三千里「お気楽日記」
その日感じたことを、気ままにかつ自分勝手に記す「お気楽日記」です。

2004年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

プロフィール
名前hoshi

カテゴリー
日記(266)

最新記事
2006年11月12日  ミクシィ
2006年09月10日  本当にすごい妄想が描ける人
2006年09月07日  男の子誕生
2006年09月02日  天は二物を与えずと言うが…
2006年08月27日  読者投稿

過去記事
2006年11月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月


2004年03月31日  井上和香
最近井上和香さんの活躍ぶりが目立つ。
プロミスの宣伝をはじめ、バラエティなどを中心に多くの番組に出演している。
自分勝手に薀蓄(うんちく)を語らせてもらえば、彼女の魅力はあのスタイルよりもむしろ分厚い唇にあるような気がする。
テレビで彼女を見ると、ついつい唇に目が行ってしまう。
そういう意味でいつも唇を極端に強調する路線の資生堂「AUBU」の次のイメージキャラクター候補癸韻蓮井上和香さんではないかと思っているのだがどうだろうか?

PM 10:58:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月28日  天は二物を与える
TBSのブロードキャスターでスポーツを担当していた有馬アナが、アメリカンフットボールに専念するため同局を退社すると聞いた。
有馬アナは関西学院大学時代にQBとして活躍、年間最優秀選手にも輝いたことのある名選手。4月から名門・アサヒビールシルバースターでプレーすると言う。
有馬アナは男である私の目から見てもカッコよく、まさに「天は二物を与える」と言った感じだ。
最近はスポーツ選手、特に女子選手の美形化が進んだような気がする。
例えば女子プロレスなどは、昔はビューティーペアやクラッシュギャルズなど、強さで女性ファンを魅了するパターンが多かったが、最近はアイドル化が進んでいる。
ゴルフ界やフィギュアスケートなども昔とは比べ物にならないほど皆美しくなったような気がする。
世の中はやはり不公平だ。「天は二物を与えず」と言う格言は、もはや通用しなくなっている。勝ち組と負け組みの二極化が急速に進んでいる。

AM 12:47:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月27日  年度末
年度末で仕事がバタバタだ。
今週は早く帰れる日が全く無く、送別会で深夜、来期の準備で午前様と言う悲惨な状況になってしまった。
今日も朝8時半に出社して22時帰り、明日の日曜日も10時半には会社に行かなければならない。
「準備なくして成果無し」しっかりとした準備をして新しい年度を迎えたい。
そして今年こそいい仕事をして部下と上司と喜び合いたい…
そのためにはまず気力と体力の維持が第一だ。
とにかく来期はやるぞ〜

PM 10:39:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月24日  しまった!
今日は会社の部下と酒を飲んで帰宅した。
帰りがけに「もうご飯はいらない」と携帯で連絡したが、その際に今日のご飯の内容を聞くと赤飯だと言う。
家に帰ってハッと気づいたのだが、今日は下の子の誕生日であった。
当然のことながらプレゼントもケーキも買ってはいない。
「だからパパはみーちゃんに好かれないのよ…」そういう嫁さんの言葉に返す言葉は無かった。

AM 12:07:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月23日  ヤワラちゃん
柔道の谷亮子選手の試合の様子がテレビで放映されていた。
放送の中で何度かアナウンサーが「ヤワラちゃん」という言葉を発していたが、もういい加減に彼女のことをヤワラちゃんと呼ぶのは止めて欲しい。
ヤワラちゃんという呼称は、かつてスピリッツに掲載されていたYAWARAという漫画の影響を受けてだろうが、主人公の猪熊柔と谷亮子選手とのギャップがあまりにも大きすぎるのだ。
この漫画を読んだ世代の者としては、どうにも納得がいかない。
二人の共通点は柔道が上手いと言うことだけだ。
一体誰が言い始めたのであろう。「この表現は間違っている!」そう声高に叫んでも、誰も相手にしてくれないことが悲しい。

PM 11:59:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月22日  プライド最終回
人気ドラマ「プライド」が本日最終回を迎えた。
大変な人気ドラマと聞いているが、これまでに一度も見たことが無い。
知っていることと言えば、キムタクが主演していることと、アイスホッケーのドラマと言うことくらいだ。
何しろ月曜から9時に家に帰れるはずが無い。
録画に撮って見ようという気持ちも全く湧かないし、その気力も無い。
みんな余裕があるのだなと思ってしまう。
昔はおじさん世代の人が、アイドルやドラマのことを知らないのを馬鹿にしていたが、自分もすっかりその仲間入りをしてしまったと言うことだろう。
今の自分にはそのことを若い衆に馬鹿にされても傷つくプライドはもう無い。

AM 12:04:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月21日  長さん亡くなる
いかりや長介さんが亡くなった。
我々が子供の頃のドリフターズの人気は、それはそれは凄かった。
小学校の頃、近所の公民館で「8時だよ全員集合」がオンエアされると言うだけでドキドキしてしまったほどだ。
今回の報道の中で「8時だよ」の放送作家の方が次のように語っていた。
「ドリフはとにかく長さん。メンバーは全員面白いんだが、特性をつかんで適材適所に使っていた。TBSのリハーサル室で、長さんと私とディレクターで打ち合わせをすると、カトちゃんはトランプ、注さんは本を読み、ブーさんは寝ていてバラバラ。台本の打ち合わせはすべて長さん。プランを示して、長さんが引っかかると大変で、何時間でも長い足を折ってしゃがんで考えていた。とてもじゃないが、ふざけた番組の打ち合わせじゃなかった」

時に低俗番組と言う批判も受けた「8時だよ全員集合」だが、あれだけのことを成し遂げた裏には大変な努力があったということだろう。
長さんはやっぱり凄かった。

AM 11:00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月19日  健康なだけでも幸せ
今日はアルツハイマーで痴呆症になった人のところへ意思能力の確認に行って来た。
県内某所の病院に入院をされているのだが、病院に行って病気の人たちの姿を目の当たりにすると、いつも健康のありがたみを再認識する。
「仕事が苦しい、逃げたい、辛い」という思いは誰しも持っていると思うが、視点さえ定まらない痴呆症の人たちの姿を見ると、健康であることを謳歌していながら贅沢はいえないと今回も感じた。
上を見てもきりが無いし、下を見てもきりが無いのだが、今の自分は健康なだけでも幸せだ。

AM 11:53:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月18日  上手いだけでは勝てない
サッカー日本代表がやってくれた。
見事に最終戦に勝利し、オリンピック出場を決めた。苦しみぬいた末の勝利だ。
山本監督がインタビューを受けていたが、一流のスポーツ選手の言葉には味がある。
「世界では上手いだけでは話にならない!」そう言い切った山本監督の言葉には説得力があった。
上手くて強くなければトップレベルの世界では勝てないと言うことだろう。
どの世界でもきれいに勝つことは難しい。
ファウルやラフプレーもある中で、時には自分達もラフプレーぎりぎりのところで勝負できる強さが無ければ、相手に勝つことは出来ない。
今の日本代表は上手くて強い。
苦難の末の勝利であったが、それがかえって日本チームの強さを感じさせた。

PM 11:20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月17日  青が散る
仕事に忙殺される日々の中で、ふと昔を思い出すことがある。
今日は何故か「青が散る」というドラマを偶然思い出した。
このドラマは1983年に放送されたのだが、その後何度も再放送され、その度に人気が高まっていくと言う珍しいドラマだったようだ。
このドラマを初めて見たのは浪人の時だった。
石黒賢、佐藤浩市、川上麻衣子、二谷友里恵らが主なキャストで、大学生活の様々な出来事を描いた青春ドラマだ。
仲間が白血病で自殺をしたり、かなわぬ恋があったりと、当時の自分にはとても切なくセンチメンタルに感じられるドラマであった。
「大学生活って、こんなに切ないものなのか?」本気でそう思う自分がいた。
大学に入学後、すぐさまテニスサークルに入った自分の行動に、大きな影響を与えたことは間違いない。
お決まりのYahoo検索をしたところ、下記のようなページがヒットした。
http://www2.wbs.ne.jp/~rin/ao.htm
アクセス数の多さが、このドラマの根強い人気を物語っている気がした。

PM 11:20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月14日  日本敗れる
サッカーのオリンピック予選で日本代表が敗れた。
UAEが直前の試合で引き分け、ホームの有利な状況の中での敗戦はショックが大きいだろう。
しかしサッカーは実力の差ほど試合が一方的にならないスポーツであり、こうしたことはむしろ当たり前なのだ。
日本は現在も得失点差で首位を守っている。追い詰められた訳ではないのだ。
まだまだこれから、頑張れ日本!

PM 09:21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月13日  ミスターの病状
長島氏の病状は、やはり深刻のようだ。
しかし一連の報道には、氏に対しての温かい配慮が感じられる。
これが一般芸能人だったら様々な憶測が流れたり、何とか情報を得ようと隠し撮りや行き過ぎた取材が行われているような気がする。
それをさせないだけの圧倒的な人気と存在感が、ミスターのミスターたる所以なのだろう。
ファンの夢を壊さないために、眼鏡をかけることさえ躊躇したと言われるミスターだけに、相当元気にならないとファンの前には姿を現さないと思うが、一日も早く元気な姿を見せて欲しい。

AM 08:53:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月12日  何でもありの人事異動
人事異動の通知をじっくり見ていたが、中にはあっと驚くような異動が結構ある。
業績や仕事内容云々ではなく、事故などで引き上げになった人間が、再び第一線に復帰しているのだ。
部下を何人も殴り、期中に本社引き上げになった人が支店長として復帰していたり、2チャンネルで実名で散々叩かれて引き上げられた人が大支店長として復帰していた。
ある程度偉くなると、何でもありのように見える。
これからの時代、偉くなる人間にはモラルが無ければ会社が駄目になると思う。
モラルが無い人間の復帰の裏には、モラルの無い役員からの引きがあるのかもしれない。
下々の者はちょっとしたミスでも懲戒処分を受けるこの時代に、何でもありの人事を見ると何ともやりきれない気持ちになる。

AM 08:38:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月10日  酒鬼薔薇事件から7年
酒鬼薔薇聖斗が少年院を仮退院した。
あの事件からもう7年も経つのかと言う思いがある一方、被害者感情を思うともう出てきたのかという気もする。
少年事件に関しては、いつも人権擁護団体なるものが出てきて加害者の立場を守ろうとする。
しかし本当に事件に正面から向き合い、罪の深さに気づいたとしたら、罪を償うことなど出来ないくらいは気づくだろう。
どうやっても償うことの出来ない罪を犯した人間が、誰のため、何のために社会復帰するのだろうか?
そのことで社会に何のメリットが生まれるのだろうか?
もし再度同じような犯罪を犯したら、誰が責任を取るのだろう?
今回のような重大事件を起こした人間の社会復帰は、加害者の人権を守るためとしか自分には思えないのだが。

PM 11:41:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月09日  何故?
新聞の広告欄に「HPをYahooに確実登録、格安1万円から」とあった。
試しにその企業のHPがYahooに登録されているかどうか検索してみたが、登録されてはいなかった。
キャッチコピーに「Webは検索エンジンに登録されることが重要です!○○が開発した独自の登録技法により難関“Yahoo”でも確率95%の登録実績を達成しています!」とあった。
95%の登録というのは本当だろうか?
それ以前に自社のページが、自ら大切と言っているYahooに登録されていないと言うことが、どうにも気になった。

PM 11:02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月06日  寒かった…
本日会社の送別コンペが行われた。
前日より組合の用事で嬉野に行っていたが、朝佐賀大和から目的地の那珂川町への山越えが出来ないほど天候は荒れていた。
ゴルフ場に到着すると猛烈な吹雪になり、あたり一面真っ白になった。
気温は推定2〜3℃。死ぬほど寒い。
第一打を打ったが、どこに転がったのか全く分からない。
「こんな状況で何が楽しくてゴルフをしなければならないんだ!」みんなそう思っているのだが、送別ゴルフという性質上、誰も言い出せない。
ラウンドしているうちに少し天気は回復したが、もの凄く風が強い。ティーグラウンドでまともにアドレスが出来ないほどなのだ。
メンタル面に弱さを持つ自分が、こんな状況で良いスコアを出せるはずも無く、見事に撃沈してしまった。
今日あった数少ない良いことは、ドラコンを獲ったことと、バーディーがあったことくらいだろう。特にドラコンは270ヤード超のビッグドライブであった。
ゴルフは自然との戦いという側面を持つが、戦うにしても今日の天候は明らかに限度を超えていた。

PM 08:46:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月05日  随分大人に…
ミスターが脳梗塞で倒れた。
このニュースが日本中に与えた衝撃の大きさが、ミスターの偉大さを端的に物語っている気がする。
自分にとっても長嶋氏は憧れの人であり、大きな衝撃を受けたが、一方で記者会見に臨んだ息子の一茂氏を見て、失礼ながら「随分しっかりしたものだ」と感心してしまった。
一茂氏は我々と同年代だが、当時立教大学野球部筋からの情報では、大変なお坊ちゃまで、先輩からカップラーメンを作るように言われたが、作り方が分からなかったと言う。
その一茂氏の記者会見は落ち着いて、とてもしっかりしていた。
カップラーメンについての真偽の程は分からないが、もう以前のお坊ちゃまという雰囲気ではなく、しっかりした大人になっている。
ミスターの入院で一茂氏の成長はよく分かったのだが、肝心のミスターの容態はどうなのだろう。
あれだけの重要人物だけに、まともに病状が伝わってくるとは考えにくい。
「ひょっとするとかなり深刻な状況なのではないか?」と心配しているのは、私だけでは無いだろう。

PM 08:29:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月04日  人事異動
今日は人事異動の発表があった。
所属の異動は無かったが、資格が上がっていた。
今年で入社して丸15年になるが、今回の異動はこれまでとは一寸意味合いが違う。
これまでは同期でほとんど資格の差は出ないのだが、この年次で大きな分かれ目となってしまうのだ。
調べてみたところ、同期入社230名のうち約4割の91名の資格が上がっていた。
正直今回は資格は上がらないと思っていた。
現在は営業に転出しているが、数字が全ての世界だけに、厳しいと思っていたからだ。
今回の資格アップは支店長の計らいに他ならない。
社内で力のある人だけに、押し込んでくれたのだと思う。
情のある上司、力のある上司に仕えていたのは幸運であった。
まだまだ自分にも運が残っていると言うことか。

PM 11:51:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]

2004年03月01日  規定外の競技ウェア?
アメリカで行われたスキーのW杯で、葛西紀明選手が優勝した。
葛西選手はジャンプの選手として世界的にも有名だが、聞くところによると最年長V記録を塗り替えたと言う。
とても凄いことだが、自分としては記事の一番最後の一行が異常に気になった。
その記事とは「船木は1回目に規定外の競技ウェアを着用し、失格した」というものだが、規定外の競技ウェアとは何だろう。
W杯という大きな大会でこんなことがあり得るのだろうか?
まさかコスプレファンではないと思うが、妙な想像をしてしまった。

PM 11:48:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp