三千里「お気楽日記」
その日感じたことを、気ままにかつ自分勝手に記す「お気楽日記」です。

2005年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

プロフィール
名前hoshi

カテゴリー
日記(266)

最新記事
2006年11月12日  ミクシィ
2006年09月10日  本当にすごい妄想が描ける人
2006年09月07日  男の子誕生
2006年09月02日  天は二物を与えずと言うが…
2006年08月27日  読者投稿

過去記事
2006年11月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月


2005年08月23日  “辛苦”の優勝旗
駒大苫小牧高校野球部の輝かしい実績が一転、野球部長の暴力沙汰による報道に揺れている。
指導者の暴力は決して許されるべきものではないが、殴られる側の感覚も我々の時代とは違っているような気がしてならない。
我々が子供の頃は、教師に殴られることは決して珍しいことではなかった。
私も殴られたことはあるし、高校時代も強烈な体罰を二回目の前で目撃している。
一回目は修学旅行の夜、普段女子と泊りに行くなどと言うことは考えられず、夜は男子の半分以上がテラスを伝って女子の部屋に遊びに行き、みんなでワイワイやっていた。
ところが一部の男子が廊下を通って部屋に帰る際、担任の教師に見つかった。
彼らは廊下に正座させられ、スリッパで強烈な往復ビンタを浴びた。
担任は日体大体操部出身、インターハイ出場の兵で筋肉モリモリ。
しばらくの間スリッパで叩かれる音が鳴り止まなかった。
二回目は体育祭の騎馬戦のとき、ちょっとはしゃぎすぎた生徒が、相手方の生徒の腹を蹴りまくっていたのがばれた時だ。
これはもう凄かった。
彼はいやと言うほど殴られていた。
しかし殴られた側も痛くて腹は立つものの“自分が悪いことをしたのだから仕方ない”という気持ちを少なからず持っていた。
今回の駒大苫小牧の件は情報が少なく迂闊なことは言えないが、何十回も殴られる理由は何だったのだろう。
公平と言う意味では、少なくともその生徒の態度や何をしたのかを克明に知りたいものだ。

PM 10:56:28 | [日記]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp