三千里「お気楽日記」
その日感じたことを、気ままにかつ自分勝手に記す「お気楽日記」です。

2004年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール
名前hoshi

カテゴリー
日記(266)

最新記事
2006年11月12日  ミクシィ
2006年09月10日  本当にすごい妄想が描ける人
2006年09月07日  男の子誕生
2006年09月02日  天は二物を与えずと言うが…
2006年08月27日  読者投稿

過去記事
2006年11月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月


2004年12月31日  平成16年を振り返って
仕事のことはさておき、平成16年度のクワガタ採集は、残念ながら消化不良に終わってしまった。
仕事がバタバタであったことも勿論なのだが、体調が優れず、「心技体」のうち一番肝心な「体」が万全でなかったからだろう。
来年は採集にもっともっとパワーをつぎ込みたいと思う。

またHPの運営に関しては、アクセス数が大幅に増え、多くの方々に見ていただくことが出来、感謝の一年間であった。
ただアクセス数が増えたことの意味を自分自身が正しく認識していなかったことにも気づかされた。
これだけ多くの方々に見ていただいているということは、それだけ影響も大きくなっているということなのだ。
記事の掲載にはより慎重さが必要だし、閲覧者に不信感や嫌悪感を抱かせない配慮が必要だろう。
慎重さを欠いた内容で失敗したこともかなりあったと思う。
来年はより中身の濃い、より有益な情報を提供できるように努力したいと思う。
まだまだ稚拙で発展途上にもかかわらず、HPをご覧頂いた全ての方々に感謝申し上げ、今年の締めくくりとしたい。

PM 08:39:33 | [日記]

2004年12月28日  クローン猫
可愛がっていた猫を亡くした飼い主の注文で、アメリカの会社がDNA技術を使ってクローン猫を誕生させたという。
いわばペットのコピー販売ということになるが、いかがなものだろう。
飼い主は「ニッキー(猫の名前)は猫には珍しく水が好きだった。リトルニッキーもお風呂に飛び込んできた」と、性格がそっくりである点を強調していたらしい。
可愛がっていたペットが亡くなった悲しみはとてつもなく大きいと思うが、似て非なるもので本当にその悲しみを埋められるのだろうか?
こちらの思いとは裏腹に、猫の立場から見れば飼い主は初対面の人間に過ぎない。
実際に同じ時間を共有し、想い出を積み上げた者同士ではないのだ。
世は無常、いくら辛くても死というものに正面から向き合う努力も必要だと思うのだが。

AM 12:35:09 | TrackBack(0) | [日記]

2004年12月24日  サンタクロース
長女のプレゼントが見つからないままクリスマスイブを迎えた。
時間も限られているので、ネットで天神近辺の玩具屋の電話番号を調べ、嫁さんに朝から電話を入れて確認をしてもらったが、やはりどこにも無かった。
もうメーカーにも在庫が無いらしい。
夜8時過ぎに早めに仕事を切り上げ、可能性のあるところを歩き回ったが結局見つからなかった。
このクリスマスはパパサンタは子どもの希望する商品を届けることが出来なかった。
最終的に違うプレゼントを用意し、納得してもらえたから良かったようなものの、もう少し早く対応していればと後悔した。

AM 09:01:00 | [日記]

2004年12月23日  サンタクロースはどう対処する?
明日はクリスマスイブ。
うちの子供たちもご多分に漏れずクリスマスプレゼントを楽しみに待っているようだ。
小5の長女はまだサンタクロースの存在を信じているようで、まだまだ子どもだなと思いつつも、何かホッとさせられたりする。
今日こっそりプレゼントを買いにいったが、何と長女の希望するプレゼントがどこに行っても売り切れていた。
さあどうするパパサンタ、時間はもうあとわずかしか残されていない。
この非常事態をどう切り抜けるべきか、結果は明日の今頃には出ているだろう。

PM 10:45:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2004年12月22日  順調に進む子どもの学力低下
最近出た調査結果により、子どもの学力低下が明らかになった。
調査結果に対して、「(近隣諸国から)取り残されてしまっては子や孫に申し訳ない」「日本の学力は低下傾向にあることをはっきり認識すべきだ」などと文部科学大臣がコメントを出していた。
何故こんなコメントを出すのか理解出来ない。
まさかゆとり教育で学力が上がるとでも思っていたのだろうか?
誰もが予想していた学力低下懸念に対し、分かっていて「ゆとり教育」を推し進めたのでは無かったのか?
随分前に教員をしている高校時代の先輩から「今どきどこの会社も週休2日だろ。学校も一般企業と同じように週休2日にして欲しいんだよね」という言葉を聞いたことがある。
教職員のゆとりのため?に推し進めた「ゆとり教育」による子ども達の学力低下は、今日も順調に進んでいる。

PM 11:37:07 | [日記]

2004年12月18日  オーバーヒート?
金曜日から仕事の関係で対馬入りしたのだが、土曜日の早朝(深夜)から体調がおかしくなった。
寝ている最中にひどい吐き気に襲われ、何度もトイレに足を運ぶ状態になってしまった。
朝になっても全く回復せず、宿泊先で出された食事に全く箸をつけることが出来なかった。
早く家に帰ろうとは思うものの、気分が悪くて飛行機に乗る勇気が出ない。
一本飛行機を飛ばして1時35分の飛行機に乗ろうとタクシーに乗りこんだが、空港に着くなりトイレに行かざるを得ない状況に。
それでも思い切って飛行機に乗り、何とか福岡空港までたどり着いた。
そのまま会社に行って残務整理をするつもりであったが、どうしても行けそうに無い。
仕方なく家に帰ることにしたが、家に帰っても全く気分が優れない。
単なる二日酔いかと思っていたが、熱が38度近くあり、お腹も壊している。
風邪の症状が全く無いことから、恐らく疲れであろう。
月曜日以降会議や重要な行事が入っており、休むことなど出来ない。
日曜日は一日寝ているしかなさそうだ。

AM 09:02:42 | [日記]

2004年12月12日  忘れ物
沖縄も最終日となり、少しは写真でも撮って行こうかと思ってデジカメのスイッチを入れたが、何と電池を入れ忘れていた。
結局今回も沖縄の写真はゼロ。
まあ撮りたい被写体も無かったので悔いは無いのだが。

PM 06:36:50 | [日記]

2004年12月11日  ベスグロでなくて良かった…
沖縄2日目はゴルフコンペだが、前日深夜まで飲み、翌朝4時半起きという、ハードと言うよりむしろクレイジーと言うスケジュールになっていた。
このゴルフには結構気合を入れて臨んだのだが、滑り出しは極めて好調であった。
コースは、サザンリンクスという沖縄屈指の名門コースで、風が強くかなり難しいコースなのだが、途中までは全てが計算どおりであった。
OUTの1〜6番までパー3つ、ボギー3つの3オーバー、7番で名物の崖に入れたショックで超大叩きをしたものの8、9番もボギーで48、OUTはベスグロで終了した。
後半に入っても好調は続き、10番パー、11番バーディー、12番パーとまさに絶好調モードに。
途中池ポチャで大叩きはしたものの、17番ホールを終えたところで91、残りのミドルで9打叩かなければ久々に100を切れる。
第1打は約260ヤードのナイスショットで、この時点で100を切れると確信した。
第2打は残り116ヤードで、風を考えて9番アイアンで振り切った。
かなり感じよく打てたので、間違いなく2オンしたと思ったのだが、風が思った以上に強かったため、何と高いあごのあるバンカーに捕まってしまった。
ここからが悪夢のスタート。
この中で7打(9打目)叩いてようやく抜け出したが、すっかりやる気を失い、14打目でようやくカップインした。
終わってみれば105。
いつもは80台を出す人たちも難コースに苦しみ、今日のベスグロは98だったので、最終ホールが普通に終わっていればベスグロだったはずだ。
先日仕事でこっぴどく支店長から叱られていたので、「今日は間違ってもベスグロなんて取っちゃいけなかったんだ、これで良かったんだ…」精一杯の負け惜しみで、賭けていた沖縄のゴルフは終了した。

PM 06:32:56 | [日記]

2004年12月10日  沖縄県某所にて有名芸能人に遭遇
今日から社内の親睦旅行で沖縄に出かけたのだが、那覇市内の居酒屋でナイナイの岡村さんに遭遇した。
恐らくロケか何かで沖縄に来ていたのだろう。
割と狭い店だったので約5メートルほどの距離しかなかったのだが、間近で見る岡村さんはテレビの姿そのままであった。(当たり前か…)

PM 05:57:17 | [日記]

2004年12月02日  流行語大賞
今年の流行語大賞に、北島康介選手の「チョー気持ちいい」が選ばれた。
2位以下には、「気合だー!」「サプライズ」「自己責任」「新規参入」「セカチュー」「中二階」「って言うじゃない… ○○斬り! …残念!!」「負け犬」「冬ソナ」と続いたが、ピンと来るものは少ない。
皆さんの周りに「チョー気持ちいい」と叫んだ人がどれだけいただろうか?
私の周りは流行に疎い人が多いのか、一度も耳にしなかった。
また、人気ドラマのタイトルはあくまで「流行ったドラマ大賞」であって、流行語大賞に選ばれるのもよく分からない。
せめて私のようなオヤジでさえ一度は口にしたような言葉を選んで欲しいものだ。
「まいう〜」「ハッスルハッスル」といった言葉の方がよっぽどしっくり来るのだが…

PM 11:45:23 | [日記]

2004年12月01日  貧乏旗本の三男坊
テレビでマツケンサンバ兇放映されていた。
この曲は不思議なほどに耳に残る。
軽快なサンバのリズムに松平健さんの声がアンマッチ?なところがまた何とも言えない。
激しい振り付けにも関わらず、見事に歌を歌いきっている松平健さんは何と51歳。
はっきり言って凄いと思う。さすが徳田新之助、新さんはいつまでも若いのだ。
松平健さんの公式ホームページを見つけたので参考までにご紹介しておく。
http://www.ken-matsudaira.com/index2.html

PM 11:16:40 | [日記]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp