Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK















いま時の記事
2018/04/05  スターシップ9
2018/04/03  人類の進化は結構強肉弱食かも
2018/04/01  今年のエイプリルフールも
2018/03/30  さよならの朝に約束の花をかざろう
2018/03/28  「なる努力」より「なって努力」

ま、あえて分ければ
日記(402)
映画(666)
コレクション(147)
写真館(301)
言葉の感触(405)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(283)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(259)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(39)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(9)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(22)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(2)

想い出の日々
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+13
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座

還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.


2018年04月05日  スターシップ9

スペイン映画である。SF(?)である。

実を言うとこのDVDはパッセンジャーと一緒に借りたワケで。

宇宙船に独りぼっち的なストーリーを2本立ててみようと思ったワケで。

# とパケジャケから勝手に判断したんですが、、、

見事に裏切られました。

いやぁ、こういう内容もありかぁ。

確かにB級映画っぽいところはぬぐえませんが、

低予算で作れるこういった発想の映画、スペインアッパレである。

# 頑張ってネタバレを避けて、、、

前半のブッチャけた意外性の後は、

なんとなく普通のアクション映画っぽくなってしまったけれど、

でもまぁ、総じて、その前半の意外性で最期まで興味持って観れました。

しかし、この終わり方もなぁ、、、

ハッピーエンドっぽくはあるものの

深く考えると、実に哀しいお話である。


P.S

で、この子は大丈夫なの? 外へ出ても。




AM 11:18:04 | [映画]

2018年04月03日  人類の進化は結構強肉弱食かも

とある人類の進化モノを扱った番組を見ていて

耳に入ってきた。

人類が道具を使うことになった瞬間は、

獲物の動物の骨の髄を食べる時につい石で割ろうとした時という。

そう、貴方がカニの足の身を食べている時に

その足が堅くて折れなかったら、きっと道具を使おうとする。

そんな瞬間を想像してしまう。

その石が割れて断面が尖っていたために、自分の手が切れてしまった時に

その痛みを感じながら、ふと、人類は思うのである。

「コレハ、ツカエル、、、。」

そう、困難挫折が、人を進化させた瞬間である。

一方、あごの力が強くて、何でも噛み砕いて食べられた人種は、

やがて滅んでしまったという。

いやなに、このアイロニーは実に意味深いと思うんだがな。

人は、どんな立場であれ、逆転する可能性を示唆しているような気がして。

今、この状態に満足するなかれ。

きっと感性は、今の状況を打開反転する可能性があるものなのだ。

と、心に留めて。

ただ、番組では、人種が滅んだか生き残ったかは、

集団生活をしていたかどうかによるそうだ。

集団で生きるというのは、いろいろゴタゴタもありそうだけれど、

やっぱり切磋琢磨されるのかもしれないですね。


P.S

まぁ、今の状態が満足出来ている状態ならば、

打開反転の必要も感じないのかもしれない。

けれど、その満足は、いつまでも続くと思わない方がいい。

私は、長い人生でそんなこんなも見てきたはずで。

そんなことも、あらためて心に留めて。




AM 11:14:48 | [思考の散歩]

2018年04月01日  今年のエイプリルフールも



知らないうちに終わってた。

無念である。




P.S

なに1年に一日しかウソつかないブリッ子してんのよ、このオヤジ。



AM 11:09:51 | [日記]

2018年03月30日  さよならの朝に約束の花をかざろう

アニメである。

時間が空いた日曜日、泣く目的でこの映画を選択。

設定がなんとも泣かせる設定で。

なにしろ10代半ばで外見の成長が止まる不老長寿の種族のお話である。

そんな種族のひとりの女の子(?ってか、ホントはオバサンかも。)が

ひとりの赤ん坊の男の子を拾い、育ててゆくお話。

最初は、母として育てるのであるが、

赤ん坊が育っていくと、外見上は、兄弟となり、やがてカップルになる。

どこまでも母親として愛情を注ぐ彼女と、

やがて、本当は自分の母親ではないと知って、その愛情を複雑に思う彼。

まぁ、あれやこれやいろいろ起きながらも

母と子の深い愛情のお話でした。

まぁ映画館内は、あちこちで鼻グズグズ音が聞こえてくるのだけれど、

それは、どういう人だろう。

若いオンナの子かな?大人の母親かな?

なんて想像してたりしてる自分が哀しい。

座席は、ほぼ満席。

とにかく若い人ばかりだった。

やっぱりこの手のアニメだと、若いオトコも多い。

# って、老齢の私はちょっと恥ずかしかった。

しかしなぁ、、、こんな母子の愛情物語を観て

若いオトコはどう感じるのだろう?

そろそろ母親がウザい存在なはずじゃないの?

“オイ、ワカモノのオトコタチよ、こんな母の愛情に感動してちゃダメだぞ”

と、老齢な私は思い続けたのでありました。

画がすごくきれいで、どのシーンも実にいい。

コスチュームも老齢なオヤジには、これがまたなかなか、、、ですみません。

おススメ度:中。


P.S

しかし、、、何百年も生きる不老長寿ってどうなんでしょ。

そりゃ楽しいことも多いかもしれないけれど、

ツラいことも多そうな気がするのですが。

けど、10代の体力・外見の不老長寿なら、文句ないっか。

そもそもこの前提が、あまりにも理想過ぎますよねぇ。

なが〜いなが〜い人生。

赤子を拾って育てて最期を看取る、、、ってのも

単なる一出来事のような気もするのですが。

# って、そんな冷静に観る映画ではありませんので、ご注意を




AM 10:59:24 | [映画]

2018年03月28日  「なる努力」より「なって努力」


「なる努力」をするより、

「なって努力」する方が身に付くように思います。


----

確かに。

持家の購入に例えれば、納得し易いでしょう。

買う為に貯金してたって、いつまで経っても即金で買うのは無理だって。

買ってから、ローンを返した方が、とりあえず持ち家は持てるって。

# わかり易い例だな、うん。

だから、時には、大風呂敷広げるのも大切なんですよ。

と、書いてみましたが、

それ以降は、自己責任でお願いします。


P.S

ひとは、それぞれ、それなりの住むべきステージがあるかもしれません。

あくまでも、そこから大きく外れていないということが前提ですよ。

それ以降は、自己責任でお願いします。







AM 10:54:26 | [言葉の感触]


Powerd by SUK2 BLOG.