三千里「お気楽日記」
その日感じたことを、気ままにかつ自分勝手に記す「お気楽日記」です。

2004年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

プロフィール
名前hoshi

カテゴリー
日記(266)

最新記事
2006年11月12日  ミクシィ
2006年09月10日  本当にすごい妄想が描ける人
2006年09月07日  男の子誕生
2006年09月02日  天は二物を与えずと言うが…
2006年08月27日  読者投稿

過去記事
2006年11月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月


2004年11月28日  大相撲九州場所
九州場所が朝青龍の優勝で幕を閉じた。
今場所は地元出身の魁皇の横綱昇進が話題となったが、横綱審議委員会の言動は摩訶不思議なものであった。
当初は二場所連続優勝が条件と言われながら、3敗した時点で今回は見送りという意見が出たかと思ったら、千秋楽で朝青龍を倒せば前向きに考えると軌道修正。
千秋楽で魁皇は見事に横綱を破ったにもかかわらず、最後は「昇進は見送り」という何とも締りの無い結果に終わってしまった。
協会幹部のくるくる変わる発言からも、日本人の横綱を何とか誕生させたいという協会の思惑があったことは想像に難くない。
この動きを見て小錦が横綱になれなかった時のことを思い出してしまった。
小錦の横綱昇進がかかっていた当時の状況は、
1991年11月…13勝2敗(優勝)
1992年 1月…12勝3敗(旭富士引退で横綱不在)
1992年 3月…13勝2敗(優勝)
とても立派な成績と、横綱不在と言う緊急事態を考えると、品格を理由に昇進を見送られたのは、やはり小錦が外国人だったからだろう。
「相撲を覚えたてのやつに優勝されてたまるか(当時の春日野理事長。元横綱栃錦。故人)」などという発言が協会幹部から出ていたことを考えると、小錦が「自分が外国人だから…」と発言したのも無理は無いと思う。
「是が非でも日本人横綱を誕生させたい」という場所で優勝したのが、外国人力士である朝青龍であったのも何かの巡り合わせかもしれない。
審議委員会の発言に振り回された格好の魁皇だが、来場所の優勝で是非横綱に昇進してもらいたい。

PM 10:03:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2004年11月27日  ヨン様とピ様
韓流ブームに乗って韓国からヨン様とピ様がやって来た。
ヨン様のお出迎えのために、成田空港には過去最高の3500人のファンが押し寄せたらしい。
一方のピ様には50人のお出迎えだったと言う。
こうしてみるとヨン様のほうが圧倒的に人気があるような気がするが、当の本人達はどう思っているだろう。
おじさんの私が言うのもなんだが、ヨン様のファンはほとんどが“おばさん”だ。
ピ様のファンはどうかと言えば、ほとんどが若い女の子達。
おばさん3500人と若い女の子50人、皆さんならどちらが嬉しいだろうか。

PM 11:13:07 | [日記]

2004年11月22日  送別会
後輩が来年の4月から営業職へ転出することになった。
12月からその研修に入るが、事務職から営業に転出している仲間5人が集まり、送別会を開いた。
この世界は厳しい世界だが、後輩君もこれから自分が茨の道を歩むことを覚悟しているようだ。
彼はとてもいい奴だけに、頑張って欲しい。
この日は“ちゃんこ鍋、飲み屋3軒のはしご、屋台のラーメン”と言うコース取りで、帰宅したのは深夜3時過ぎであった。

AM 09:41:11 | [日記]

2004年11月19日  未だに算数は難しい
花子さんのクラスで兄または姉がいるかどうかのアンケートを取りました。
すると兄がいると答えた人は32人、姉がいると答えた人は27人いました。
また、クラスの人数は50人でした。これについて、次の問いに答えなさい。
(1)兄も姉もいる人の人数は何人以上何人以下と考えられますか。
(2)兄も姉もいる人の人数が、兄も姉もいない人の人数の4倍のとき、兄はいるが、姉はいないと答えた人は何人ですか。

小学校5年の娘の塾の教材(算数)だが、恥ずかしながら2問とも解けなかった(^^;)
小学校から勉強が大の苦手だった自分には、この問題は難しすぎる。
みんなこんな問題がスラスラ解けるのだろうか?

PM 11:33:17 | [日記]

2004年11月13日  いつまでもあると思うな
朝から病院に行ってきた。
ある人から脈が飛んでいる(結滞)と指摘されたため、照会状をもらった病院で診てもらうためだ。
病院で日頃の生活を聞かれたが、「随分大変な毎日ですね〜」と医師から言われた。
確かに振り返って見ると、営業の現場に出たこの7年間の生活は常人には理解しがたいほどひどい状況であった。
どんなに体がきつくても、ストレスで頭がおかしくなりそうな状況でも、それを絶対に表に出さないように努めてきたのだが、そんな中でも自分が仕事やストレスで体を壊すことなど有り得ないと思っていた。
しかしそれは大きな勘違いであった。
今日の診断で、取りあえず24時間心電図を撮ることになった。
「今の生活をしていたら、そのうちにガタっと来るぞ!」そう先輩に言われていた言葉が現実味を帯びてきた。
“いつまでもあると思うな健康な体”健康は何より大事だと改めて感じる毎日だ。

AM 11:57:27 | [日記]

2004年11月10日  上質を知る男
劇団四季の看板俳優“石丸幹二”さんが福岡で公演をするという記事を新聞で読んだ。
石丸さんは“きりり”とした大きな瞳に甘いマスク、男性である自分から見ても明らかに二枚目だ。
年齢が気になったので調べてみると、何と私と同い年、しかも誕生日が1日しか変わらない。
石丸さんが「上質を知る男」のキャッチコピーで有名なネスカフェコーヒーのCMに出演していたのは1996年。
私が31歳でまだ世の中のことを大して理解していなかった頃にすでに“上質”を知っていたとは…
さらには東京芸術大卒業と言う知性に甘いマスク、看板俳優という才能まで兼ね備えている。
「天は二物を与えず」と言うが、三物以上はOKのようだ。

PM 09:59:50 | [日記]

2004年11月07日  人に見られる
この日記は日々の出来事を気ままに綴る「お気楽日記」なので、私の気が向かないと何日も更新されないことがある。
最近会社の人がよく日記を読んでくれており、感想を聞かせてくれるようになった。
人に見てもらっていることが実感できると、更新も頻繁にするようになるし、内容に注意を払って書くようになる(はず)。
と言いながら今日も中身の無い日記を書いてしまった。反省(^^;)

PM 09:55:25 | [日記]

2004年11月04日  カズ代表復帰?
サッカーのW杯予選にカズが代表で復帰する可能性が出て来た。
ジーコ監督の粋な計らいだが、この案に対して一部のクラブやファンが強硬に反対しているという。
カズと言えば日本サッカー会最大の功労者、KINGと呼ばれるほどの選手であったが、私が何より好きだったのはカズが本物のプロを感じさせてくれた点だ。
サッカーに対する態度、マスコミに対する態度、ファンに対する態度、その全てで大人を感じさせてくれた。
出来ることならW杯本戦のピッチに立って欲しいと、私は今でも真剣に願っている。
かつての功労者に対する感謝を打ち出したジーコ監督と、それを理解できない一部のクラブやファン。
カズ無しでは今の日本サッカーは有り得ない。そういう意味では私はジーコ監督の考え方に大賛成だ。

PM 11:55:42 | [日記]

2004年11月01日  運転中の携帯電話
今日から運転中の携帯電話が厳しく取り締まられるようになった。
摘発された場合の反則金は、普通車で6000円のようだが、一説にあった何十万円と言う極端なものではなかった。
しかし捕まればやはり痛い。
「そもそも携帯電話なんか無ければいいのに…」携帯はとても便利なツールだが、一方でとても面倒なツールだと思う。
自分的には存在しなくても良いとまで思っている。

PM 11:38:12 | [日記]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp