* 大学生の競馬事情 * [TOP] [RSS] [すくすくBLOG]
普通の大学生の日々の日記です。 平日は日々の出来事、週末は競馬予想です♪

2005年9月

プロフィール

カテゴリー

最新記事

過去記事



タキオンの夢を受け継ぐ者
2005年09月04日 17:10:00 [競馬]
アグネスタキオン
父サンデーサイレンス、母は桜花賞を勝ったアグネスフローラという血統の牡馬。
兄にダービー馬のアグネスフライトがいる良血馬である。
2000年にデビューしたタキオンは当然のごとく新馬戦を快勝する。
ここまでなら良血馬にはよくあることだが、次のレースからが圧巻だった。
新馬戦を勝ったタキオンが次に出走したのはラジオたんぱ杯2歳S。
この頃からクラシックを狙う馬達が朝日杯ではなくこちらのレースを選ぶようになり、この年も好メンバーが揃った。
圧倒的1番人気は新馬、エリカ賞と2連勝中のクロフネ
芝2000mで2戦続けてレコードをだし、すでに怪物級と呼ばれていた。
2番人気はキャリア1戦ながら新馬戦の勝ちっぷりと血統からアグネスタキオン。
3番人気は札幌2歳Sを勝ったジャングルポケット
レースは最終コーナーを周りクロフネが早め先頭に立つ。
その後ろからクロフネを並ぶ間もなく交わしたのがアグネスタキオンだった。
結局、最後追い込んできたジャングルポケットに2馬身半差をつけアグネスタキオンはレコードタイム1着でゴールを駆け抜けた。
2着のジャングルポケットがこの後ダービーとJCを勝ち、3着のクロフネがNHKマイルCとJCDを勝ったことを考えると本当にアグネスタキオンをいう馬の凄さがわかるだろう。
当然、このレース後アグネスタキオンの評価は急上昇で、競馬雑誌には早くも『3冠』の文字が躍った。
年が明け3冠に向けて選んだ最初のレースは弥生賞だった。
トライアルにも関わらず頭数は8頭立てとなり、アグネスタキオンは圧倒的1番人気の支持をうける。
敵は不良馬場だけとされたこのレースを5馬身差で圧勝。
3冠にまた一歩近づいた。
そして、運命の4月15日。
3冠のうちの1冠目皐月賞の日がやってきた。
ラジオたんぱ杯でタキオンに最も迫ったジャングルポケットがいるものの、メンバーを考えるとタキオンの実力は1枚も2枚も上。
もはや、誰もタキオンの勝利を疑うものはいなかった。
そしてレースが始まり、出遅れたジャングルポケットとは対照的に、うまく流れにのって先行抜け出しという強い勝ち方でタキオンは楽勝した。
2着ダンツフレームとは1馬身半差だったものの、余裕のある勝利でダービーどころか3冠当確ランプが灯った。
タキオンの強さは、力強い四肢の動きにある。
発達した筋肉と四肢の動きが重なり圧倒的なスピードが生まれるのだ。
しかし、それは強さを生むと同時に体に負担がかかる諸刃の剣でもあった。
タキオンは皐月賞を最後に引退した。
無敗で駆け抜けた競走時代。
無敵だったタキオンも屈腱炎という病には勝てなかった。


あれから5年後。
今日タキオンの夢を受け継いだ馬が現れた。
新潟2歳Sを勝ったショウナンタキオン
5馬身差の圧勝に父親の姿がダブって見えた。
同じ栗毛のこの馬が来年3冠レースで活躍してくれるはずだ。






Comment(0) | TrackBack(0)


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp