンドラ

写真は、日本である。

# いや、わかるでしょ、フツー。

名古屋には、市内に川が流れ、

そこでは、ゴンドラに乗れるのである。

# ゴンドラというのは、あのヴェニスのである。

粋でしょ? 

是非、お試しあれ。

詳しくは、ググってくださいね。


P.S

名古屋人は、恥ずかしくて乗れないんだなー、これが。

日によって、川の臭いがキツイ時もありますので、

がんばってご乗船くださいね。



AM 02:55:28 | [写真館]

2018年05月27日  IMAX特別招待券

写真は、IMAXの特別招待券であります。

こんなモノもあるんだぁ、と記念撮影。

時は、「READY PLAYER ONE」の鑑賞中。

IMAX3Dの片目が何故かモノクロに。

最初は、これも映画の効果のひとつか?と思ってはいたものの、

はっきり言って見にくい。

で、その状態で延々と続いていれば、

「これなんかおかしくね?」

と回りの鑑賞者もメガネをずらして見てみたりしだした。

あのね、IMAX3Dは、直線偏向のメガネなわけで、

メガネのせいで色がなくなるとは思えないよ。

# (回りに告げたかった。)

# が、自分でもスクリーン上での見え方も気になったりして

# メガネをずらしてみたりしたのでありますが。

やがて10分ぐらいも観た所で、中断。

そして、会場が明るくなって、修理開始。

結構、待たされたな。

で、修理が終わったら、「最初っから上映し直します。」とのアナウンス。

こちらも新たに頭をリセットして、再鑑賞開始です。

まぁ、こちらは全編連続して観られたわけで損失感はないのだけれど、

観終わって、場内から出る時に何かを配っている。

で、受け取ってみたら、この招待券でした。

観賞者全員に配布されるわけだから、

「これ、エライ損失にならない?」と気にもなりましたが、

映画館を出たら、もっとパニックが。

以降の上映開始が30分程も遅れているわけだから、

入口がごった返しているワケで。

映画館もリスク管理は大変だなぁ、とつくづく思うワケでした。


P.S

けど、、、最終上映が終了するのは、

午前0時を越えちゃったんだろうなぁ、終電大丈夫?

「青少年健全育成条例」での18歳未満の21時以降の入場禁止規定はどうなっちゃっうんだ?

いろいろ疑問は尽きませんが、まぁきっと大手映画館だもの、

ちゃんと対策も出来ているんだろうなぁ、と勝手に思い込んで。

# って、こういうの書くとまずいのかな。

AM 09:16:54 | [写真館]

2018年05月15日  アパのアメニティー

「今日の全力が明日の最善をつくる」

「強烈な意志は結果を創る」

「どの一瞬にも熱い情熱が溢れるそんな人生を」

「好奇心があれば未来がある」

 ....


写真は、アパホテルのアメニティーであります。

ビジネスホテルに泊まった時には、

歯ブラシ以外はほとんど使うことはないのだけれど、

全てのアメニティーに、上記のような一行が書いてあって、

ちょっと頭に留めておきたいな、と思いながらも

写し書く手間も何だかで、ひと通り持って帰ってきた始末。

だからと言って、それ以上のコトも何もないのだけれど、

とりあえずココにメモ。

朝起きて、仕事に向かう時、

「今日の全力が、、、」なんて目に留まれば、

ちょっとは、カラダが奮い立たされるものである。

# すみません、私は単純なんです。

いやなに、アパ、アッパレである。


P.S

って、想像するに、

私みたいに持って帰ったからといって

使うこともないような同類の人間が、

やっぱり意味もなく持って帰ってゆく可能性も高そうである。

ん〜、せっかくエコを目指しているホテルになんだか申し訳ないのだけれど。



AM 11:22:03 | [写真館]

2018年04月27日  迷惑カート

渋谷で見つけたのでパシャッ。

いやなに私の地元でもこのカートが公道を走っているのを見かけることがある。

まぁ見世物としてはアリかも知れないけれど、

隣で普通自動車を運転する方としては気が気でならない。

「こんなん公道を走らせていいんかいっ。」

素直な感想である。

しかし、外国人にはウケるんだろうなぁ。

日本人には、もう既にちょっと、、、イタイよね。

それにしても、排気ガス丸かぶりで、大丈夫か?とも。

排気ガス規制も交通規制も日本人の交通ルールも含めて、

安全な日本だから出来るアトラクションなんだろうなぁ。

今後、観光都市を目指したら、この手のモノも増えていくのだろうか?


P.S

日本を遊び場にすんなっ!



AM 09:16:54 | [写真館]

2018年04月21日  マルチ充電コネクタ

写真は、某ビジネスホテルの机の上に常備されていた

携帯充電用マルチコネクタである。

「お〜ラッキーっ!」

と思ったものの

iPhone4S、iPad2(第2世代)用のドックコネクタがないっ!

もはや隔世の感を感じてしまうなぁ。

# って、アンタが遅れ過ぎてるだけでしょっ。

だから、文句は言いません。


P.S

先日、同時通訳システムのイヤホンが故障している事件があって、

「誰か古いタイプのイヤホン持ってない?」

「あるよ。」

とすぐにカバンから出てくる私は重宝者。




AM 08:37:00 | [写真館]

2018年02月18日  過剰な表示だと思うんだがな。

写真は、私がよく利用している駐輪場である。

なんともその表示が多く、ちょっと、、、って気がするんだな。

交通法規の正確さは必要かもしれないけれど、

なんだか世の世知辛さに哀しくなる。


P.S

やっぱクレーマーのせいか?

少しでも人の穴を探してツッコむ輩がいる為か?

法規を決めて、絶対従わせようとする側の気持ちもうかがえて

そもそも「なんだかなー」と思っちゃいけない世の中に

いつのまにかなってしまったんだろうな。




AM 02:55:28 | [写真館]

2018年01月15日  鯛パフェ

神社の夜店で見つけた

“鯛パフェ”

要は、たい焼きの中に

# 焼いてはなさそうでした。

アンコの代わりに

生クリームやらバナナやイチゴやらを

山盛りにして、、、の一品であります。

思わずパシャッ!

甘さが過ごそうで尻込みしてしまいましたが

結構若い女性の列が出来ていました。

お腹空いていたら、買ったかもしれないなぁ。

このカテゴリは、写真館。


P.S

鯛が口から詰め込まれて苦しんでいるようにも見えて

複雑な様相のスイーツです。





AM 11:22:03 | [写真館]

2018年01月07日  上野天満宮の牛

写真は、学問の神様

上野天満宮に祀られている牛である。

その廻りに置かれているのは、

おみくじの入れ物である。

いやなに、その入れ物がひしめき合っている画が面白くてパシャッ。

この時期、今年の受験生が大挙してお参りに来る。

きっとほとんどの人がおみくじを引き、

入れ物を神社の至る所に置いてゆく。

どんな思いで牛の回りに置いてゆくのかわからぬでもないけれど、

お牛様の方も大変だなぁ。

みんな全員の願いも聞き入れられまい。

ろくに勉強もせず、神頼みだけで試験に臨む者もきっといよう。

まぁ、一生懸命勉強している者もそうでない者も

お正月の息抜きには、神社参拝もいいのかもしれない。

と、たまには近所の神社の広報活動である。


P.S

けど、大晦日深夜から、この辺りは人と車とでごった返す。

単に氏神様に参るのも実にツラい近隣住民である。




AM 10:49:21 | [写真館]

≪ 前の30件| 次の30件

Powerd by SUK2 BLOG.