Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2019/07/12  西暦についてのメモ
2019/07/10  紅の豚
2019/07/08  七夕ネタ
2019/07/06  虹に注意
2019/07/04  アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

ま、あえて分ければ
日記(422)
映画(743)
コレクション(162)
写真館(330)
言葉の感触(444)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(310)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(273)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(43)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(6)

想い出の日々
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+14
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2019年07月12日  西暦についてのメモ

西暦っていうのは、イエス・キリストが誕生した年を元年としている。

けれど、よく考えてみれば、イエスが生まれた時には、

まだ西暦なんていう概念はなかったわけで。

で、そのはるか後、6世紀にキリスト誕生の年を算出し

さらには、その年を紀元1年とするようになったのは10世紀からという。

それもごく一部の国で使われていただけで

ヨーロッパの国々で使われるようになったのは、

15世紀になってからだったという。

# なにそれ、まだ最近じゃん。

しかもその後の研究で、実際にイエスが生まれたのは、

紀元1年よりも4年前っぽいというのが今の学説だとか。

なので、イエス・キリストが生まれたのは、

紀元前4世紀ってことになる。

あ〜なんて混とんとしたこの西暦の定義。

けれど、そのドタバタに歴史というものを感じざるを得ませんね。


P.S

最近も鎌倉幕府の覚え方が

“いいくに(1192年)”じゃなくて

“いいはこ(1185年)”になっているのをご存知ですか?→おじん、おばん。

今もって、過去の歴史が変わってゆくのが歴史の面白いところかもしれません。




AM 12:11:41 | [50の手習い]

2019年07月10日  紅の豚

いえ、今さらながらまたじっくり見直したもので。

ジブリもこういう大人の雰囲気の物語が私は好き。

パイロットで自由に空を飛びまわり、

ある種、この古いオヤジ豚の生き方は、やはりオヤジの憧れでしょう。

そして、そこに素敵なジーナがいる。

プラトニックでもあり、熱くもあり、その関係性の好ましさ。

世のオヤジたちにこれ以上の夢を見させてくれるアニメがあるでしょうか?

# と、私は熱く語る。

まぁ、今さら細かいことを述べる必要もないアニメでしょう。


P.S

この物語の最大のモチーフ、、、

イイ男は、容姿には関係ない。

ということも忘れてはならない極めて大切なポイントですね。はい。



AM 11:22:36 | [映画]

2019年07月08日  七夕ネタ

今日は、大人の話題とする。

いや単に“七夕”についての思考の散歩である。

小さな頃、七夕はひどくロマンチックな存在だった。

天には、天の川に隔てられた彦星と織姫がいて、

年に一回だけ、七夕の日にしか会えないという、あのお話である。

けれど、、、である。

人生60年以上も生きているとロマンチックな物語も

無駄な知識のおかげで、結構ドロドロとした様相を帯びてくる。

そもそも、彦星と織姫は、なぜ引き離されてしまったのかを知っていますか?

もう既にそこからがちょっと哀しい。

# Wikiででも調べてくださいませね。

更にもっと無駄な知識が、話をグチャグチャにする。

高校生ぐらいになれば、誰もが思うことでありましょう。

雨降ってたって、曇ってたって

地球から見えないだけで、彼らは会えているんでしょ?なんて。

逢瀬が他人から見られなくて、

彼らにとっちゃ曇りの方が良くね?などとも。

更に高度な知識がいっそうワケわからなくする。

例えば、星の寿命が10億年と仮定すると、

年に一回って、人間の寿命に換算すると、3秒に1回ぐらいって

殆ど一緒に居るってことじゃん。などと。

もはやここまでくるとこのカップルの哀しみは見事なまでに消失する。

そして、極みは、、、

いわゆる通称“彦星”は、本名“アルタイル”。

実にこの星、地球から17光年しか離れていない。

したがって、彦星が寿命を終えて、超新星爆発なんてしようものなら

その影響で、地球上の生物の半数以上が滅んでしまうはず、、、って

全然“七夕”ってロマンチックじゃねぇ〜。


P.S

という大人の話題でしたので

良い子は、今日のひとコマは読まないでね。



AM 11:16:51 | [思考の散歩]

2019年07月06日  虹に注意

夕方、運転中、虹がとても綺麗な瞬間に遭遇。

こんな虹、久しぶりだなぁ、と思っていたら、

「あっ、あぶねぇっ!」

前の車が突然停車。

運転手がおもむろに降りてきて

スマホで虹の写真を撮っている。

「おやじぃ、、、勘弁してくれ。」

オレだってパシャッてやりたいのを我慢してるのにさ。

我が子に写メ送ったりするのかぁ?

それとも、、、まさかのオヤジインスタにアップ?

自分も撮りたいくせに文句を呟いている自分が哀しい。


P.S

けど、、、後ろに車を並ばせて、

そこで一緒に撮る勇気はなかったっス。



AM 11:15:32 | [写真館]

2019年07月04日  アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

実に、アベンジャーズの最後ということでエンドゲームを観に行ったのだけれど、

それは、完全にその一話前のインフィニティ・ウォーの続編だったわけで、

やっぱいろいろスッキリしたくて、慌ててレンタルして観た次第。

「ふ〜ん、そういうことだったの、、、。」と納得はできたものの

石ころ6個集めてユビパッチンで

宇宙の全てのことがコントロール出来ちゃうって、、、

# ちょっとスゴ過ぎ。

それにしても、スーパーキャラが多過ぎっ!

しかもそれらがクロスオーバーして物語が成り立っているって言ったって

その前に21作品全部見て、しかも全部物語が整理できていて、

全てのエピソードがちゃんとつながる人って

世界中にいったい何人いるんだよっ?!

# けど、アメリカには、いっぱいいるんだろうな、やっぱ。

何を隠そうこの私も、

アイアンマンやハルクやマイティ・ソーも最初は観始めたけれど、

それぞれの話が個別に繋がっているだけでもとてもついていけない感があって

もはや無理、とあきらめてしまったわけで。

だから、わからないギャグやオチなんかもやはりいっぱいあったワケで。

# まぁ、そうは言っても、とりあえず映画は楽しめるわけですが、

しかし、この終わり方はねぇ、、、。

強烈なファンは、よくエンドゲームまで我慢できましたね、感心感心。

と、映画ファンに許されない禁断の前編後編逆視聴をお許しください。


P.S

ユビパッチンの時に、

1回目は、全宇宙の生き物を半分にし

2回目で、それを元に戻し、

3回目で、敵だけを消滅させる。

って、どうやってコントロールしたのでしょうか?

希望内容を頭に浮かべながらパッチンすれば良かったのでしょうか?

そこんところを誰かスッキリさせてください!




AM 11:13:37 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.