Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2020/01/17  スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
2020/01/15  おみくじに思う。
2020/01/13  5000km
2020/01/11  トゥモローランド
2020/01/09  体重増加の確率ってなに?

ま、あえて分ければ
日記(434)
映画(771)
コレクション(168)
写真館(342)
言葉の感触(459)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(320)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(275)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(46)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(13)

想い出の日々
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+15
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2019年12月27日  ゴミが積もって山となる。

いやなに、ゴミ出し日の早朝、

高層マンションの前を通りかかってパシャっ。

高層マンションは、いつでもゴミルームにゴミを捨てられて

ゴミ回収日になると、管理人の人が、ゴミルームに貯まったゴミを

回収しやすいようにゴミルームの外に山積みにするのである。

その量やハンパない。

都市の中で、人気づかず朝早く大量のゴミを移動させている人、

これらを回収車に乗せ換える作業、

別にそれらがシステマチックに行われているのであれば、

今更その是非論を述べるつもりはない。

けれど、少しでも、手のかからないシステムであって欲しい。

そう願わずにはいられないわけである。


P.S

せめて、住人も週に何回かそんな作業も行われていることを

知っていてほしいとフト頭を通り過ぎるのである。





AM 04:24:20 | [写真館]

2019年12月25日  年末調整でいつもエラー

写真は、サラリーマンの方であれば

間違いなくご存じであろう

年末調整の保険料控除申告書の一部であります。

私は、この計算式を見る度にむずガユくなる。

何に抵抗があるかっていうとこの計算式にである。

例えば2行目の計算式

B又はEx1/2+12,500円

ふつー論理比較よりも四則演算の方が先でしょっ。

であれば、

B || (Ex1/2+12,500円)

にしか見えないのである。

ちゃんと

(B||E)x1/2+12,500円

と書いておいてほしいワケである。

と、税務署に軽くグチをココに書いておく。


P.S

実に、私の会社の人事部の方は、いつも勝手に直しておいてくれていたため

この計算を30年も間違え続けていた恥ずかしい事実は隠さない。

人事部の人間が変わらなかったら、一生気が付かなかったかもなぁ。



AM 06:44:28 | [写真館]

2019年12月07日  お葬式勉強会

ポストに入っていたチラシであります。

この会、私のような境遇には微妙。

自分のお葬式の為にちょっと参加してみたいところでありますが、

まだ母が身体健康であれば、他人からは何と思われるか、ってか?

# 考えすぎであろう。

しかし、思うことは、、、

お葬式なるもの、だいたい周りに経験者がいて

あ〜だこ〜だ言われながらも過ぎてゆくものである。

失敗談とか、思ったよりお金がかかった、という反省が

次の誰かに引き継がれていきそうなものだと思っていたけれど、

きっとそういう経験者自体が周りにいない人もきっと多いに違いない。

それは、核家族のせいか?などとも思いながらも

いや、父でお葬式の経験のある私でさえも、

ちょっと参加してみたいな、と思わされたのは、

やはり自分のお葬式をイメージしたいからかもしれない。

正直言ってお葬式は面倒なものである。

経験者は特にその面倒さを知っていれば、

自分のお葬式ぐらい残した者達に面倒をかけたくないな

そう思えば、自分の納得できる簡単なお葬式を手配しておきたい

そんな想いである。

そろそろ決めておかないとな、つくづくそんなことを思う歳になったものである。


P.S

特典がミニ法要料理試食とボックスティッシュ。

私は、直葬で構わない思考なので、どちらも不要ななんだけどな。




AM 04:57:38 | [写真館]

2019年11月15日  公衆トイレで迷った理由

私には、どうしても両方女性に見えて

かなり長い時間男子トイレを探し回っていた事実を

ここで恥ずかしくもなくカミングアウトしてしまう。

東京駅地下街にて


P.S

これ蝶ネクタイなの?

蝶ネクタイの文化がもはや極めて希薄な現代において

このピクトグラムはちょっと無理じゃない?



AM 10:45:21 | [写真館]

2019年10月16日  16〜100歳くらいまで

いやなに何気に目に留まったネット広告。

単に「モニター急募」でしかないのだけれど、

その資格がなななぁんと「16〜100歳くらいまで」ってのに驚き。

いやぁ気になるなぁ。

まじ100歳の人からの応募もあったのだろうか?

その100歳の人は、PCやスマホを使いこなしているのだろうか?

興味がつきない広告であります。

しかし、、、給与が成果報酬で「数円〜」ってのも、、、。

何気に応募状況が気になります。


P.S

100歳になってもこういうことが出来るようでありたいなぁ。

そもそも100歳まで生きること自体が難しそうですが、、、ね。



AM 08:52:44 | [写真館]

2019年10月12日  軍用拳銃眠っていませんか

「軍用拳銃眠っていませんか」

回ってきた回覧板の中の

警察署の手作りニュース(?)の一コマである。

戦後60年の現在、もし身近な場所からか出てきたら、、、

それ「家宝」でしょ。

# 不謹慎は百も承知。

しかし、いまだにこんなお知らせが出回っていることにビックリ。

「見つかりましたぁ!」って、今も届けに来る人がいるんだろうか。

確かに、今年になっても、いまだに爆弾の不発弾処理で、

通行止めになっていたこともあったもんな。

なんだか隔世の感を感じながらも、

戦争の爪痕の長さを実感したりもして。


P.S

私が小さかった頃、

はるか半世紀も昔、母の実家の蔵で日本刀を見た記憶がある。

とても恐かった記憶がある。

大人になった今も、やっぱり軍用拳銃を見れば

きっと恐いんだろうな。



AM 08:31:32 | [写真館]

2019年10月10日  卵かけご飯食べ放題 (モーニング)

とある道の駅のモーニングである。

事前に知っていたのなら、

きっと食べたと思う。

でも、冷静に考えれば、

並の人間には、そんなにお得にはならないであろう。

けれど、いいのである。

ただただ、このアイデアに寄り添いたいのである。


P.S

けど、、、誰も食べてる人いなかったような。



AM 08:09:04 | [写真館]

2019年09月22日  カツおにぎり

カツおにぎりである。

いやなに店頭にもかかわらず思わずパシャッ。

こんなの買う人がいるんかいっ?って思ったけれど、

売れるから存在してんだろうな。

700円である。


P.S

イマイチ大きさのわからぬ撮影に失敗である。

まわりのサンドイッチの大きさから推測してください。

ご飯はドンぶり一杯以上あると思うんだけどな。



AM 10:02:57 | [写真館]

2019年08月31日  i-modeアンケート

いや、笑えたもので。

この記事書いた人は、

ある種の思い込みがあったのでしょうね。

で、この事実を改めて知ったのかな。

あなたも意外と思えましたか?


P.S

ちなみに私もi-mode現役です。

スマホとガラケーと2台持ちですが、

やっぱりキーボードにクリック感があって

荷物持ちながら電車の中で片手で新幹線の予約をする時にゃぁ、

ガラケーのi-modeの方が私には使い慣れていて良いのですが。

# すみません、所詮オヤジです。



AM 04:28:45 | [写真館]

2019年08月23日  古川美術館 分館爲三郎記念館

写真は、古川美術館 分館爲三郎記念館。

夕方、お庭から建物を撮影したものであります。

大きな美術館ではないのだけれど、

逆にそれだからこそ、人混みを離れてゆったりできる空間であったり。

展示を観終わったら、お庭を眺めながら

季節のお菓子とお茶を一服。

都会の中にありながら、一時、喧騒を忘れさせてくれる

私のおススめスポットです。


P.S

実に遥か昔、、、

古川美術館のハイビジョンシアターを設置した想い出もあり。

当時は、美術館なんてまったく興味が持てなかったけれど、

歳を取ったら、その必要性をつくづく感じたりするのだから

人間って不思議だなぁ。




AM 10:16:20 | [写真館]

2019年08月17日  ツボをよくご存じで。

通りがかりで思わずパシャッ。

いやなんていうか、

綺麗と言うか

美味しそうと言うか

日本の風景だなぁ、と。

味は、また別問題ですが。


P.S

冷静に考えてみる。

なぜこのシーンに魅かれたのだろう?

やっぱ、タマゴ好き、カツ好き、ハンバーグ好きには

たまらないんだな。

よく私のツボを知っているこの店である。




AM 10:54:33 | [写真館]

2019年08月01日  和菓子シリーズ1

久々のミニチュア玩具写真であります。

# ホント久しぶりだな。

今回は、和菓子シリーズ。

結構古いんですけど、、、。

しかし、ホンによく出来てるわぁ。

何気に本物を食べたくなりますね。


P.S

製作は、中国だったりするのかなぁ。

ちょっとは、作業者に日本の食文化がわかってもらえそうかしらん。

きっと、彩色する作業に必死で、それどころはないだろうなぁ。




AM 03:43:49 | [写真館]

2019年07月06日  虹に注意

夕方、運転中、虹がとても綺麗な瞬間に遭遇。

こんな虹、久しぶりだなぁ、と思っていたら、

「あっ、あぶねぇっ!」

前の車が突然停車。

運転手がおもむろに降りてきて

スマホで虹の写真を撮っている。

「おやじぃ、、、勘弁してくれ。」

オレだってパシャッてやりたいのを我慢してるのにさ。

我が子に写メ送ったりするのかぁ?

それとも、、、まさかのオヤジインスタにアップ?

自分も撮りたいくせに文句を呟いている自分が哀しい。


P.S

けど、、、後ろに車を並ばせて、

そこで一緒に撮る勇気はなかったっス。



AM 09:54:09 | [写真館]

2019年06月18日  iPadの裏のミッキー達

「先生!チョコ上げるっ。」

何気にもらったディズニーランド帰りのお土産のミッキーの一口チョコ。

そのチョコのシーリングに貼られていたシールを

そのまま捨てるのもなんとなく抵抗があって

私のiPadの裏へ。

そしたら、これもっ、これもっ、、、っと次々に。

で、この姿。

けど、、、もうボロボロになって来たので剥がそうか、、、と。

でもま、その前に一応、パシャッ。


P.S

ちなみにくれたお相手は、高校女子3年生。

いろいろな意味で、なかなか逆らえないか弱きオヤジ先生である私。




AM 08:59:09 | [写真館]

2019年05月09日  エレベーターの閉ボタン

写真はおなじみエレベーターの開閉ボタンである。

やはり“閉”側近辺の塗装がひどく剥がれていて

よく押されている感ひとしおである。

で、これを見た人は従来こう思ったはずだ。

「日本人ってせっかち。」

まぁ、私は否定はしない。

でもね、私の考察はちょっと違う。

日本人は、そもそも扉にしろ、蓋にしろ、箱にしろ、

開いているモノは、自分で閉じるように

何気に教育されてしまっているんじゃないだろうか、と思うワケだ。

そもそも少しでも開けっ放しの状態を好まないのだ。

いやなに自分でも思うのだ。

“急いでいるから閉める”というよりも、

“意味なく開けっ放しにしておくのがイヤ”

という気持ちの方が強いような気がするのである。

誰も来ないのに、ただ無意味に開けっ放しで開放しておくのに抵抗がある。

そんな気もしないのではないのだな。

いや、そんな言い訳を

ちょっと声を大にして言ってみたかっただけである。


P.S

ちなみにアメリカで“閉(CLOSE)”ボタンを押すと

バカにされるから注意しましょう。

その理由は、、、

アメリカでは、障害者対策の一環で、

法令的に“CLOSE”ボタンは機能しないように殺されているとか。

「効かないボタンを押してら、この日本人」

ってバカにされるってことですね。

「使えないボタンをわざわざ付けておくんじゃねーよ、アメリカ人!」

って英語で言えるようにしておきましょうね。




AM 05:21:36 | [写真館]

2019年05月03日  タンポポ

いやなに思わずパシャッ。

抜いても抜いても毎年必ず駐車場に咲くタンポポ。

きっと根は地中1メートル近くにもなっているんだよね。

可愛らしく黄色く咲いて、

たっぷりの羽毛に小さな種を乗せて

精一杯子孫を広げようとしている姿に

ちょっと憧れと尊敬と。

そんな逞しさに憧れます。


P.S

本来は、生き物はみんなそんな生き方が自然なのにね。



AM 03:46:02 | [写真館]

2019年04月27日  恐ガチャ

ガチャガチャである。

何か企画者は間違っているような気がするのですけど。

けど、結構、中身が減っていたからなぁ。

やっぱ、恐いモノ見たさの購買者を惹きつけたのであろうか?

であれば、企画者殿、アッパレである。


P.S

けど、私はこんなもん買いませんよ。

# (たぶん。)



AM 04:24:20 | [写真館]

2019年04月09日  二次元バーコード on 液晶テレビ

いやなに感心するのである。

災害ニュースに表示される二次元バーコード。

こんなことが出来る世の中になったんだなぁ、

と、つくづく。

そもそもこの細かさが表示できる放送システムもすごいけれど

これをカメラ撮影して、すぐにデータとして扱うことが出来るのスマホ側もすごい。

内容さえ分かれば、テレビの解像度なんてそんな必要ないぜ、

なんてことを言っていた自分の古オヤジセンスが哀しい。

4Kが標準になったら、もっとすごいことが出来るようになるんだろーか?

ついてゆくだけでも未来は結構楽しいそうな気がしてうれしい。


P.S

という(やっぱ、元、、、だよね)エンジニアの素朴な思いである。



AM 05:21:36 | [写真館]

2019年04月03日  ア・カップ・オブ・リード線

写真は、カップに貯まった

電子部品のリード線。

プリント基板に部品を差し込んで、

ハンダ付けして、その後、ニッパーでカットした後の

いわゆる、廃棄物であります。

遥か昔、要らなくなったカップに

何気に入れてたら、そのままそのカップは

そのゴミ箱になってしまって。

普通、品質管理の担当者から見れば、

そんなものに入れて貯めてんじゃねぇ〜っ

って、お叱りの言葉をいただきそうなものであるけれど。

ま、とりあえずそんなこんなも想い出としてココにメモ。


P.S

もう何杯貯めて捨てたかなぁ。

すみません、反省なく、今も使い続けています。


AM 03:46:02 | [写真館]

2019年03月28日  婚活中のブラックジャック

# とあるバス停にて

# 車道側から撮影。




あ〜、こんな記事にブラックジャックを使うなぁ〜。




# と、ブラックジャック好きなこのオヤジ。

手塚治虫が天国で泣いていないか心配である。


P.S

で、今、ピノコは、どうしてるん?





AM 10:21:26 | [写真館]

2019年02月12日  東京の古切手

写真は、東京本社の方からいただいた古切手であります。

私が古切手を収集しているというのを知っていて

たまに何かの機会にいただけるワケで。

いやなに自分の住んでいる街にコンプレックスがあるわけではないのだけれど、

東京の郵便物のその使われている切手の様々さ、その綺麗さ、、、

やっぱ東京だなぁ、とつくづく感じたりして。


P.S

アンタの交友関係の問題でしょ。

と言われれば、それまでですが。



AM 08:31:32 | [写真館]

2019年01月13日  新幹線の大日本印刷の広告

# あへて、某会社の広告の後押しである。

新幹線で降りる時に見つけて思わずパシャッ。

DNP(大日本印刷)の広告であります。

そこには、線が実長で描かれていて

それが表わすのは、

アスリート達のオリンピック・パラリンピックの記録の更新数値だったりするのである。

例えば、一番短いののひとつは

「走高跳 男子 8年間で1cm更新」ソウル1998→アトランタ1996

他にも1cmのは、走高跳 女子やパラリンピックの走高跳 男子。

この広告の中で一番長い線は

「走幅跳 女子 8年間で34cm」

そんな長さを実長で見せつけられて

あらためてアスリート達の地道な活動に感心してしまうのである。

きっとアスリート達は、毎日毎日練習を重ね、

この数センチの為に挑戦し続けている。

半ば人生を賭けて挑戦し続けている。

もちろん、この用紙の範囲に収まる長さのモノばかりを集めたものであれば

走り高跳びなんかは、人間の限界のノビシロがもう殆どないのだろうなぁと思いながらも

彼らは、その1cmに挑戦し続けているワケで。

何気にテレビで漠然と見ているスポーツ競技も

その向こうには、たゆまぬ努力と挑戦があるのであろうことを

つくづく感じてしまうモノでありました。

ま、詳しくは、DNPの広告サイトでどうぞ。


P.S

人生、人それぞれによって

挑戦するべきものはいろいろなモノがあるかもしれないけれど、

「挑戦する」ということは、本来本当に大変であろうことを顧みて

つくづく反省するわけであります。



AM 10:20:52 | [写真館]

2019年01月03日  今年も初日の出

元旦というのは特に予定もないワケで

なにもゆっくり寝坊してりゃぁいいのに

やっぱり目が覚めてしまうこの老人特性。

ならば初日の出でも拝むか、

ついでに撮影しておくか、と

ベランダからパシャッとした次第。

日の出というモノは、もう出るぞと思ってからが長いのは

ご来光を見ようと思った方は必ず経験があるはず。

まぁ今年も天気に恵まれて、良い年の始まりの予感であればいいのにね。

初日の出を拝めるのは、歳をとっての数少ない恩恵かもしれません。


P.S

初日の出が見られるようになったら、

自分が老害になっていないか気にしましょう。



AM 03:46:02 | [写真館]

2018年12月21日  ハッピーリングチャリティ

ふとレストランに入った時に見つけたのである。

その名も「ハッピーリングチャリティ」。

要は、その店で生ビールを注文すると、

1リットルにつき1円が「子ども食堂」に寄付されるというチャリティキャンペーン。

まぁ企画自体の発想はわからぬものではないけれど、

けど、、、なぁ、、、

そもそも1リットルにつき1円かいっ。

どーせなら10円でも100円でもいいような気がするけれど、

それだとビールの売れ行きが落ちてしまうとしたら、それも哀しい。

うんにゃ、きっと1円につき99円をビールメーカーが補てんして

100円寄付してるんだよねぇ、と信じたいな。

まぁ確かにこういう間接的なことであれ、

寄付の流れを作らないと子ども食堂にお金が回らないということへの

ひとつの手段であれば、それはそれで構わないのだけれど。

なかなか自発的に子ども食堂への寄付を思い立つのは

たぶんかなり難しいと思われるからしてね。

でもこういった企画が「子ども食堂」ってものの存在を世に知らせしめ

世の問題点の提起をする為にはいいのかもしれない。


P.S

それにしても、

1リットル1円っていうのは、あまりにも安いような気がするのですが。




AM 10:08:01 | [写真館]

2018年11月23日  駐輪場にて。

駐輪場にて。

修正に修正を重ね

葛藤と迷走感が感じられて。

“もうちょっとだ頑張れ!”って

看板に声をかけたくなります。


P.S

最初は、何て書いてあったのだろう?



AM 10:16:20 | [写真館]

2018年11月17日  RGY

展示会で4Kカメラを展示することになった。

ところが前日に被写体を用意し忘れているのが発覚。

明日までに何か用意できます?

と言われて、じゃぁ花でも買っておきますわ。

そんな安請け合いしたものの、帰り時間が午後10時。

空いている店なんかそうそうない。

“そう言えば、あそこのスーパーに花が並んでいたよなぁ。”

そう気がついて、とりあえずそのスーパーへ。

けど、、、生花は仏花ばかり。

造花はいっぱい並んでいるのだけれど、イマイチ色が良くない。

色が良くなけりゃぁ、カメラの性能が評価しにくいよなぁ。

とにかく色彩の良いモノをとにかく見つけなきゃ、

で、そこで見つけたのが野菜。

やっぱR(レッド)G(グリーン)B(ブルー)は揃えたいよな。

赤はパプリカで、緑はピーマンでいけるな。

けど、ブルーの野菜・果物がどうにもない。

とりあえず黄色のグレープフルーツでいいっか。と購入。

確かに色はキレイでしょ?

次の日、下地がブルーだったんだ、、、と

見事にRGB揃えられたことにとにかく使命を果たしたオヤジである。


P.S

が、思わぬ事態が、、、

一日展示していたら、夕方になるとパプリカもピーマンもいくらかシワが。

どんどん新鮮さが失われていっているのがわかる。

これイメージよくないんじゃないか?

そう言われて、今日も買いに行こうか迷ったりしている。



AM 10:54:33 | [写真館]

2018年11月11日  靴べら考

いやなに、写真はとあるデザインの靴べら。

オシャレでデザインはカッコいいのだけれど、

なにせ靴べららしからぬ厚みがある。

人それぞれ使う程度が異なるのだろうけれど、

私の場合、靴べらを使う時は

パツパツ目の靴を履く場合で

この厚みは、踵も痛ければ、靴にストレスも相当かかりそうだ。

これじゃ踵に指入れて履くのと大してかわらんじゃん。

機能よりもデザイン重視の典型的なパターンのような気がして

ココにメモ。


P.S

機能よりもデザイン重視のユーザーなら

一向に構わないんだろうな。



AM 10:10:49 | [写真館]

2018年10月28日  記念撮影:1万円札の束(帯付)

いやなに、また久々に

目の前を通り過ぎて行ったので

記念撮影。

今度いつかまた戻って来てくれますか?


P.S

床に置いて撮影してるようじゃぁ、

嫌われるに決まってんじゃんさ。



AM 10:21:26 | [写真館]

2018年10月24日  高潔とは正しいことをすること、たとえ




"Integrity is doing the right thing,

   even when no one is watching."

私なりに訳せば、

高潔とは正しいことをすること、たとえ誰も見てない時でさえ。

# あ〜やっぱり中学英語だな。

海外のお土産にもらった、お風呂用芳香剤。

タマゴぐらいの大きさの白い粉の塊。

こんなのお湯に溶けきるのか?

などと思いながらもちょっと挑戦。

お風呂のバスに投入してみました。

やがてバスタブにお湯が入りきると

ほのかな香り。特にお湯に着色はなかった。

確かに、肌に良さそうな感じ。うん、ちょっぴり優雅だ。

ボサーっとお湯につかっていると、

一枚の紙切れがお湯に漂ってた。

ん、どこから?

たぶん、芳香剤の中に仕込まれていたんだろうな。

いやなに、これは効果があるぞ。

心ゆったり頭が空っぽになりかけている時、

こういった格言は、確かにカラダと頭に効く。

「しみじみそうだよなぁ。」

と、つくづく反省したりするのである。

知らずにお風呂をつまらさなくて良かったなぁ。


P.S

ま、お風呂を出た時には、忘れてしまっているんでしょうが、、、。

# という風に忘れてしまわないようにココにメモ。



AM 10:10:51 | [写真館]

2018年10月16日  ソードアート・オンライン・カード

今日はお昼から現場。

で、その前にちょっと早めのランチを。

ゆっくりできる時間もなく、

次の食事が何時になるかわからないので、

とりあえずの駆け込みランチである。

で、写真はオーダーしたトレイに一緒に乗ってきた

ソードアート・オンラインのカード。

あ〜やっと忘れていたのになぁ。

というのも、どうにも気になっている物語だったりして。

VR好きの私に、最近の流行なんだから読んでおいた方がいいよ。

とのたまう輩がいる。

けど、、、20巻? ん〜。

読みたい本がいっぱい貯まっていて、

しばらくは手が付けられないよ。

面白いからすぐ読めちゃうよ。と言われながらも、

優先順位が高く出来ないよ。

かつては、そんな葛藤をしながら、

「とりあえずは、忘れよう。」

そう決めていたのに、、、

すきあれば、何気にSAOを思い出させるこのきっかけは、

神は、私に読めというのか、、、?

ツ、ツラい。


P.S

すみません。捨てます。


AM 08:52:44 | [写真館]

≪ 前の30件| 次の30件

Powerd by SUK2 BLOG.