Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2019/03/18  ぼくらの七日間戦争
2019/03/16  モニタ鑑賞 レディ・プレイヤー1
2019/03/14  ソフト購入 レディ・プレイヤー1
2019/03/12  レヴェナント:蘇えりし者
2019/03/10  ○ vs ×

ま、あえて分ければ
日記(416)
映画(723)
コレクション(158)
写真館(322)
言葉の感触(435)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(302)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(271)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(42)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(6)

想い出の日々
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+14
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2019年03月18日  ぼくらの七日間戦争

かなり昔から気になっていた映画。

# なんでかな?

まぁ古き善き稚拙な映画である。

基本、中学生たちの反乱物語であります。

バブル期の映画であれば、

勢いでどんな映画でもオッケーだった的な思いがしますね。

廃屋に立てこもり、自由気ままに一日を過ごす、、、。

少々の内輪モメは、現実感の演出でしょうか?

しかし、その後の戦車や打ち上げ花火が出てくると現実感は皆無となり

# いいんだよ、当時バブルの真っ最中。

なんだか私は、画面のこちらで現実世界に取り残された感に。

これ以降は、ついていけなかったな。

まぁ、単なる中学生のストレス発散映画だったんでしょうね。

ちなみに宮沢りえの初主演作。

その話題性が一番だったもかもしれません、当時は。


P.S

ちょっと現実的に思うには、

子育ての教育っていうものの、

家庭と学校分担の課題が気になるところでありますが、

私がこの後で一番気になっているのは、、、

で、この子達は、全員退学?停学?



AM 02:55:28 | [映画]

2019年03月12日  レヴェナント:蘇えりし者

あ〜キモ過ぎ。

それも2時間半も。

気分が悪くなるシーンばかりで眠りが襲ってこない。

# それって、映画としては成功してるってこと?

この物語も実在の人間がベースという。

# まじか?

それにしてもアメリカの西部開拓時代って

もし本当にこんな状態だったとすれば、

ひどい残虐と占領の歴史だったことをつくづく思い出させてくれる物語である。

なので、こういう世界の価値観がアメリカのベースを築いているんだなぁ。

# と考えるとちょっと恐い。

けど、冷静に考えれば、どこの国の歴史も戦い自体は回避できてなくて

同族人種の戦いも頻繁にあったとすれば、殺人の軽さは同じかぁ、

と、とりあえずゴックンしてみる。

まぁ、この映画のモチーフは、

どこまでも諦めない人間の物語なのであろうけれど、

それにしても壮絶であった。

おススメ度は、、、すみません、、、“低”。


P.S

しかし、遥か昔に似たような(全然違うだろっ)の物語に

「デルス・ウザーラ」があったけど、

こちらの方が絶対おススメである。(きっぱりっ)

こちらは、とにかく優しい映画であった。

私の人生の中での大切な一本であります。



AM 09:01:48 | [映画]

2019年03月06日  第三の男

“第三の男”という言葉のイメージは

たぶん、人それぞれで違うような気がするなぁ。

でもって、私のイメージとこの映画は、

やはり少々違っていた。

# ん〜、ネタバレを避けねばならぬかなぁ。

# いやぁ、もうみなさん知っているでしょう。古い映画なのだから。

そもそも“第三の男”なる映画、タイトルは耳にしたこともあろうけれど、

私は観たことがなかったわけで。

で、やはり観ておかなきゃ、と視聴。

まぁ、古い映画だからね。

当時はその意外性に鑑賞者は驚かされ面白い物語と思ったであろうことは

なんとなく想像できる。

けれど、ここ21世紀になってしまうと、

この程度じゃぁ驚かんわぃ。が多数であろうと思います。きっと。

それにしても、有名なこの曲、

この映画に合わないような気がするんだけどなぁ。

# と、古い映画をこき下ろすってどうよ、このオヤジ。


P.S

クラシックなモノは、いつまでも古き善きものが多いような気がするけれど、

やはり時代が進めば、なかなか最高は得られなくなるような気がするのが残念。




AM 08:39:23 | [映画]

2019年02月28日  8年越しの花嫁 奇跡の実話

ん〜、美しすぎる物語でありました。

あらすじは、ネットに任せるとして、、、。

まず、当然自分にあてはめてみる。

きっと無理だろうな。

そもそも彼らよりもかなり最初の段階で

私は恋愛を諦めてしまうと思う。

# 所詮、私はその程度の人間なのだな。

だけど、、、

彼の方は、ひたすら彼女を愛していたのはわかる。

けど、、、彼女の方は充分に愛が戻せたのかしらん。

まぁ、以前に恋愛状態であったということであれば、

またその段階に復帰するのは、比較的容易なのかもしれないけれど。

それにしても、家族も同僚もいい人ばかりだ。

この物語の感動は、そこから誘発されているのは間違いない。

むしろ本人達よりも同僚たちに泣かされたなぁ。

個人的なおススメ度は、高く出来ないけれど、

こんなカップルもいるんだなぁ、ということを知っておくのも

大切なことかもしれないな。


P.S

ちょっと冷静に考えると、、、

サブタイトルの「奇跡の実話」って

“奇跡”ってどの部分を言っているのか不明。

考えようによっては、当の本人達に失礼じゃないかい?なんて。

しかし、こんな恋愛の結果で結婚に到る人もいるんだなぁ。

そう言う意味では、確かに奇跡かもしれない。



AM 08:18:37 | [映画]

2019年02月22日  ザ・シューター/極大射程

ん〜、まぁこういう映画を楽しむってのは、

なんとも複雑な気がしますが、

それなりにハラハラドキドキ楽しめました。

しかし、ゴルゴ13並みの射撃技術と

戦争でもないのに何人殺傷しても許されてしまうその前提は

ちょっと飲み込むのに苦労しました。

それにしても独りきりで、、、

撃たれても自分でなんとか処理して、、、

そんなこんなが、すごい。

軍隊の特殊部隊の経験者は、こんな技術が普通になるのでしょうか?

しかし、、、こういう物語を

カッコいい、とか、最後はスカッとした、、、

なんていう感想を持ってしまっていいのかちょっと考え込んでしまいます。


P.S

が、まぁ、映画なんですから、

「面白けりゃぁいいんだよ。」

の一言につきるのでしょうが。

そもそも、有り得るかどうか、なんてのも論外でしょうし、、、ね。




AM 07:48:25 | [映画]

2019年02月16日  GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

スカーレット・ヨハンソン版からの回帰鑑賞であります。

まぁ、モチーフだけ抽出しての“攻殻機動隊”の知ったフリは、

ファンからは、叱られるのでしょうねぇ。

しかし、、、であります。

例えば、今あるAIがどんどん進化した時には、

そのAIは、肉体という物理的な入れ物を欲しがることになるのでしょうかね。

確かにあらためて思うのは、

生命の進化は、一見不合理のようなものに依存してきたのは確かであります。

---- (ちょっと画中から引用)

子孫の残して種を得るという生命としての基本プロセス

....


より存在するために複雑多様化しつつ、時にはそれを捨てる。

細胞が代謝を繰り返して生まれ変わりつつ老化し、

そして死ぬ時に大量の経験情報を消しさって

遺伝子と模倣子だけを残すのも破局に対する防御機能だ

---- (引用おわり)

生身の人間は、永遠の命があれば、、、と思い、

寿命のないAIは、大きな喪失をともなっても、

複雑な多様化の必要性を感じる。

それって、単なるお互いの無い物ネダリじゃないの?

なんて、私は言い切ったりして。

けど、、、最終的に生き残るのは、どちらなんでしょうね。

などと、いろいろ思考は荒野を駆けめぐらせてくれる一本でありました。


P.S

しかし、、、確かに、、、人間に寿命がなかったら、

もっと世の中の進み具合は加速したんでしょうか?

# 科学に支えられた老人社会になってしまうような気もしますが

# まぁ定説で言えば、滅んでしまったんでしょうね。

人間の細胞が代謝を繰り返して生まれ変わりつつ老化して死するように

人間という因子が代謝を繰り返して生まれ変わりつつ、

地球を宇宙を構成しているとすれば、

神は実に面白いモノを作ったものだと、つくづく思いますね。




AM 02:51:35 | [映画]

2019年02月10日  ぐるりのこと

ん〜、苦手です、こういうの。

リアル感でリアルな内容を見せつけられてしまうと

こちらは重苦しくなってしまう。

確かに優しさと再生の物語であれば、

素直にそれを受け止めればいいのだろうけれど、

グダグダ感のリリフランキーと

ドロドロ感の木村多江のリアルな演技が

どうにも観ていてツラい。

それを乗り越えてこそ、この映画のコピーの

「めんどうくさいけど、いとおしい。

   いろいろあるけど、一緒にいたい。」

に到達できるのだろうけれど、ただただ、、、ツラかったな。

まぁ、そういう意味では、この映画は成功しているのかもしれない。


P.S

しかし、よぉ〜く考えてみると、

この映画は、リアル感があるのか、逆にないのか、

よくわからなくなるなー。




AM 08:59:49 | [映画]

2019年02月04日  イコライザー

イコライザーと耳にして

すぐにオーディオ関連知識を思い浮かべてしまうオヤジである。

であれば、その単語とどういう関係が?と気になってたけど、、、

# あんまりピンとこないな。

まぁ明確な勧善懲悪もので、主役がデンゼル・ワシントンで

日々平凡な生活を送りながらも、その裏では圧倒的な強さで

悪いヤツらをやっつける的ストーリであれば、

そりゃ見ていて気持ちいいわね。

けれど、末端の悪いヤツらをやっつけたら

実は、裏にはロシアに超大きな悪いドンが居て、

そんな下っ端を懲らしめても、

根元絶たなきゃダメなんじゃない?と思っていたら、

ちゃんと最後はロシアの本拠地の親分までやっつけちゃうんだから

そりゃぁ、スッキリ終われますわ。

けど、その分ちょっと現実感が薄れるなぁ、という思いは

贅沢な悩みですね。

ちょっと凹んだ時には、是非、イコライザー2も観たいと思います


P.S

しかし、、、超大元のドンをやっつけても

すぐに代わりは出現してくるよねぇ、なんてことも思っちゃうけれど。

それはそれで、また物語が作れるからいいっか。



AM 08:35:06 | [映画]

2019年01月29日  天井桟敷の人々

私は、“天井桟敷”という単語でまず思い出すのが寺山修二だったりする。

一時、寺山修二を追いかけていた私は、

彼の劇団名に“天井桟敷”と付けるほどに感動した映画ということで

遥か昔から気になっていた一本である。

製作は、1945年。フランス。もちろん白黒映画である。

しかし、当時としては、その規模の大きさを察するに膨大なお金と労力が

かかっているのは間違いがない。

ストーリ自体は、現代にとっては珍しいモノではないかもしれない。

けれど、映画における人間物語のドロドロは

今も昔も変わらないなぁ、などとつくづく思ったり。

それにしても名セリフが多い。

私がやはり一番印象に残ったのは、

夫婦になった彼の愛に対して、彼女の一言である。

「私が他の人を愛さなければいいのいよ。」

なんだか深く沈んだ真理のような気がしてハッとしてしまった。

あ〜、やっぱりフランス映画だ。

しかし、この終わり方もやはりフランス映画だなぁ、とつくづく。

モヤモヤ感が軽く残ったりして。

けれど、なんだかんだ言っても映画ファンならやはり必須の映画ですね。


P.S

しかし、、、1945年って年は、日本にとっては、悲惨な真っ最中のはずだったわけで。

そんな時期にこんな映画を作っていたなんて

当時の日本の隔世の感だなぁ、、、とこれもつくづく。



AM 04:37:44 | [映画]

2019年01月23日  グレイテスト・ショーマン

いやぁ元気がもらえました。

強い自信と大きな目的を持ち

マイノリティ達に自信を与え

愛と友情のミュージカルであります。

そりゃぁ途中には逆境もあれば

間違いも不運もあるわさ。

でも、自分だけの力だけでなく回りからも助けられ

それらを乗り越えてゆくこのストーリは、とても良かったです。

曲も良かったしね。

THIS IS ME なんて、とってもいいじゃないですか。

サントラ盤を買おうかとちょっと迷ってたりする。

大きなおススメとは言い切れませんが、

とてもお奨めのミュージカルでした。


P.S

まぁ金儲け主義の一面もありそうだけど、

私は、許容してしまうなぁ、こんな結果であればさ。



AM 07:05:01 | [映画]

2019年01月17日  アリー/ スター誕生

昨年末にラプソディー・ボヘミアンを観て、

なんとなくベクトルが近そうで、アリーも鑑賞。

まぁ、女性シンガーの成功物語の裏方には

何気にそれをサポートした男性の不幸があったりするのは

なんだか定番だなぁ、この手のお話は。

ってか、スター誕生のリメイクであれば、仕方ないかぁ。

けど、ワタシ的には、どうも華やかさの裏には、

こういった暗い出来事もあるんだよ的な物語は、

好きでないなぁ。

みんなハッピーハッピーで終わって欲しいのになぁ。

レディガガファンには、そのサウンドに楽しめるでしょう。

ですが、それ以外のいわゆる映画ファンには、

このストーリーは、、、ダメだろうな。

前半は、とても良かったのに、後半は、、、ツラいよ。

ただただレディガガの歌声に酔いしれましょう。


P.S

この手の物語が何度もリメイクされるのは、

やはりこういうストーリーがアメリカでは好まれるのでしょうか?

日本でも実に「スター誕生」(1963)という映画があったりもする。

そのヒロインは、江利チエミだったりする。

# 知らねぇだろうなぁ、ジジババしか。

だけど、やはり終わりはハッピーエンドである。

そう、途中はどうであれ、映画の最後は、こうであって欲しいのだな、

とつくづく思うのである。

# 日本人の特性ですかね。

あらすじですか? ググってくださいませね。




AM 05:17:55 | [映画]

2019年01月11日  キャスト・アウェイ

殆んどトムハンクスの独り芝居であります。

しかし、こういった南海の無人島に独り生き延びた物語を観ると

思い出すのは、日本の映画「漂流」。

こちらの主演は、北大路欣也 であります。

この「漂流」は、吉村昭の長編小説で実際にあったお話であります。

海難に会い、鳥島に三人で漂着したものの、二人が亡くなり、孤独生活3年。

ところがその後、また追加漂流者が来て、孤独から解放されたものの、

本土帰還まで12年という途方もない体験の物語でありました。

それに比べると、今回は4年で本土帰還。

すべて孤独での物語であれば、それはそれでツラいのは想像を絶するけれど、

4年でもこんなんじゃ12年なんていったらどうだったのよ?

と、ついつい日本版の話と比較してしまっていけません。

まぁトムハンクスの現実感はともかく、

痛々しいシーンが多くて、まいったな。

けど、、、こうやって遭難して助けられずに

餓死したり自死したりした人もきっと世界にはかなりいるんだろうな、

そんなことあんなことをいろいろ思い出させてもらえる一本でありました。

けど、いささか現実感が薄かったような気がするなぁ、、、

やっぱりこの映画は小説でありましたね、なんとなく。


P.S

「漂流」がもう一度観たいっ!

DVD化されていないので、手に入れるとしてもVHSかぁ、、、。

いつか手にするかもしれないと思うと、

VHSはいつまで経っても捨てられませんね。



AM 03:41:16 | [映画]

2019年01月05日  ソードアート・オンライン

気になっていましたVRネタのアニメ。

お正月休みに頑張って観ましたシーズン1の25話。

まぁ面白かったので、苦もなく観られましたが、

やっぱり評判の高い物語は、まぁそれなりに面白いのを再確認。

けどなぁ、、、シーズン2はもう観ません。

しかし、、、であります。

VRと言えば、古い人間は、ブレインストームを思い出すはず。

そう、今から35年も前の映画。

頭にヘッドギアを付けて、他人の体験をそのまま体験できるモノである。

けれど、それは、あくまでも記録をして再生するモノであって、

他人の体験を記録しなければならない。

そして、VR出来るのは、あくまでもその再生についてのみである。

そんな時代に、今どきのVRが出現するなんてことは想像もしていなかったよね。

その後、テレビゲームが産まれた。

二次元のゲームから三次元のアドベンチャーゲームへと移った。

そして、そのアドベンチャーゲームのキャラになって、

ゲームの中でいろいろ冒険が出来るようになった。

そして、VRはまさにその世界の中に没入できるようになった。

その世界は、完全にプログラミンで作られた世界。

はじめて入り込んだ人間には、まったく未知の世界である。

そして、どっちの方向に行こうが自由。

すごい世界になったものであります。

そして、このアニメの世界では、その世界に複数の人間の存在を許容し

お互いにコミュニケーションを取れたりするわけだから、

完全に別世界のパラレルワールドである。

想像できるものは、やがて実現できるようになるんだろうか。

未来の無限の可能性をあらためて実感したりする。


P.S

私は、PSVRのオーナーである。

プチその世界に居たりする。

アニメ(CG)の世界で自由に空を飛んだり出来るのは

すでに体験済みだけれど、

マルチプレーヤーでのゲームは、まだ未体験である。

ひょっとして、もうその世界があったりして?

バトルゲーム以外のVRモノなら、また買いたいな。



AM 10:16:39 | [映画]

2018年12月27日  平成30年度 映画鑑賞総括

んー、そもそも、、、ですが、

とりあえずDVDででも、、、と毎週一本のノルマを課し

とにかく観たには観た結果、、、

今年観た映画は、59本。

ですが、映画館で観た映画はなんとたったの6本。

だめでしょ、そりゃー。

ただ、、、ですが、どうしても映画館で観なけりゃいけない感に襲われた映画も

少なかったような気もしないわけではないワケで。

# なに言い訳してんの。

まぁ最近、二カ所で働き、映画館が遠くなった事象の結果がやはり

モロに出たんでありましょう。

さて、言い訳はともかく、今年観た映画で印象に残っているのは、

# 決しておススメ映画ではありません、あしからず。

・パッセンジャー

・さよならの朝に約束の花をかざろう

・アップサイドダウン 重力の恋人

・ハドソン川の奇跡

・READY PLAYER ONE

・ペーパー・ムーン

・君の膵臓をたべたい

・僕のワンダフル・ライフ

・トランス・ワールド

と書きながら、結構その閾値の設定がムズイな。

ただ、逆にいうと、ココに並べたもの以外のほとんどは、

もう正確にあらすじも言えない状態であったりして

そんなタバコ吸うみたいな吸ってる時だけ満足して、

また次の一本吸っちゃうような、そんな映画の見方してちゃダメだなー。

と反省するわけです。

けど、仕方がないですよねぇ、それが自分にとって大切な映画になるかどうかは

見てみなきゃわかんないわけですから。

もう下手な鉄砲数撃つしかないワケで。

来年も鉄砲だけは数撃とうかと思ってます、はい。


P.S

泣けた映画が少なかったような気がするのは気のせいかな。

・君の膵臓をたべたい(ま、泣かせる映画だからね)

・劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(わずかにジンワリ)

だけだったような。

是非来年は泣ける映画に没頭したいと思います。





AM 03:56:30 | [映画]

2018年12月19日  ボヘミアン・ラプソディー

とても評判が高いので映画館へ。

やはり一応、サウンドを気にしてIMAXで鑑賞。

私は、オヤジなのでクイーンの曲自体はよく耳にしたものである。

が、まぁそれほどのファンではないので、

ミュージシャンの半生までは気にしたことがなかった。

しかしなぁ、、、いわゆる才能を持つ芸術家というモノは、

皆それなりに苦労も葛藤もあるモノであろうことは想像できるけれど、

その全てを知りたいかと言えば、私は知らなくても平気な人間である。

いや、むしろ知りたくはない。

だから、この映画に感動し、何故か涙が出てきたりもするのだけれど、

知りたくなかった事実もあったりして。

なんだか赤裸々に半生を映画で表現するのもなんだかなー。

本人は天国で、“勝手に公けにするなー!”なんて叫んでいないかと

心配してしまう映画でありました。


P.S

カーペンターズのカレンの半生なんかも絶対知らない方がいいと思うんです。

あの美しい歌声の裏の事情なんか気にしないで、

美しい部分だけを掬い取って味わうのはダメでしょうか。



AM 05:44:21 | [映画]

2018年12月13日  裏窓

ヒッチコックである。

アメリカ映画ベスト100に並んでいる作品である。

ま、ハズレはないだろうとレンタル視聴。

けど、、、

「しょぉ〜もなっ。」

が、私の感想である。

1954年作であれば、そりゃぁ画期的な映画だったかもしれない。

けど、、、けど、、、。

基本、脚を怪我をして外に出られないオトコの

向かい側のアパートをとにかく覗く映画。

みんなカーテンも閉めずに覗かれていて平気なのが釈然としないけれど、

全ての部屋で個々にドラマが演じされていれば

まぁ確かにネタは尽きないわね。

けど、、、なぁ、、、

これがアメリカ映画ベスト100に選ばれちゃうんのが良くわからんな。

ですから、この映画を観る時は、気持ちを1954年に設定してみる必要があります。

であれば、、、スリリングに面白いのかもしれません。

ま、確かに、飽きることなく観れましたけれど、、、ね。


P.S

それにしても、、、確かに、、、

グレース・ケリーは、美しかった。いや、実に。

そんな人に迫られても受け入れられない役のジェームズ・スチュアートって

許せんな。


AM 04:43:36 | [映画]

2018年12月07日  ギルバート・グレイプ

1993年作。

モチーフは、重い。

知的障害の弟と二人の妹とそして超肥満の母を持つ若者。

独りで家計を支え、4人を健気に世話をしながら、

小さな町から出てゆくことも出来ずに日々を暮す。

正直言って、見ていて哀しくなる。

けれど、こんな人間は、世の中にはいっぱいいるはずで。

それを思い出させてくれるこの映画は、何気に哀しい。

日々の中で、いったい幸せというモノはなんなのか。

我が身に問いたくなる。

何の為に生きるのか、何故生きるのか、

そして、幸せは、ほんのちょっと向こうに有りそうなのに、

それに手を延ばせない、、、。

人生の不可解さをつくづく感じさせる映画でありました。

おススメ度は、低。

暗くなっちゃいます。最後は、、

わずかな明かりが見えてきているような気も

しないわけではありませんが。


P.S

ジョニーディップとレオナルド・ディカプリオって

こんなに歳が離れているんだ、、、と実感。

レオナルド・ディカプリオの知的障害役の演技は

確かに名演技でした。





AM 11:26:52 | [映画]

2018年12月01日  イエスマン “YES“は人生のパスワード

まず、、、ですが、、、

言わんとするとことはわかりますが、、、

"YES"だけで、こんなにうまく行くわきゃぁないでしょ。

# と書いてしまって、す、すみません。

それにしてもジム・キャリーは苦手だなぁ。

と言いながらも何作か観てるこのオヤジ。

人生の、というか、人間の悲哀を表現するパターンの多いジム・キャリーは

私にとっては、観ていてツラい映画ばかりだ。

けれど、最後にちゃんとそのリカバリーをしてくれるから

彼の映画は人気があるのだろうな。

今回のこの映画も、

何もかもマイナーに避けて暮らすよりも、

いっそ逆にすべてを受け入れてしまった方が

きっと人生は楽しいし彩るのかもしれないな。

# 達観に至るまでには、ストレスも相当なモノなのだろうけれど。

とりあえずは、私もそんな思いが持てた今回のこの映画は

やはりプラス思考へ誘いでくれる哲学的宗教的?一本の映画でありました。

おススメ度は高く出来ませんが、

何か心因的リフレッシュをする為には

たまには、こういう映画を観ることも必要ですね、たぶん。


P.S

遥か昔、私の若い頃、そう、40年近く前、まだ新入社員の頃、、、

高級ホテルのボーイさんの話を聞かされたことがあります。

彼らは、お客から何を言われても第一声は「はい。」と応えなきゃいけないそうです。

だから、極端な例なのだろうけれど、例えばレストランで

「このお皿、もらって帰ってもいい?」

って言われても、まず最初の一声は、「はい。」だそうです。

ただ、その後の会話で、如何にそのお客様を説き伏せるかが課題であり技術だとか。

料理の代金には、食器の使用料までは含まれているけれど、

食器そのものの代金までは含まれていないことや

ホテルの備品であって、数にも限りがあって、

もっと言えば、、、

今日の料理よりもお皿の値段の方が高いので、、、

とか、とか、とか、、、。

そして、お客様に不快なく説き伏せられることがボーイに求められるそうです。

そんなことを聞かされて、若い私はもちろん信じました。

自分は、とてもそんなボーイにはなれそうにないとも思いました。

けれど、目指すべきことでもあるのだろうな、とも。

いえいえ、今も私は信じています。

そして、何事にもそんな論説者たる人間になりたいと思っています。



AM 03:29:00 | [映画]

2018年11月25日  四十七人の刺客

1994年作。

森繁久弥をはじめ、何人かの

既に鬼籍入りした方々がいました。

もう20年以上も経つのですねぇ。

どーりでみんな若い。

しかし、新たな解釈の忠臣蔵を観た感が。

既に忠臣蔵というモノを知っている前提でのこの映画、

初めての人が見るとわからない部分や間違った解釈してしまわないか心配。

そもそも刃傷沙汰の発端の理由が出てこない。

例え吉良さんが話そうとしても、んなこたぁいい、と大石さんは切ってしまう。

それにあの吉良屋敷の数々の防御システムってどうよ。

屋根から突入、なんてのは、結構斬新かも。

けど迷路に至っては、なんだか笑ってしまうなぁ。

城おとりつぶしの前に塩を売ってしまったり、

吉良の悪い評判を流したり、

まぁある意味今までの王道忠臣蔵をちょっと現実的に表現しながらも

“いろいろ面白おかしく強調してみました感”がなんともいささかイタい。

ただ、現実的には、真実はわからないワケで

これはこれで一つの忠臣蔵として有りなのでしょう。

監督は、市川崑だったんだぁ。

意外、と思いながらも妙に納得出来たりして。


P.S

おかる役の宮沢りえのぷっくらとした娘役がなんとも、、、なにこの色気。

# あ〜、オヤジだ。

しかし、内蔵助は、その子と子ども作っちゃうんだもんなぁ。

けれど、このネタが映画「最後の忠臣蔵」へと続くのですね。

それにしても、本妻(浅丘ルリ子)や妾の他、気を寄せる藩士の未亡人(黒木瞳)

若年少女おかる(宮沢りえ)と内蔵助を取り巻く女性達に手を出してしまうのって

例え噂に聞いていた史実もこうも目の当たりに見させられてしまうと

王道忠臣蔵ファンとしては、いささか何とも複雑な気分にさせられてしまいますね。



AM 03:39:25 | [映画]

2018年11月19日  深夜食堂

深夜食堂ってテレビドラマなの?

私の深夜食堂に対する知識はそんなものです。

まぁ深夜に朝まで営業している小さな食堂が舞台であれば、

そこでの人間ドラマなんだろうなぁ、というのは観る前から想像がつくというものである。

けれど、、、

やっぱ深夜の食堂、、、である。

そこでの物語は、やはり大人ネタばかりである。

そして、、、それぞれの話が、、、重い。

けど、ちょっと救われるのは、

出てくる人物に基本悪い人がいなかったことでありましょうか。

たまにはこういった寅さん的日本映画はあってもいいと思うなぁ。

ただ、テレビでいいとも思いますが。

多部未華子、、、良かったです。

彼女に合っていたキャラではないでしょうか、と書いたら彼女に悪いな。


P.S

この手の食堂、いわゆる、めしやの常連になることに

ちょっと憧れたりもするのだけれど、、、

よく思い出してみりゃぁ、、、

かつては、一杯飲み屋の常連だったでしょうが、アンタも。

と言われてしまうかなぁ。



AM 05:44:21 | [映画]

2018年11月13日  大統領の料理人

実話を基にしているそうな、、、。

フランス・ミッテラン大統領が

家庭の味が食べたいとのことで

大統領官邸に呼び寄せたという

初の女性料理人の物語である。

田舎の小さなレストランを営んでいた女性ということであれば、

いわゆるシンデレラレディーかと思いきや、

なにせ官邸のオトコ世界の中では、

さぞやその苦労は大変なモノであったことは

なんとなく想像できるというものである。

にしても、、、である。

やはり田舎といえども、レストランのシェフである。

作る料理が素朴と言いながらも豪華である。

調整された味を追求するフレンチに比べれば、

自然な食材をふんだんに使い、

その食材の本来の味を活かした彼女の料理は、

そりゃぁおいしそうであることは間違いない。

# あ〜、映画じゃぁ味はわからんもんなぁ。

けれど、2年間で力尽きてしまった事実は、

さぞや心身ともに大変だったのだろうなぁ。

でも、まぁ凡人から見れば、

彼女もいろいろな体験が出来て充実した人生なのではなかったのでしょうか。

と思うんだがな。


P.S

で、どうにも気になるのは、その食材に対しての予算額である。

という下世話な思考が、既に私の凡人なる証明であろうなぁ。



AM 04:43:36 | [映画]

2018年11月07日  ゴースト・イン・ザ・シェル

当時、私は“攻殻機動隊”というものに後れを取った。

TVアニメを何作か観始めたけれど、

フェードアウトしてしまった。

で、更に時を経ること何年だ?

これを見れば、また観るモチベーションが上がるか?

と、観てしまったんだな、実写バージョン。それも海外の。

あ、いや、ま、なんかそれなりの話で、

普通のSF映画っぽく終わってしまった感があって、

観たことにちょっと後悔が。

こんなもんじゃないのでしょ?“攻殻機動隊”って。

そういう意味では、ちゃんと観なおさなきゃいけないな、

と、ある意味、またモチベーションが上がり始めている今日現在。

今度の年末は、これ頑張るかなぁ。


P.S

スカーレット・ヨハンソンの素子を観てみたかった、、、

とゆ〜事実は、隠しません。


AM 11:26:52 | [映画]

2018年11月01日  メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮

第一作目のまんま迷路のお話は、

なかなか面白かった。

ので、第二作目もやはり観なきゃね。

と思い、視聴。

けど、、、やっぱゾンビネタになってしまったか、、、。

もはや、砂漠じゃぁ迷路感がない。

確かにダッシュで通路走っているシーンは多いのだけれど、

そこには知的道選びはなく、単に逃げてるだけでしょ。

迷路性をウリにしてたんじゃなかったんだっけか?

これじゃぁ、単なるアクション系の逃げ逃げ話でしかないよ。

と、ちょっと残念感に包まれながらでの視聴となりました。

三作シリーズであれば、最後はうまくランディングして欲しいと切に期待しております。


P.S

しかし、、、ゾンビの表現って、どの映画も同じだなー。

# すみません、ゾンビに興味がないので、

# どの映画も同じに見えてしまって。

バイオハザードでもワールドウォーでもアイ・アム・ヒーローでも

基本ゾンビの描写は、変わらない。

サクッと普通の人間のように生き返る、ってのもあっていいと思うんだがな。

# 最強のゾンビだと思うが。

# あ、ドラキュラなんかがそうなん?

けど、そんなゾンビが居たら、

生と死の定義をもう一回見直すハメになるんだろうなー。



AM 03:29:00 | [映画]

2018年10月26日  トランスポーター イグニション

やはりトランスポーター好きなので

そのシリーズ延長上で視聴。

けど、、、

けど、、、

けど、、、

なにこれ? ダメでしょ、こんなんじゃ。

# ここは鋭く突っ込む。

まず、この運転手のオーラがなんてゆ〜か、、、軽い。

そもそも全体的に下品。

キレイ系のおネーさん出せばいいってもんじゃないし。

「あ〜、もう観てられねぇ〜、

 もう観るのやめたぁぃ〜。」

と言いながら、がんばりました90分ちょっと。

# サンク・コスト諦められない性格なモノで。

まぁ確かにスリリングなシーンが多いので、

特に飽きてしまう、ってわけじゃないのだけれど、

今まで何気に好ましかったトランスポーターシリーズに比べると

あまりにも哀しい。

ジェイソンじゃないだけで、こんなにも変わっちゃうんだなー。

というのが実感。

観なきゃよかったです。

次回は、お父さん主役でもいいんじゃないでしょーか?


P.S

原題は“THE TRANSPORTER REFUELED”。

“燃料補給”を“点火”に変えてしまったのは、

新たなシリーズの再始動に持ち込みたかったのでしょうか?

私は、シリーズの「燃料補給」中で、

ピットインでひと休みの中継ぎ回とムリムリ認識。

次回は、またジェイソンに戻しての再シリーズを期待してますよぉ〜。



AM 08:14:50 | [映画]

2018年10月20日  ただ、君を愛してる

2006年作。

# どーりでみんな若いわ。

彼に大学生1年生を演じさせるのは、ツラくないか?

妙に歳をとった彼と、童顔を演じる彼女。

なんだかムリムリ感があるなぁ。

# と思えたのは、12年も前の映画なのに玉木くん、
# 今とあんまり変わってなんだもんな。

しかし、いろいろラブストーリを観てきたけれど、

大人になると死んでしまう、もしくは、

恋をすると死んでしまう、という病気の設定は、

なんとも、そこにもムリ感がないか?

等という無粋なことを思いながら観ていてはいけません。

青春という時期を瑞々(みずみず)しく生きる若者達と

その延長線上に現れる葛藤と悲劇。

いや、その悲劇の中からも何かな小さな芽生えを感じるべき映画なのでしょう。

おススメ度は、あまりありませんが

泣ける映画だと思います。

# が、泣けなかった、、、な。


P.S

宮崎あおいのキャスティングがとても良かったような。

彼女ならではの映画であることは間違いありません。


AM 07:39:46 | [映画]

2018年10月14日  トランス・ワールド

# ネタバレ絶対許せない映画なんだろうな。んー。

B級的映画に思えてしまいますが、

低予算で結構面白いモノが作れたな。

と感じた映画です。

# どんな上から目線の言い方だよ。

観始めた時には、なんか選択を間違ったかな、

と思いつつ、映像もなんだかなー、って感じですが、

やはりストーリーがそれを凌駕しました。

終盤の超意外な展開に引き込まれます。

しかし、SFを越えてますね。

タイムパラドックスなんてのも、もはや議論の余地なし。

正直言って、面白かったのだけれど、

もうちょっとA級的に作ってもいい物語だと思うのですが。

もったいないですよ。それにしても

生まれの違いで、こんなに変わるものなのか?人間ってヤツは。

っていうのを見せつけられて、自分の今回の人生はどうだったのよ?

と、わずかに反省させられたりもしました。

まぁおススメには到りませんが、私は面白かったです。


P.S

あの店長、パラレルワールドでも必ず殺される運命なら、、、

ちょっと可哀想。



AM 02:48:56 | [映画]

2018年10月08日  タイム・トゥ・ラン

2015年作なのに

何故か古き善き時代感を思わせる

最後にドンデン返しハッピーエンド的ホラ騙したゼ映画。

なんでこんな映画にロバート・デ・ニーロが?と思いながら鑑賞。

まぁ確かに最後のドンデン返しには、ナルホド感があるのだけれど、

そんなにうまくいくかぁ感もぬぐいきれない。

しかし、この手の映画に、やたら人を殺してしまうシーンに

今どきじゃない古き善き、、、を感じてしまったのは、

私の個人的な想いからかしらん。

90分ほどのカジノからの強盗物語であれば、

内容は、わかり易いけれど、なんだか主人公も含めて

登場人物全員の悪者感が、どうにもなー、、、。

軽くワクワク観られる90分ではありますが、

おススメ度は、やはり高く出来ないっす。


P.S

まとめれば

我が子の為に悪党になって、結果自分だけ生き残って

全部自分のモノにしてしまった物語。

でなに?

その後、主人公もやはり警察のお世話になるのでしょ?

まさか無罪、ってことはないですよねぇ。




AM 08:41:31 | [映画]

2018年10月02日  しあわせのパン

北海道の自然の中で。

のどかな日々と優しい人たち。

そこに訪れる問題を抱えた人々は

おいしいパンと優しさに癒され、

また、日々の生活に戻ってゆく。

そんな物語。

たった一度しかない人生。

その人生の使い方にはいろいろあるだろう。

派手な人生を望む人もいれば、

愛する人とだけと静かに暮らす人生もあろう。

どちらがいいとか悪いとかなんかない。

もっと言えば、私は思うのである。

田舎に憧れて田舎に行くのも良し。

都会に憧れて都会に行くのも良し。

そして、飽きたらまた戻るのも良し。

好きな時に好きなことをやる。

それでいいんじゃないの?

たった一回きりの人生だもの。

何回でもやり直したらいい。

そんな考え方はダメですか?


P.S

先日、耳にした。

田舎者が都会に憧れて東京に行って生活している者の優位な点。

それは、無駄に田舎に憧れる必要がないこと、だそうだ。

けれどもそれは、逆も言えるだろう。

でも、いいんじゃないですか?

また戻りたくなったら戻れば。

変に縛られたりする必要がない人生をとにかく歩きたいな。

それが、この映画を観ての感想です。



AM 08:21:56 | [映画]

2018年09月26日  祖谷物語 −おくのひと−

オオカミ少女、と書いては、ダメであろう。

山の中で起こった交通事故で生き残ってしまった赤ちゃんが

山の素朴な男に拾われ、育てられ、やがて成長してゆく物語である。

都会で育つはずであった女の子は、過酷な(?)宿命で

山の中の老人と二人の生活を過ごす。

川から水を運び、薪でお湯を沸かす。

トイレはどうしているの?お風呂は入れていないの?

その父親代わりの素朴さゆえに、女の子もその過酷な環境で自然に育つ。

田舎から東京を目指す者。都会から田舎に回帰しようとする者。

さまざまな出来事が淡々と表現され、時間は進んでゆく。

3時間弱の長い物語である。

各シーンが長く感じられるのは、せっかちの都会人であるこちらの感覚か?

正直言って、この映画が何を伝えたいのかは、よくわからなかった。

けれど、思うのは、

人生一回きり。どんな人生を過ごそうが一回きり。

迷わないで、流されないで生きて行きたい。

何故か、そんな思いを持たされた映画であった。


P.S

自分に問うてみる。

「こんな人生で良かったか?」

自分で答えてみる。

「ま、良かったんじゃない?」

私は、とりあえず、きっと幸せ者である。




AM 08:14:50 | [映画]

2018年09月20日  オリエント急行殺人事件

アガサ・クリスティ。

かつて昔から、このタイトルは有名なわけで。

今更、、、と映画館には行かなかったけれど、

そのネタが思い出せずに、DVDレンタル。

けど、新鮮な気持ちで観られました。

# ん〜、ネタバレはやはりダメなんだろうなぁ。

# って、どーせ他のサイトで書かれているであろう。

# ってか、もうみんな知ってるんでしょ?きっと。

そう、寝台列車「オリエント急行」の中で殺人事件が起こり、

ちょうど乗り合わせた探偵がその犯人を捜しあてる物語であります。

列車の中でのある意味、密室殺人。

犯人はだれ? コイツあやしい、アイツも有り得るな、、、けどアリバイが。

しかし、実は、、、という最後のドンデン返しは

さすが、有名サスペンスです。

まぁ、アガサ・クリスティの「オリエント急行殺人事件」という

サスペンス物語の一般教養取得と言う意味では、

2時間で簡単に得られますので、

そういう意味ではおススメですね。

しかし、こんな終わり方が許されるのも昔だからだよなぁ、、、。

ちなみに原作の発表は、1934年だそうで。


P.S

1974年にも一度映画化されています。

そちらも観てみたいような気もしますが、

ネタがわかっちゃってるもんなぁ。

数年たって、また「オリエント急行殺人事件」ってどんな話だっけ?

って思い出せなくなったら、迷わず古い方を見ようと思います。



AM 07:39:46 | [映画]

≪ 前の30件| 次の30件

Powerd by SUK2 BLOG.