Yuki コルクボード
YukiCorkBoard 川面を流れる木の葉のように、時の流れに身をまかせて、、、っていう生き方は好きではありません。

NHK

















いま時の記事
2017/05/09  舞妓Haaaan!!!
2017/05/07  ちょうど1000km
2017/05/05  5月の風物詩
2017/05/03  ディパーテッド
2017/05/01  CD vs MP3

ま、あえて分ければ
日記(374)
映画(615)
コレクション(137)
写真館(281)
言葉の感触(376)
イタリア紀行(94)
思考の散歩(270)
私の体を通り過ぎて行ったもの達(256)
愛地球博だより(41)
モンゴル紀行('06)(9)
書道(18)
Bird's Eye(4)
カンボジア紀行(27)
50の手習い(33)
iPhoneパーク(56)
モンゴル紀行('10)(16)
東日本大震災(29)
美術ネタ(7)
ちょっと工作(7)
心臓をメンテナンス(21)
ヨーロッパ紀行(74)
アナログレコード(3)

想い出の日々
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月

以下は秘密事項
ひとはこう呼ぶYuki
とうとうウソのような47+12
内緒だが、、、
今のところまだ愛知
どうせ変人のAB型
常に公平冷静な天秤座
−−お知らせ−−

小学生(別に中学生でも構いませんが)の電気に関するいろいろな質問をお受けしております。やはり私の技能でお答えできる範囲内となりますが特にジャンルは問いません。もちろん無料です。お気軽にメールください。

注意:
大人の小中学生を装ってのバグ取り作業依頼は、固くお断りします。

2017年05月09日  舞妓Haaaan!!!

封切り当初、どうにもくだらなさそうで見送ったものの

とあるサイトでの投稿数ランキングが高く

んじゃ見てみっか、と勇気の視聴。

まぁくだらないっちゃぁくだらないんだけれど、

次々と繋がるくだらなさに乗ってしまって、、、

観終わってみると、なかなか考えさせられたりして、、、

そもそも動機がなんであれ、

自分の夢の為に、メチャクチャがんばれて

それなりに結果が出せて、夢を実現するこのストーリーは

アメリカン(うんにゃジャパニーズ)ドリームストーリーか?

そもそも私なんぞ、死ぬまでお茶屋さんに上がることはないのだろうし

そんな世界もあるんだなぁ、程度にしか思えないのだけれど、

なんだか時代と共に維持するのが難しそうな気がしないでもないな舞妓さん。

ある意味、日本文化としては是非残って欲しいものである。

脚本は、宮藤官九郎。あ〜やっぱりね。

相変わらず阿部サダヲが騒がしい。

そんな阿部サダヲを思い続ける役の柴咲コウが不憫である。

それにしても堤真一はさすがである。関西弁も馴染んでいる。

そうかぁ、2007年製作って、10年前はまだ植木等は存命中だったわけで。

まぁおススメ度は、今更ない。


P.S

いつもは、いささか“会員制”に悔しい思いを感じるものの

けれど“一見さんお断り”のシステムは、なんとなく納得できた。

そう言えば、近所に紹介でしか入れないレストランがある。

日頃「なんだよ〜」なんて思っているけれど、

まぁ、わからん気もしないでもないなぁ、、、。

けど、そんなんで無粋な輩を排除できるのかなぁ、、、今どきは。



AM 11:24:55 | [映画]

2017年05月07日  ちょうど1000km

原付に乗り始めて

ちょうど1000km。

やっと1000km。

ちょうど10か月なので、

100km/月。

まぁ、他の人から見れば少ないんでしょうが

今更、自動車にはない便利さを感じて実に快適です。

# 自動車からはウザったがられてんだろうなぁ。

でも、そんな乗り方しないように努力してんですけどね。

けど、原付の存在自体がウザく思っている人も多いでしょう。

# 私もそうでしたから。

いつまで乗っていられるかなぁ。

ボケ防止にはなるような気がするけれど、

やっぱ最後は老害にならないようにしないとね。


P.S

自分が老害とわかる人間は、相当の人格者だよね。

そもそも、そうなれるかどうか自信が、、、不明。




AM 11:22:25 | [日記]

2017年05月05日  5月の風物詩

5月の風物詩って言ったら

やっぱり鯉のぼりでしょう。

壮大な鯉のぼりは、

やはり見どころがありますね。

準備する方々の大変さを思いながら

そんな風物詩に出会えたことに思わず感謝。


P.S

どうもヒモノに見えてしまうのが私のイケナイところ。



AM 11:19:49 | [写真館]

2017年05月03日  ディパーテッド

つい懐かしくなって視聴。

というのもこの映画は

「インファナル・アフェア」
(香港映画ですね。)

のハリウッドリメイク版というのは、既に知っていたわけで。

「インファナル・アフェア」は、当時確かに面白かった。

それをハリウッドがリメイクしようとした気持ちもよくわかるのだな。

けれど、、、「インファナル...」を越えられなかった感が。

# 私がアジア人だからか?

そもそも、どーもわかりにくかったし。

それに、なんていうんだろう、人生とは、とか、オトコの美学とか、

なんかそ〜ゆ〜のが感じられなくて、

なんだかギャング闘争感ばかりが強かったよね。

本人たちの悩み、苦悩などは、「インファナル...」の方が一層深かったような気がして。

まぁ、米国人には、アジア人でのこのお話がウケなくて

インファナルを面白いと感じたプロデューサが、米国人でもう一回作り直してみた、

って感じでしょうか。

だから、インファナルとの比較、好き嫌いは、人種によるのかもしれませんね。

そういう意味では、香港映画が素直に受け止められる方には

「インファナル・アフェア」の方がおススメです。


P.S

しかし、、、いろいろ、イロイロ、色々あったのに、

その人生を一瞬で終わらせてしまう、ってのは、ちょっと雑じゃないっすか?

という私の感想。



AM 10:43:29 | [映画]

2017年05月01日  CD vs MP3

いやなに動画圧縮の話をしていて、

ついでに音楽の話に移ってしまった時のこと。

面白い話になった。

みなさんは、CDとMP3とどっちが音質がいいか?と聞かれれば、

「CDに決まってるだろ。」

なんて思っていませんかね。

それは、いつもCDからMP3にコンバートしている人だからですかね。

そもそもCDは、音楽を原音から微細要素を間引いてデジタル化したデータ。

それに比べて、MP3は、元データを如何に圧縮するかで出来たデータ。

だから、再生時にどちらが原音に戻せるか、ということになれば、

充分なサンプリングで得られたMP3の方が原音に近く戻せるという事実。

今後、もっと大きなデータが気軽に扱えるようになれば、

CDのフォーマットは、悪い音質媒体扱いされることになってしまいますかね。

もっとも、人間の耳でその違いがわかるか、っていう前提があるから

音楽を物理的に手に持ちたいという欲求で

日本では、CDが生き延びているのでしょうね。


P.S

私は、CDを買って、聞く前に割ってしまった経験がある。

そのショックの大きかったこと。

それ以来、スマホに入れ直すのが面倒なことも手伝って

ネットから直接ダウンロード購入ばかりになった。

けど、CDは、借りられるのがいいよね。

自分は、ネットで買って、他人からは、CDで借りる、、、

って、どんな身勝手な人間よ、このオヤジ。




AM 10:38:02 | [思考の散歩]


Powerd by SUK2 BLOG.