三千里「お気楽日記」
その日感じたことを、気ままにかつ自分勝手に記す「お気楽日記」です。

2003年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

プロフィール
名前hoshi

カテゴリー
日記(266)

最新記事
2006年11月12日  ミクシィ
2006年09月10日  本当にすごい妄想が描ける人
2006年09月07日  男の子誕生
2006年09月02日  天は二物を与えずと言うが…
2006年08月27日  読者投稿

過去記事
2006年11月
2006年09月
2006年08月
2006年07月
2006年06月


2003年02月28日  メジャーリーグ
今日はメジャーのオープン戦で松井がホームランを打った。
野球を真剣に見始めてから30年近くになるが、私が見た中では、松井は日本プロ野球史上最高の野手だと思う。
まあこれは私の感覚であって、北の海と大鵬のどちらが強いかと言うのと同じ議論になるとは思うのだが、そう感じるのである。
ただピッチャーで考えた場合、今メジャーで活躍している野茂や石井、佐々木が過去最高の投手と言う気はしない。
「このピッチャーはちょっと打てない」と思った、レベルの高い選手の名前を挙げると、
巨人の江川、阪神の山本和行、中日の鈴木孝政、小松辰夫、大洋の平松、遠藤、ヤクルトの伊藤智仁、広島の北別府、阪急の山田、山口、ロッテの村田など、枚挙に暇が無いほどである。
この中でも特に凄いと思ったのは、鈴木孝政である。球のキレが半端ではなく、出てきたら全く打てる気がしなかった。
江川の全盛時もそれはそれは凄かった。本気を出したら誰も打てなかっただろう。
大学選手権で東海大の原辰徳と対決した江川が、気を抜いてHRを打たれた直後の投球は圧巻であった。
次の打席、江川は本気で投げ、原はバットにかすりもせずに三振した。力の差は歴然としていた。
名前を挙げた選手達も、今の時代にプレーをしていたらメジャー行きを望んだだろうか?
日本のプロ野球から良い人材が流出するのは複雑な思いもするが、世界で活躍する選手の姿は、我々を勇気づけてくれる。
「松井頑張れ!」心からエールを送りたい。


AM 12:15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | [未設定]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp