Will diary
ウィル歯科医院の日記です。

2010年02月23日  バンクーバーオリンピック
ウィンタースポーツは割と好きなのですが、バンクーバーオリンピックは新聞とネットの記事で結果のみという毎日です。

スノーボードは服装問題で一悶着あったようですが、善くも悪くも認知度は向上しましたね。

ただ明日から女子のフィギュアが始まるので少しだけ注目しています。
そんな話をスタッフたちと休憩時間にしていたら、スタッフたちの関心はカーリングだそうです。
ルールも正確に把握していないので、私は全く関心がなかったのですが、カーリングが今熱いそうです(戦績は今日でかなり厳しい状況に追い込まれたようですが)

明日のフィギュアは、日本人3選手には是非がんばっていただきたいと思います。
願わくば表彰台の2つか3つ?は日本人選手を希望しています。


PM 10:58:29 | [ひとりごと]

2010年02月12日  感動したニュース記事
埼玉県の女子中学生(15)が1月、日本航空石川高校(石川県輪島市)の推薦入試で輪島市に向かう途中、大雪による列車運休で足止めされながらも、母親と二人で三百キロ余りをヒッチハイクして試験会場にたどり着き受験、合格した。

1月16日午後11時半、JR長岡駅(新潟県)。
新幹線から乗り換える予定だった夜行列車が、折からの大雪で運休になってしまった。
「もう間に合わない」。同時に夢は「終わった」と思った。
母とともに立ちすくむ静かなホームで涙が止まらなくなった。
泣いている娘さんを母親が「絶対あきらめない」とたしなめた。
そして、長岡駅を出た母親は娘さんにヒッチハイクを提案した。

長岡ICで富山方面へ向かう車に乗せてもらう事ができました。
しかし、その車では新潟県直江津までしか行く事が出来ませんでした。
もう既に午前2時です。吹雪の深夜に走る車もいません。
娘さんは車が通りかかるたびに傘を振り回して合図。
吹雪の中を約2時間半歩き続けました。
歩いて10km先の給油所までたどり着きましたが、
吹雪の中では、もうこれ以上歩けません。
この給油所で乗せてもらえる車を待ちました。
しかし深夜です。なかなか車が来ません。

そして、午前4時半
なんとか金沢へ向かうトラックに乗せてもらう事が出来ました。

やがて、トラックが富山の手前に差しかかった時、運転手さんが、
「よし、輪島まで行っちゃる」と
方向を変え、輪島に向かってくれました。
富山から輪島まではおよそ100kmです。
運転手さんにとっては往復で200kmのロスになります。

17日午前9時、試験開始10分前に会場に滑り込みました。
 乗せてくれたトラック運転手の男性は金沢市までの約束だったが、
事情を知り「うちも同い年の受験生の娘がいるから」と高校正門前まで送り届けてくれたとのこと。
 
入試の作文は偶然にも「私が感動したこと」。生徒は運転手に助けられたことや母への感謝の気持ちをつづった。
結果は合格だった。

私は大学が新潟でしたので、この記事に書かれている距離感覚は十分にわかります。
そして猛吹雪の中を歩き続ける事がどんなに大変なことかも。
その情景を思い浮かべると、胸を打たれる思いでした。

PM 10:45:50 | [ひとりごと]

2010年01月28日  電線のない街並
普段から、毎日の通勤で通る道です(センター南駅からウィル歯科医院へ)

ここ数年で随分と建物は多くなりましたが、あまり、ごちゃごちゃとした感じではなくきれいな街並だと思っています。

ウィル歯科医院のある茅ヶ崎中央には電柱がありません。

たぶん、これが美しい景観をつくるポイントではないかと思います。

普段、見慣れた道も、よく目を凝らすと四季の変化も感じられ、とても気持ちよく出勤できています。

そんな毎日に感謝。

PM 11:42:43 | [ひとりごと]

2010年01月24日  今月もあと少しですね。
澄みきった青空の1日でしたね。
1月も気がつくとあと少し、早いものです。

今月は、駅のホームや本屋など様々な場所で、受診者の方とお会いしました。
私に気がついて声をかけていただいた方。
すれちがった後に「あっ◯◯さんだった」と私が気づいた方。
逆に私は全く気づかなかったのですが、見かけましたよと治療の際に教えて頂いたりと。

ウィル歯科医院も気がつけばもうすぐ開院して7年目を迎えようとしています。
歯科への通院というきっかけでお知り合いになった方は当然多くなりました。

お会いした受診者の方に、仕事以外の時の先生に声をかけてはいけないかと思ったと言われました。
そんなことはありません、遠慮なく声をかけてください。
逆に私も遠慮なくあいさつをさせていただいていますので。

明日は休診日です。
久しぶりに知り合いの先生の歯科医院へ見学と話をしに行ってきます。


PM 11:46:45 | [ひとりごと]

2009年12月23日  八方美人で八方塞がり?

たぶん政治とは、様々な人の思い、地域への思いを配慮しながらも、それに優先順位の付与や選択、決断を迫られる仕事なのではないかと思います。

鳩山首相も頻繁に国民の思い、沖縄県民の思いなどと「思い」という言葉を頻繁に使います。
その多種多様な「思い」に気遣いすればするほど、決断が遠のき「八方美人」と批判されます。

政治家の決断によって事態が動き、それがまた時代を展開させて、新しい時代を作っていきます。
何も決めなければ、時代や事態が動かない中で、いろいろな人の思いが制御できないほど強くなって、事態の紛糾を呼び、国民は閉塞感と政治への失望を重ねて行くことになります。
その結果生まれるのは、「八方塞がり」です。

子ども手当、ガソリン税など少しづつ動き出した感はありますが、思いを汲みつつ迅速な決断力が今の政治、日本には求められているのではないかと思います。

PM 10:58:29 | [ひとりごと]

2009年12月15日  寒い1日、お休みの日に学んだこと
寒い1日でしたね。
今週は寒い1週間になるようですので、厚着して出勤しています。

昨日のお休みには、滅多に足を踏みいれない百貨店に行ってきました。

お菓子の贈り物をするためだったのですが、目的のお店が百貨店の中のテナントにあったためです。
その老舗のお店に行きショーウィンドウに飾られた品物の中からある詰め合わせを見せてほしいとお願いしました。

店員さん「この安いほうの詰め合わせですか?」
私「はい・・・」
私「隣の詰め合わせも見せてください」
店員さん「こちらの高い方ですか?」
私「はい・・」
私「こちらにしますのでお願いします」
店員さん「1つだけでいいですか?」
私「はい」

たぶん、百貨店は土日がとても忙しくて月曜日には少し息抜きするようなシフトが組まれているのかもしれません(お客さんも少ないでしょうから)
ですから、いいサービスを期待するつもりはありません。
必要最低限の応対をしてくれれば十分だと考えています。

でも今回の応対は少し考えさせられました。
この事は、ウィル歯科でスタッフたちにミーティングで話をしました。
品物を購入するという目的は果たせても、応対だけで気持ち的には少しげんなりしてしまいます。
結局、百貨店でも歯科医院でも応対がとても大切なのではないかと思います。
いたらぬ点は私も含め、もう1度見直していこうとスタッフたちと確認し合いました。

そういう意味では非常にいい経験をさせてもらえた1日でした。

AM 12:16:59 | [ひとりごと]

2009年11月15日  なにげない一言
11月も折り返しになりますね。
通勤時に見る木々は色づき秋が深まっているのを実感します。

先週、治療が終了される年配の患者さんと最後にあいさつをしていたときのことです。
私が「長い通院おつかれさまでした」と声をかけさせてもらいました。

その際に、
「治療が長くかかったから、楽ではなかったけど苦痛でもなかったよ、先生のところへ通うのは。」

と何気なくボソッと言ってくれました。

こういった言葉をかけて頂くのは大変ありがたいです。

私だけでなくスタッフも含めて、より前向きに、情熱をもって仕事に打ち込むことができます。

本当に感謝です。



AM 12:16:59 | [ひとりごと]

2009年07月26日  豪雨災害、総選挙、麻生首相、患者さんのことなど
今日は暑い一日でしたね。
梅雨明けが発表されても、このところ天気の不安定な毎日でしたが今日は夏らしい一日でした。

九州や山口では豪雨災害が拡大しているようです。
十分な警戒をなさっていただきたいと思います。

衆議院が解散し、総選挙が始まりますね。
特に自民党と民主党は舌戦が繰り広げられています。

 そこで気になったニュース
 
 麻生太郎首相は26日、豪雨災害で多数の死者・不明者が出た山口県防府市の被災現場を視察する予定を取りやめた。現地の天候不良を理由としている。



選挙活動は二の次にして
「首相、今、現地を視察するのは大変危険です」と、側近が進言しても「国民を守るのが私の使命だ」と言って、防災服を着てヘルメットをかぶり豪雨の中を泥だらけになって現地を視察するくらいのパフォーマンスはしてもいいのでは?
政治家は国民のためにどれだけ汗をかくことができるか?だと思うのですが、どうでしょうか?
勿論、2次災害の危険性や首相が現状の天候で視察しても邪魔なだけかもしれません

ただ、どんな演説をするより、繰り返しその姿がメディアで報道される方が効果的に思うのですが。


最後にウィル歯科に通院していただいている方で入院手術をされる方がいます。
急な報告で驚いたのですが、どうぞお大事になさってください。
1日も早いご回復をお祈り致します。

写真は、サルトリイバラ



 

AM 01:00:43 | [ひとりごと]

2009年06月27日  古いアルバムを聴きながら・・
今朝、出勤前に飛び込んできたニュース。
マイケル・ジャクソン死亡?

少し、画面に釘付けになりました・・・

近年、スキャンダルな部分が脚光を浴び、彼の音楽性は影を潜めてしまいました。
ですが、当時私も彼の音楽のとりこになっていましたし、今でもアルバムを何枚か持っています。

なんだか本当に寂しい気持ちにさせられた1日でしたし、何となく実感がわかないです。



AM 12:46:47 | [ひとりごと]

2009年06月22日  お休みの日に思うこと。
今日は、曇り空で蒸し暑い1日でしたね。

今日の休診日はずっと自宅で部屋にこもっていました。

ここ1、2年くらいは歯科に関して学術的な探求に費やす時間が非常に
高くなっていました。
歯科医療の現在のトレンドであったり、その方法や評価、論文の裏付けなどを調べたりすることなどをルーティンワークにしていました。
勿論、とても大切なことなのですが・・

ただ、高度で専門的な知識を吸収すればするほど、受診されている患者さんとの距離感がでてきてしまう感じがします。

たとえば治療方法の説明をさせていただく際にも、受診されている方が
理解しやすい言葉を選ぶのに少し時間がかかってしまう感覚があります。

まあ、私の頭の切り替えが上手でないといえばそれまでですが(笑)

そこで今日はこれまでのウィル歯科医院での受診者への説明や説明文などの見直しをしていました。
これがいざ始めるとなかなか進まず、今日1日を費やしてもまだまだといった状態です。
ただ、少しづつでも改善していこうと考えております。



PM 11:22:38 | [ひとりごと]

2009年02月22日  楽観論?
診療が終わって帰る際に最低週に一度は、本屋に立ち寄り、読みたくなるような本がないか物色しています。

 最近は「金融危機」「資本主義の崩壊」「世界不況・恐慌」といったタイトルの本が多くなっていると実感しています。

私も何冊かは読みましたが、将来への悲観論が色濃く書かれているものは途中で読むのを止めてしまっています。

日本人はもともと内向き下向き後ろ向きに考える傾向が強いと言われています。

私は、(不安な気持ちは心の奥にしまい込んで)未来は明るい、将来はきっと今より明るいものになると信じること、未来に期待すること、そういう気持ちを多くの人が自己暗示のように意識的にもつことが必要な気がします。

本当は日本の政治家やリーダーが、国民が熱狂するようなビジョンや指導力を発揮してほしいのですが、なかなか難しい現状を感じています。


先日、ある受診者の方と治療が終わって話をしました。
その方は多くのビジネスをされていて、パワフルでエネルギッシュに活動なさっています。
その方も、悲観論には耳を閉ざして、いつも楽観論(なんとかなるし、未来は明るい)を心の中心に置いているのだそうです。

気の持ち方だけでは、現状がすぐに変わることはなくても、実はとても大切な考え方なのではないかと思っています。


PM 11:22:38 | [ひとりごと]

2008年10月07日  健康であるために気をつかっていること。
「最近、先生いつも忙しそうにしているけど体調とか大丈夫?」
と受診者の方に言われました。

受診者の方に心配していただくというのはお恥ずかしい限りですし、プロ失格ですね。
気にしていただきありがとうございます。

基本的に、体調は良好です、少し慌ただしい日々が続いていますが。

健康であることはとても大事ですね。

健康であるために少しだけ気をつかっていることは

・身体の外側の健康・・運動をする(最近は1日20分くらい歩くことしかできませんが)
・身体の内側の健康・・食事に気をつかう(これについては家族に感謝してます)
・心の健康・・入ってくる情報をしっかり取捨選択していくこと。
以前から日記に書いたりしていますが、世の中の暗いニュースや気持ちが落ち込んでしまうような事件/事故については、あまり心の奥に入れないように心掛けています。

これくらいでしょうか?
特に心の健康に気を遣うことは、毎日の生活リズムを保つ上で、とても大切なことだと思っています。

実はお口の健康にとっても心の健康はとても大切だと考えています。
あまりストレスを強く感じている日々を続けていれば歯を食いしばり続けることになりそれは結果的にお口の中のトラブルにつながることが多いからです。

最後に、今日、心にインプットしたニュース
日本の若者の理系離れがいわれて久しいですが、三人ものノーベル物理学賞受賞おめでとうございます。



AM 12:30:57 | [ひとりごと]

2008年09月18日  事故米のニュースで思うこと
台風の影響もあるのかもしれませんが、最近はだいぶ涼しくなってきましたね。

事故米のニュースが毎日報道され、食用として病院や保育園、学校給食やコンビニとその実態が次々と明らかになっています。
近年、産地偽装や消費期限の改ざん他にも海外からの冷凍ギョウザ事件など食の安全を脅かす事件が非常に多くなっていますし、私たち国民は敏感になっています。

また、原油や原材料価格の高騰(少し鈍化しているようですが)で食品メーカーは毎月のように製品の値上げをしていますよね。

先日、スーパーにいった際に〝小麦の値段が高騰しています、日本人はやっぱりお米、お米中心のメニューを考えてみませんか?〟と書かれたPOP広告がありました。
お米は、最後の砦というか安全で価格も比較的安定して供給されているという意識がありました。
それがこの事故米というか汚染米のニュースですので本当に残念に思います。

ただ農水省も食用転売したメーカーも会見を聞く限り、事の重大性を認識していないようですが、主食となるお米に対しての今回の裏切りは、国民を深く傷つけ、簡単には拭うことのできない決定的な不信感を与えたことをいつか、思い知る時がくると思います。







PM 10:53:27 | [ひとりごと]

2008年08月24日  北京オリンピック閉幕
まだ暑い日はやってくるのでしょうが、ここ最近は涼しい日が続きますね。

今日で北京オリンピックが閉幕となりましたね。

生中継で競技を観る機会はほとんどありませんでしたが、選手のみなさまお疲れさまでした。

今回の数ある種目の中で、ずっと気になっていたのが野球でした。

ちなみに普段はプロ野球などは全然見ないのですが・・

今回はたまたまLiveで見ることがあったり、ニュースでもよく取り上げられたからなのかもしれませんが、結果だけは気にしていました。

日本はもう少しいけるかと思ったのですが、残念でしたね。
優勝した韓国はなんだか体格も米国やキューバにも引けをとらず、同じアジア人とは思えませんでした。
日本人は、とても細くて華奢なイメージを持ったのですが、どうなんでしょう?

しばらく野球に関しては色々バッシングを受けるかもしれませんが、本当にお疲れさまでした。

北京オリンピックは、いくつかの問題も指摘されていましたが、ほぼ成功したと言っても良いのではないでしょうか?

ウィル歯科医院は明日は休診日です。


PM 11:46:45 | [ひとりごと]

2008年06月12日  最近のニュースで感じたこと
私は基本的にニュース番組はあまり見ません。

痛ましい事件や事故の知らせを知ることはあっても、それ以上深く関心を持たないように心がけています。

専門家と呼ばれる人たちが事件事故の原因や状況を分析したり、犯人の生い立ちに言及したり、社会全体の問題だと言及するのをみても、心に不安や怒り悲しみを抱えるだけであって前に進めなくなるような気がするからです。

ですから先日の秋葉原の通り魔殺人事件について細かいことは理解していません。

ただ、とても気になったことが2点あります。

現場の混乱している状況を携帯で写真撮影する若い?人たちがとても多かったこと。
写真は事件を検証する上で貴重な証拠となることはありますから、すべてが悪いわけではないでしょうが、他にするべきことはなかったのでしょうか?

逆に救急隊らと協力して一般の方でもAEDを持ち出して救助にあたる姿がありました。
ただ被害者の中にB型肝炎の方がいらしたと後日ニュースがありました。
救助に携わった方達に感染のないことを心から祈ります。

この2つの光景が抱える矛盾になんだかとてもやるせない気持ちになります。

PM 10:45:50 | [ひとりごと]

2008年05月18日  アジアでの災害について思うこと
ミャンマーではサイクロンで4万人以上、中国の四川省の地震では3万人以上の死者。負傷、被災した方の人数は20万人以上ともいわれています。

サイクロンも地震も人災ですので、事前にその発生を防ぐ可能性は低いと思います。
しかし、その後の救助体制の受け入れ体制などをみていると、被害の拡大は人災の面もあるのではないかと思います。

両政府とも他国の支援を当初断り、徐々に限定的な受け入れを認めていますよね。

勿論、災害発生直後からの受け入れは、救助隊にしろボランティアにしろ難しいと思います、
無秩序に入ってこられたら、より混乱が生じる可能性もあるでしょうし、2時災害の発生や拡大の恐れもあります。

たしか阪神大震災の時にも海外からの支援を地震発生直後は、お断りしていたような気がします。

ですが、阪神大震災の時と今回の災害への対応で異なるのは、明らかに各政府のメンツや都合が優先されたことが垣間見えた点です。

ミャンマーは数日後の選挙をなんとしてもやって結果的に92%が賛成という国民投票を済ませたかった。
中国は、北京オリンピックを控え、これ以上中国国内での不満を海外の目にさらしたくなかったという思惑があるのでは?と思います。

こういった国民の命より政権/国の都合が優先されるというのはとても残念に思います。


PM 10:53:27 | [ひとりごと]

2008年04月26日  聖火リレーをみて感じたこと
診療後、帰宅してからニュースで長野での聖火リレーの様子を見ました。
厳戒態勢の中行われるのは知っていましたが、大きな混乱はなく終わるだろうと思っていました。
しかし結果は、逮捕者5人ですか。
なんとも残念な結果でした。

チベットの人たちの「フリーチベット」
中国の人たちの「ワンチャイナ」とお互い叫び合い小競り合いの中での
聖火リレーはやはり市民不在でどこか寂しさを感じるものでした。

もちろん、メディアは過激な部分を伝えようとするでしょうから、大部分の人たちは友好的にこの平和の式典に参加、応援していたのだと思います。

一般ランナーで「子どもの頃東京オリンピックをみて聖火リレーにあこがれえていた」とおっしゃっていた年配の方がいました。
その方にとって子ども時代にみたオリンピックはまさに平和の祭典だったのだと思います。
今回、沿道には私がみる限り、声援を送る子どもたちの姿は見えませんでした。
テレビなどを通じてみたこの式典を今の子どもたちはどんな風に受け止めるのでしょうか?
北京オリンピックまであとわずかです。
本当の意味での平和の祭典になってほしいと思います。



AM 01:00:43 | [ひとりごと]

2008年04月05日  最近の港北ニュータウン
今日は天気も良く暖かい1日でしたね。
先日、横浜市営地下鉄の日吉-中山間(グリーンライン)がようやく開通しました。
私は通勤に従来からのブルーラインを使っています。
駅のホームからグリーンラインを眺めていると、かなり多くの方が利用しているように見えました。
ウイルのスタッフにもこれまでのバス通勤からグリーンラインを利用している者もいます。
やはりバスに比べると、時間が正確に運行されるのがなによりのようです。
電車も開通し、港北ニュータウンは益々発展していきそうです。
ウィルの開院当初は、空き地も目立っていました。
当時はセンター北の観覧車も東急の建物もよく見えていたのですが、今では全く見えなくなりました。
良い形で街も人も成熟していければいいと思います。

AM 12:11:20 | [ひとりごと]

2008年01月30日  世界経済の行く末は、アメリカの購買意欲次第?
今日は、少し暖かい1日でしたね。
ニュースでは明日からまた寒くなるようですが・・

今月もあと1日ですか、本当に1日1日が早く感じます。

アメリカのサブプライムローンに端を発した金融不安が世界経済に打撃を与えていると
連日新聞やニュースで取り上げられますね。
 恥ずかしながら私は正確にサブプライムローンを理解しているわけではありません。
ただ、アメリカの消費者はこれまで、消費が盛んな時には
「借金をしてまで消費をしているアメリカ人」と陰口をたたかれていました。
それが、彼らが消費をしないと「世界経済が危ない」となるわけですから・・
なにはともあれ、アメリカが世界経済の中心で、そこに陰りがみえると世界が傾いていくという流れなんですかね。

アメリカは景気刺激策として所得税の還付を行っていくようですが、それを単純にまた消費に回してくださいというのもいくらなんでも無理がないでしょうか?

世界経済の先行き不透明感、原油を含めた資源価格の高騰、なんだか少し不安な2008年となりそうですね。

PM 10:16:50 | [ひとりごと]

2008年01月23日  雪と10年前の思い出
今日の午前中は、雪で寒かったですね

今日は雪の予報が出ていたので、交通機関の乱れがあるといけないと思いいつもより1時間ほど早く家をでて診療所にむかいました。
結果的には、交通機関に乱れはなかったので取越し苦労でしたが、万が一にも交通機関のトラブルで遅刻してしまうようなことがなくて良かったと思います。

もう10年以上経つのですが、私が勤務医をしていた時に、大雪で電車が止まってしまい復旧の見通しが立たないということがありました
当時は、駅で同僚やスタッフたちと電車が復旧するのを待って結果的に、30分ほど遅刻しました。

診療所では、当時の院長だけが出勤しており何人かの患者さんを診ていました。
院長は、大雪の予報が出ていたために前日から診療所近くのビジネスホテルに宿泊して出勤していました。
これには大きなショックを受けると同時に社会人としての自覚のなさを思い知らされました。

それ以降、雪や台風などで交通機関に乱れが予想されるような時は、ビジネスホテルへの宿泊やいつもより1時間は早く起きて診療所に向かうことを習慣としていました。

今年は、まだ雪の降る可能性も高いようですので、遅刻してお待たせするようなことがないように気をつけたいと思っています。

今日はふと、そんな昔のことを思い出しながら出勤しました。
受診者のみなさまも大変だったと思います。
お疲れさまでした。




PM 10:58:29 | [ひとりごと]

2007年11月05日  最近のニュースで
政治が混沌としています。

安倍政権の1年間には強行採決が連発していました。
「なんでも強行採決」の安倍政権に対して、国民の民意は参議院選挙で民主党に多くの議席を与えました。
よころがこの衆参の逆転現象は、今度は与野党どちらの法案も通らないという事態を引き起こしてしまいました。

私は、強行採決に不安や不満を感じました。
ですが、法案が1つも通らない状況(政治的停滞)にも危惧します。
どちらも異常だと・・

私たち国民が望んだ形とはなんなのでしょうか?
違うかもしれませんが、国民が望んだのは、あらゆる法案で与野党が対立することではないと思います。
お互いに緊張感を持って法案を提出し成立させていく、この緊張感の中で法律を成立させ予算を決めていくことを望んでいるのではないかと?

それを自民党党首であれ、民主党党首であれすぐに現状にしびれを切らしてしまった結果が密談であり大連立という発想。
少し安易な気がします。

またこの大連立構想の立役者が某新聞社の最高幹部だというのもどうなんでしょう?
日本のプロ野球人気を低迷させる数々の騒動を起こしていたこの幹部がどの程度影響力をもっているのかわかりませんが・・
少なくとも国民から選ばれた政治家がこの方によって右往左往している状況はいかがなものかと?




AM 07:18:47 | [ひとりごと]

2007年10月01日  ウィル歯科への質問
ときどき、受診者の方からメールをいただきます。
その中で何度か質問を受けたことについて、個別にお返事をさせていただきましたが、同じような疑問を抱いている方が多いかもしれないということで書かせていただきます。
ウィル歯科では来院時に、来院記録簿に受診者の方にお名前を記入していただいています。これは必要なのか?というものです。
診察券を出して、尚かつ来院記録簿にお名前をいただくというのは煩わしいと感じる方がいてもおかしくないと思います。
来院記録簿を書いていただくことになった経緯について説明します。

話は勤務医時代に院長をしていた時にさかのぼります。
当時、私のもとで働いていたA先生と患者さんのBさんとの関係は、私の目から見てもとても強い信頼関係で結ばれて、治療も円滑に進んでいました。
それがある日、Bさんが医院にいらしてA先生に「医療費のお知らせが送られて来たが私は、某年某月にはA先生の治療を受けていない」と主張されました。
国民健康保険や組合健康保険から、医療を受けてから2、3ヶ月後に送られてくる通知です。
そこでA先生は、診察カードに記載された予約日やカルテを提示してBさんの治療を某月には行いましたよと伝えましたが、Aさんは、その日はキャンセルをしたとおっしゃり治療の内容もそれは別の月に行ったと主張され、2人の意見は平行線でした。
その事がきっかけでBさんは治療を中断されました。
後日、Bさんの奥様からお電話にて、実際にはBさんの勘違いであったことが判明したのですが、BさんはA先生に対して顔向けできないからもう行けないということで再度いらっしゃることはありませんでした。
この事はBさんと信頼関係を築いていたA先生にもショックな出来事でした。

この来院された、されないという点をお互いに確認できる方法として来院記録簿への記入をお願いすることにしました。
来院記録簿に直筆のサインをいただくことでその日に来院していただいたことの証明になるからです。決して書いてもらった順番に診るためとかではありません。
患者さんとの信頼関係を失ってしまうことは、とても残念な事だと思っています。
これがベストな方法ではないかもしれませんが、現段階ではお手数ですが、来院記録簿へのサインをお願いしています。
またご自身のサインであれば英語でもフランス語でもドイツ語でもどのような形で書いていただいても構いません(そのことも質問されましたので(笑))

PM 10:44:39 | [ひとりごと]

2007年09月29日  久しぶりの受診者の方と
今日は、昨日とは反対に雨も降り、寒い一日でした。
今週は、検診や歯石とりを目的に久しぶりに来院してくださった方の多い1週間でした。
定期的に来院してくださる方、本当に久しぶりの方とさまざまでしたが、忙しい毎日で時間を作って来ていただけるのですからありがたことだと思っています。
時々、自覚症状がないのに歯科医院へ行くことに抵抗があるという方がいらっしゃいますが、たまにはいらしてください。
定期的に歯の状態、歯肉の状態などをチェックして健康な状態を維持していくというのは海外の特に予防先進国といわれる北欧では一般的です。
一日の診療の中では治療を中心に集中力と緊張感が求められます。
そんな中で検診を目的にいらした方が、健康な状態を維持していただいたのを確認できると少しだけ、ほっと一息つけます。
そして受診者の方と、久しぶりの会話を重ねることでパワーをもらっている気がします。本当に久しぶりの方が多い一週間でしたのでそんなことを考えました。


PM 10:30:38 | [ひとりごと]

2007年09月12日  安倍首相の辞任で思うこと
今日は、少し肌寒い一日でしたね。

今日は、帰ってくると安倍首相の辞意表明。昨日の日記に安倍首相の発言について書いていたので、少し驚きました。
安倍さんが首相になった時に「美しい国へ」を読みました。
やや美辞麗句なきらいはありますが、戦後レジュームからの脱却やその華麗な家系、そして日本に対する美しい未来像(理想像?)を書かれていて、個人的には少し応援していました。
ただ、昨夜の日記に書いたように、本の内容も、現実に今を生きている国民に対する視点が欠けているのではないか?と思いました。
飢甬遲兇紡个垢詛Ъ院橘ね莚兇紡个垢觜佑方はしっかりしていたのに、妓什潘兇悗慮き合い方が十分ではなかったのではないでしょうか?

不運な面もあると思います。
閣僚の不祥事が多すぎたこと。特に絆創膏の大臣は印象が悪かったですね。
まあ、選んだのも首相ですし、すぐに更迭できなかったのも首相ですが・・
あとは劇場型の小泉首相の後任というのは、誰が後任であっても厳しかったですね。

行き詰まって投げ出してしまった印象を与える今日の辞任も、あまりよくなかったですね。今の日本は取り組んでいかなければならない問題が山積みです。
与党も野党もつまらない言い争いをしていないで、政策を進めることに全力で取り組んでほしいと思います。

PM 10:45:50 | [ひとりごと]

2007年09月11日  蒸し暑い1日ですね。
今日は不安定な天気でしたね。お昼頃には、雷や強い雨がありました。
湿度も高くて蒸し暑いですね。

先日のシドニーでの安倍首相の会見がとても気になりました。
インド洋での給油継続に、「職を賭して取り組んでいく。職責にしがみつくことはない」という発言です。

参議院選挙で惨敗しても、頑に「私は辞めない」と言っていた首相にしては、あまりに安易な発言のような気がします。
そして職を賭していくのは、年金問題でも医療福祉の問題、財政問題、少子高齢化問題、教育の問題でもなく、インド洋での給油問題なのです。
外交問題は軽いとは決して思いませんが・・

国民の関心事と首相の関心事に大きな溝があることを感じさせられます。


PM 11:06:32 | [ひとりごと]

2007年08月05日  最近のウィル歯科
今日も暑い一日でしたね。
今日は慌ただしい日曜日でした。
基本的にウィルでは、お待たせしないことを心掛けていますが、何人かの受診者のみなさま申し訳ございませんでした。
最近、受診される方が増え、とてもありがたいのですが、少しドタバタしています。
現在、ウィルでは歯科医師2名、歯科衛生士1名、歯科助手2名の5人体制でやっています。
これまで、やみくもにスタッフの増員をしても受診者にとって決してプラスにならないのでは?と考えていました。
ですが、スタッフらとミーティングを重ねてきた結果、先月より歯科医師と歯科衛生士の求人を歯科向けの商業誌などに載せています。
いい出会いがあればと思っています。

明日は休診日です。

AM 12:11:20 | [ひとりごと]

2007年07月19日  大変だった3連休
もう週も後半ですが、先週14日からの3連休、日本列島は大変でしたね。
最初の二日は台風、台風一過だと思ったら今度は新潟で地震。3年前にも新潟は大きな地震がありましたが今回もまた大きいものでした。
私は大学時代に新潟にいましたが、当時、地震があった記憶はありません。

水道、電気、ガスなどのライフラインがやられて、更に暑さも厳しくなっているようです。いくら先進国といわれてもインフラがやられてしまうと本当に大変です。
自分の生活に置き換えても想像がつきません。
被災された方々には心からお見舞い申し上げます。
微力ながら、なんらかの援助をしようと思っています。

PM 09:35:01 | [ひとりごと]

2007年06月12日  独り言。
年金問題で大騒ぎになっている社保庁や厚生労働省、不正介護報酬で問題になっているコムスン。連日のようにマスコミを賑わせています。

誰であっても、人生の最後は幸福でありたいと思う。
気海旅颪棒犬泙譴討茲った兇隼廚┐觝粘を迎えられるような仕組みを作らない
と日本という国は大変なことになっていくような気がしてしまう。



PM 10:45:50 | [ひとりごと]

2007年02月17日  お知らせというか宣伝?
基本的に宣伝みたいになりますので報告していなかったのですが、
今回、田園都市ドットコムというサイトの医療情報で、ウィル歯科医院が紹介されました。
何人かの患者さんがこのサイトに推薦してくれたようで、取材をお願いしますといわれたのが昨年末。
1月に取材を受けて最近UPされてました。
当時は、無料ですからと聞いていたので簡単な取材を想定していたのですが、カメラマンやライターの方も来て本格的にインタビューをされました。
治療のことや設備面のことでも聞かれるのかと思っていたのですが、子どもの頃はどんな子でしたか?とか好きなスポーツは?
なぜ歯科医師になろうと思ったのですか?と矢継ぎ早の質問に結構、戸惑ってしまいました。
ほんの少しインタビューアが上手に脚色された部分もありますが、書いてある内容は事実です。
暇な時間があればご覧になってください。

紹介してくださった患者さんありがとうございました。

PM 09:25:51 | [ひとりごと]

2007年02月04日  医療論?
2月になっても、わりと暖かい日が続いていますね。

2月は通常の月曜日が休診日となります。
12日は祝日の振替休日ですがウィルもお休みとさせて頂きます。

最近、医療不信ということを口にされる方が多くなっている?ように感じます。
本屋さん等でもたまに医療ジャーナリストが儀拗隴兇覆匹版票蠅文出しで軌綣圓砲かるための10箇条兇箸特集されています。
勿論、医療に関心をもって自分がどんな治療を受けるのか?どんな治療方針があるのか?知識を得ていくことは非常に大切です。

ですが、情報の氾濫はときに患者さんを不安にさせ路頭に迷わせている可能性があるのではないかと思います。
医療ジャーナリストは、批判的な見出しなく堂々と自分のかかっている先生の名前を書くだけではいけないのでしょうかね?

それから、患者さんへ
虫歯や歯周病は生活習慣病です。
生活習慣病は、医師と患者さんが2人3脚でつきあっていく病気だと思います。
例えば高血圧症であれば定期的な通院や薬の服用、生活習慣の見直しが不可欠です。
かかりつけとなる内科の先生をもつことがとても大切ですし、先生の指示に従っていくことも必要です。

たまに「前の歯科医院では歯ブラシ指導ばかりで嫌になった」といった話を聞くと、少し残念な気持ちになります。
歯科治療が生活習慣病であることを考えるととても大切なことだと思うのですが・・
先生との相性もあるかもしれませんが、生活習慣病とつき合っていくためには、少しだけ自分を合わせていくことも必要かと思います。

PM 11:28:12 | [ひとりごと]

≪ 前の30件| 次の30件
最新記事
2010年03月29日  お知らせ
2010年03月28日  問い合わせをされていた方が他にもいるのでしょうか?
2010年03月26日  春の喜びの知らせ
2010年03月21日  22日(月)は休診日です。
2010年03月11日  最近読んで面白かった本

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

プロフィール
名前ウィル
URLhttp://www.dental-office-will.com.
地域神奈川
横浜市都筑区にある 
歯科医院です。

カテゴリー
日記(572)
豆知識?(49)
ひとりごと(137)
お知らせ(58)
最近読んだ本(22)
最近見た映画など(1)
携帯から(0)

過去記事
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月



Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp