Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK

















いま時の記事
2017/11/15  あれは何?鳥?虫?
2017/11/13  スパイスコーナーのディスプレイ
2017/11/11  トランスポート
2017/11/09  アイデアを思いつかない人はいない。
2017/11/07  人生心得帖

ま、あえて分ければ
日記(389)
映画(646)
コレクション(143)
写真館(292)
言葉の感触(392)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(275)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(259)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(37)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(8)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(22)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+12
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
−−お知らせ−−

小学生(別に中学生でも構いませんが)の電気に関するいろいろな質問をお受けしております。やはり私の技能でお答えできる範囲内となりますが特にジャンルは問いません。もちろん無料です。お気軽にメールください。

注意:
大人の小中学生を装ってのバグ取り作業依頼は、固くお断りします。

2017年11月15日  あれは何?鳥?虫?

はるか上空を飛ぶ飛行機である。

とても天気の良い秋の空。

思わずiPhone4Sで空を撮ってみる。

この解像度じゃ点にしかならないのじゃないか?

と思ったら、ちゃんと飛行機のカタチが撮れてました。

まだ、iPhone4S、イケるな。


P.S

なんだかいじましい、ある種情けない今日の一枚。



AM 10:36:59 | [写真館]

2017年11月13日  スパイスコーナーのディスプレイ

とあるスーパーでみつけて

思わずパシャッ。

# すみません、無断撮影です。深謝。

このカウンターは、スパイスコーナーである。

各スパイスの下には、それぞれのスパイスの説明動画が流れている。

とうとうこんな贅沢なディスプレイも可能になったんだなぁ。

なんとなく21世紀を感じたりする。

私は、どこに特に驚くかというと

その液晶ディスプレイの小ささなんかより、

# 別にスマホを見れば珍しくなんかないし。

むしろ、これだけの個数をまとめて使えるほど、安くなったという時代にである。

コンテンツはどうやって持っているの?SDカードか何か?

コンテンツはどうやって入れ替えるの?

あ〜、いろいろ知りたいなぁ。


P.S

と感心しながらも、そのディスプレイをシゲシゲ見ながらも

結局スパイスを買わなかった私は、こうも思う。

私がこのシステムを提案しても、

「そんなシステム、コスパが悪いよ。」

きっと営業連中は、そう言って、そのシステム提案は没になる可能性が極めて大きい。

そう思うと、このシステムを作り上げたその組織の状態にもきわめて興味があるんだな、実に。



AM 10:18:39 | [写真館]

2017年11月11日  トランスポート

# トランスポーターではありません。(きっぱり)

タイムパラドックスものであります。

なので、詳細部にツッコんではいけません。

ちょっと主人公たちがチョイワル少年少女なのが残念なのだけれど、

そうじゃないと成り立たないストーリーであったりするので、

観ていて複雑な思いのする映画であります。

しかし、人を助けるために、自分の過去に手を加えてしまうストーリーは

今までもいくつか見てきましたが、

今回は、これはハッピーエンドと言えるのでしょうかね。

最後の彼の再生をにおわせるシーンも、やはり過去の変化からなのでしょうか。

個人的には、すべての事後の後に、再会とハッピーエンドに繋がって欲しかったものです。

タイムパラドックスものとしては、それなりに面白かったけれど、

もうちょっと上品な映画であってほしかったな、、、。

(って、なに上品ぶってんの?このオヤヂ。)


P.S

パッケージのイメージがあまりにも違い過ぎて、

ちょっと映画業界の謀略を感じます。



AM 10:12:53 | [映画]

2017年11月09日  アイデアを思いつかない人はいない。

アイデアを思いつかない人はいない。

書き留めない人がいるだけだ。



かなり前になるけれど、

電車内で見つけた“能率手帳”の広告である。

「確かにそうだよな。」

朝起きた瞬間におぼえていた夢もみるみる忘れていってしまう。

確かに思いついたアイデアも、ふと忘れてしまうことのその多いこと。

思い出そうとしても、まったく思い出せずに諦めることの悔しいこと。

最近は、スマホにメモることが多いのだけれど、

それもまたオミットしてしまうこともある。

まずは、クセを身に付けないとなぁ。

つくづく思うワケである。


P.S

で、その内容は、有意義なモノなの?

という質問は、無粋ですよ、はい。



AM 10:07:50 | [言葉の感触]

2017年11月07日  人生心得帖

松下幸之助著である。

今更ながらも、一度は読んでおかないといけないかな、と買ってみたり。

PHPらしい書籍であれば、ある意味無難な内容である。

けれど、つくづく思うのは、

時代が変わっても、これは変わっちゃいけないことだよね的な内容ばかりで

うまくまとめられていた。

けれど、あまり心に刺激を受ける内容が少なかったのは、

やはりこちらも歳を取ったせいであろう。

しかし、松下幸之助は、ある種の人格者だったんだろうかなぁ。

今のパナソニックの繁栄を見る限り

やはり松下幸之助は、すごい人物であったことには違いあるまい。


P.S

各章が数ページなので、地下鉄の待ち時間に読むのにピッタリだった。

けれど、そんな読み方はいけないのかもしれない。

そんな読み方は、なかなか頭に残らなかったような気がして、、、。



AM 10:03:24 | [言葉の感触]


Powerd by SUK2 BLOG.