すくすくBLOG TOP RSS
PhotoBlog
1947年生まれの団塊の世代。インターネットで出来ることならばどんなことにでも挑戦するという前向きな気持ちでこのブログを作っていきたいと思います。皆さんどうぞよろしくお願いします。

2017 - August
SunMon TueWed ThuFri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

Profile
名前ヒロ@熊本
URLhttp://nnm98733.pro.tok2.com/index.htm
年齢57歳
性別
地域熊本
血液型B型
星座天秤座
定年間近の団塊の世代の主として写真のページです。
昨年このブログを立ち上げました。
このメールに対する意見などいただけたら幸いと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

Category
日記(3)
写真(24)

Latest Report
・2006/03/14  WBC参加の選手へ
・2006/01/17  1年ぶりのご無沙汰でした。
・2005/02/21  熊本初見参
・2005/02/07  黄金色に輝く福寿草
・2005/01/25  お気に入りの写真

Past Report
2006年03月
2006年01月
2005年02月
2005年01月
2004年12月



WBC参加の選手へ
知らなかった審判がアメリカ人だとは。それにしても随分と変な判定をしてくれました。試合が行き詰まる試合だったので結果的に水を差すような試合になり残念な結果に終わりました。遅らく今度日本がアメリカと準決勝であった場合はアメリカの一方的な試合になると思われます。実力的には遙か上のチームに勝つにはこれ以上の試合はないというほど充実した試合で恐らく今後この様な試合はすることは難しいと思われるからです。結果が全てのプロ野球ですが昨日の試合は日本チームを世界に知らしめるに十分な戦いでした。
自分自身の考えとしてはあの試合で十分ですたとえ準決勝を戦えなかったとしても。残り2試合悔いのない試合をお願いします。国のためだなんて変なプレッシャーを自分に与えないでください。
リラックスしてその結果がいい方向に出たらと思っています。
その程度でいいのです。どうせ一時的に作ったチームですので。
勝っても負けても胸を張って帰ってきてください。
そして日本のペナントレースを頑張ってください。

2006/03/14 AM 10:34:23 | Comment(545) | TrackBack(563) | [写真]
熊本初見参
Jリーグのチームを作るために今年熊本に「ロッソ熊本」が出来た。九州リーグ、JFL、J2といき最終的にJ1を目指す。昨日熊本で浦和レッズ初めての試合を行った。若手主体とは試合には2たいで負けたけれどこれからJ1を目指すチームとしては前途洋々の結果となった。スタンドは約1万人の観客を集めて県人もすくなからずの期待をしていることを思わされた。試合前22名の選手のプロフィルを書いたパンフレットが配られていたが早く選手の顔と名前をおぼえたいものである。まずは九州リーグを全速力で突破しよう。
写真は試合のあったKKウイング

2005/02/21 PM 01:46:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
黄金色に輝く福寿草
2月6日に仰烏帽子山登山の途中で見つけた福寿草です。

2005/02/07 PM 04:09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
お気に入りの写真
年間何千枚も撮っていると自分も気づかない内に結構気に入りの写真が出てくる。こんな写真自分で撮したかなと疑心暗鬼に陥ることさえある。しかしそんなときは非常に嬉しい気持ちになる。ここで紹介する写真もその中の1枚で撮影時ににわかに空が晴れてきて山(杵島岳)の頂上を照らし始めた。シャッターチャンスとばかりにズームを使用して何枚も撮った。空の色と山の色と原野の色のコントラストが気に入っている。

2005/01/25 PM 01:52:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | [写真]
バルーン2
バルーンの綺麗な色彩に惹かれまたまた佐賀に行ってきました。フェスティバルと違って、見物人は少なかったけれどバルーンのそばまでいってバルーンを立ち上げる様子を見ることが出来たことはやはり素晴らしいことでした。天気はあいにく曇りだったのでASA200で全て撮りました。たちあげて出発するまで約1時間弱観覧用の1機を除いて全て大空へ飛び立ちました。

2004/12/20 PM 02:46:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
見慣れた風景
阿蘇の勤務地の時にいつも通っていた二重の峠今頃はほとんど毎日と言っていいほど雲海が出て見る目を楽しませてくれた。先日ミルクロードを通る途中に綺麗な雲海が出ていたので撮影、雲海質、量にしてはまあまあの雲海でした。撮った後で見てみるとやはり明るさが足りない気がして少し残念な気がした。

2004/12/13 AM 11:24:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
今年を振り返って
今年写真を撮りに県外を旅行したけれどやはり佐賀のバルーンフェスティバルが最高の被写体であった。とにかく1週間ぶっ続けの祭は見ているだけでも大いに興奮するしなにしろ人の多さに驚いた。どうしてもっと早く来てみなかったかと悔やんでしまった。それほど競技を見て飽きることはなかった。それに色とりどりのバルーンが空を悠々と飛行する様は高所恐怖症の小生としては乗りたいとは思わなかったが気持ちはうきうきした。遠いようで近い佐賀県高速道路でわずか1時間あまり行って損のない旅行だった。

2004/12/10 AM 10:38:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
道成寺の紅葉
ネットのHPで写真紹介のあった紅葉の寺へ行く。場所は市内から少し山の手の方に行った所にあり車一台やっと通れる道を通ってどうにかたどり着く。表門から見るとすでに綺麗な黄色の紅葉が見えて久しぶりに心がときめく。管理の方に言わせるとこの寺を訪れた夏目漱石や三頭火等も訪れたこともあるとのことだった。1昨日の雨で葉がだいぶ落ちたということだったがそれでも見る目を楽しませるには充分の紅葉、黄葉だった。
写真は境内の紅葉

2004/12/06 AM 10:49:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
今年もかなり撮りました。
昨年はよく個人の撮影会に行っていたが今年はその会社が辞めたらしく行くことが出来なかった。今までかなりの枚数撮っていたが5時間で700枚が私の限界である。それ以上は余り撮る気はせずそれ以下でも欲求不満が残る。数うちゃ当たる方式の小生の激写だから当然ピンぼけやカメラぶれが起こる。しかし幸か不幸かこのシーンはと思って撮った写真はそのようなことはなくどうにか気落ちせずにすんでいる。まだ2.2ギガのマイクロソフトを満杯撮ったことはないので残りの1月是非撮ってみたいもの
だ。それと三脚を購入したので夜の写真を数多く撮りたい。
写真は九年庵の紅葉

2004/12/03 PM 03:23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
デジカメクラブの表紙を飾る
私の写真がKSN(熊本シニアネット)のデジカメクラブの11月「紅葉」の表紙を飾ることになった。やはり嬉しいものである。11月の題の紅葉もやはり取る場所や位置や色はどうしても偏りがちである。私はそのために出来るだけみんなが提出しそうな場所やアングルでは提出しないようにしている。今回場所についてはだぶっても仕方ない場所であったが幸い同じ場所で撮った方はいなかった。
こちら

2004/12/02 PM 05:02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
夜間撮影
今までほとんど夜間のデジカメ撮影はしなかったがどうしても人のHPで綺麗な写真を見せられると撮りたくなる。そのようなおりに仕事から帰宅途中で綺麗なイルミネーションを見かけ一層撮る気を起こさせられた。さてどうしてもカメラぶれを起こさないようにと三脚を購入し、いざ出陣。まずは県庁の銀杏並木を撮る。パソコンに取り入れて見てみるとズームで撮った写真は相変わらずのカメラぶれ状態だったけれど普通の状態でのそれはぶれもなく綺麗に撮ることが出来て一安心した。ズーム使用の際のぶれはひょっとしてピンぼけかもしれないが。原因究明はデジカメの達人に聞くことにしよう。

2004/11/29 AM 09:51:33 | Comment(0) | TrackBack(503) | [写真]
菊の花
普段菊の花というと仏様に飾る花を連想してどちらかといえば感じとして静かな花というか地味な花との感じだったが熊本城の肥後菊をみてその先入観が全く変わってしまった。全体から見ると可憐な花には変わりないかもしれないがマクロで撮るとこのように派手な花になる。こちらから

2004/11/26 AM 10:22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
初めての夕陽の写真
シニアネットのデジカメクラブの皆さんがが干潟と夕陽の鮮やかな黄金色の写真を撮っていたので私も是非と思いいったが時期のせいか日が沈んでからでないと写真が撮れないとのことで断念して夕陽だけを撮ってみた。黒みがかった黄金色であるけれど結構気に入った色の夕陽が撮れたと自画自賛。今度は干潟を入れた写真を撮りたいものである。

2004/11/25 PM 01:52:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
鮮やかな朱色
やはり紅葉の魅力は朱色の紅葉である。次に黄色、橙色と続く。佐賀の九年庵のそれはやはり綺麗である。少し色あせているとはいえ陽に当たった紅葉は光り輝きこれぞ紅葉というような鮮やかな色を見せてくれる。1枚だけではわかりづらいので4枚まとめて連結する。

2004/11/22 PM 01:37:59 | TrackBack(0) | [写真]
シニア頑張る
私は熊本のシニアネットに入っていますがそこのデジカメクラブが毎月撮影会を実施しています。今回は干潟を撮るということで先日からシニアネットの掲示板や今はやりのブログに写真が掲示されていますがそれが素晴らしい黄金色の夕日で今まで私が見たデジカメ写真でもあのような綺麗な黄金色は始めた見ました。あれだけの黄金色是非撮ってみたいものである。
写真はGT日本選手権のキャンギャル

2004/11/18 PM 03:46:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
紅葉を撮る
秋になると紅葉の季節となる。デジカメを撮るまではその景色の素晴らしさに対する感想などなかったがカメラを撮りだしてからというものその素晴らしさに驚き、感動し、その様子を写真を通じてみなに知らしてみたい欲求に駆られるようになった。私の参加しているシニアネットでも掲示板に素晴らしい色の紅葉を見ることが出来日常の楽しみが増えた。紅葉の全体を景色を撮るのは
やはり快晴でないとやはり紅葉がさえないし、少しの量の紅葉ではやはり目立たない。山全体の紅葉を見てみたいものである。
写真は宮崎県の椎葉の紅葉

2004/11/15 PM 12:01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
風景を撮る
秋になるとやはり紅葉。デジカメで撮る紅葉は実に難しい。なかなか景色と実際に写る風景の色が合わないのである。自分では言い写真が撮れたと思うがいざ写真をWEB上にアップすると赤の色がいろあせてがっかりすることがある。そして赤の色がにじんで写真の劣化が強くなる。しかしその逆もあり、自分で余り期待しないで撮った写真が実に良い色を醸し出したりする。写真は難しい故に楽しい。

2004/11/12 AM 09:04:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
飛行物体を撮る
写真を撮るテクニックとした動く被写体を撮る場合にはそれと同じ方向にカメラを動かして撮ると教えられた。実際先月自動車レースカーを撮るために実行してみたがあまりに早くて自分の気に入った自動車は撮ることが出来なかった。たしかにあまりに距離が近すぎたのが原因である。遠目からの撮影では楽に撮ることが出来た。デジカメのコンパクトカメラではまずフォーカスを合わせなければならない。ここが一番の問題でそれが合えば後はシャッターを切るだけでかなりの確率で撮れる。

2004/11/11 PM 03:11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
モデル撮影会
先日カメラの試撮会に参加した。いきなりの800万画素の1眼レフの使用は心をうきうきさせた。操作は以前受けた講習会のそれと変わりなかった。カメラのレンズを通しての画像は今まで見たことのない綺麗さで、私のコンパクトカメラもかすんでしまった。シャッターは連射がきいて私みたいにコンパクトのカメラでシャッターを思い切り押す者にとっては連射の設定をはずした方が良さそうである。モデルを撮るときの背景のぼけが簡単に出来るし、全く言うことはない。モデルカメラ背景この三つが揃えば誰でもプロのカメラマンに慣れそうな気さえした。もちろんそう簡単には慣れないことは言うまでもない。

2004/10/20 PM 02:46:47 | Comment(0) | TrackBack(507) | [写真]
私のど素人写真論
私は自分自身独特の写真に関する写真論を述べてみたいと思う。ど素人と思って読んでもらいたい。わたしは写真を撮るに当たってまず出来るだけ人の写してない写真を撮ること。色彩感のあること。同じ写真を時期により同じ場所から撮ること。風景写真は広範囲で撮ること。以上が私の写真論である。ブログやホームページに載せる写真は加工は全然加えない。ここに掲示した写真は何かというと色つきのコンテナである。これは色彩が気に入ったので載せることにした。

2004/10/15 PM 12:01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
白鳥
いつも写真サイトをネットサーフィンしているとだいたい写真のアングルであるとか状況の似た写真を見ることがある。これだけデジカメ写真が普及すると当然だろう。自分としては他の人の撮れない写真をと考えてはいる。この白鳥自体はなかなか被写体としてはあんまり単純すぎてあまり好みの写真ではないけれど撮った後でみると水面が普段と違い模様を描いていたので揚げてみた。

2004/10/14 AM 10:34:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
蝶とコスモス
このブログは写真を提示しその写真についての説明と自分なりの批評を加えたいと思う。その第1弾として八女市に行った際に途中寄った星野村で偶然撮った蝶とコスモスの写真です。
今まで写真のサイトでかなりの数の花に戯れる蝶の写真を見ていたが自分にもそのシャッターチャンスが訪れた。天気もいいし被写体もいい具合に落ち着いていて動く気配はない。自分であわてないで落ち着いてシャッターぶれのしないようにカメラを固定して撮る。これだけ鮮明に撮れた蝶は今まで余り無かったのでしてやったりの気持ちである。以上素人写真家の批評です。

2004/10/01 PM 02:24:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | [写真]
絶好のシャッターチャンスを狙え!
今年は老人の日が9月20日、そのせいでもないのに藤崎八旛宮の秋の大祭も9月20日に実施された。いつも早起きして下通のアーケードが写真の撮影のポイントとしていたが今年は3,4カ所場所を変えてシャッタ−を切った。祭りに参加する人たちは何しろ元気が良くて生き生きした表情を撮るのが楽しみである。それにこの祭りは女性の参加者が多くまるで女性の祭りと思ったほどである。私の感じでは祭りは男性のものとの認識が強く、故郷の祭りもほとんど男性ばかり参加の祭りであった。男女共同参画いいじゃありませんか。

2004/09/24 PM 02:35:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]
待ち遠しい紅葉のシーズン
信じられないほどの暑さの夏がどうにか過ぎて秋が急にやってきっっある。いつも秋の紅葉のシーズンになると決まって行く場所がある。一つは佐賀の九年庵。シニアネットの人の紹介で行ってみたがあのように綺麗な紅葉を見るのは初めてで感激してそれから毎年行っている。昨年は今ひとつだったがさて今年はどうだろうかたのしみである。それと南阿蘇、垂玉温泉に行く途中の紅葉は人がほとんど通らないので写真撮影にはもってこいの場所である。幻想的な色の紅葉や銀杏の綺麗さは表現できないほど鮮やかである。後一つは同じく南阿蘇の根子岳の登山口の紅葉である。この場所はシーズンになれば他の場所が色づかなくても必ず綺麗に紅葉している場所でこの場所は期待を裏切ることはない。
写真は紅葉とは関係ないヒゴタイ

2004/09/16 PM 03:47:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | [写真]

≪ 前の30件| 次の30件 ≫

Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp