Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2021/01/11  コンフィデンスマンJP ロマンス編
2021/01/09  本マグロ一匹離れよう
2021/01/07  のび〜るシートカバー
2021/01/05  キングダム
2021/01/03  RecRoomに見るトロンの世界

ま、あえて分ければ
日記(448)
映画(830)
コレクション(190)
写真館(357)
言葉の感触(479)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(335)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(285)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(50)
iPhoneパーク(60)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(11)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR & OCULUS QUEST2(28)

想い出の日々
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+16
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2021年01月11日  コンフィデンスマンJP ロマンス編

コンフィデンスマンJPってどういう意味よ。

そんな思いから選んだ一本。

こ〜ゆ〜物語なのね。

まぁ確かに面白いし楽しい。

悪者を騙すことに嬉しさを感じさせたりもしてくれる。

しかし、こうもうまくいくか?

ってか、そこマジに考えるなよな → 自分。

もとは、月9なのね。

ん〜、最初っから観始めるかぁ?

# って、この手のドラマの優先度上げるわけ? → 自分。

この手のモノが観たいと思う時点で、

最近、ストレス貯まってない? → 自分。

ふぅ。


P.S

しかし、、、この手の映画って、

自分も出来るような気にさせて、

マネする輩が出現したりしないの?

よい子はマネをしてはいけません。って書くべきだと思うんだがな、

エンドロールに。


AM 10:19:59 | [映画]

2021年01月09日  本マグロ一匹離れよう

通院している病院にあったポスター。

デザイナーはいろいろ考えるなぁ、と感心するのだけれど、

ちょっと引っかかったりもする。

本マグロってクロマグロのことでしょ。

であれば、3mのモノもいるだろうし、

そもそも2mで生まれてくるわけでないし。

この表現は、ちょっとマズくね?

と、待合室にいる子供が変に間違った知識をつけないかが心配な老爺心。


P.S

オ、オレってクレーマーになり果ててるか?

ついでに病院で診てもらいたい。



AM 09:50:06 | [写真館]

2021年01月07日  のび〜るシートカバー

いやなに日頃乗っている原付のシートに破れが発生。

最初はあまり気にしていなかったけれど、

なにせ昼間は公共駐輪場の青空駐車だから、

やはり雨に当たるので、

破れ目から雨が入るとカビでも発生したら

ヤだな〜とガムテープを貼ってしのいでた。

けれど、その見た目のカッコ悪いこと。

ってか、そんなんダメでしょ、モノづくりエンジニアとしては、

というこで、気にはなってたけれど、シートを貼り替えるのもなかなかメンドー。

シートごと付け替えるか?のも大げさでしょ、お金かかるし。

などなどなど気にしてたら、

ホームセンターで偶然見つけたこのシートカバーなかなかグッド。

普通のシートカバーって、乗らない時のカバーかと思ってたら、

しっかりシートのカバーだった。

運転時、ズレたりしたら危なくね?などと心配だったけれど、

ピッタリサイズのを選べば、かなりパンパンに貼れる。

ってか、通常使用用に作られているのですね、コレ。

乗っていると若干シワが発生するし、

そのうちにまた破れそうな気がしなくもないけれど、

ま、値段からみれば、消耗品でしょコレ。

どのくらいモつのかお試し中です。

シートを破れたまま乗っている方にはちょっとおススメです。


P.S

このシートを次回買い替える時の写真メモだったりする今日のひとコマ。




AM 09:29:24 | [コレクション]

2021年01月05日  キングダム

年明けの一本目は

勢いが付くのではないかと

このタイトルを。

漫画の原作は面白いと評判なことは知っていたけれど、

今から60巻はハードルが高い。

で、とりあえず映画を観れば、、、

という甘い発想じゃぁ新年からダメでしょ。

ふぅ。

それにしても、中国の春秋戦国時代を日本人で実写化されたものって

映画としては痛々しいんじゃないか、と覚悟をしていましたが、

そうでもなかったのが意外でした。

# ジャンルは、実に、仁侠/時代劇になるんですね。

物語自体は、ある意味シンプルにまとまっていましたが

原作のファンは、物足りないことが多そうな予感がするのは私の老爺心か?

# ま、仕方がないよね。実写化の運命だよね。

で、とりあえずは、物語の導入部分は把握できてよかったです。

しかし、若いイケメン俳優って、やっぱ元気が良くていいなぁ。


P.S

で、続編があるの?

ん〜、やっぱDVDでの鑑賞になるだろうなぁ。




AM 09:03:30 | [映画]

2021年01月03日  RecRoomに見るトロンの世界

昨日はRecRoomの回路をじっくり見せてもらった。

仮想世界を作るにあたっての仕組みを見るにつけて、

かつてのFPGAの内部設計を彷彿とさせられる。

画面上でロジックセルを一本一本ネットでつないで回路を作っていたのが、

まさにそのエディタの中に入り込めたよう。

まるでトロンの世界だった。

かつての30年前のFPGA設計者には是非見てもらいたい。

そしてRecRoomのアイデアとその完成度と開発プロセスを想像してみて欲しい。

現代はもうここまで来てしまったんだと感動するはず。

そしていともなく簡単に使いこなし創造する若者達は

もはや私たちの上の次元の世界に住んでいることを感じるはずだ。

しかし、この後の進化は、やはりテキスト編集で回路を書くのが自然の流れになるのかな。

リアルがそうであったように。

けどその発想が既に古いのかもしれない。

人生の寿命の中で今後どのようにRecRoomが進化してゆくのかを見続けたい。


P.S

どこまで見られるか、長生きしたいな。昨日は素朴にそう思った。



AM 09:01:47 | [PSVR & OCULUS QUEST2]


Powerd by SUK2 BLOG.