Yuki コルクボード
川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

ちょっとひと言















いま時の記事
2020/02/12  ネズミの置物(石鹸)
2020/02/10  ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
2020/02/08  手袋とネックウォーマー
2020/02/06  切腹とは
2020/02/04  カイジ ファイナルゲーム

ま、あえて分ければ
日記(434)
映画(775)
コレクション(171)
写真館(343)
言葉の感触(461)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(320)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(277)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(46)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(10)
ちょっと工作(8)
心臓をメンテナンス(24)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)
PSVR(13)

想い出の日々
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+15
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
還暦過ぎました。

でも、まだまだ知らないことがいっぱいで。

いつまで経っても、人生の新春でいたいものです。

Today is the first day of my life.

2020年02月12日  ネズミの置物(石鹸)

頂きモノであります。

ネズミの置物であります。

石鹸製であります。

開運になるかと、せっかくもらったものなので開封してみたら

か、香りが、、、すごい。

決してイやな香りではないのだけれど、

いわゆる石鹸の香りなのだけれど、、、

つ、強過ぎるぅ、、、。

ということで、トイレに設置。

ネズミ君、ごめんな。


P.S

かと言って、使って、ツルンツルンになってしまうのも

また可哀そうな気がして、、、。

複雑な気持ちになる一品であります。




PM 12:03:44 | [コレクション]

2020年02月10日  ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ

いろいろ人気が高そうなのだけれど、

麻薬系・殺人系物語はやっぱりダメぽ。

# そう言いながらドキドキしながら観終わってしまうのってどうよ。

どこまで現実感があるのか、私のような小市民にはサッパリですが、

こんな思いまでして、麻薬で金儲けする気もよくわかりません。

自分だけは、最後までうまくやり遂げられるという自信が持てなきゃ、

もしくは、流れでダラダラとのめりこんでいってしまうか、、、でしょうか。

しかし、躊躇なく人を殺せてしまう人間が主役っていうのは

やっぱ好きになりたくないなぁ。

というわけで、わたし的には、お勧め度0。

こういう映画が好きな人とは、あまり話が出来んな。


P.S

しかし最近、、、

RecRoomで人に向けてコルクガンを撃つのが平気になってきている自分も

そろそろやっぱ、、、ヤバいのか?



PM 12:13:01 | [映画]

2020年02月08日  手袋とネックウォーマー

雨の日も風の日も雪の日も

原付に乗ってる時の3年間ありがとう。

手袋とネックウォーマーに感謝をこめて。


P.S

もっと早く買い替えるべきじゃない?なんて言わないで。



PM 12:03:34 | [コレクション]

2020年02月06日  切腹とは

テレビで

「切腹とは、腹の中を見せて身の潔白を知らせるため」

というセリフが耳に入ってきた。

心をはじめとする人間にとって大切なものは腹にある、というのは

昔の日本の考え方として聞いたことはあったけれど、

切腹が、それを見せるためだった論は初めて聞いた。

切腹の場面がすべてそうだったかとは思えないけれど

そう言われれば、無念ながら腹を切った人間が殆どだよなぁ、きっと。

とりあえず腹を切らなくても済む現代人の行動・発言の軽薄さを感じたりもするけれど、

今が昔なら、自分もこの歳まで生きてこれなかったんじゃないか、、、とも。

やはり責任が持てる行動と言動で生きてゆきたい。


P.S

だから、、、

政治家になれそうもないし、マスコミで働ける自信も、、、ない。








PM 12:02:04 | [言葉の感触]

2020年02月04日  カイジ ファイナルゲーム

なんだかんだカイジは前2作を

なんと映画館で観てしまっているので、

ファイナルと聞けば、

お〜これで終わってくれるのかぁ、

と、映画館へ。

# ポイント使って無料で鑑賞。

と、それと

藤原竜也と吉田鋼太郎との戦いのシーンが

今は亡き蜷川幸雄の育てた二人のやり取りが再演されるのか?

と、それにも興味があったりして、、、。

けど、けど、けど、、、なんだかなー。

アクの濃い俳優を集めて、全編大騒ぎしてるだけ感で

そもそもトリックを言葉で長々と説明しなきゃ成立しないストーリが痛々しい。

まぁ、ファイナルということで、製作者は自分の言いたいことを

好き勝手に発することができて、自己満足に浸ってたりしないかぁ?

とちょっとツッコませて感想とかえさせていただきます。

極めて残念なファイナルでありました。


P.S

そもそもカイジも、、、

相手側のインフラ情報をゲットし過ぎでしょうが。

こんなんギャンブル性ありゃしませんや。




PM 12:05:07 | [映画]


Powerd by SUK2 BLOG.