Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2020/09/13  天気の子
2020/09/11  時間はあなたの人生の貨幣である
2020/09/09  エクステンションエアーバルブ
2020/09/07  プリティ・ウーマン
2020/09/05  ジェネリックについて

ま、あえて分ければ
日記(442)
映画(811)
コレクション(183)
写真館(354)
言葉の感触(471)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(331)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(284)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(49)
iPhoneパーク(58)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(11)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(19)

想い出の日々
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+15
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2020年07月31日  シャープマスク

忘れた頃にやってきたシャープマスク当選メール。

ま、せっかく当たったから、

購入しました。

SHARPブランド名が入っているのが

ちょっと嬉しいかも。


P.S

ちょっともったいなく感じて、なかなか使わなかったり、、、。

アベノマスクと同じですかね。


AM 09:26:34 | [写真館]

2020年07月19日  サイダー・コーラメーカーの挑戦

とある高速サービスエリアで無断撮影。

・あんパンサイダー
・カレーパンサイダー
・メロンパンサイダー
・富士山サイダー
・茶サイダー
・あまざけコーラ
・味噌コーラ
・みかんコーラ

まだ他にも。

メーカーの試みもわからぬものではないけれど、

もうちょっと大衆ウケする商品の方が儲かるのではないのでしょうか?

というのは凡人の論理かもしれない。

この中の一本に私の大好物な味の一本が存在するかもしれないってか?

すみません、買いませんでした。


P.S

ひとは見かけよりも中身!って信じている私ですが

やはり見た目で判断してしまってごめんなさい。→メーカー殿



AM 06:59:01 | [写真館]

2020年07月13日  ホタルの撮影に成功

ホタルの撮影に成功

デジタルカメラ DSC-QX10
絞り値 f/3.3
露出時間 1/4

レンズカメラオーナーなら

この写真の希少価値をわかってもらえるような気が、、、。

違うかな?


P.S

そもそもDSC-QX10でホタルの写真を撮ろうとするのに

呆れられるかもしれない、、、な。



AM 11:19:44 | [写真館]

2020年07月07日  駐輪エリアに思う

写真は、近所のスーパーの駐輪場であります。

本来は、自動車の駐車エリアの一部を

自動車の駐車を禁止して

自転車用のエリアに置き換えている。

ところが、そこに駐輪する人が極めて少ない。

多くの人は、建物脇のタイル面の上に駐輪している。

雨の日ならわからぬものでもない。

濡れずに済みそうだからね。

だけど、せっかく広々とした区域を設定してくれてるんだから

こちらを使ってあげるべきだと思うんだけどな。

そもそもそうまでしているのにはスーパー側の理由があろう。

例えば、タイル地にスタンドで傷付けられたくない、とか

密集して駐輪したら、ドミノになっちゃうんじゃないか、とか、

そもそもガラス壁にぶつける人だって居そうだし。

で、逆にいろいろ想像をしてみる。

なぜ自転車ユーザーはココに駐輪しないのか。

どこにどう止めて良いのかわからない、とか

自動車用の雰囲気に駐輪するには勇気がいる、とか

そもそもこの標記が駐輪エリアに見えない、とか。

ひょっとしてこの理由が一番大きいかもってか?

あ〜、真実が知りたいとことである。


P.S

ひょっとして、ここは駐輪エリアじゃなかったりするの?

私が間違ってたりするの?

ん〜、わけわからんな。




AM 09:23:34 | [写真館]

2020年06月01日  授業では扱わないがテストには出題します。

教え子が持っていた数枚のプリント。

その上部に記載されている

「授業では扱わないがテストには出題します。」

いやなに、先生も挑戦的だな。

このプリントは、塾かどこかで勉強して来い、と。

塾に行っていない人は、ネットや友達から聞いておけ、と。

ま、確かに、そういった探査能力を身に付けることは、

人生においてとても大切な気がするので、

学校の先生がそれを目的とするなら、

まぁ、むやみに“否”を述べるつもりはない。

けれど、このコロナ騒ぎで、授業で教える時間がないための

苦し紛れの措置だとしたら、、、ちょっとなー、、、と思ったり。

ま、そんな1行でメゲる生徒たちでないことを祈るばかりである。


P.S

一番残念なのは、

授業でやらないことは、別にテストで出来なくったって構わねー。

と居直る本人や親である。

ま、そういう人生も私は否定しないのだけれど、、、ね。

でも、やはりちょっと残念です。




AM 09:42:09 | [写真館]

2020年05月30日  携帯のボタン

携帯電話をスマートに作ろうとする設計者・デザイナーの気持ちもわからぬものではないけれど、

すべての突起物をなくしたそのデザインは、

押すべきボタンがあっても、実に押しにくい。

そもそも手触りでは、ボタンがどこにあるのかわからない。

で、私は、ボンドを盛り付けて、

出っ張りを作ってみたのだけれど、

なんだかデザイン思想の行き過ぎを感じるのは私のウザさ?


P.S

じゃ、最初っからその機種買うなよ、って言われそうですけど、

会社から支給された携帯なんで。

いえいえ、どんなものでも、

自分が使いやすいように改造してゆくのが

私の主義です、はい。



AM 09:37:05 | [写真館]

2020年05月26日  ニンジンの芽

普通に買ってきたニンジン。

普通、ヘタの部分は切り捨てるわけだけれど、

切り離した部分にもまだ養分のエネルギーがあれば、

そのまま捨てるのは可哀そうだといつも水に浸しておくと、

いつもそのまますくすく育ってくる。

小さい芽でとても可愛いよね。

どんどん背が伸びてくると、

このまま、またニンジンとして育つのではないか、と

何かと挑戦してみたりもするのだけれど、

やっぱ無理なわけで、、、。

で、とりあえず写真だけは撮って、、、。


P.S

けど、こうも思うのである。

育つことが出来ないとわかっているのに、

水を与え、芽を出させ、とりあえずどこまで育つか試してみる行為って、

すごく残酷なんじゃないか、、、と。

自分で言うのも何なのですが、、、

私には、ちょっと心苦しい行為だったりして。

ふぅ。




AM 09:19:29 | [写真館]

2020年05月24日  ヒゲのおじさん、お出かけ中。

ニッカも思い切ったことをやったものだとつくづく。

いやなに、ウィスキーのボトルの表面印刷から、

シンボルマークであるひげのおじさんを消して出荷してしまうんだものね。

# 写真、右側ボトル参照。

# フォトショで消したわけではありません。

もっとも極めて特殊なキャンペーンで

ルパン三世が“ヒゲのおじさん”を盗んだという設定で、

ニッカのサイトでルパン三世を捕まえて、

おじさんを取り戻そうという企画。

もちろんそれには賞金が付いていて、、、と。

私もまんまと企画に乗っかってしまった人間ですが、

ルパンを捕まえたものの、その後で

ツイッターを使わされるので、そこで断念。

# ツイッター上をあまり汚したくないもんね。

それにしても、期間限定とはいえ、

商品のシンボルマークを載せないで発売するという勇気は、

やはり長年の知名度の蓄積がある会社だからこそ

許されるんだろうな、、、とつくづく思うワケで。

いやぁある意味、アッパレです。

で、記念に、パシャっと。


P.S

日頃、安いウィスキー飲んでるのがバレてしまう、、、な。

ま、水代わりなもんで。



AM 09:09:22 | [写真館]

2020年03月31日  ホテルのコインランドリー

いやなにホテルのテレビ案内を見ていたら

こんなページが。

すごいなぁ、便利だなぁ。

ちょっと感動してココにメモ。

海外からの旅行者には、とてもいいんじゃないかい?


P.S

そういえば、昔、

イタリア フィレンツェのコインランドリーを使ったことがある。

使い方はわかったのだけれど、

自販機で手に入れた洗剤の香りが強くて参った、、、

のも今は懐かしい想い出。



AM 09:26:34 | [写真館]

2020年03月21日  トイレのピクトグラム

新しいトイレの

ピクトグラム見ぃ〜っけ。


P.S

ん〜、複雑な気分。


AM 07:04:16 | [写真館]

2020年03月07日  お雛様?

某ホテルの玄関で見つけて

思わずシャッターを切った一枚。

素敵でしょ?

私には、どう見ても

お雛様の飾りにしか見えないのですが。


P.S

一歩後ろに下がっているお殿様も素敵です。



AM 09:23:34 | [写真館]

2020年01月31日  冬の風景

墓参りの際にパシャっ。

冬の風物詩です。

都市在住の方には珍しいですよね、きっと。

それにしても一本の木にこんなに生るんですね。

私の小さい頃は、柿の木は結構身近な存在だった。

友達の家に遊びに行くと、庭の柿の木からもいだ柿が

軒下に吊るしてあったものだ。

で、おばぁちゃんが何気にオヤツにくれたものだ。

そんな記憶は、未だにスーパーで干し柿が目に留まると、

「これ、買うモノなのか?」とフト思わせたりもする。

この柿もきっと干し柿になるんですよね?

そう信じて。


P.S

干し柿の元の柿は、そのままでは

とても食べられないことはご存じですよね?

干す前の柿をちょっと食べてみる?と口に入れてみた思い出も

今となっては懐かしい思い出です。



AM 09:26:34 | [写真館]

2019年12月27日  ゴミが積もって山となる。

いやなに、ゴミ出し日の早朝、

高層マンションの前を通りかかってパシャっ。

高層マンションは、いつでもゴミルームにゴミを捨てられて

ゴミ回収日になると、管理人の人が、ゴミルームに貯まったゴミを

回収しやすいようにゴミルームの外に山積みにするのである。

その量やハンパない。

都市の中で、人気づかず朝早く大量のゴミを移動させている人、

これらを回収車に乗せ換える作業、

別にそれらがシステマチックに行われているのであれば、

今更その是非論を述べるつもりはない。

けれど、少しでも、手のかからないシステムであって欲しい。

そう願わずにはいられないわけである。


P.S

せめて、住人も週に何回かそんな作業も行われていることを

知っていてほしいとフト頭を通り過ぎるのである。





AM 09:33:02 | [写真館]

2019年12月25日  年末調整でいつもエラー

写真は、サラリーマンの方であれば

間違いなくご存じであろう

年末調整の保険料控除申告書の一部であります。

私は、この計算式を見る度にむずガユくなる。

何に抵抗があるかっていうとこの計算式にである。

例えば2行目の計算式

B又はEx1/2+12,500円

ふつー論理比較よりも四則演算の方が先でしょっ。

であれば、

B || (Ex1/2+12,500円)

にしか見えないのである。

ちゃんと

(B||E)x1/2+12,500円

と書いておいてほしいワケである。

と、税務署に軽くグチをココに書いておく。


P.S

実に、私の会社の人事部の方は、いつも勝手に直しておいてくれていたため

この計算を30年も間違え続けていた恥ずかしい事実は隠さない。

人事部の人間が変わらなかったら、一生気が付かなかったかもなぁ。



AM 09:23:01 | [写真館]

2019年12月07日  お葬式勉強会

ポストに入っていたチラシであります。

この会、私のような境遇には微妙。

自分のお葬式の為にちょっと参加してみたいところでありますが、

まだ母が身体健康であれば、他人からは何と思われるか、ってか?

# 考えすぎであろう。

しかし、思うことは、、、

お葬式なるもの、だいたい周りに経験者がいて

あ〜だこ〜だ言われながらも過ぎてゆくものである。

失敗談とか、思ったよりお金がかかった、という反省が

次の誰かに引き継がれていきそうなものだと思っていたけれど、

きっとそういう経験者自体が周りにいない人もきっと多いに違いない。

それは、核家族のせいか?などとも思いながらも

いや、父でお葬式の経験のある私でさえも、

ちょっと参加してみたいな、と思わされたのは、

やはり自分のお葬式をイメージしたいからかもしれない。

正直言ってお葬式は面倒なものである。

経験者は特にその面倒さを知っていれば、

自分のお葬式ぐらい残した者達に面倒をかけたくないな

そう思えば、自分の納得できる簡単なお葬式を手配しておきたい

そんな想いである。

そろそろ決めておかないとな、つくづくそんなことを思う歳になったものである。


P.S

特典がミニ法要料理試食とボックスティッシュ。

私は、直葬で構わない思考なので、どちらも不要ななんだけどな。




AM 09:23:34 | [写真館]

2019年11月15日  公衆トイレで迷った理由

私には、どうしても両方女性に見えて

かなり長い時間男子トイレを探し回っていた事実を

ここで恥ずかしくもなくカミングアウトしてしまう。

東京駅地下街にて


P.S

これ蝶ネクタイなの?

蝶ネクタイの文化がもはや極めて希薄な現代において

このピクトグラムはちょっと無理じゃない?



AM 06:49:35 | [写真館]

2019年10月16日  16〜100歳くらいまで

いやなに何気に目に留まったネット広告。

単に「モニター急募」でしかないのだけれど、

その資格がなななぁんと「16〜100歳くらいまで」ってのに驚き。

いやぁ気になるなぁ。

まじ100歳の人からの応募もあったのだろうか?

その100歳の人は、PCやスマホを使いこなしているのだろうか?

興味がつきない広告であります。

しかし、、、給与が成果報酬で「数円〜」ってのも、、、。

何気に応募状況が気になります。


P.S

100歳になってもこういうことが出来るようでありたいなぁ。

そもそも100歳まで生きること自体が難しそうですが、、、ね。



AM 09:17:50 | [写真館]

2019年10月12日  軍用拳銃眠っていませんか

「軍用拳銃眠っていませんか」

回ってきた回覧板の中の

警察署の手作りニュース(?)の一コマである。

戦後60年の現在、もし身近な場所からか出てきたら、、、

それ「家宝」でしょ。

# 不謹慎は百も承知。

しかし、いまだにこんなお知らせが出回っていることにビックリ。

「見つかりましたぁ!」って、今も届けに来る人がいるんだろうか。

確かに、今年になっても、いまだに爆弾の不発弾処理で、

通行止めになっていたこともあったもんな。

なんだか隔世の感を感じながらも、

戦争の爪痕の長さを実感したりもして。


P.S

私が小さかった頃、

はるか半世紀も昔、母の実家の蔵で日本刀を見た記憶がある。

とても恐かった記憶がある。

大人になった今も、やっぱり軍用拳銃を見れば

きっと恐いんだろうな。



AM 09:07:27 | [写真館]

2019年10月10日  卵かけご飯食べ放題 (モーニング)

とある道の駅のモーニングである。

事前に知っていたのなら、

きっと食べたと思う。

でも、冷静に考えれば、

並の人間には、そんなにお得にはならないであろう。

けれど、いいのである。

ただただ、このアイデアに寄り添いたいのである。


P.S

けど、、、誰も食べてる人いなかったような。



AM 09:05:45 | [写真館]

2019年09月22日  カツおにぎり

カツおにぎりである。

いやなに店頭にもかかわらず思わずパシャッ。

こんなの買う人がいるんかいっ?って思ったけれど、

売れるから存在してんだろうな。

700円である。


P.S

イマイチ大きさのわからぬ撮影に失敗である。

まわりのサンドイッチの大きさから推測してください。

ご飯はドンぶり一杯以上あると思うんだけどな。



AM 09:06:46 | [写真館]

2019年08月31日  i-modeアンケート

いや、笑えたもので。

この記事書いた人は、

ある種の思い込みがあったのでしょうね。

で、この事実を改めて知ったのかな。

あなたも意外と思えましたか?


P.S

ちなみに私もi-mode現役です。

スマホとガラケーと2台持ちですが、

やっぱりキーボードにクリック感があって

荷物持ちながら電車の中で片手で新幹線の予約をする時にゃぁ、

ガラケーのi-modeの方が私には使い慣れていて良いのですが。

# すみません、所詮オヤジです。



AM 09:26:34 | [写真館]

2019年08月23日  古川美術館 分館爲三郎記念館

写真は、古川美術館 分館爲三郎記念館。

夕方、お庭から建物を撮影したものであります。

大きな美術館ではないのだけれど、

逆にそれだからこそ、人混みを離れてゆったりできる空間であったり。

展示を観終わったら、お庭を眺めながら

季節のお菓子とお茶を一服。

都会の中にありながら、一時、喧騒を忘れさせてくれる

私のおススめスポットです。


P.S

実に遥か昔、、、

古川美術館のハイビジョンシアターを設置した想い出もあり。

当時は、美術館なんてまったく興味が持てなかったけれど、

歳を取ったら、その必要性をつくづく感じたりするのだから

人間って不思議だなぁ。




AM 07:11:30 | [写真館]

2019年08月17日  ツボをよくご存じで。

通りがかりで思わずパシャッ。

いやなんていうか、

綺麗と言うか

美味しそうと言うか

日本の風景だなぁ、と。

味は、また別問題ですが。


P.S

冷静に考えてみる。

なぜこのシーンに魅かれたのだろう?

やっぱ、タマゴ好き、カツ好き、ハンバーグ好きには

たまらないんだな。

よく私のツボを知っているこの店である。




AM 06:48:21 | [写真館]

2019年08月01日  和菓子シリーズ1

久々のミニチュア玩具写真であります。

# ホント久しぶりだな。

今回は、和菓子シリーズ。

結構古いんですけど、、、。

しかし、ホンによく出来てるわぁ。

何気に本物を食べたくなりますね。


P.S

製作は、中国だったりするのかなぁ。

ちょっとは、作業者に日本の食文化がわかってもらえそうかしらん。

きっと、彩色する作業に必死で、それどころはないだろうなぁ。




AM 09:42:09 | [写真館]

2019年07月06日  虹に注意

夕方、運転中、虹がとても綺麗な瞬間に遭遇。

こんな虹、久しぶりだなぁ、と思っていたら、

「あっ、あぶねぇっ!」

前の車が突然停車。

運転手がおもむろに降りてきて

スマホで虹の写真を撮っている。

「おやじぃ、、、勘弁してくれ。」

オレだってパシャッてやりたいのを我慢してるのにさ。

我が子に写メ送ったりするのかぁ?

それとも、、、まさかのオヤジインスタにアップ?

自分も撮りたいくせに文句を呟いている自分が哀しい。


P.S

けど、、、後ろに車を並ばせて、

そこで一緒に撮る勇気はなかったっス。



AM 09:48:53 | [写真館]

2019年06月18日  iPadの裏のミッキー達

「先生!チョコ上げるっ。」

何気にもらったディズニーランド帰りのお土産のミッキーの一口チョコ。

そのチョコのシーリングに貼られていたシールを

そのまま捨てるのもなんとなく抵抗があって

私のiPadの裏へ。

そしたら、これもっ、これもっ、、、っと次々に。

で、この姿。

けど、、、もうボロボロになって来たので剥がそうか、、、と。

でもま、その前に一応、パシャッ。


P.S

ちなみにくれたお相手は、高校女子3年生。

いろいろな意味で、なかなか逆らえないか弱きオヤジ先生である私。




AM 09:28:43 | [写真館]

2019年05月09日  エレベーターの閉ボタン

写真はおなじみエレベーターの開閉ボタンである。

やはり“閉”側近辺の塗装がひどく剥がれていて

よく押されている感ひとしおである。

で、これを見た人は従来こう思ったはずだ。

「日本人ってせっかち。」

まぁ、私は否定はしない。

でもね、私の考察はちょっと違う。

日本人は、そもそも扉にしろ、蓋にしろ、箱にしろ、

開いているモノは、自分で閉じるように

何気に教育されてしまっているんじゃないだろうか、と思うワケだ。

そもそも少しでも開けっ放しの状態を好まないのだ。

いやなに自分でも思うのだ。

“急いでいるから閉める”というよりも、

“意味なく開けっ放しにしておくのがイヤ”

という気持ちの方が強いような気がするのである。

誰も来ないのに、ただ無意味に開けっ放しで開放しておくのに抵抗がある。

そんな気もしないのではないのだな。

いや、そんな言い訳を

ちょっと声を大にして言ってみたかっただけである。


P.S

ちなみにアメリカで“閉(CLOSE)”ボタンを押すと

バカにされるから注意しましょう。

その理由は、、、

アメリカでは、障害者対策の一環で、

法令的に“CLOSE”ボタンは機能しないように殺されているとか。

「効かないボタンを押してら、この日本人」

ってバカにされるってことですね。

「使えないボタンをわざわざ付けておくんじゃねーよ、アメリカ人!」

って英語で言えるようにしておきましょうね。




AM 09:51:02 | [写真館]

2019年05月03日  タンポポ

いやなに思わずパシャッ。

抜いても抜いても毎年必ず駐車場に咲くタンポポ。

きっと根は地中1メートル近くにもなっているんだよね。

可愛らしく黄色く咲いて、

たっぷりの羽毛に小さな種を乗せて

精一杯子孫を広げようとしている姿に

ちょっと憧れと尊敬と。

そんな逞しさに憧れます。


P.S

本来は、生き物はみんなそんな生き方が自然なのにね。



AM 08:48:30 | [写真館]

2019年04月27日  恐ガチャ

ガチャガチャである。

何か企画者は間違っているような気がするのですけど。

けど、結構、中身が減っていたからなぁ。

やっぱ、恐いモノ見たさの購買者を惹きつけたのであろうか?

であれば、企画者殿、アッパレである。


P.S

けど、私はこんなもん買いませんよ。

# (たぶん。)



AM 09:33:02 | [写真館]

2019年04月09日  二次元バーコード on 液晶テレビ

いやなに感心するのである。

災害ニュースに表示される二次元バーコード。

こんなことが出来る世の中になったんだなぁ、

と、つくづく。

そもそもこの細かさが表示できる放送システムもすごいけれど

これをカメラ撮影して、すぐにデータとして扱うことが出来るのスマホ側もすごい。

内容さえ分かれば、テレビの解像度なんてそんな必要ないぜ、

なんてことを言っていた自分の古オヤジセンスが哀しい。

4Kが標準になったら、もっとすごいことが出来るようになるんだろーか?

ついてゆくだけでも未来は結構楽しいそうな気がしてうれしい。


P.S

という(やっぱ、元、、、だよね)エンジニアの素朴な思いである。



AM 09:51:02 | [写真館]

≪ 前の30件| 次の30件

Powerd by SUK2 BLOG.