Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2019/01/23  グレイテスト・ショーマン
2019/01/21  「センスないから」という努力しない言い訳
2019/01/19  手袋の記録
2019/01/17  アリー/ スター誕生
2019/01/15  おみくじの変遷

ま、あえて分ければ
日記(415)
映画(714)
コレクション(157)
写真館(321)
言葉の感触(432)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(299)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(268)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(40)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+14
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2019年01月23日  グレイテスト・ショーマン

いやぁ元気がもらえました。

強い自信と大きな目的を持ち

マイノリティ達に自信を与え

愛と友情のミュージカルであります。

そりゃぁ途中には逆境もあれば

間違いも不運もあるわさ。

でも、自分だけの力だけでなく回りからも助けられ

それらを乗り越えてゆくこのストーリは、とても良かったです。

曲も良かったしね。

THIS IS ME なんて、とってもいいじゃないですか。

サントラ盤を買おうかとちょっと迷ってたりする。

大きなおススメとは言い切れませんが、

とてもお奨めのミュージカルでした。


P.S

まぁ金儲け主義の一面もありそうだけど、

私は、許容してしまうなぁ、こんな結果であればさ。



AM 07:05:01 | [映画]

2019年01月21日  「センスないから」という努力しない言い訳

高校の美術教師が言っていた

「センスって、イコール知識量なんですよ」という言葉。

一見才能があって軽々やっているようでも、

裏には相当の知識と経験がある、と。

これが頭にあるとセンスのある人を妬まなくなるし、

「センスないから」が努力しない言い訳にならない。

----

ネットからのヒロイモノである。

センスがないから、ってのは、確かに言い訳かもしれないなぁ。

けれど、あらゆるコトにセンスを持つってのも難しいような気がするぞ。


P.S

と、このオヤジは、言い訳をしている状態が既に凡人の証明。



AM 06:15:03 | [言葉の感触]

2019年01月19日  手袋の記録
昨年の秋、おろした手袋である。

実に何年か前にスイスの

GLACIEA PARADISEの山頂で買ったものである。

何か自分のお土産にと探して、やっと決めたモノであれば、

私には、貴重な想い出の一品であったりもする。

まだ、使い始めて間もないのに

もう穴が開いているのを発見。ショック。

今後の使用期間が短いような気がして

今ここに記録としてパシャッ。


P.S

手袋は、ダメになる前にだいたいどこかに片方忘れてきて

その手袋との関係が終わってしまうのがいつものパターンである。

穴が開いて縁が切れるのは、いささか残念である。

確かに、安物っぽいからなぁ。

ま、まさか、保管中に虫にヤラれてたかもってか?

その方がちょっとショック大きいな。


AM 05:44:21 | [コレクション]

2019年01月17日  アリー/ スター誕生

昨年末にラプソディー・ボヘミアンを観て、

なんとなくベクトルが近そうで、アリーも鑑賞。

まぁ、女性シンガーの成功物語の裏方には

何気にそれをサポートした男性の不幸があったりするのは

なんだか定番だなぁ、この手のお話は。

ってか、スター誕生のリメイクであれば、仕方ないかぁ。

けど、ワタシ的には、どうも華やかさの裏には、

こういった暗い出来事もあるんだよ的な物語は、

好きでないなぁ。

みんなハッピーハッピーで終わって欲しいのになぁ。

レディガガファンには、そのサウンドに楽しめるでしょう。

ですが、それ以外のいわゆる映画ファンには、

このストーリーは、、、ダメだろうな。

前半は、とても良かったのに、後半は、、、ツラいよ。

ただただレディガガの歌声に酔いしれましょう。


P.S

この手の物語が何度もリメイクされるのは、

やはりこういうストーリーがアメリカでは好まれるのでしょうか?

日本でも実に「スター誕生」(1963)という映画があったりもする。

そのヒロインは、江利チエミだったりする。

# 知らねぇだろうなぁ、ジジババしか。

だけど、やはり終わりはハッピーエンドである。

そう、途中はどうであれ、映画の最後は、こうであって欲しいのだな、

とつくづく思うのである。

# 日本人の特性ですかね。

あらすじですか? ググってくださいませね。




AM 05:17:55 | [映画]

2019年01月15日  おみくじの変遷

毎年、とある神社でおみくじを引く。

ま、普通は、そこで見たらどこかの木にでも

縛り付けてくるべきであろうおみくじでありますが

私は、持って帰ってきて保管モードである。

で、今年フト前のモノを見て気が付いたのである。

心臓の手術をした翌年「大吉」だった。

「お、拾った命、今後は大吉だぁ。」

と素直に喜べたものである。

が、その次は「末吉」でいささかガックリ。

けど、こう毎年並べてみると、末吉から徐々に上がり調子なのが観察できる。

数列的には、来年はまた「大吉」かぁ、と密かな期待に胸膨らまたりして。

頑張って来年まで無事生きないとな。

新年、他愛のないおみくじで、またモチベーションを上げようと試みる自分が居たりする。


P.S

「中吉」と「大吉」の間って、まだ何かあったかな。

「中の上吉」みたいな。

いずれにせよ「凶」のないこの神社はある意味おススメであります。



AM 05:13:17 | [日記]


Powerd by SUK2 BLOG.