Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2019/06/04  羊の木
2019/06/02  外来語表記ルール
2019/05/31  人生の4分の1を教育機関に
2019/05/29  ソラリス
2019/05/27  ジョブズはもうiPhoneを捨てたはず。

ま、あえて分ければ
日記(419)
映画(736)
コレクション(162)
写真館(328)
言葉の感触(441)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(307)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(273)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(42)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(6)

想い出の日々
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年04月
2007年03月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月
2006年05月
2006年04月
2006年03月
2006年02月
2006年01月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年02月
2005年01月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+14
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2019年06月04日  羊の木

気分の悪い映画である。

原作は漫画のようだけれど未読。

6人の元殺人犯を地方の街に仮釈放で住まわせるという。

設定が奇抜なので、物語としては面白いのだろうか?

私には、どうにも馴染めなかった。

6人は、当然それぞれの個性を持つ。

日々の中に溶け込もうとするのに、なにかとうまく行かない。

そこまでの葛藤モノであれば、まだ許せる。

けれど、この映画の脚色(原作もか?)は、

映画の観ている側に、どうにも不快な思いを抱かせるのだ。

「きっと、みんなまた殺人をしてしまうのだろう。」

そして、どんなカタチでそこに追い込まれていくのか?

結局更生出来なくてまた元に戻ってしまうのだろう?

そんなことを思ってしまうのだ。

# 一応、ネタバレを避けたいともうのであるが、、、。

が、やはりうまく行かない人がいる、なんとか馴染んだ人もいる。

人は、それぞれなんとか生きて行く。

映画の終わりも決してハッピーエンドになりきれないし

その後も気になる人もいる。

ただただ、後は祈るだけの映画であった。

# 観たくなかったな。


P.S

人間には、いろいろな人がいる。

それをつくづく思えるのは確かだ。

そして、一度大きな間違いを犯すと、

また元に戻ることのむずかしさを

あらためて確認させられる。



PM 02:11:14 | [映画]

2019年06月02日  外来語表記ルール

日本語での外来語表記にルールがあるのをご存じでしょうか?

私なんかは40年も前、大手企業の技術畑に居た人間の為

書類作成時には、その表記には結構厳密にうるさく指摘されたものでありました。

そもそもJIS規格でのルールが存在していたりするわけで。

ところが近年、やはり現実の発音にそぐわない、と、

マイクロソフトをはじめとするやはり大手企業が、

そんなJISルールを乗り越え、確かに現実の発音に近い表記を使い始めてしまっているワケで。

そうなると、私のような昭和で教育を受けてきた人間には、

どうにもついて行くのがツラいんですね。

いくら原発音に近いとはいえ、ルールってのがあるでしょ、的な。

そもそも、ルールから外れているカタカナ語に対して意味のない違和感を感じたりするわけで。

自分の昭和世代をつくづく感じる瞬間ですね。

若い世代には、なぁ〜んにも気にならないんでしょうがね。

困った自分です。


P.S

やがて、カナカナを見るだけで“古い人間だな”と

思われる時代がやって来るのでしょうか?

いえいえそんな心配は不要です。

その頃は、、、生きてないって、、、さ。(笑)




PM 01:55:54 | [日記]

2019年05月31日  人生の4分の1を教育機関に


Yahooの知恵袋で見かけたやりとりであります。

若き学生からの素朴な質問でありましょう。



「私たち人間はなぜ人生の4分の1を教育機関に捧げないといけないのでしょうか?」



ちなみに質問者の選んだベストアンサーは


「4分の3を楽しむため。」



いえなに、ちょっと面白いやり取りだったので。

# その学生に伝わるかなぁ、、、。


P.S

下の方には、こんな回答もあった。


「アホにならないため」


けど、これは、人生の4分の1に限ったわけではないでしょう。

人生、常に勉強です、、、よ。

# その学生に伝わるかなぁ、、、。



PM 01:53:57 | [言葉の感触]

2019年05月29日  ソラリス

このお話も100分de名著で知って。

面白そうだなぁ、と思いながらも

なかなか小説を読むまでには至らず

ネットでポチッと。

原作が1961年のSFであれば、

当時は、そのストーリーの展開には

ものすごく画期的なモノを感じたことは想像できるけれど、

それから50年の間には、いろいろな意外な物語も現れ

それらのうちのひとつに埋もれてしまう感があり。

もっとも、この手のお話の黎明期の作品であれば、

その後のSFモノに与えた影響も大きいのだろうけれど。

ただ、残念ながら、この50年の間に

一般的なSFに関する科学も論理も飛躍的に進んでしまって、

この映画の今どきの鑑賞者は、

「その部分の表現、ちょっと無理じゃね?」などと

思い付いてしまうのがそもそも残念かもしれない。

ただ、その発想と結末は、

# 小説や映画では、みんなそれぞれちょっとずつ異なっているようですが。

いろいろ物議をかもし出す内容であることは確かで

その消化しにくい終わり方は、逆になかなか面白いかも。

まぁ、この手のお話の原点作品としては気になるところでありますが、

今から観るのは今更感が残る作品であります。

ちなみに映画は、

「惑星ソラリス」1972年 ソ連

「ソラリス」2002年 アメリカ

で二度映画化されています。

今回私は、「ソラリス」を観ましたが

ちなみに100分de名著で取り上げていた映画は「惑星ソラリス」の方でした。


P.S

世の評判では、惑星ソラリスの方が良さそうだったなぁ。

かといって、、、もっかい古いソ連版観るかぁ?

老後の為にとっておこうと思います。




AM 09:23:18 | [映画]

2019年05月27日  ジョブズはもうiPhoneを捨てたはず。

また新しいiPhoneの発表の話が目に留まる。

一体、iPhone何になるんだぁ?

そもそも結局、iPhoneなの?

ジョブズが生きていたら、

まだiPhoneなんてシリーズが続いているんだろうか?

そんなことをしみじみ思う私は、未だiPhone4Sユーザー。


P.S

けれど、いつかきっとスマホを超える何かが産まれてくるはずで。

間に合うかなぁ、私の人生。





AM 09:16:54 | [思考の散歩]


Powerd by SUK2 BLOG.