Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2021/01/23  GANTZ
2021/01/21  古本屋思考
2021/01/19  星新一の年賀状
2021/01/17  いぬやしき
2021/01/15  アクアオート

ま、あえて分ければ
日記(448)
映画(832)
コレクション(190)
写真館(357)
言葉の感触(481)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(336)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(285)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(51)
iPhoneパーク(60)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(11)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR & OCULUS QUEST2(28)

想い出の日々
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+16
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2021年01月23日  GANTZ

レンタルショップで

パッケージを見ながら

ずぅ〜っと気になっていた映画。

やっとの思いで鑑賞。

原作をまったく読んでいないので、

こういう話だったのね。

っていうのは、わかった。

で、ノルマ達成だな、と思いきや

ここで終わるんかい、この続きは?

と映画は二作から成り立っていることを知った。

なんだよー、まだ続き見ないといけないのかよー。

ま、飽きないでは見られたけれど、

星人たちが、、、いろいろ哀しすぎます。

なんだか手抜き感を感じたのは私だけでしょうか。

 、、、だな。


P.S

あ〜、この際だから、次のも観るかぁ。

ぷ。



AM 11:38:19 | [映画]

2021年01月21日  古本屋思考

私は、たまに古本屋に行く。

本を古本屋に売る時には、

その買取価格の低さに呆れてしまうけれど、

そもそもの目的が部屋のスペース改善であれば、

ま、いいっか、と思ったりもする。

が、逆に買う際には、

この本、この値段で買えちゃうんだラッキー、

と衝動買いしてしまうことも多い。

その気持ちの変移に笑えてしまうね。

安く買い取っているから、安く売っていることぐらいわかってるワイ。

けれど、こうも思う。

古本屋の棚に並んでいる本達は、基本的には、

どこかで一度買われた経験があるはずで。

であれば、一回のお役目を果たした本達が

二回目の活躍を待って並んでいるのが古本屋だ。

ただ、次の読者との出会いを古本たちが静かに待っていると思うと、

すべての本が愛おしく思えてくる。

古本屋の棚の間を歩いていると、

古本達が、「我こそは次に選ばれたいぞ」と

密やかな熱い思いを感じてしまうのは、

私の妄想癖ゆえか?

いやぁ、なんだか古本屋って、

私はとても出会〇系サイトに思えてならないんだなぁ。

ははは。


P.S

しかし、買い取ってもらう時に、その安さに文句を言うのは

筋違いというモノであろう。

一回読んだ時点で、その本に支払ったお金に対価するものを得たはずで

それを売ることによって、少しでも回収しようとするのは、

本に対して、いや、作家に対しても何だか間違ってないか?

などとも思えたりもして。

古本屋、、、いろいろ考えると、、、

私には、なかなか興味のある存在であります。



AM 11:24:04 | [思考の散歩]

2021年01月19日  星新一の年賀状

今年もまたごいっしょに九億四千万キロメートルの宇宙旅行をいたしましょう。

これは地球が太陽のまわりを一周する距離です。

速度は秒速二十九.七キロメートル。

マッハ九十三。

安全です。

他の乗客たちがごたごたをおこさないよう祈りましょう。

     星新一著 『きまぐれ博物館』より

-----

星新一の出した年賀状だそうであります。

いいセンスだなぁ、とつくづく思うワケであります。

と、ココにメモ。


P.S

あ〜、こんな短いオシャレな文章が書けるようになりたいものです。




AM 11:21:41 | [言葉の感触]

2021年01月17日  いぬやしき

いやなにまず感心したことは

日本製作しては、CGが良く出来てたわ。

この映画はそこに尽きるのではないでしょうか。

物語も奇抜で飽きることもないのですが、

観方によっては、二人の生活がやはり重い。

けど、佐藤健の悪役ってなかなかイケました。

悪役、似合うじゃん。

にしても、ちょっと人を殺し過ぎじゃないでしょうか。

ムチャクチャじゃんさ。それが痛い。

戦う街が東京のど真ん中ってのもね。見ごたえあったわぁ〜。

ゴジラといえ、やっぱ身近な日本の高層街でムチャクチャにしながら

戦うのは、ストレス解消できますね。

# って、大丈夫か? → 自分。

いやぁおススメするほどの映画ではありませんが、

私は、結構楽しめました、はい。


P.S

最後のクレジットに二階堂ふみの名を見つけたのですが、

どこに?どこに?とまた見て探してしまった。

朝ドラ「エール」との落差がなんとも大きい。

さすが、、、でした。




AM 10:02:32 | [映画]

2021年01月15日  アクアオート

あなたはご存じであろうか?

その前に、あなたもきっと使ったことがあるはず。

そう、トイレで手を洗う時に、蛇口に手をかざすと

水が出たり止まったりするシステム。

実に、あのシステム、電源が要らないのである。

予備電池こそ中に入っているのだけれど、

水が出ている間に、その水流で内部で水車を回し

発電してそのエネルギーを内部に貯めて

手を検出するセンサーの電源、水のバルブを開け閉めする動力源としているのであります。

いやなに私は、素直に感動を隠し切れない。

エネルギーの保存則に従えてんの?素朴な疑問である。

したがって、電気のないところにも設置できるわけで。

水の出しっ放しもなくなるわけで。

潔癖者には、何も触らずに済むこのシステムに

私は、100点を上げたい、そう思うのであります。


P.S

あとは、途上国なんかにも広がるといいのに、、、ね。

企業努力に期待するものも大きい、、、な。





AM 10:01:14 | [50の手習い]


Powerd by SUK2 BLOG.