三千里「お気楽日記」
その日感じたことを、気ままにかつ自分勝手に記す「お気楽日記」です。

2005年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

プロフィール
名前hoshi

カテゴリー
日記(266)

最新記事
2006年11月12日  ミクシィ
2006年09月10日  本当にすごい妄想が描ける人
2006年09月07日  男の子誕生
2006年09月02日  天は二物を与えずと言うが…
2006年08月27日  読者投稿

過去記事
2006年11月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月


2005年01月30日  ホークス新応援歌
本日ソフトバンクホークスの応援歌が発表された。
これまでの応援歌はファンにこよなく愛されていたようで、現在のダイエーホークス応援歌が昨今品切れになるほど異常に売れていることがそれを如実に物語っている。
私もとても良い歌だと思っていたので、今回どのような応援歌になるのか気になっていたところだ。
そのお披露目をちょうどラジオで聞くことが出来たのだが、今までの応援歌をマイナーチェンジした形になっており、ほとんど変わりがなかったので安心した。
聞けば応援歌を変えないでくれというファンの声が殺到してこうなったらしい。
昨シーズンペナントレースを1位で終えながら日本シリーズに出場できなかったホークス、今季は是非頑張ってほしい。

PM 08:04:39 | [日記]

2005年01月29日  初めて買ったレコード
ラジオで「あなたが初めて買ったレコードは?」というコーナーをやっていた。
色々な曲が紹介されて面白かったが、私が初めて買ったのは河合奈保子さんのLP「大きな森の小さなお家」だ。
当時私は河合奈保子さんの大ファンであった。
これより数年前、私の友人に「レコードを買いに行くから付き合ってくれ」と言われて、一緒に行ったことがある。
そのレコードは石野真子さんの「狼なんか怖くない」だったのだが、実は彼にとってこれが生まれて初めて買ったレコードだったらしい。
遠い昔の話だが、とても懐かしく思い出された。

PM 08:37:37 | [日記]

2005年01月26日  時間をかけても…
ここのところまともな時間に家に着けない日々が続いている。
月曜日は深夜2時、火曜日は午前0時、そして今日も午前1時に帰宅した。
しかしながら仕事は全く捗らない。
事務と違って営業は時間をかければ出来るというものではない。
私の担当する機関の営業成績は20機関中最下位。
本当に最低最悪の状況だ。

AM 01:49:00 | [日記]

2005年01月22日  迷惑メール
昨年の8月にプロバイダから私の顧客情報が流出して以来、迷惑メールが急増している。
あまりに多いので数えてみたが、12日間で121通の迷惑メールが来ていた。
一年間に換算すると3600通以上の迷惑メールが来ることになる。
これに対してプロバイダからは、流出直後に「顧客情報が流出した」という通知が来ただけで、その後はお詫びや被害のヒアリングといったものは一切無い。
アドレスの変更はこれまでの告知量を考えると難しく、本当に困っている。
あまりに酷いのでプロバイダに状況を説明したところ、スパムメールブロック、迷惑メールフォルダーで対応してくれとの事だった。
これらは全て被害者側に対応させるもので、プロバイダ自体は何も対策をしようとはしてくれない。
補償など求める気はさらさら無いのだが、とにかく迷惑メールが来ないようにプロバイダ側で対応して欲しいものだ。

PM 06:56:39 | [日記]

2005年01月20日  どんな状況でもベストを尽くす
「どんな状況でもベストを尽くす」
これは少し前に部下から教えてもらった言葉だ。
仕事はとても厳しい状況だが、やれることを全力でやろうと思う。

PM 11:34:10 | [日記]

2005年01月18日  頑張れ宮崎
産業再生機構が宮崎交通(宮崎市)の支援を決定した。
宮崎交通は宮崎県を代表する企業で、創始者は「宮崎観光の父」として今でも有名な故岩切章太郎氏だ。
それにしても宮崎県内で唯一の路線バス運行企業である宮崎交通が、何故このような事態に陥ってしまったのだろう。
かつては新婚旅行のメッカとして人気を博した宮崎は、宮崎交通の衰退とともに落ちぶれていってしまうのであろうか?
宮崎はとても好きなところだけに、これからの頑張りに期待したい。

PM 10:36:18 | [日記]

2005年01月16日  サンデープロジェクト
田原総一郎さんの番組「サンデープロジェクト」で、「大物政治家のNHK番組への介入問題」が議論されていた。
もう見ていてばかばかしくなってきた。
マスコミ関係者が言論の自由や報道の自由を叫ぶのだが、とんだ猿芝居にしか見えない。
そもそもテレビ局も私企業だけに、国民の知りたい情報や有益な情報を流すことよりも、自分達が流したい情報を流しているだけのような気がしてならない。
例えば今国民の間でもかなり話題になっているドキュメンタリー映画がある。
スーパーサイズ・ミーという映画なのだが、内容は「1カ月30日間、1日3回の食事をすべてファーストフードで済ませると、人体にどのような影響を及ぼすのか?」というもので、当然のことながら1ヶ月後には人体に重大な影響が出た。
この映画のタイトルをグーグルで検索をすると、約12万件ものヒットがある。
もの凄い数のヒット数、つまり関心が高いと言うことだ。
しかしながらこの映画に関して紹介をするテレビ局は皆無、取材すらしに来ないと言う。
これは超優良スポンサーである大手ハンバーガーチェーンに対する配慮以外に考えられない。
テレビ局にとってスポンサーは命。国民の関心が高かろうが低かろうが、スポンサーを敵に回すような報道を全面的に避け、一切触れないことが彼らの姿勢だ。
今回NHKだけがやり玉に挙がっているが、どの局も同じであろう。
今回は「安倍晋三さんが報道をするなと圧力をかけた」と言われているが、今度はこの映画をテレビで紹介するよう圧力をかけてみたらいかがだろうか?


AM 11:16:29 | [日記]

2005年01月15日  実力で勝負を!
私の通っていた高校の近くにゆめが丘(横浜市泉区)という駅が出来、希望が丘駅(横浜市旭区)とゆめが丘駅間の乗車券が売れているという。(相模鉄道…横浜と海老名を結ぶ私鉄でJR相模線ではない)
夢と希望を“結ぶ”ため、縁起を担いで毎年受験シーズンに売れているらしいのだが、駅周辺の様子を知る者としては複雑な気持ちだ。
希望が丘はごちゃごちゃとした古い商店街の町で駅自体は全くパッとしない。
ゆめが丘のある泉区に至っては、畑に囲まれて“田舎の香水が”漂うようなところだ。
田舎の香水と古ぼけた商店街を結んだ先には一体何があるのだろう。
今日からセンター試験が始まったが、受験生諸君は縁起など担がずに、自分の実力で勝負をした方が賢明だろう。

PM 09:23:19 | [日記]

2005年01月13日  似ている似ていない
韓流ブームに乗って、毎日韓国人俳優の姿がテレビに映し出される。
その中でも最近イ・ビョンホンさんを見かけることが多いのだが、この人を見るとどうしてもネプチューンの原田泰造さんを思い浮かべてしまう。
こんな風に感じるのは私だけかと思い、グーグルで検索をしてみたのだが、意外にも私と同じように感じている人は世の中には沢山いるようだ。
まあどうでも良いことなのだが。

PM 11:50:01 | [日記]

2005年01月12日  PETツアー人気
首都圏から九州に向かうPETツアーが人気という。
PETツアーといっても動物園回りではない。
PETとは「微細なガンでも早期発見が可能な最新の医療装置による診断」のことだ。
何でも首都圏では3ヶ月待ちなのに対して九州ではすぐに受けられるらしく、割安でしかも温泉や観光を組合せたツアーが次々と売り出されているらしい。
ツアーは14万円からというが、検診と観光のセットとは凄い。
私も空いている九州で受けておいた方がよいだろうか。

PM 11:15:17 | [日記]

2005年01月08日  ブラックジャック
手塚治虫さん原作の「ブラックジャック」が最近テレビ放映され、人気を博しているという。
この漫画は私が小学校の頃に、当時全盛だった少年チャンピオンに掲載されていたものだ。
当時異常に常識が欠如していた私は、小学校高学年までタイトルを「ブラックジャッワ」だと勘違いしていた。
今日偶然コンビニでコミック本が300円で売られているのを見て、懐かしくなって購入してみたのだが、大人になった今見ても考えさせられるものがある名作だ。
やはり手塚治虫さんは偉大だったのだ。
その偉大さがさらによく分かったのはこの日記を書いている今であった。
「おさむ」と入力すると「治虫」という漢字が8番目の候補として出てきた。
手塚治虫さんが亡くなって早16年、WORDの中にもその存在感をしっかり残していた。

PM 01:03:33 | [日記]

2005年01月07日  勧善懲悪
性犯罪者の所在や行動を把握するシステム導入の是非が議論されている。
こうした話題になると必ず“犯罪者の人権”を守らないといけないという人が出てくる。
確かにたとえ犯罪者であっても人権は守られるべきだろう。
ただし他人の人権を著しく侵した重罪人が、自分の人権を制限されたとしても文句を言えるのだろうか?
ちょっと乱暴かもしれないが、時代劇の大岡裁きを見習って欲しいと思う。
一生懸命に生きようとする庶民や、どうしようもない状況の中でやむなく罪を犯した人間に対して越前は優しい。
一方重罪人に対しては容赦の無い裁きを行う。
あの時代劇が永年に渡って支持されているのは、勧善懲悪が徹底されているからだろう。
多くの国民はそれを願っているのに、法をかじった人たちが分かったふりをして“犯罪者の人権”の問題を持ち出す。
誰も軽微な罪に対してそうしたらと言っているのでは無く、再犯の可能性が高い重罪(性犯罪)に対してのみと言っているのだ。
守られるべき人権は何なのかをよく考えて欲しいものだ。

PM 12:31:14 | [日記]

2005年01月03日  箱根駅伝
今年の箱根駅伝が終了した。
私が応援する早稲田大学競走部は、残念ながらシード権に1位及ばない11位であった。
今大会私が一番注目していたのは、1区を走る空山隆児選手。
彼は広島県の世羅高校の出身だが、私が広島に勤務していた時に全国高校駅伝に出場しており、その頃から注目していた選手だった。
彼に惹かれた理由はズバリその根性、ガッツだ。
恐らくその根性を買われて、プレッシャーのかかる1区に起用されたのだろう。(結果は区間4位と見事期待に応えてくれた)
テレビで見ると選手達はみな淡々と走っているように見えるが、やはり熱い思いを持って箱根に臨んでいる。
競走部のHPに空山選手の箱根に向けての思いを語ったページがある。
http://www.waseda-ac.org/ の部員日記(12/31)
空山選手の素顔の一面を見ることが出来る、ほのぼのとした内容だ。
私も高校駅伝に青春のエネルギーのほとんどをつぎ込んだので分かるのだが、陸上選手は純粋な人が多い。
今後の進路については知らないが、これからも走り続けて欲しい選手の一人だ。

PM 01:17:26 | [日記]

2005年01月01日  今年は最高?
元日ということで家族と一緒に初詣に出かけてきた。
今から21年前、高3の時に神様にお願いしたこと全てがかなえられず、それ以来「この世の中に神様など存在するはずは無い」と断言してきたのだが、ここ最近公私共に全くさえない状況が続いているため、「ここは一つ神様のお声を聞いてみることにするか」といきなり方向転換することにした。
神様のお声というのは勿論おみくじのことであり、早速おみくじ売り場に直行した。
そこで巫女もあきれるほどおみくじを手でこねくり回し、一番隅にあったものを取り出すと、見事に「大吉」であった。
よく「大吉は今が最高だから良くない」などということを口にする人がいるが、これは大吉を引くことが出来なかった人間の負け惜しみに過ぎない。
みんな引く前は大吉を狙っているはずであり、やっぱり大吉は最高なのだ。
絶好のスタートを切った平成17年、今年は良い一年になるだろうか?

PM 11:18:36 | [日記]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp